Docstoc

Sheet1 - Unit

Document Sample
Sheet1 - Unit Powered By Docstoc
					                                                  Industrie Anzeiger誌
      著 者                         標 題
      2007
                主:Aufschwung im
                Wunderland(不思議の国の発展)副:INDIEN:
Susanne         VOM BILLIGLOHNLAND ZUM
Schwab(本誌編集部) HANDELSPARTNER AUF
                AUGENHOEHE(低賃金国から対等の貿易相手
                へ)
                主:Druckknoepfe fuer hoechstfeste
Arnold
                Bleche(極高張力板用の押しボタン)副:FUEGE
Puzik〔独 IPA(生産技
                TECHNIK: BLECHE BIS ZU 1300 MPA LASSEN
術と自動化に関するフ
                SICH
ラウンホーファー研究所
                TAUMELCLINCHEN(接合技術:引張強さ1300M
)〕
                PAまでの板金を斜めクリンチ接合できる)
                  主:Vibration stoppt auf
                  Knopfdruck(ボタンを押すと振動が止まる)副:A
Olaf              DAPTRONIK: MASCHINENBAU IST
Stauss(本誌編集部)     SPITZENREITER BEI AKTIVER
                  SCHWINGUNGSREDUKTION(機械製造はアクテ
                  ィブ制振の先頭チームである)
                主:Keine Scheu vor Instituten
                !(研究所に対して遠慮無用です!)副:WZL-
                DIREKTOREN PROF. KLOCKE UND PROF.
Haider          BRECHER: MITTELSTAND KANN VIEL VON
Willrett(本誌編集部) FORSCHERN
                PROFITIEREN(工作機械研究室責任者のKlock
                e教授とBrecher教授:中堅企業は研究者から多
                くの利益を得ることができる)
                主:Zahnrad-Bausatz laesst die Kosten
                schrumpfen(歯車キットにより費用が減る)副:V
                ERBUNDZAHNRAD: STAHLPROFILE FUER
op(所属不明)
                GUENSTIGE
                LOESUNGEN(組合せ式歯車:良い解決策であ
                る鋼成形品)
                主:Sie gibt alles fuer die
Rainer          Kleinen(彼らは全てを小さいもののために与え
Klar〔独 IPT(生産技術 る)副:WERKZEUGMASCHINE MINIMILL:HIGH-
に関するフラウンホーフ SPEED-CUTTING IM
ァー研究所)〕         KLEINSTFORMAT(工作機械Minimill:極小寸法
                での高速切削)
                主:Heiss auf den
                Weltmarkt(世界市場に熱い思いをもって)副:N
                ORDRHEIN-
tv(所属不明)        WESTFALEN:FAMILIENUNTERNEHMEN
                STARTEN
                DURCH(ノルトライン-ヴェストファーレン州:家
                族企業が再び注目を集める)
                    主:Weniger Kammrisse, weniger
                    Werkzeugbruch(より尐ない櫛状亀裂、より尐な
Klaus
                    い工具破損)副:BESCHICHTUNGEN:MIT
Gerschwiler(独 アーヘ
                    OXIDISCHEN PVD-SCHICHTEN MEHR
ン工科大学)
                    ZERSPANEN(被覆:酸化物系PVD被膜を用いて
                    今まで以上に切削する)
                    主:Grosse Ideen ganz
                    klein(偉大な着想は極めてささいなものである)
                    副:INNOVATIONEN:EINE STUDIE HILFT,
tv(所属不明)
                    ERFINDUNGEN RICHTIG
                    EINSCHAETZEN(革新:ある調査が、発明の適
                    切な評価を支援する)
                    主:Starke Nachfrage aus Asien und
                    Osteuropa(アジアと東欧からの大きな需要)副:
                    RESALE 2007:WELTGROESSTE MESSE FUER
著者名なし               GEBRAUCHTMASCHINEN IN
                    KARLSRUHE(Resale
                    2007見本市:カールスルーエでの世界最大の中
                    古機械見本市)
                    主:Am Bosporus sind noch Kapazitaeten
Jens-Peter          frei(ボスフォラスでは能力になお余裕がある)副
Knauer(本誌編集部)       :PARTNERLAND:ZULIEFERER RUECKEN IN
                    DEN
                    主:Vom Labor in die
                    Industrie(実験室から産業界へ)副:MIKROTEC
Roland              HNIK:METHODEN SO VIELFAELTIG WIE IN
Dreyer(ジャーナリスト)     DER
                    MAKROTECHNIK(マイクロ技術:マクロ技術の
                    場合のように多様な諸方法)
                    主:Sicher erkennen, welche Trends
                    treffen(どの動向が定着するかを、しっかり見極
                    める)副:INDUSTRIELLE
Wolfgang
                    FERTIGUNGSTECHNIK:DIE INNOVATION
Fili(ジャーナリスト)
                    FOLGT EINFACHEN
                    REGELN(工業の製造技術:革新は簡卖な規則
                    に従う)
                    主:Forschungsprojekt soll Fertigung im Land
                    halten(研究プロジェクトは国内製造の維持への
Wolfgang
                    願いに基づく)副:PRODUKTIONSTECHNIK:INN
Fili(ジャーナリスト)
                    OVATIONSMOTOR DER
                    INDUSTRIE(生産技術:産業の革新エンジン)
Michael             主:Keramik waechst ueber sich selbst
Zins〔独 IKTS(セラミッ    hinaus(セラミックが自身を越えて成長する)副:
クの技術とシステムに          TECHNISCHE KERAMIK:BLICK IN DIE
関するフラウンホーファ         ANWENDUNGSFORSCHUNG(工業用セラミック:
ー研究所)〕              応用研究への展望)
                    主:Deutsche Hersteller holen zu Japan
                    auf(ドイツのメーカは日本との差をつめている)
                    副:WERKZEUGMASCHINEN:INTERNATIONAL
tv(所属不明)
                    GUTES JAHR
                    2006(工作機械:国際的に良い年であった2006
                    年)
                 主:Dreidimensional dank
Andre            Laser(レーザによる3次元)副:MIKRO-
Neumeister〔独 LZH(STEREOLITHOGRAFIE:LASER FERTIGT
ハノーファー・レーザセ      BEWEGLICHE
ンター)〕            BAUGRUPPEN(微細ステレオリソグラフィー:レ
                 ーザが可動構造部品を作る)
                 主:Werkzeug-Panzer aus der
                 Pulverschicht(粉末層による工具への鎧)副:LA
Birgit
                 SERAUFTRAGSCHWEISSEN:
Oppermann(本誌編集
                 VERSCHLEISSSCHUTZ FUER WALZEN UND
部)
                 STOSSWERKZEUGE(レーザ肉盛り溶接:圧延
                 用工具と突き刺し用工具のための摩耗防止)
                 主:Zeigt her eure Fuesse ...wie sie
                 kleben(くっついているようにお前らの足が見え
Christoph        る)副:BIONIK: NEUES HAFTPRINZIP IMITIERT
Konetschny(所属不明) GECKO-UND SPINNEN-
                 FUSSSOHLEN(生体工学:新しい付着原理はヤ
                 モリとクモの足底を真似る)
                 主:Gemeinsam zum Erfolg des
                 Einzelnen(個々の成功に向けた共同)副:KOOP
Sebastian
                 ERATIONSMANAGEMENT: WERKZEUGBAU
Doering(独 アーヘン工
                 GEMEINSAM
科大学)
                 STAERKER(連携管理:金型製造業が一緒に強
                 くなる)
          2006
                 主:Das Erfinder-Land in
                 Europa(欧州における発明家地域)副:STANDO
                 RT: BADEN-WUERTTEMBERG HAT
Tilman Voegele-
                 HOECHSTES POTENZIAL FUER
Ebering(本誌編集部)
                 INNOVATIONEN(場所:Baden-
                 Wuerttenberg州は革新に関する非常に高い潜
                 在可能性を持っている)
                 主:Ein einmaliges
                 Netzwerk(比類のないネットワーク)副:VDMA-
                 LANDESCHEF DR.THOMAS LINDNER
Tilman Voegele-
                 FORDERT NOCH ENGERE ZUSAMMENARBEIT
Ebering(本誌編集部)
                 DER
                 INDUSTRIE(VDMAの州代表であるTHOMAS
                 LINDNER博士はなお産業界の密な共同活動が
                 主:Komplex - aber mit weniger
Hans             Teilen(複雑な-しかし部品数は尐ない)副:RA
Reims(ジャーナリスト) PID-TECHNOLOGIEN: KONSTRUKTEURE SIND
                 AM ZUG(ラピッド技術:設計者は進みつつある)
                 主:Wer erfolgreich bleiben will, muss fuer
                 Kooperationen offen
                 sein(成功しつづけたいと思う者は、協力に対し
                 て開かれていなければならない)副:DIE
Haider           INSTITUTSDIREKTOREN PROF. SCHUH UND
Willrett(本誌編集部) PROF. KLOCKE UEBER DIE ZUKUNFT DES
                 DEUTSCHEN
                 WERKZEUGBAUS(研究所の指導者であるSchu
                 h教授とKlocke教授がドイツの金型製造の将来
                 について)
                主:Lean liefert dafuer ein wunderbares
                Geruest(リーンはそれに対する素晴らしい足場
                を提供する)副:LEAN INNOVATION: HIN ZU
dk(所属不明)
                STANDARDS IM KREATIVEN F+E-
                BEREICH(リーン革新:創造的な研究開発分野
                における標準を目指して)
                主:Kleben in der Industrie auf dem
                Vormarsch(工業における接着が普及しつつあ
                る)副:TECHNOLOGIE: FRAUNHOFER ISI
tv(所属不明)
                VEROEFFENTLICHT
                STUDIE(技術:フラウンホーファーISIが調査結
                果を公開した)
                主:Erfahrung als Zulieferer hilft im Medizin-
                Markt(下請け業者としての経験が医療関連市
Birgit          場で役立つ)副:MEDIZINTECHNIK: KEIN
Oppermann(本誌編集 SELBSTLAEUFER, ABER EIN MARKT MIT
部)              REELLEN
                CHANCEN(医療技術:自然のなりゆきではなく、
                堅実な機会のある市場)
                主:Hologramme schuetzen das
                Original(ホログラムが本物を守る)副:PRODUK
Andreas
                TPIRATERIE: ERFOLGREICHE PRODUKTE
Beuthner(ジャーナリス
                WERDEN REIHENWEISE
ト)
                NACAGEBAUT(製品乗っ取り:良い製品は次々
                に模倣される)
                    主:Effizienter und flexibler als bisherige
                    Verfahren(従来法よりも効率的で柔軟)副:FOR
re(所属不明)            SCHUNGSINSTITUT STELLT INNOVATIVE
                    LASERTECHNIK
                    VOR(研究所が革新的レーザ技術を提案する)
                   主:Die Dauerplage mit der
                   Globalisierung(国際化に関する長く続く苦悩)副
Wolfgang           :ITALIENS WERKZEUGMASCHINENBRANCHE
Fili(ジャーナリスト)      HAT
                   STRUKTURPROBLEME(イタリアの工作機械分
                   野は構造的問題を抱えている)
                   主:Selbst Biogas und Diesel taugen als
Michael            Brennstoff(バイオガスやディーゼル燃料さえも
Stelter〔独 IKTS(セラミ 燃料電池に使える)副:KERAMIK-
ック技術・システムに関 BRENNSTOFFZELLE: BAUART MIT DEM
するフラウンホーファー HOECHSTEN
研究所)〕              GESAMTWIRKUNGSGRAD(セラミック燃料電池:
                   最高の総合効率が得られる製造法)
                    主:Tanz auf dem
                    Pulver(粉末をめぐる興奮)副:RAPID
                    TECHNOLOGIEN: MITTELS
Haider
                    LASERAUFSCHMELZEN ENTSTEHEN
Willrett(本誌編集部)
                    KOMPLEXE FUNKTIONSTEILE AUS
                    METALL(ラピッド技術:レーザ溶融により金属か
                    ら複雑な機能部品を作る)
                主:Magnesium steckt auch Schlaege
                weg(マグネシウムは衝撃も受け止める)副:MA
os(所属不明)        GNESIUM-GUSSTEILE: FUER CHASSIS UND
                FAHRWERK(マグネシウム鋳物部品:車台と航
                空機脚のための)
                主:RFID markiert einen neuen Anfang in der
                Logistik(RFIDがロジスティックの新たな始まりの
                象徴になる)副:PROF. DR. MICHAEL TEN
Andreas
                HOMPEL VOM FRAUNHOFER IML KUENDIGT
Beuthner(ジャーナリス
                DEN RFID-DURCHBRUCH
ト)
                AN(フラウンホーファーIMLのMichael Ten
                Hompel教授がRFIDによるブレークスルーを予告
                する)
Susanne
Schwab(本誌編集部)、 主:Die Zukunft am Bosporus hat
Jens-Peter     begonnen(ボスポラスの未来が始まった)
Knauer(本誌編集部)
Clemens
Wesseling(独 Osram社
)、Joerg
                     主:Alu-Schaum als Kitt in
Hohlfeld〔独 IWU(工作
                     Lampen(ランプ用接合剤としてのアルミ発泡体)
機械と成形技術に関す
                     副:WERKSTOFFE: METALLSCHAEUME
るフラウンホーファー研
                     EROEFFNEN NEUARTIGE
究所)〕、Thomas
                     ANWENDUNGEN(材料:金属発泡体には新しい
Hipke〔独 IWU(工作機
                     利用分野が開けている)
械と成形技術に関する
フラウンホーファー研究
所)〕
                     主:Transrapid-Technik darf in die
                     Maschine〔トランスラピッド(磁気浮上式鉄道)技
Birgit
                     術は機械に使える〕副:MAGNETFUEHRUNG: IN
Oppermann(本誌編集
                     BEARBEITUNGSZENTRUM
部)
                     INTEGRIERT(磁気案内:マシニングセンタに組
                     み込む)
Friedrich-Wilhelm
Bach(独 ハノーファー
大学)、Wilfried
Reimche(独 ハノーファ      主:In jeder Sekunde ein
ー大学)、Martin          Festigkeitswert(強度値が毎秒)副:Zerstoerung
Bernard(独 ハノーファ      sfreier Pruefprozess erfasst
ー大学)、Rainer          Materialkennwerte(非破壊検査で材料特性値を
Duhm(独 ハノーファー        求める)
大学)、Stefan
Zwoch(独 ハノーファ
ー大学)
                主:Deutsche Anlagenbauer im Bio-
                Oelrausch(バイオ油に夢中になっているドイツ
Thomas          の装置製造業界)副:Biokraftstoffe als
Preuss(ジャーナリスト) Wachstumsmotor der
                Verfahrenstechnik(プロセス工学の成長エンジ
                ンとしてのバイオマス燃料)
                 主:Ungeschliffen - und doch wie
                 poliert(研削していない-それでも磨いたような)
Olaf             副:Pressen von Glasoptiken loest das Schleifen
Stauss(本誌編集部)    und Polieren
                 ab(プレスによるガラス製光学部品製造は研削
                 と研磨が不要である)
                 主:Maschinen machen, was der Arzt sich
Birgit           wuenscht(医者が望むものを機械が作る)副:M
Oppermann(本誌編集 edizintechnik: In Zukunft eine eigene Abteilung
部)               wert(医療技術:将来は固有の分野になる価値
                 がある)
Robert           主:Mit Stereoblick manuelle Spannfehler
Schmitt(独 アーヘン erfassen(ステレオの視線で人手による固定の
工科大学)、Bjoern     誤差を把握する)副:Kollisionen in
Dietrich(独 アーヘン Fraesmaschinen
                 主:Gemeinsam forschen an der Grenze des
                 Moeglichen(可能性の限界に向けて共同で研究
Haider           する)副:EU-Foerderprojekte buendeln
Willrett(本誌編集部) europaeisches
                 Entwicklungspotenzial(EU主導プロジェクトが欧
                 州の開発能力を束ねる)
                 主:Prozess muss sicher beherrscht
                 werden(プロセスを確実に制御しなければならな
Haider
                 い)副:Anteil schwer zerspanbarer Werkstoffe
Willrett(本誌編集部)
                 nimmt in verschiedenen Branchen
                 zu(様々な分野で難削材の割合が増加している
                 主:An jeder Schaufel zerrt ein voller
                 Doppeldeckerbus(満員の2階立てバスの重さ分
Haider
                 の力が各翼にかかる)副:Fertigungsfehler
Willrett(本誌編集部)
                 lassen sich bereits im Prozess
                 feststellen(製造欠陥を製造中に検出できる)
                 主:Mit der Praxis fuer die
Rolf             Praxis(実務のために実務とともに)副:WZL:
Langbein(ジャーナリス Impulsgeber und Schrittmacher der
ト)               Produktionstechnik in Forschung und
                 Lehre(工作機械実験室:生産技術の研究と教
                 主:So praezise waren Getriebe noch
Markus           nie(これほど精密な伝動装置これまでになかっ
Arendt(独 カールスル た)副:Liga-fertigungsverfahren fasst Fuss in
ーエ研究センター)        der
                 Industrie(Liga製造法は産業において確固とした
                 主:Nano - wenn Zwerge grosse Schritte
                 machen(ナノ-もしも小人が大きな一歩を踏み
Christoph
                 出すなら)副:Schauplatz Nano setzt Impulse
Konetschny(ジャーナリ
                 fuer die mittelstaendische
スト)
                 Industrie(ナノに関する展示場が中規模産業に
                 刺激を与える)
                 主:Keramik sticht, wo Metall
                 versagt(金属ではだめなところでセラミックが切
Olaf             り札になる)副:Keramik-Zahnraeder entstehen
Stauss(本誌編集部)    durch
                 Spritzgiessen(セラミック歯車が射出成形ででき
                 る)
Matthias
Busse〔独 IFAM(製造
技術と材料研究などに
関するフラウンホーファ
ー研究所)〕、Franz-
Josef
Woestmann〔独 IFAM(
製造技術と材料研究な
                    主:Druckgussteile mit
どに関するフラウンホー
                    Koepfchen(頭脳を持つダイカスト鋳物部品)副:
ファー研究所)〕、Thorst
                    Eingiessen von RFID und Piezos macht
en
                    Druckgussteile
Mueller〔独 IFAM(製造
                    intelligent(RFIDとピエゾの鋳込みによりダイカス
技術と材料研究などに
                    ト鋳造部品が知的になる)
関するフラウンホーファ
ー研究所)〕、Tobias
Melz〔独 LBF(操業の
確実性とシステム信頼
性に関するフラウンホ
ーファー研究所)〕、Pet
er
Spies〔独 IIS(統合型ス
                 主:Produktionsnetze durchgehend
                 verzahnt(生産ネットワークを連続して噛み合わ
Benedikt
                 せる)副:My Open factory: Standard fuer
Schweicher(独 アーヘ
                 uebergreifende
ン工科大学)
                 Auftragsabwicklung(私の開放工場:包括的注文
                 処理の標準)
                 主:In China ist laengst nicht alles hart, was
                 glaenzt(中国においては輝くものが必ずしも硬く
Wolfgang
                 はない)副:Deutscher Werkzeugbau punktet
Fili(ジャーナリスト)
                 durch Nachhaltigkeit und
                 Nutzen(ドイツの金型製造は耐久性と利益の面
                 主:Strategiespiele auf dem Feld des
                 internationalen
                 Wettbewerbs(国際競争の場での戦略的競技)
Haider           副:Passende und konsequent umgesetzte
Willrett(本誌編集部) Unternehmensstrategie ist entscheidend fuer
                 den
                 Erfolg(適切で企業戦略が成功のためには不可
                 欠である)
                 主:Im CFK-Valley Stade stricken Spezialisten
                 am Super-
                 Leichtbau(炭素繊維強化プラスチックバレーのS
Olaf             tadeで専門家が超軽量部材を編んでいる)副:K
Stauss(本誌編集部)    ohlenstofffaserverstaerkte Kunststoffe(CFK):
                 Unschlagbar leicht und
                 stabil(炭素繊維強化プラスチック(CFK):軽くて
                 安定している)
                 主:Schneller in die richtige
                 Spur(適切な軌道に迅速に)副:So entwickeln
Dietmar
                 Mittelstaendler ihre Innovationsfaehigkeit
Kieser(本誌編集部)
                 zielgerichtet(中堅企業が革新能力を目的に合
                 わせて評価した)
          2005
                  主:Strategisch investieren zwischen den
                  Seen(湖間地域に戦略的に投資する)副:Ontari
Tilman Voegele-   o: Immer mehr deutsche Automobilzulieferer
Ebering(本誌編集部) sind vor
                  Ort(オンタリオ:ますます多くのドイツの自動車メ
                  ーカがそこに)
Guenther          主:Von den Besten
Schuh(独 アーヘン工 lernen(最高のものから学ぶ)副:Aachener Lean-
科大学)、Till         Management-Kongress zeigt
Pfeifer(独 アーヘン工 Referenzstrategien(アーヘンのスリム管理会議
科大学)              で基準戦略が示された)
                  主:Ran an die EU-
                  Foerdertoepfe(さあEUの振興制度を活用しよう)
Olaf              副:EU-Kommission will Forschungsbudget fuer
Stauss(本誌編集部)     KMU drastisch
                  erhoehen(EUの委員会は中小企業に対する研
                  究予算を飛躍的に増やすつもりである)
Michael
Krausa〔独 ICT(化学技
術に関するフラウンホ 主:Power fuer
ーファー研究所)〕、Chri unterwegs(外出中の電源)副:Mikro-
stopher           Brennstoffzelle sorgt fuer Leistungsschub bei
Hebling〔独 ISE(太陽エ Kleingeraeten(微小燃料電池が小型装置の能
ネルギーシステムに関 力推進の世話をする)
するフラウンホーファー
研究所)〕
                  主:Wer nicht richtig kalkuliert,
Daniel            verliert(正しく計算しない人は損失を被る)副:In
Postulka(ジャーナリスト vestitionsrechnung: Vorteile im Ausland oft
)                 ueberschaetzt(投資計算:外国の長所がしばし
                  ば過大評価されている)
                  主:Strategisch investieren zwischen den
                  Seen(湖間地域に戦略的に投資する)副:Ontari
Tilman Voegele-   o: Immer mehr deutsche Automobilzulieferer
Ebering(本誌編集部) sind vor
                  Ort(オンタリオ:ますます多くのドイツの自動車メ
                  ーカがそこに)
Guenther          主:Von den Besten
Schuh(独 アーヘン工 lernen(最高のものから学ぶ)副:Aachener Lean-
科大学)、Till         Management-Kongress zeigt
Pfeifer(独 アーヘン工 Referenzstrategien(アーヘンのスリム管理会議
科大学)              で基準戦略が示された)
                  主:Ran an die EU-
                  Foerdertoepfe(さあEUの振興制度を活用しよう)
Olaf              副:EU-Kommission will Forschungsbudget fuer
Stauss(本誌編集部)     KMU drastisch
                  erhoehen(EUの委員会は中小企業に対する研
                  究予算を飛躍的に増やすつもりである)
Michael
Krausa〔独 ICT(化学技
術に関するフラウンホ          主:Power fuer
ーファー研究所)〕、Chri      unterwegs(外出中の電源)副:Mikro-
stopher             Brennstoffzelle sorgt fuer Leistungsschub bei
Hebling〔独 ISE(太陽エ   Kleingeraeten(微小燃料電池が小型装置の能
ネルギーシステムに関          力推進の世話をする)
するフラウンホーファー
研究所)〕
                 主:Wer nicht richtig kalkuliert,
Daniel           verliert(正しく計算しない人は損失を被る)副:In
Postulka(ジャーナリスト vestitionsrechnung: Vorteile im Ausland oft
)                ueberschaetzt(投資計算:外国の長所がしばし
                 ば過大評価されている)
                 主:Elektronik, Software und Mechanik machen
                 manchmal, was sie
                 wollen(電子工学、ソフトウエア、機械工学はとき
Andreas
                 おり願いのものを作る)副:Mechatronik:
Beuthner(ジャーナリス
                 Komplexe Komponenten erfordern eine
ト)
                 umfassendere
                 Fehleranalyse(メカトロニクス:複雑な部品には
                 包括的な欠陥解析が必要である)
                 主:Zerstoerte Prueflinge sind auf Dauer zu
                 teuer(破壊式試験は長い目で見ると高すぎる)
Juergen          副:Interne Problemloesung bei Stiefelmayer
Fuerst(ジャーナリスト) erweitert die Prueftechnik
                 (Stiefelmayer社内の問題解決法が検査技術を
                 広げる)
                 主:Analysten halten PLM nun fuer
                 erwachsen(アナリストは今や製品ライフサイク
                 ル管理を一人前のものと見なしている)副:Mess
Michael
                 e CAT.Pro: Viele stehen erst noch vor dem
Corban(本誌編集部)
                 Sprung zu
                 3D(CAT.Pro見本市:多くはいまだにやっと3次元
                 への飛躍の前にとどまっているところである)
                 主:Zahlen wir mehr als die
Peter
                 anderen?(我々は他よりも多く支払っているのだ
Radgen〔独 ISI(システ
                 ろうか)副:Internet-Benchmarking liefert
ム研究と革新研究に関
                 Vergleich der Druckluftkosten mit dem
するフラウンホーファー
                 Wettbewerb(インターネットでのベンチマーキン
研究所)〕
                 グでライバルと圧縮空気費用を比較できる)
                 主:Aus F+E wird im Ausland leichter ein
                 Markterfolg(外国の方が容易に研究開発を市場
tv(所属不明)         での成功につなげている)副:Benchmarking
                 zum
                 Innovationswettbewerb(革新の競争力に関する
                 主:Meistens gut im
Dietmar          Zeitplan(大抵は予定表通りである)副:Einfuehr
Kieser(本誌編集部)    ungsdauer der Systeme (Teil
                 7)〔システムの導入期間(第7部)〕
                   主:Auch in China geniessen gebrauchte
                   deutsche Maschinen hohes
                   Ansehen(中国でもドイツの中古機械は高い名
Rolf               声を得ている)副:Hans-Juergen Geiger gibt
Lanbein(本誌編集長)     Einblick in die Arbeit des EAMTM und bewertet
                   die Maerkte Asiens〔Hans-Juergen
                   GeigerがEAMTM(欧州工作機械商協会)の仕事
                   を認識させ、アジア市場を評価する〕
                   主:Lebhaftes Geschaeft treibt Prognosen nach
                   oben(活発なビジネスにより予測が上方修正さ
Dietmar            れる)副:Intralogistik: Brabche koennte in
Kieser(本誌編集部)      diesem Jahr um 10%
                   zulegen(イントラロジスティック:この分野は今年
                   10%拡大できた)
                   主:Wenn man sie laesst, finden Waren
                   selbststaendig schneller zum
                   Ziel(放置すると、荷物がすぐに自分で目的地を
(本誌編集部)            見つける)副:RFID - die Radio-Frequenz-
                   Identifikation - kann mehr als nur
                   identifizieren(RFID-無線認識-は卖なる認識
                   以上のことができる)
                   主:Keine Entspannung bei den Kosten im
                   Westen(西側の費用は減らない)副:Arbeitskost
tv(所属不明)           en international: IW Koeln sieht
                   schwarz(国際的な労働費用:ケルンのドイツ経
                   済研究所はひどく悲観的に考えている)
                   主:Indien: Wo der Elefant zum Tigersprung
                   ansetzt(インド:どこで象が虎の跳躍体制に入る
Jens-Peter         か)副:Auslaendische Investoren sind auf dem
Knauer(本誌編集部)      Subkontinent
                   willkommen(外国の投資家は亜大陸で歓迎され
                   る)
                   主:Effizienz und sinkende Kosten sind
                   Ausgabenziele(効率と費用削減が出費に当たっ
dk(所属不明)           ての目標である)副:Investitionsabsichten der
                   Unternehmen (Teil
                   6)〔企業の投資意図(第6部)〕
                主:Ehrenwerte Erfinder nutzen Schwaechen
                anderer fuers eigene
                Patent(尊敬すべき発明者は他者の弱点を自分
Chris
                の特許のために利用する)副:Patentumgehung:
Krueger(ジャーナリスト
                Schlupfloecher in Schutzrechten des
)
                Wettbewerbers retten die F+E-
                Investitionen(特許のすり抜け:ライバルの権利
                の抜け穴が研究開発投資を救う)
                主:Hersteller duerfen ihre technologische
                Spitzenstellung nicht
                verlassen(メーカーは技術の先端的地位を手放
Tilman Voegele- すことを許さない)副:VDW-Chef Carl Martin
Ebering(本誌編集部)、 Welcker ist um den deutschen
Jens-Peter      Werkzeugmaschinenbau nicht
Knauer(本誌編集部) bange〔VDW(ドイツ工作機械製造業協会)会長
                のCarl Martin
                Welcker氏はドイツの工作機械製造業のことを心
                配していない〕
                    主:Einfach und kostenguenstig bedeutet hier
                    keinesfalls
                    billig(簡素でコストパフォーマンスが高いことはこ
Haider              こでは安物を意味するものでは決してない)副:
Willrett(本誌編集部)     Werkzeugmaschinen nach Lean-Product-
                    Konzept sind waschechte High-Tech-
                    Anlagen(リーン生産方式に基づく工作機械は真
                    のハイテク設備である)
                    主:In Berlin wird das Unsichtbare
                    sichtbar(ベルリンでは見えないものが見えるよ
                    うになる)副:Hahn-Meitner-Institut macht
Paul Piwnicki(ドイツ
                    Tomografie-Methoden der Industrie
Hahn-Meitner研究所)
                    zugaenglich(Hahn-
                    Meitner研究所がトモグラフィー法を産業で使え
                    るようにした)
                    主:Auf die persoenliche Ebene kommt es
Frank               an(個人のレベルが重要である)副:Bulgarien:
Stier(ジャーナリスト)      Standort fuer die deutsche
                    Industrie(ブルガリア:ドイツ産業にとっての立地

                    主:Reduzierte Budgets fuers
                    Firmenrueckgrat(会社の柱に対する予算の削減
dk(所属不明)
                    )副:Investitionen in ERP-Systeme (Teil
                    5)〔ERPシステムに関する調査(第5部)〕

                    主:Laser - Allzweckwaffe in der Mikro-
                    Fertigung(レーザ -
                    微細加工における全能の武器)副:Kombinierte
os(所属不明)
                    Laserprozesse ermoeglichen Bohrungen in
                    Diamant(組み合わせレーザプロセスによりダイ
                    ヤモンドの穴あけが可能になる)
                    主:Strukturwandel macht
                    Fortschritte(構造変化が進歩をもたらす)副:Tr
                    aditionelle Branchen geben im Saarland auch in
jk(所属不明)
                    Zukunft den Ton
                    an(ザールランドでは伝統的な分野が未来にお
                    いても先頭に立つ)
                    主:Zellulare Metalle auch in
                    Werkzeugmaschinen(セル状金属が工作機械に
Joerg Hohlfeld(独    も)副:Chemnitzer bauen weltgroesstes
IWU)、Thomas         Metallschaumteil fuer
Hipke(独 IWU)        Fraesmaschine(ケムニッツの研究者がフライス
                    盤用の世界最大の金属発泡体部品を製造する
                    )
                    主:Metallschaum halbiert Schlitten-
                    Masse(金属発泡体によりスライドの重さが半分
                    になる)副:Fraesmaschinen-Schlitten mit
os(所属不明)
                    siebenfacher
                    Daempfung(7倍の減衰性を持つフライス盤スラ
                    イド)
                     主:Deutschen Maschinenbauern sitzt der
                     Verfolger China im
                     Nacken(追跡者の中国がドイツの機械メーカの
tv(所属不明)             背後に迫っている)副:Deutschland
                     drittgroesster Maschinenproduzent auf der
                     Welt(ドイツは世界で第3番目の工作機械生産国
                     である)
                     主:Bedarf an Erweiterungen besteht nach wie
                     vor(拡張への需要が依然として存在する)副:Ei
dk(所属不明)             nsatz von Funktionmodulen in der Praxis (Teil
                     4)(実務における機能モジュールの利用(第4部)
                     )



                     主:Glasfasertechnik bringt Licht ins
Birgit
                     Lager(ガラス繊維技術が軸受内に光をもたらす
Oppermann(本誌編集
                     )副:Neue Sensoren fuer das Ueberwachen von
部)
                     Waelzlagern(ころ軸受監視用の新しいセンサ)



                     主:Vor der Investition besser im Mietlabor
                     testen(投資の前に貸研究室で試験する)副:Ko
Michael              mpetenznetzwerk Vivera fuer virtuelle
Corban(本誌編集部)        Technologien
                     gegruendet(仮想技術のための専門機関ネット
                     ワークViveraが結成された)
                 主:Fertigungstechnik von morgen zum
                 Anfassen(明日の製造技術に触れる)副:VDW:
                 Leitmesse Emo als Hoehepunkt eines
hw(所属不明)         erfolgreichen
                 Geschaeftsjahres(ドイツ工作機械製造業連盟:
                 実りの多い事業年度における頂点としての主導
                 見本市Emo)
                 主:Starker Mittelstand ist
                 Aushaengeschild(強い中間層が看板である)副:
Dietmar
                 Mittlerer Neckarraum gilt als industrielle Top-
Kieser(本誌編集部)
                 Adresse(中部ネッカル地域は工業で一番の場
                 所だと見なされている)
                 主:Clevere Loesungen fuer kleine
Bernhard         Losgroessen(小ロットのための利口な解決策)
Reichenbach(本誌編集 副:Messe Blechexpo: Umformtechnik
部)               besonders
                 innovativ(Blechexpo見本市:特に革新的な成形
                 主:Im Blitz-Tempo von Punkt zu
Bernhard         Punkt(電光石火に点から点に)副:Messe Laser
Reichenbach(本誌編集 zeigt Potenzial der Remote-Bearbeitung
部)               auf(Laser見本市で遠隔加工の可能性が示され
                 る)
                     主:Mit Miniatur-Fabriken Grosses
                     bewegen(ミニチュア工場が大企業を動かす)副
Tilman Voegele-      :Mechatronik groesster Wettbewerb bei den 38.
Ebering(本誌編集部)       World
                     Skills(第38回技能オリンピックにおいて最も競
                     争が激しかったメカトロニクス部門)
                     主:Leitungen im Riemen ersetzen die
                     Energiekette(ベルトでの伝導がエネルギーネッ
Birgit
                     トワークを置き換える)副:Durch Zahnriemen
Oppermann(本誌編集
                     fliessen in Zukunft auch Daten und
部)
                     Druckluft(歯付ベルトにより将来はデータも圧縮
                     空気も流れる)
                     主:Klondike liegt jetzt im Norden
                     Dortmunds(秩序の女神が今北ドルトムントにい
Michael              る)副:Fraunhofer-IML erwartet
Corban(本誌編集部)        Paradigmenwechsel durch RFID-
                     Technologie(フラウンホーファーIMLがRFID技術
                     に基づいてパラダイム変換を推進している)

                 主:Kombiverfahren senken Aufwand und
                 Kosten(組み合わせ法により作業負担と費用が
Bernhard
                 減る)副:Messe Laser 2005: Branchentreff mit
Reichenbach(本誌編集
                 Rekordbeteiligung(Laser
部)
                 2005見本市:出展者数が新記録になった当該分
                 野の出会いの場)

                 主:Laserschweissen erweitert Prozesskette
Martin Benzinger(独
                 Blech(レーザ溶接により板金加工のネットワー
Trumpf社)         クを拡げる)副:Trends und Entwicklungen in der
                 Laserbearbeitung(レーザ加工の動向と進歩)
                 主:Flechten und naehen - so baut man
                 hochsteife
                 Teile(編んで縫い合わせる-そうして強固な部
Olaf
                 品を製造する)副:Airbus A380 ist zu 20
Stauss(本誌編集部)
                 Gewichtsprozent ein
                 Textilprodukt(エアバスA380型は重さの20%が繊
                 維製品である)
                 主:Zylinder schrumpfen viel leichter als
                 Ventile(シリンダは弁よりも遙かに容易に小型
Gerhard          化される)副:Pneumatik passiert die Grenze
Vogel(ジャーナリスト) zwischen Mini und
                 Mikro(空気駆動によりミニとマイクロの間の境界
                 が越えられる)
                 主:Europas Lkw-Hersteller nicht wendig
                 genug(欧州の商用車メーカはあまり機敏でない
tv(所属不明)         )副:Studie: Branche hat
                 Strukturprobleme(調査:この分野には構造的問
                 題がある)
                 主:Puzzle mit 3000
Thomas           Teilen(3000部品によるジグソーパズル)副:DV-
Zimmerschied(独   gestuetztes System sorgt fuer
EDSドイツ社)、Frank   umweltvertraegliches Auto-
Loydl(独 EDSドイツ社) Recycling(データ処理支援システムが環境に優
                 しい自動車リサイクルの世話をする)
                        主:Ideen auf Abruf bieten
                        Alternativen(請求に基づく考え方が他の方法を
Michael                 提供する)副:Product Lifecycle Management:
Corban(本誌編集部)           Systematisch Know-how
                        transferieren(製品ライフサイクル管理:体系的
                        にノウハウを移転する)
                        主:Wir muessen alles daransetzen, den
                        Standort Deutschland zu
                        sichern(ドイツ立地を確保することに、我々は全
                        てを賭けなければならない)副:Mitherausgeber
Wolfgang
                        des Industrieanzeiger: Prof. Christian Brecher,
Fili(レポーター)
                        WZL der RWTH
                        Aachen(Industrieanzeiger誌の共同編集者:アー
                        ヘン工科大学工作機械研究室のChristian
                        Brecher教授)
                        主:Die kreativen Zeiten fangen jetzt erst
                        an(創造的時代が今やっと始まる)副:Potenzial
Wolfgang                von Hartmetallwerkzeugen ist bei Weitem noch
Fili(レポーター)             nicht
                        ausgeschoepft(超硬合金工具の潜在的可能性
                        が汲み尽くされたとはまだとても言えない)
Fritz Klocke(独
                        主:Alte Verfahrensgrenzen werden
IPT)、Kristian Arntz(独
                        hinfaellig(古い方法の限界がなくなった)副:Pra
IPT)、Joergen von
                        ezisionszerspanung erhoeht Anforderungen an
Bodenhausen(独
                        die
IPT)、Jens Helbig(独
                        Werkzeugtechnik(精密切削が工具技術に対す
IPT)、Michael
                        る要求を高める)
Heselhaus(独 IPT)
                        主:Hartmetalle - am haertesten ohne
                        Metall(超硬合金-金属なしが最も硬い)副:Nan
Volkmar Richter(独       okristalline Hartmetalle: Korngroessen sinken
IKTS)                   unter 0,2
                        μm(ナノ結晶超硬合金:粒径が0.2ミクロン未満
                        に小さくなった)
                        主:Licht und Schall fordern Kompetenz und
                        neues
                        Denken(光と音を利用するには専門知識に裏付
Haider                  けられた能力と新しい考え方が必要である)副:
Willrett(本誌編集部)         Junge Fertigungstechnologien treten in
                        Wettbewerb mit etablierten
                        Verfahren(確立された方法と競争しながら若い
                        製造技術が進んでいる)
                        主:Hochleistung und High Speed sind schon
                        beim Planen
                        noetig(高能率と高速は計画時からすでに必要
Wolfgang
                        である)副:Ob und wie sich HPC und HSC
Fili(レポーター)
                        rechnen, klaert meist die
                        Vorbetrachtung(高能率切削と高速切削が割に
                        合うかは、大抵は事前考察で明らかになる)
                        主:Durchstarten statt Depressionen
                        pflegen(不況に浸らずに急上昇)副:Aachener
Wolfgang                Werkzeug- und Formenbau bietet Betrieben Rat
Fili(レポーター)             plus
                        Tat(アーヘンの型製造部署が工場にあらゆる支
                        援をする)
                   主:Verschlissene Formen wie
                   neu(摩耗した型を新品同様に)副:Automatisier
lb(所属不明)
                   te Reparaturzelle: Schnell und
                   genau(自動式修理セル:迅速かつ精密な)

                主:Selbst eingeklemmte Spaene fegt die
                Wasserkanone
Birgit          weg(挟まった切屑さえも水の大砲が一掃する)
Oppermann(本誌編集 副:Research & Technology: Innovationen fuer
部)              produzierende
                Unternehmen(研究と技術:生産企業のための
                様々な革新)
                主:Formenbau und Fertigung auf einen Nenner
                gebracht(型製造とフライス加工を組み合わせる
Hans            )副:Rapid-Prototyping-Verfahren P-C-Pro
Kramer(ジャーナリスト) produziert Unikate und
                Kleinserien(迅速な試作品製造法であるP-C-
                Pro法で卖一ロット品と小ロット品を生産する)
                主:Das Bauteil bestimmt die
                Methode(部品により方法が決まる)副:Plasma,
Lothar          Laser, Wasserstrahl: Schneidverfahren im
Handge(ジャーナリスト) fertigungstechnischen
                Vergleich(プラズマ、レーザ、ウォータージェット:
                製造技術面での切断方法の比較)
                主:Im Sog des Roten
                Riesen(赤い巨人の吸引力のもとで)副:Suedos
Jens-Peter
                tasien: Wachstumsmaerkte profitieren vom
Knauer(本誌編集部)
                China-
                Boom(東单アジア:成長市場が中国ブームの恩
                主:Sinsheim ist das Mekka der
                Messtechnik(Sinsheimは測定技術のメッカであ
Uwe
                る)副:Internationale Fachmesse fuer
Boettger(本誌編集部)
                Qualitaetssicherung(品質保全の国際専門見本
                市)
                   主:Verzahnungen bis hin zur gewellten
                   Achterbahn(波形ジェットコースターにまで使え
                   る歯車の製造)副:Zahnradkonstruktion:
op(所属不明)
                   Verbund ist fast so fest wie ein massives
                   Teil(歯車設計:結合の強さは卖一部材の場合と
                   ほぼ同じである)
Juergen Mohr(独
カールスルーエ研究セ         主:Montiert wird in der
ンター)、Uwe           Tischfabrik(卓上工場で組み立てられる)副:Mit
Hollenbach(独       telstaendler realisieren Prozesskette fuer
カールスルーエ研究セ         mikrotechnische
ンター)、Andreas       Sensoren(マイクロ技術を用いたセンサを製造
Hofmann(独          するためのプロセスネットワークを中堅企業が
カールスルーエ研究セ         実現している)
ンター)
                  主:Mit einer Stabsstelle geht's
                  voran(指導部が先に立って進んでいる)副:Stud
                  ie: So sieht erfolgreiches
著者名記載なし
                  technologiemanagement
                  aus(調査:成功している技術管理はそのように
                  見える)
                  主:In Aachen ergreifen Forscher die
                  Initiative(アーヘンでは研究者が率先して行って
                  いる)副:Neue Wege vom Forschungsergebnis
lb(所属不明)
                  zum innovativen
                  Produkt(研究成果から革新的製品に至るまで
                  の新しい道)
                  主:Impulsgeber und Treiber im
                  Standortverbund(現在地で結束して刺激し駆り
Achim Kampker(独
                  立てる者)副:Die Renaissance der
アーヘン工科大学)
                  Standortstaerken - Serie Teil
                  1(現在地の強さの復活-シリーズ第1部)
                  主:Flexibler Stromeinkauf spart
Juergen           Kosten(柔軟な電力購入により費用を削減する)
Clemens(編集者)      副:Vollversorgung ist mit Risiken
                  behaftet(全供給を委ねる契約は危険を伴う)
                  主:In Karlsruhe geht die halbe Welt auf
                  Schnaeppchenjagd(カールスルーエに世界の半
                  分から廉価品狩りに来る)副:Resale 2005:
lb(所属不明)          Weltweite Nachfrage nach gebrauchten
                  Maschinen ist ungebrochen(Resale
                  2005見本市:中古機械に対する世界的な需要
                  は減退していない)
                  主:Zwischen Zuckerhut und
                  Popocatepetl(砂糖パンとポポカテペトルの間)
jk(所属不明)          副:Lateinamerika: Mexiko und Brasilien bieten
                  gute
                  Chancen(ラテンアメリカ:メキシコとブラジルが
                  主:Low-Cost-Anlagen sind rentabel, auch
                  wenn sie mal fuer eine Schicht
                  ruhen(ただ1度のシフトのために待機しているも
Birgit            のであっても、低費用設備は元が取れる)副:Pr
Oppermann(本誌編集    of. Andreas Syska: Um 2015 profitabel zu
部)                montieren, sind jetzt schon Veraenderungen
                  faellig(Andreas
                  Syska教授:2015年に利益を出して組立てるため
                  には、今やすでに変革を行うべき時期である)
                  主:Mensch schiebt, Maschine
                  positioniert(人間が押して、機械が位置決めす
op(所属不明)          る)副:Kobots: Intelligente Manipulatoren statt
                  Roboter(コボット:ロボットに代わる知的マニピュ
                  レータ)
                  主:Kollege Silberlocke ist kein altes
                  Eisen(銀髪の巻き毛の同僚は役立たずではな
                  い)副:IW Koeln: Aeltere Arbeitskraefte
jk(所属不明)
                  koennen mit der technischen Entwicklung
                  Schritt
                  halten(ドイツ経済研究所ケルン:高年齢労働者
                 主:Lohnbeschichtung mausert sich zum
                 Milliarden schweren
                 Geschaeft(コーティング業は巨大な富を生む仕
Wolfgang         事になる)副:Mit neuen Hartstoffen und
Fili(レポーター)      Verfahren draengen Dienstleister in die
                 Bauteilveredelung(新しい硬質材料と方法を用
                 いてサービス業者は構造用部品の高度化を推
                 進している)
                 主:Die Wueste lebt(砂漠が生きている)副:IW
                 Koeln: Industriefoerderung in Ostdeutschland
jk(所属不明)         ein
                 Erfolg(ドイツ経済研究所ケルン:東独への産業
                 振興は成功している)
                 主:Software lohnt sich, wenn der Prozess
                 stimmt(プロセスが調整されればソフトウエアは
Werner           割に合う)副:Optimierte Prozesskette
Moeller(本誌編集部) erleichtert die IT-
                 Einfuehrung(プロセスのネットワークを最適化す
                 ることにより、IT導入時の負担が軽くなる)
                 主:Das Reich der Mitte ist Spitze bei WZM-
                 Exporten(中国が工作機械輸出先の首位である
tv(所属不明)         )副:VDW: China erstmals wichtigster
                 Auslandsmarkt〔VDW(ドイツ工作機械製造業協
                 会):中国が初めて最重要国外市場になった〕
                 主:Am Plastik-Schaedel darf alles
                 schiefgehen(プラスチックの頭蓋骨ならどんな失
Birgit           敗でも許される)副:Medizintechnik:
Oppermann(本誌編集 Maschinenbauern tut sich ein Markt mit
部)               Exportchancen
                 auf(医療技術:機械メーカに輸出の機会のある
                 市場が開ける)
                 主:Die Menschen dafuer gewinnen, an den
                 Reformen
Dietmar          mitzuwirken(改革に参加することで人々は利益
Kieser(本誌編集部)、T を得る)副:VDMA-Chef Brucklacher fordert
ilman Voegele-   mehr Miteinander von Chefs und
Ebering(本誌編集部) Belegschaft〔VDMA(ドイツ機械設備製造業連盟
                 )のリーダーのBrucklacher氏は雇い主と従業員
                 がもっと一丸となれと主張している)
         2004
                 主:Kontrollierter Kurzschluss, spritzerarmer
Bernhard         Prozess(制御された短絡、はねの尐ないプロセ
Reichenbach(本誌編集 ス)副:Fuegetechnik: Kalter Lichtbogen
部)               verhindert
                 Verzug(接合技術:低温のアーク放電ではゆが
                 主:Interne und externe Logistik bleiben eng
                 verknuepft(内部と外部のロジスティックが密に
Michael          つながっている)副:21. Deutscher Logistik-
Corban(本誌編集部) Kongress: RFID ist nicht mehr
                 wegzudenken(第21回ドイツロジスティック会議:
                 もはやRFIDなしには考えられない)
                  主:Zutaten fuer den rechten Technologie-
                  Mix(技術を適切に複合化するための添加物)副
Wolfgang          :Werkzeug- und Formenbau ist die Summe
Fili(レポーター)       einzelner
                  Loesungen(型製造は個々の解決策の総和であ
                  る)
                  主:Wachstum auf Gedeih und
                  Verderb(良きにつけ悪しきにつけ発展)副:Italie
Wolfgang
                  ns Werkzeugmaschinenbranche uebt sich in
Fili(レポーター)
                  Kooperation(イタリアの工作機械業界は協力し
                  て修業している)
                  主:Kostendruck zwingt Hersteller zur
                  Kooperation(費用面の圧力によりメーカは協力
                  を強いられている)副:Messe K 2004:
re(所属不明)
                  Mehrkomponenten-Technik im
                  Blickpunkt(K2004見本市:多成分技術が注目の
                  的である)
                  主:Sonderschauen unterstreichen den
                  innovativen Charakter der
                  Euromold(特別ショーがEuromold見本市の革新
Rolf              的特徴を際だたせる)副:Diana Schnabel und
Langbein(本誌編集長) Dr. Eberhard Doering: Die Euromold wird auch
                  kuenftig wachsen(Diana Schnabel氏とEberhard
                  Doering博士:Euromold見本市は将来も成長す
                  るだろう)
                  主:Die Pumpe soll auf sich selbst
                  aufpassen(ポンプは自分で調節すべきである)
Olaf
                  副:Hoehere Verfuegbarkeit durch
Stauss(本誌編集部)
                  Stoerungsfrueherkennung(異常早期検出による
                  高い信頼性)
                  主:Nicht alle Agenten gehoeren zu Scotland
                  Yard(全ての情報部員がロンドン警視庁に属し
Michael           ている訳ではない)副:Zentrale
Corban(本誌編集部) Steuerungsinstanzen werden im Materialfluss
                  entbehrlich(集中制御は物流においては不要に
                  なる)
                  主:Fortschrittlich ist, wer das Photon arbeiten
                  laesst(光子を働かせる者は進んでいる)副:Las
Birgit
                  ertechnik und Fertigungs-Know-how nuetzen
Oppermann(本誌編集
                  der
部)
                  Industrie(レーザ技術と製造ノウハウを工業が
                  利用する)
                  主:Messe zeigt sich als Trend-
                  Barometer(見本市が動向の指標になっている)
Thomas
                  副:Nutzfahrzeuge: VDA mit IAA in Hannover
Baumgaertner(ジャーナ
                  hoch
リスト)
                  zufrieden〔商用車:VDA(自動車産業連盟)はハ
                  ノーファーのIAA見本市を高く評価している〕
                     主:Leichtere Bauteile zu guenstigen
                     Kosten(より軽い構造材料をより低価格で)副:M
re(所属不明)             esse K: Fahrzeugbau profitiert von Kunststoff-
                     Innovationen(K見本市:自動車製造業界がプラ
                     スチック革新で利益を得る)
                      主:Carbon nimmt 2t aus dem Lkw-
                      Haenger(炭素によりトレイラーが2t軽くなる)副:
Olaf                  Materialica 2004: Adaptroniker nutzten Messe
Stauss(本誌編集部)         fuer Technologieschau(Materialica
                      2004見本市:アダプトロニクス屋は見本市を技
                      術ショーとして利用する)

                  主:Es gibt nichts Gutes, ausser man tut
                  es(自分がやらなければ良くならない)副:Mit
Wolfgang
                  der Investition in neue Verfahren Marktvorteile
Fili(レポーター)
                  sichern(新方法への投資により市場での優位性
                  が確保される)
                  主:Toepfern mit
                  Metall(金属に取り組む陶芸工)副:Alternative
Alexander         Umformtechnik: Bohrungsdruecken senkt
Friebel(編集者)      Kosten um
                  80%(もう一つの成形技術:押し付け穴加工によ
                  り費用が80%減る)
                  主:Nutzfahrzeug-Konjunktur bringt 60. IAA in
                  Fahrt(第60回IAA見本市が商用車業界を調子付
                  かせる)副:Zulieferer, OEMs und Dienstleister
tv(所属不明)          zeigen
                  Wertschoepfungskette(下請業者、OEM業者、
                  サービス業者が価値創造のネットワークを構成
                  している)
                  主:Wichtig ist, dass die traditionellen Maerkte
                  in Europa zugelegt
                  haben(大切なのは、欧州の伝統的市場が拡大
Rolf              したことである)副:Alberto Tacchella: Fuer
Langbein(本誌編集長) Italiens Werkzeugmaschinenbauer geht es
                  wieder aufwaerts(Alberto
                  Tacchella氏:イタリアの工作機械業界は回復し
                  つつある)
                  主:Magnesium treibt den Motorenbau
                  um(マグネシウムがエンジン製造を駆り立てる)
Olaf              副:BMW baut Sechszylinder-Antriebe mit
Stauss(本誌編集部)     Magnesium-
                  Kurbelgehaeuse(BMWがクランクケースがマグネ
                  シウム製の6気筒原動機を製造している)
                  主:Ohne Keramik rollt gar nichts
                  mehr(セラミックなしではもはや全く何も回らない
Barbara
                  )副:Einspritzsysteme mit Piezoaktoren senken
Wantzen(ジャーナリスト
                  Spritverbrauch um
)
                  20%(圧電アクチュエータを用いた噴射システム
                  によりガソリン消費量が20%減る)
                  主:Nicht zaudern, sondern
Waldemar          zupacken(ためらわずに、つかみかかる)副:Rus
Lichter〔bfai(連邦外国 sland: Boomender Markt bietet grosse
貿易情報局)〕           Chancen(ロシア:ブームになっている市場には
                  大きなチャンスがある)
                  主:Mancher Betrieb ist klammer als
                  gedacht(かなりの企業が考えられているよりも
tv(所属不明)          ためらっている)副:Unternehmensuebergabe:
                  Wissen schuetzt vor
                  Fehlern(企業の譲渡:知識が失敗を防ぐ)
                主:Keramik verhilft zu
                Spitzenleistungen(セラミックのお陰で先端性能
Michael         が得られる)副:Technische Keramik ist oft
Zins(独Task社)    Schluesselkomponente in neuen
                Produkten(工業用セラミックはしばしば新製品
                の鍵要素になる)
                主:Am besten spricht der Werker selbst mit
                saeumigen
                Lieferanten(労働者自身がぐずぐずした納入者
Birgit
                と最もよく話をする)副:Prof. Dieter Spath:
Oppermann(本誌編集
                Studie zu 30 Jahren Montagegeschichte belegt
部)
                Bedeutung der Mitarbeiter(Dieter
                Spath教授:組立の30年の歴史に関する調査に
                より共同作業者の重要性が明らかになった)
                主:China ist fuer Kleine oft eine Nummer zu
                gross(中国は小さい者にとっては荷が重い)副:
tv(所属不明)        Neue Studie von KfW und
                IKB〔KfW(フランクフルトKfW銀行グループ)とIKB
                (IKBドイツ産業銀行)による新しい調査〕
                主:Elektronenstrahl formt nun auch
                Werkzeugstahl(電子ビームは今では工具鋼の
Michael         造形も行う)副:Lasersintern wird sich als
Corban(本誌編集部) Fertigungsverfahren
                etablieren(レーザ焼結は製造方法として定着す
                るだろう)
                主:International anerkannt als Fachmann fuer
                Qualitaet(品質の専門家として国際的に認めら
Rolf
                れている)副:Professor Tilo Pfeifer wird in den
Langbein(本誌編集長)
                Ruhestand verabschiedet(Tilo
                Pfeifer教授が退職する)
                主:Ein Land, in dem es noch Freude macht,
                Unternehmer zu
                sein(企業家であることになお喜びが持てる国)
Tilman Voegele-
                副:Dr. Eric Scheidegger vom Schweizer
Ebering(本誌編集部)
                Staatssekretariat fuer
                Wirtschaft(スイス経済省経済管轄局のEric
                Scheidegger博士)
                主:Mit der Turntec haben wir eine echte
                Marktluecke
                geschlossen(Turntec見本市により市場の大き
                な隙間がなくなった)副:Messechefin Diana
Rolf
                Schnabel und Beiratsvorsitzender Herrmann
Langbein(本誌編集長)
                Rumpel: Rasanter
                Fortschritt(見本市責任者のDiana
                Schnabel氏と顧問会会長のHerrmann
                Rumpel氏:急速な発展)
                主:Virtuelles Arbeiten wird langsam
                real(仮想の仕事はゆっくりと現実的なものにな
Lothar
                るだろう)副:Noch erschweren die Kosten den
Lochmaier(ジャーナリ
                Einsatz im
スト)
                Mittelstand(今でも中堅企業での利用は費用面
                で困難である)
                主:Die Energie kommt aus der
                Brennstoffzelle(エネルギーが燃料電池から生
Barbara
                まれる)副:Kliniken und Laptops beziehen
Wantzen(ジャーナリスト
                bereits Strom aus
)
                Fuelcells(病院とノートパソコンは既に燃料電池
                から電気を得ている)
                主:Mehr Verantwortung - mehr
                Kompetenzen(より多くの責任 -
Jens-Peter      より多くの権限)副:Best Practice: Worauf sich
Knauer(本誌編集部) der Einkauf einstellen
                muss(最良の実践:何について調達は配慮すべ
                きか)
                主:Das Reich der Mitte bald
                mittendrin(中国がまもなく中央に)副:VDMA-
                Studie: Chinas Werkzeugmaschinenhersteller
tv(所属不明)
                holen
                auf(VDMAの調査:中国の工作機械メーカが遅
                れを取り戻しつつある)
                主:Antriebshersteller sollten Grenze von
                Mechanik und Elektrik
                ueberschreiten(駆動装置メーカは機械工学と電
Birgit
                気工学の限界を越えるべきである)副:Prof.
Oppermann(本誌編集
                Denkena: Antriebssysteme reduzieren auch im
部)
                Werkzeugmaschinenbau die
                Entwicklungskosten(Denkena教授:駆動システ
                ムは工作機械製造においても開発費用を減らす
                主:Nutzungsdauer soll unabhaengig vom
                Produktlebenszyklus
                werden(寿命は製品ライフサイクルと無関係で
Wolfgang
                あるべきだ)副:Rekonfiguration von
Fili(本誌編集長)
                Werkzeugmaschinen und
                Transferstrassen(工作機械とトランスファーライ
                ンの再構成)

                 主:Und die Keramikwalze laeuft und laeuft und
Andreas
                 laeuft...(そしてセラミックロールが回る回る回る)
Kailer〔IWM(材料力学に
                 副:Keramik vervielfacht die Standzeit von
関するフラウンホーファ
                 Umformwalzen(セラミックは成形ロールの寿命
ー研究所)〕
                 を何倍にも延ばす)

                  主:Messe mausert sich zum
Thomas            Branchentreff(見本市が分野内の出会いの場
Baumgaertner(ジャーナ に発展した)副:Z 2004: Breites Angebot an
リスト)              Aussteller und Besucher(Z
                  2004見本市:出展者と訪問者への幅広い提供)
                  主:Was zeichnet erfolgreiche Unternehmen aus
                  ?(成功企業は何が際だっているか)副:Product
Michael           Lifecycle Management: Komplexitaet als
Corban(本誌編集部) Chance
                  begreifen(製品ライフサイクル管理:複雑さをチ
                  ャンスと見なす)
                    主:Bei Werkzeugmaschinen war ein Spanier
                    schneller(工作機械ではスペイン人が早かった)
Birgit
                    副:Leichtbaugetriebe: Erster Serieneinsatz im
Oppermann(本誌編集
                    Scara-Roboter
部)
                    Laeuft(軽量構造駆動装置:最初の量産品として
                    スカラーロボットを作っている)
                    主:Diamanten veredeln “girls” und
                    Keramik(ダイヤモンドは尐女とセラミックの品位
Olaf                を高める)副:Gleitringdichtungen halten 20 Mal
Stauss(本誌編集部)       Laenger mit
                    Diamantbeschichtung(ダイヤモンド被覆によりメ
                    カニカルシールの寿命が20倍になった)
                    主:Industrielle Gemeinschaftsforschung ist der
                    beste Weg zur
Birgit              Innovation(工業の共同研究が革新のための最
Oppermann(本誌編集 良の方法である)副:Professor Hoehn: Die
部)                  Zukunft des Maschinenbaus liegt in der
                    Systemverantwortung(Hoehn教授:機械メーカ
                    の将来はシステム面での責任にかかっている)
                    主:Plasmaspritzen erst auf dem Monitor - dann
                    real(プラズマ溶射が初めてモニター上で-それ
                    から現実に)副:RWTH Aachen: Von der
os(所属不明)
                    Grundlagenforschung in die
                    Anwendung(アーヘン工科大学:基礎研究から
                    応用へ)
                    主:Ein Porthos fuer alle
Christian Brecher(独
                    Faelle(どんな仕事にも使えるPorthosロボット)
アーヘン工科大学)、Ca
                    副:BMBF-Projekt Porthos macht Roboter auch
rlos Almeida(独
                    fuer KMU
アーヘン工科大学)、Be
                    attraktiv〔BMBF(ドイツ連邦教育研究省)プロジ
n Schroeter(独
                    ェクトのPorthosがロボットを中小企業でも魅力
アーヘン工科大学)
                    的にする)

                 主:Diamant macht Keramik besonders
                 verschleissfest(ダイヤモンドによりセラミックの
Bernhard         耐摩耗性が特に高まる)副:Messe
Reichenbach(本誌編集 Surfacetechnology: Nur die Lasertechnik
部)               schwach
                 vertreten(表面技術見本市:レーザ技術だけが
                 尐なかった)


                      主:Keramik boomt entgegen dem
                      Trend(セラミックが世の動向とは逆に活況を呈
                      している)副:Fraunhofer baut Demo- und
os(所属不明)
                      Dienstleistungszentrum fuer Keramik
                      auf(フラウンホーファーがセラミックのためのデ
                      モセンターとサービスセンターを組織している)

                      主:Doppelte Geschwindigkeit macht den
Birgit                Unterschied(2倍の速度で差別化する)副:Hand
Oppermann(本誌編集        habung: Erfolgreich von den
部)                    Werkzeugmaschinen
                      abgeguckt(操作:工作機械がうまく見習う)
                主:Mit dem richtigen Messsystem Qualitaet und
                Kosten im
Werner          Griff(適切な測定システムで品質と費用を把握
Moeller(本誌編集部) する)副:Fertigungsmesstechnik auf dem Weg
                zur
                Wertschoepfung(価値創造途上にある製造測定
                主:Windpark und Kraftwerke brauchen neue
                Technik(風力集積地と発電所には新技術が必
Birgit
                要である)副:Energieversorgung: Stand der
Oppermann(本誌編集
                Technik reicht nicht in die
部)
                Zukunft(エネルギー供給:現在の技術では将来
                に対応できない)
                主:In Deutschland verliert die Produktion
                lawinenartig an
Rolf            Boden(ドイツでは生産が雪崩を打ったように減
Langbein(本誌編集長) っている)副:WZL-Professor Guenther Schuh:
、Dietmar        Sanierungsprogramm fuer den Werkplatz
Kieser(本誌編集部)   Deutscland(WZL教授のGuenther
                Schuh氏:働く場所としてのドイツの再建プログラ
                ム)
                主:Selbst in tiefen Kavitaeten gibt es fuer
                Spaene kein
                Entkommen(深い穴の中それ自体には切屑が
Haider
                逃れる場所がない)副:Magnesiumzerspanung:
Willrett(本誌編集部)
                Sicher und wirtschaftlich durch interne
                Spaeneabsaugung(マグネシウムの切削:内部か
                らの切屑吸い取りにより確実で経済的に)
                主:Ueber 150000 Maschinen im
                Angebot(15万台を越える機械を提供)副:Gebra
re(所属不明)        ucht-Schau Resale: In Karlsruhe weiter auf
                Erfolgskurs(中古品展示会のResale:カールスル
                ーエで成功への道をさらに進む)
                主:Exporte bestimmen weiterhin das
                Geschaeft(輸出が今後も業務を決定する)副:R
Rolf
                esale: Zur Weltmesse der gebrauchten
Langbein(本誌編集長)
                Maschinen
                avanciert(Resale見本市:中古機械の世界的見
                主:Nur starke Medizin bringt uns schnell wieder
                auf
                Vordermann(強い薬によってのみ我々は再び規
                律を身につけることができる)副:VDMA-
Dietmar
                Praesident Diether Klingelnberg zur
Kieser(本誌編集部)
                Wettbewerbssituation der deutschen
                Unternehmen(VDMA代表のDiether
                Klingelnberg氏がドイツ企業の競争における位置
                について語る)
                主:Starker Impuls fuer den gesamten
                Binnenmarkt(全ての国内市場にとっての強い衝
Jens-Peter
                撃)副:Maschinenbauer profitieren von der EU-
Knauer(本誌編集部)
                Erweiterung(EU拡大により機械製造業は利益を
                得る)
                主:Pumpen und Motoren - Scotti hat alles klein
                gebeamt(ポンプとモータ-スコッティーが全てを
                縮小転送した)副:Nur 1,2g schwerer Piezo-
os(所属不明)
                Antrieb bringt 0,5N
                Schubkraft(僅か1.2グラムの圧電駆動装置が0.
                5Nの送り力を発生する)
                主:Strukturen der Zukunft halten ohne
                Bindemittel(未来の組織は結合材がなくても持
Birgit
                ちこたえる)副:Innovationen: Nicht nur in der
Oppermann(本誌編集
                Halle 18 sind die Forscher
部)
                vertreten(革新:研究者を代表するのは第18会
                場のみではない)
                主:Nanobeschichtete Flaechen kratzt nichts
                mehr(ナノメートル厚さの被覆を施した表面はも
Olaf            はや引っ掻き傷が付かない)副:Oberflaechen
Stauss(本誌編集部)   werden immun gegen Kratzer und
                Bakterien(表面が引っ掻き傷と細菌への抵抗力
                を持つようになる)
                主:Rollende Riemen lassen kein Teil
                entkommen(回転ベルトはどんな部品も逃さない
op(所属不明)        )副:Traction-Gripper packt unabhaengig von
                der Form
                zu(牽引グリッパは形状に無関係に掴みかかる)
                主:Multi-Shuttle-Konzept bezwingt das
                Komplexitaetsmonster
                Logistik(多重往復の構想により複雑さの怪物が
Michael         論理にかなったものになる)副:Mit flexibler
Corban(本誌編集部) Lagertechnik lassen sich Engpaesse in
                automatisierten Lagern
                vermeiden(柔軟な倉庫技術でもって自動式倉庫
                のネックを解消する)
                主:Wer nicht erfindet, verschwindet - wer nicht
                patentiert,
Dietmar         verliert(発明しない者は消え去り、特許を取らな
Kieser(本誌編集部)、W い者は失う)副:Dieter Schaudel:
erner           Patentverletzungen koennen schon mal 2
Moeller(本誌編集部) Millionen Dollar kosten(Dieter
                Schaudel氏:特許侵害は既に200万ドルにもなっ
                ているのだ)
                主:Waehrend der Monteur schlummert, wird das
                Servicefahrzeug
                beladen(組立工が眠っている間にサービス車両
Michael         に積み込まれる)副:Lagertechnik/Ersatzteilver
Corban(本誌編集部) sorgung: Staplerhersteller nutzen die Nacht fuer
                den
                Service(倉庫技術/補用品供給:フォークリフト
                メーカはサービスのために夜間を利用する)
                主:Jetzt erntet auch der Mittelstand die
                Fruechte der
                Mikrosystemtechnik(今では中堅企業もマイクロ
Olaf
                システム技術の成果を享受できる)副:Baukaste
Stauss(本誌編集部)
                nsysteme erleichtern den Einstieg in eine
                Schluesseltechnologie(キーとなる技術に参入す
                る際の負担を積み木システムが軽くする)
                  主:Wenn Design dem Menschen dient, hat auch
                  der Unternehmer
                  Erfolg(デザインが人間に委ねられるならば、企
Dietmar           業家も成功を収められる)副:Produktdesign:
Kieser(本誌編集部)     Formgebung ist weit mehr als nur ein
                  kosmetischer
                  Eingriff(製品デザイン:造形は卖なる見かけ上
                  の事柄以上のものである)
                  主:Kombinierte Verfahren sind gefragt - von
                  warm bis
                  kalt(組み合わせ法について質問する-熱間か
Thomas            ら冷間まで)副:Dr. Theodor L. Tutmann
Baumgaertner(ジャーナ begruendet Neuorientierung des
リスト)              Industrieverbandes Massivumformung(Theodor
                  L.
                  Tutmann博士が塊体成形産業連盟の新指向を
                  基礎づける)/td>
                  主:Sich im Markt und nicht beim Anwalt
                  messen(弁護士の元ではなくて市場で評価する
Werner            )副:Patentstreitigkeiten um Software in der
Moeller(本誌編集部) Automatisierung nehmen
                  zu(自動化に関するソフトウエアを巡る特許紛争
                  が増えている)
                  主:Gute Absatzchancen in Osteuropa und
Susanne           Asien(東欧とアジアでの販売の好機)副:Top-
Schwab(本誌編集部) Exportmaerkte
                  2004(2004年における最大の輸出市場)
                    主:Deutschland sucht die
Birgit              Superspindel(ドイツはスーパー主軸を探してい
Oppermann(本誌編集      る)副:Smart Rotor: Hoechste Leistung bei allen
部)                  Spindelkomponenten(スマートなロータ:あらゆる
                    主軸要素を揃えて最高性能)
                 主:Not am Generator liess eine Produktidee
                 reifen(発電機に関する緊急課題のおかげで製
Birgit           品のアイデアが熟す)副:Aktive
Oppermann(本誌編集 Schwingungsdaempfung zum Nachruesten an
部)               der
                 maschine(機械に追加できる能動式振動減衰装
                 置)
                 主:Potenzial noch nicht
                 ausgeschoepft(潜在可能性はまだ汲み尽くされ
Bernhard
                 ていない)副:Oberflaechentechnik: Pulverlack
Reichenbach(本誌編集
                 steigert
部)
                 Marktanteile(表面技術:粉体塗装の市場占有
                 率が高まっている)
                 主:Wann automatisiert wird, zeigen gepflegte
                 Tabellen(自動化時期を、上手く作られた表から
Birgit
                 求める)副:Fertigung: Forscher empfehlen den
Oppermann(本誌編集
                 Zeitpunkt fuer eine
部)
                 Investition(製造:研究者が推奨投資時期を示
                 す)/td>
                主:Rot-Gruen verhindert den Stau auf dem
                Hof(赤-青の信号により構内の渋滞を解消す
Birgit
                る)副:Forscher schliessen die Luecke
Oppermann(本誌編集
                zwischen Verkehrs- und
部)
                Fabrikplanung(研究者が交通計画と工場計画の
                隙間を埋める)
                主:So verbreitet sind heute Funktions-
                Module(今日では機能モジュールがよく普及して
無記入
                いる)副:Auszuege aus der ERP-Studie 2003
                (Teil 3)(ERP調査2003からの抜粋(第3部))
                主:Bei zu vielen Keimen kippt die Loesung
                um(萌芽が多すぎると解決策が変わる)副:Kue
Kai Uwe
                hlschmiermittel: Das Sorgenkind der
Bohn(ブレーメン大学)
                Fertigungstechniker(冷却油剤:製造技術者にと
                ってのやっかいな問題)/td>
                主:Wir wollen dem Markt ein optimales Messe-
                Angebot
                unterbreiten(我々は市場に最適な見本市を提
Rolf            供したいと思っている)副:Helmut von
Langbein(本誌編集長) Monschaw: Metav in Muenchen eine Alternative
                zu vielen Messen mit Teilthemen(Helmut von
                Monschaw氏:ミュンヘンのMetav見本市は限ら
                れたテーマの多くの見本市の代わりになる )
                主:VDW soll bei den Mitgliedern fester als
                Dienstleister verankert
                werden(VDWは会員へのサービス提供機関とし
Wolfgang        てしっかり根付くべきである)副:Carl Martin
Fili(レポーター)     Welcker, neuer Vorsitzender des VDW, ueber
                die Ziele in seiner Amtszeit(VDW新会長のCarl
                Martin
                Welcker氏が在任中の目標について語る)/td>
                主:Fest-Lager an der Spindel laesst zur
                rechten Zeit
Birgit          los(主軸固定軸受を適切なタイミングで緩める)
Oppermann(本誌編集 副:Mechatronik-Achse: Spanneinheit am Lager
部)              soll Leistung
                steigern(メカトロニクス軸:軸受締め付け装置の
                機能を高める必要がある)
         2003
                主:CAD, FEM und Simulation heben prinzipielle
                Beschraenkungen
                auf(CAD、有限要素法、シミュレーションにより
                原理的制限が除かれる)副:Christian Brecher,
Wolfgang
                designierter Professor am WZL, ueber die
Fili(レポーター)
                Trends im
                Werkzeugmaschinenbau(工作機械ラボの教授に
                就任予定のChristian
                Brecher氏が工作機械製造の動向について語る
                主:Erhoehte Festigkeit verbessert Crash-
                Verhalten(強度向上により衝突時の挙動が改善
Klaus
                される)副:Umformen: Karosseriebau treibt
Siegert(独シュツットガ
                Entwicklung neuer Verfahren
ルト大学)
                voran(成形:車体建造について新方法開発が促
                進される)/td>
                主:Der Griff zur Flasche ist schwerer als
Uwe             Schach(瓶をつかむのはチェスの駒の場合より
Boettger(本誌編集部) も難しい)副:Die verkehrte Welt der Service-
                Roboter(サービスロボットの倒錯した世界)
                主:Die Zukunft erneuerbarer Energien liegt im
                Meer(再生可能エネルギの将来は海にかかって
Werner
                いる)副:Seaflow-Rotor dreht sich unter der
Moeller(本誌編集部)
                Wasseroberflaeche(Seaflowの回転子は水面下
                で回る)
                主:Wettbewerb der Koepfe rund um den
                Globus(地球全体での頭脳競争)副:Wer heute
Olaf
                nicht forscht, wird morgen
Stauss(本誌編集部)
                ueberrundet(今日研究しない者は、明日は1周
                抜かれる)/td>
                主:Deutschland muss seine Staerken mehr auf
                die Hochtechnologie
                verlagern(ドイツは重点をもっとハイテクに移さな
無署名(所属不明)       ければならない)副:Bundesforschungsministeri
                n Edelgard Bulmahn macht 2004 zum Jahr der
                Technik(連邦研究大臣のEdelgard
                Bulmahn氏は2004年を技術の年にする)
                主:Collaboration und “Neues Europa” bieten
                Chancen(協力と“新ヨーロッパ”により好機がも
Thomas          たらされる)副:2300 Teilnehmer auf dem 20.
Preuss(ジャーナリスト) Deutschen Logistik-
                Kongress(第20回ドイツロジスティック会議へ230
                0名が参加)
                主:Handlaser erlaubt Reparatur hoeherfester
                Karosserieteile(手動式レーザにより高強度車体
無署名(所属不明)
                部品の修理が可能になる)副:Laserschweissen
                (レーザ溶接)/td>
                主:Potenziale stecken nicht allein in der
                Konstruktion(可能性は設計だけに潜んでいる
Birgit
                のではない)副:Neue Regelung fuer
Oppermann(本誌編集
                Linearmotoren betrachtet das
部)
                Gesamtsystem(リニヤモータ用の新しい制御技
                術がシステム全体を観察する)
                主:Wer in China auf der Erfolgswelle reiten will,
                braucht
Tilman Voegele- Stehvermoegen(中国で成功を収めたい人は忍
Ebering(本誌編集部) 耐力が必要である)副:Strategie: Den
                Markteintritt ins Reich der Mitte sorgfaeltig
                planen(戦略:中国市場参入を入念に計画する)
                主:Am besten laeuft es mit persoenlichen
                Beziehungen(個人的関係で最もうまく進む)副:
                Steinbeis-Hochschule vermittelt China-
op(所属不明)
                Kontakte fuer
                Mittelstaendler(Steinbeis工科大学が中堅企業
                の中国との接触を仲介する)/td>
                主:Deutschland auch bei Messe-Exporten
                Meister(ドイツは見本市の輸出においてもマイ
                スターである)副:Messen: Veranstalter aus der
tv(所属不明)
                Bundesrepublik setzen
                Standards(見本市:連邦共和国から来た主催者
                が標準を植え付ける)
                      主:Mit den eisernen Gesellen geht es wieder
                      aufwaerts(鉄製の職人を用いて再び上昇する)
Uwe                   副:Deutschland ist weltweit zweitgroesster
Boettger(本誌編集部)       Nutzer von
                      Robotern(ドイツは世界第2のロボット使用国で
                      ある)
                      主:Fraesen und erodieren sich die Betriebe ins
                      Abseits?(各企業が遠く離れてフライス加工や放
Dietmar               電加工を行うのだろうか?)副:Arbeitsteilung
Kieser(本誌編集部)         und kurze Wege als Erfolgsrezept fuer die
                      Branche(この分野の成功策としての分業と距離
                      短縮)
                      主:Hoffnungsvolle Zeichen im
                      Exportgeschaeft(輸出業にとっての希望に満ち
dk(所属不明)              た兆候)副:50 Jahre VDMA Baden-
                      Wuerttemberg〔バーデン・ヴュルテムベルク州の
                      VDMA(ドイツ機械・設備製造業連盟)の50年〕
                      主:Hochprozentiges fuer die
                      Drehteilefertigung(旋削部品製造の比率が高い
Wolfgang
                      )副:Messe Turntec: 2. Auflage mit doppelter
Fili(レポーター)
                      Ausstellerzahl(Turntec見本市:出展者数が倍
                      増した第2回)
                      主:Vorstoss in den Mikrometer-
                      Kosmos(マイクロメータ空間への進出)副:Mikro-
co(所属不明)              Rapid-Production: Kleinstteile
                      serienmaessig(微小ラピッド生産:極小部品の量
                      産)
                      主:Termintreue, Know-how und Qualitaet
                      machen den
                      Unterschied(期限厳守、ノウハウ、品質で差を
                      つける)副:Alfred Graf Zedtwitz, Sprecher
Wolfgang
                      VDMA Werkzeugbau: Weiterhin Vorsprung fuer
Fili(レポーター)
                      deutsche
                      Betriebe〔VDMA(ドイツ機械・設備製造業連盟)
                      工作機械製造部門のスポークスマンのAlfred
                      Graf
                      主:Outsourcing wird fester Bestandteil des
                      Einkaufs(アウトソーシングは調達の確かな構成
Susanne
                      要素になるだろう)副:38. BME-Symposium
Schwab(本誌編集部)、
                      Einkauf und Logistik in
Jens-Peter
                      Berlin〔ベルリンで開催された調達とロジスティッ
Knauer(本誌編集部)
                      クに関する第38回BME(材料管理、調達、ロジス
                      ティックに関する連邦連合会)シンポジウム〕
                      主:Doppelter Wirkungsgrad bei halbierten
                      Kosten(半分の費用で2倍の効率)副:Entwickle
op(所属不明)              r sucht Lizenznehmer fuer neue
                      Motoren(開発者が新しいモータのライセンス使
                      用者を捜している)
Johannes              主:Roboter bringt biegeschlaffe Teile in jede
Woessner〔(IPA)生産技     gewuenschte
術と自動化に関するフ            Form(ロボットが曲がってたるんだ部品をどんな
ラウンホーファー研究所           望みの形にでもする)副:Automations-Aufgabe:
〕、Johann              700 m Dichtschnur in komplexe Nuten
Hollrotter(独Rohde &   montieren(自動化の課題:700mの密閉用コード
Schwarz社)             を複雑な溝に組み込む)
                  主:Jetzt zieht Transparenz in die Produktion
                  ein(今や生産が透明になる)副:Bedienen/Beob
Hajo Stotz(編集者)   achten: Visualisierung steigert
                  Produktionsqualitaet(操作/監視:視覚化により
                  生産品質が向上する)
                  主:Einsatz von ERP(ERPの利用)副:Auszuege
Hajo Stotz(編集者)   aus der ERP-Studie 2003 (Teil
                  2)〔2003年のERP調査の抜粋(第2部)〕
                  主:Eingebunden im Netz schneller
                  verpacken(ネットワークに結合してより速やかに
Michael           包装する)副:Messe Fachpack: Nuernberg setzt
Corban(本誌編集部) positive
                  Signale(Fachpack見本市:ニュルンベルクで青
                  信号が点灯された)
                  主:Systeme sind auf das Produkt
                  zugeschnitten(システムが製品に合わせて調整
                  される)副:Messe Fakuma belegt Trend zu
re(所属不明)
                  Kosten sparenden
                  Loesungen(Fakuma見本市で費用節約型解決策
                  への傾向が裏付けられる)
                  主:Zwei Perlen im
Jens-Peter        Mittelmeer(地中海の2つの真珠)副:Teil 7:
Knauer(本誌編集部) Malta und Zypern vor dem EU-
                  Beitritt(第7部:EU加盟前のマルタとキプロス)
                  主:Gleiche Sorgen bei Getriebe und
                  Gartenschere(伝動装置と庭はさみに対して同
Birgit
                  様の世話)副:Verbundprojekt: So laesst sich
Oppermann(本誌編集
                  die Montage Produktiver
部)
                  gestalten(共同プロジェクト:このように組立の生
                  産性を高めることができる)
                  主:Zulieferer nicht nur an den Finanzen
                  messen(下請企業のことは財務だけでは判断で
Birgit
                  きない)副:Chance fuer Mittelstaendler:
Oppermann(本誌編集
                  Experten zeigen, was Technik wert
部)
                  ist(中堅企業にとっての好機:技術がどんな価
                  値を持っているかを専門家が示す)
                  主:Fraunhofer als rechte Hand der EU-
                  Kommission(EU委員会の右腕としてのフラウン
                  ホーファー)副:Fraunhofer-Praesident Bullinger
os(所属不明)
                  in Evaluierungs-Gremium
                  berufen(フラウンホーファー協会理事長のBullin
                  ger氏が評価委員会に招かれた)
                  主:Zulieferer-Schau als Tor zum Frankreich-
                  Markt(フランス市場への入口としての下請企業
Thomas
                  展示会)副:Was deutsche Aussteller ins
Baumgaertner(ジャーナ
                  Nachbarland liefern
リスト)
                  wollen(ドイツの出展者が隣国に何を供給しよう
                  としているのか)
                  主:Wir sind vielleicht doch die
                  Besseren(我々はひょっとしてそれでもましな方
Rolf              かも知れない)副:Paul E. Schall: Noch nicht
Langbein(本誌編集長) das endgueltige Aus fuer die Fameta(Paul E.
                  Schall氏:Fameta見本市は最終的に撤退を決め
                  た訳ではない)
                   主:Von Flaute war in Sinsheim nichts zu
                   spueren(不況についてSinsheimでは何も感じら
                   れなかった)副:Motek ist fuer die Montage und
ub/op/co(所属不明)
                   Handhabung nach wie vor
                   wichtig(Motek見本市は組立と操作にとって依
                   然として重要である)
                   主:Die Messemarke Emo wird immer stark
                   bleiben(見本市のブランドであるEmoは常にたく
Tilman Voegele-
                   ましい)副:VDW-Chef Heller erwartet
Ebering(本誌編集部)、
                   Werkzeugmaschinen-Ausstellung mit vielen
Susanne
                   Innovationen〔VDW(ドイツ工作機械製造業連盟
Schwab(本誌編集部)
                   )会長のHeller氏は多くの革新のある工作機械
                   展示会に期待している〕
                   主:Das Reich der Mitte ist Lichtblick fuer die
                   Branche(中央の国はこの分野の明るい希望で
Tilman Voegele-    ある)副:China: Weltgroesster
Ebering(本誌編集部) Werkzeugmaschinenmarkt
                   boomt(中国:世界最大の工作機械市場が景気
                   づいている)
                   主:Sensoren in Schluesselkomponenten
                   ueberwachen
                   Prozessschritte(キー要素であるセンサがプロ
Nikolaus
                   セスを監視する)副:Aachener Forscher geben
Fecht(ジャーナリスト)
                   Einblick in die Entwicklung zukuenftiger
                   Werkzeugmaschinen(アーヘンの研究者が未来
                   の工作機械の発展について展望する)
                   主:Materialica - verkanntes Genie bleibt
                   innovativ(Materialica見本市-埋もれた天才は
Olaf               革新的であり続ける)副:Werkstoffmesse in
Stauss(本誌編集部)      Muenchen: Giesslieren als neues Alu-
                   Fuegeverfahren(ミュンヘンの材料見本市:新し
                   いアルミ接合法であるGiesslieren)
                   主:Der Aufschwung kommt - aber mit
                   Fragezeichen(景気が上昇し始めた-ただし疑
Tilman Voegele-    問符付きだが)副:VDMA-Prognose 2004: Licht
Ebering(本誌編集部) am Ende des Tunnels in
                   Sicht〔VDMA(ドイツ機械設備製造業連盟)の20
                   04年予測:トンネルの出口の光が見えてきた〕
                   主:Mittelstand steht im
                   Mittelpunkt(中堅が中心に存在する)副:System
Hajo
                   s: Fokus auf kleine und mittlerere
Stotz(Konradin出版社)
                   Unternehmen(システム見本市:中小企業への
                   焦点)
                   主:Markt und
Hajo               Bekanntheit(流通度と知名度)副:Auszuege aus
Stotz(Konradin出版社) der ERP-Studie 2003 (Teil
                   1)〔2003年のERP調査の概要(第1部)
                   主:Sonderverfahren verkuerzen
                   Zykluszeiten(特別な方法によりサイクルタイム
                   が減る)副:Messe Fakuma zeigt Trends beim
bk/re(所属不明)
                   Spritzgiessen und
                   Extrudieren(Fakuma見本市において射出成形と
                   押し出し成形の動向が示される)
                   主:Mailand fuehrt aus dem Emo-
                   Loch(ミラノはEmo前の落ち込みを上昇へ導く)
Wolfgang           副:Metallbearbeitungsmesse Emo:
Fili(レポーター)        Entwicklungstreiber mit Mut zur
                   Vision(金属加工見本市のEmo:ビジョンを示す
                   元気のある発展推進者)
                   主:Wenn der Laser zum Werkstueck
                   kommt(もしもレーザが工作物のところに来るな
Lothar
                   らば)副:Mobile Lasersysteme eroeffnen neue
Handge(ジャーナリスト)
                   Anwendungsgebiete(可動式レーザシステムが
                   新しい利用分野を切り開く)
                   主:Drei Messen packen auf einen
                   Streich(3つの見本市を一気に詰め込む)副:Me
Michael            sse Fachpack: Systemloesungen lassen sich
Corban(本誌編集部)      flexibel
                   einsetzen(Fachpack見本市:システム的解決策
                   を柔軟に使用できる)
                   主:Verschleissen und Verschrotten - dafuer
                   sind Produkte viel zu
                   schade(損耗品とスクラップ-製品がそうなって
Olaf               しまうのは非常にもったいない)副:Blick auf den
Stauss(本誌編集長)      Produkt-Lebenszyklus eroeffnet Potenziale fuer
                   Oekonomie und
                   Oekologie(製品ライフサイクルへの視線によりエ
                   コノミーとエコロジーへの可能性が開ける)
                   主:Motek in Deutschland behaelt trotz
                   Stimmungsflaute ihre bisherige
                   Groesse(ドイツで開催されるMotek見本市は不
                   況にもかかわらず従来の規模を維持している)
op(所属不明)
                   副:22. Fachmesse fuer Montage- und
                   Handhabungstechnik in
                   Sinsheim(ジンスハイムで開催される第22回組
                   立・操作技術のための専門見本市)
                   主:Es herrscht Krieg in der
                   Messelandschaft(見本市の様相は戦いが支配
Gerd Fahry(所属不明)   的である)副:Motek in Sinsheim im Jahres-
                   Rhythmus(ドイツのジンスハイムで開催されるM
                   otek見本市は今後も毎年開催される)
                   主:Was montagegerecht ist, ist meistens auch
                   billiger(組立のことを考慮すると大抵は費用も減
Thomas
                   る)副:Produktgestaltung im Team ergibt
Preuss(ジャーナリスト)
                   bessere
                   Ergebnisse(チームによる製品具現化がより良い
                   主:Erwartungen der Initiatoren wurden weit
                   uebertroffen(発起人の予想をはるかに上回った
Rolf               )副:Manus:1. Wettbewerb fuer Kunststoff-
Langbein(本誌編集長)    Gleitlager-Anwendungen findet grosse
                   Beteiligung(原稿:第1回プラスチックすべり軸受
                   利用コンクールには多くの参加者がある)
                   主:Saubere Technik entfernt jeden
                   Schmutz(きちんとした技術によりあらゆる汚れ
                   が除かれる)副:Messe CMS: Die
Haider
                   Reinigungabranche trifft sich vom 23. bis 26.
Willret(本誌編集部)
                   September in
                   Berlin(CMS見本市:洗浄分野が9月23日から26
                   日にベルリンに集まる)
                    主:Als Netzwerk in der Lieferkette
                    vorankommen(下請け業界のネットワークとして
Tilman Voegele-     成功している)副:Kooperationen:
Ebering(本誌編集部)      Zulieferinitiative in Sachsen meldet
                    Erfolge(協同:ザクセン州における下請けの自発
                    性が成功を収めている)
                    主:Attraktiver Standort am
                    Scheideweg(岐路に立つ魅力的な場所)副:Teil
Jens-Peter
                    6: Erfolgsverwoehntes Ungarn sucht nach
Knauer(本誌編集部)
                    Strategien(第6部:成功になれたハンガリーが戦
                    略を求めている)
Guenter             主:Quick-Check vergroessert Chancen im
Schuh(アーヘン工科大       Wettbewerb(迅速なチェックにより競争に勝つ機
学)、Hans-Peter       会が増す)副:Strategie-Audit von
Stossberg(アーヘン工     Produktionsunternehmen(生産企業の戦略検査
科大学)                )
                    主:Agententechnik schleust Orders schneller
Volker              durch(仲介技術が注文を先導する)副:Prowork
Vorburg(ジャーナリスト     : Workflow-Management in der
)                   Auftragsabwicklung(Prowork:注文処理におけ
                    る作業流れ管理)
                    主:Optimieren wie die Natur- jetzt mit
                    Taschenrechner(自然界のような最適化-今や
                    ポケット計算機で)副:Klug gestaltete Kerbform
os(所属不明)
                    verhindert
                    Spannungsrisse(巧妙に造形した凹部形状によ
                    り応力集中割れを防ぐ)
                    主:Entwickler erhalten Werkstoff-
                    Impulse(開発者が材料に関する刺激を受ける)
Olaf
                    副:Materialica und Ceramitec starten zeitgleich
Stauss(本誌編集部)
                    in
                    Muenchen(Materialica見本市とCeramitec見本
                    主:Branche will Anlauf fuer den Aufschwung
                    nehmen(業界は景気上昇へのスタートを切りそ
Thomas
                    うである)副:Auf der 60. IAA
Baumgaertner(ジャーナ
                    Personenkraftwagen soll das Auto
リスト)
                    faszinieren(第60回IAA乗用車見本市で自動車
                    に魅了されるだろう)
Thomas              Thema sauberer Diesel ist ein heisses
Baumgaertner(ジャーナ   Eisen(きれいなディーゼルがホットなテーマであ
リスト)                る)
                    主:Messe-Showdown: regional contra
Thomas              zentral(最後の決闘の見本市版:地域対中央)
Baumgaertner(ジャーナ   副:Zulieferer sind Zielgruppe neuer
リスト)                Messeangebote(下請け業者が新しい見本市提
                    案のターゲットである)
                    主:Die Claims der Standorte sind schon
                    abgesteckt(拠点の参加権は区画が既に定めら
Tilman Voegele-
                    れている)副:Ostdeutschland gegen MOE gut
Ebering(本誌編集部)
                    behauptet(東独は中欧・東欧に対抗してよく頑
                    張っている)
                    主:Scheinwelten mit zunehmenden
                    Tiefgang(深みを増す仮象世界)副:Simulation:
Michael
                    Analysieren und Optimieren ohne
Corban(本誌編集部)
                    Risiko(シミュレーション:危険なしに解析し最適
                    化する)
                  主:Wettbewerb unter Materialien wird
Klaus             schaerfer(材料間の競争がより激しくなるだろう
Vollrath(ジャーナリスト )副:Stahlhersteller wollen Anteile im Automobil
)                 zurueckgewinnen(鉄鋼メーカは自動車での取り
                  分を回復したがっている)
                  主:Elektronik weiss, wie das Auto am besten
                  faehrt(電子機器は、どうすれば自動車を最適に
Birgit
                  走行させられるかを知っている)副:By-Wire-
Oppermann(本誌編集
                  Technik: Ingenieure verabschieden sich von der
部)
                  Mechanik(バイ・ワイヤー技術:技術者は機械装
                  置に別れを告げる)
                  主:Abstriche bei der Produktsicherheit
                  koennen Kopf und Kragen
                  kosten(製品保証の経費削減は命取りになりう
Olaf
                  る)副:CE-Kennzeichnung: Gefahrenanalyse ist
Stauss(本誌編集部)
                  Pflicht und Chance
                  zugleich(CE認証:危険分析は義務でもありチャ
                  ンスでもある)
                  主:Besseres Dienstangebot ist von
                  Noeten(より良いサービス提供が急務である)副
                  :BME-Studie: Marktplatznutzung steigt in
jk(所属不明)          Breite und
                  Tiefe〔BME(材料管理・購買・ロジスティクス連邦
                  連合会)の調査:市場の利用度が幅と深さの面
                  で高まる〕
                  主:Die Hannover Messe steht im Grunde fuer
                  Industrieautomation(ハノーファー見本市は要す
                  るに産業の自動化を象徴するものである)副:M
Dietmar           esse-Vorstand Sepp D. Heckmann: Interkama
Kieser(本誌編集部)     behaelt gewachsene
                  Strukturen(見本市の役員であるSepp D.
                  Heckmann氏:Interkama見本市はそのままの構
                  造を維持する)
                  主:Automobilsektor sorgt fuer hoehere
                  Standards(自動車部門がより高度な標準をもた
Jens-Peter        らす)副:Teil 5: Die Slowakische Republik setzt
Knauer(本誌編集部) auf den
                  Zuliefermarkt(第5部:スロバキア共和国は下請
                  け企業の市場となることに賭けている)
                  主:Deutsche Berufsausbildung nur noch
                  Mittelmass
Christopher       ?(ドイツの職業教育は今では平凡なものになっ
Haug(ジャーナリスト) てしまったのか)副:Berufsweltmeisterschaften
                  Worldskills in St. Gallen(St.
                  Gallenでの技能五輪における世界の技)
                  主:Willkommen in der
Thomas            Denkfabrik(シンクタンクにようこそ)副:Mitteldeu
Baumgaertner(ジャーナ tsche Zuliefernetzwerke wollen
リスト)              zusammenruecken(中部ドイツ下請けネットワー
                  クが互いの間隔をつめようとしている)
                   主:Gezielt abspecken, bevor die Vielfalts-
                   Krankheit zum Kollaps
                   fuehrt(多様さの病により崩壊する前に、適切に
Dietmar            減らした)副:Durchgaengiges
Kieser(本誌編集部)      Komplexitaetsmanagement reduziert und
                   beherrscht das Uebermass im
                   Betrieb(一貫した複雑さ管理が操業での過剰を
                   減らし制圧する)
                   主:Dosierte Kraft liefert die beste
                   Qualitaet(力をうまく配分することにより品質が
                   最高になる)副:Lasersensor ueberwacht das
無記入
                   Umformen in der
                   Presse(レーザセンサがプレス機での成形を監
                   視する)
                   主:Benchmarking entdeckt erfolgreiche
                   Projekte(ベンチマークにより大成功のプロジェ
Werner             クトを見つけ出す)副:Successful Practices:
Moeller(本誌編集部)     WZL zeichnet fuenf Unternehmen
                   aus〔成功した実践:WZL(工作機械研究室)が5
                   社を表彰する〕
                   主:Grosses Forschungsbudget sichert nicht
                   den
                   Erfolg(多額の研究予算が成功を保証するとは
op(所属不明)
                   限らない)副:Benchmark-Studie: Mehr
                   Strategie taete F+E-Abteilungen
                   gut(ベンチマーク調査:より多くの戦略により研
                   主:Experten bringen Patente fuer Produkte ins
Birgit             Haus(専門家が製品特許を企業に持ってくる)副
Oppermann(本誌編集     :Patentagentur vermarktet geschuetzte
部)                 Erfindungen(特許斡旋業者が保護されていた発
                   明を商品化する)
                   主:Gute Vorbereitung sichert den
                   Einkaufserfolg(うまく準備することにより仕入れ
Caroline           が確実に成功する)副:Chancen und Risiken
Munz(ジャーナリスト)      durch Global
                   Sourcing(世界各地からの調達がもたらすチャン
                   スとリスク)
                   主:2004 werden China und USA wichtigste
                   Maerkte(2004年に中国と米国が最重要市場に
Rolf               なるだろう)副:Andrea Riello sieht positive
Langbein(本誌編集長)    Konjunktursignale zur
                   Emo(アンドレア・リエロ氏はEMOにプラスの景気
                   シグナルを見る)
                   主:Traditionelle Industrien ebnen den
                   Weg(伝統的産業が道をならす)副:Teil 4: Die
Jens-Peter
                   Tschechische Republik nimmt Kurs auf die
Knauer(本誌編集部)
                   EU(第4部:チェコ共和国はEUにねらいをつけて
                   いる)
Johannes           主:Taumelclinchen besteht Feuerprobe in der
Woessner〔独IPA(生産   Serie(斜めクリンチ接合が量産における厳しい
技術と自動化に関する         試練に耐えている)副:400000 Clinchpunkte an
フラウンホーファー研究        12000 Bauteilen mit kleinen
所)〕、Achim          Fuegekraeften(小さな力で12000個の部品に400
Breckweg(同研究所)     000個所のクリンチ接合)
                   主:Fast alles ist auch aus Magnesium zu
                   haben(ほとんど全てがマグネシウムからも作る
                   ことができる)副:Leichtbau-Werkstoff
Rene Poss(独MgCD社)
                   Magnesium: Prozesskette ist
                   geschlossen(軽量建造物材料のマグネシウム:
                   プロセスのネットワークが閉じられる)
                   主:Trendwende ist noch nicht in
Heinz              Sicht(動向の変わり目はまだ見えない)副:WSM-
Menzenwerth(鉄鋼・金 Konjunkturbericht: Nachfrage bleibt
属加工経済連盟)           schwach〔WSM(鉄鋼・金属加工経済連盟)の景
                   気報告:需要は尐ない状態に留まっている
                   主:Bruecke nach
                   Suedosten(東单への架け橋)副:Teil 3:
Jens-Peter
                   Slowenien ist schon manch altem EU-Land
Knauer(本誌編集部)
                   ebenbuertig(第3部:スロベニアはすでにかなり
                   の現EU諸国に匹敵する)
Hans-Herbert       主:Gusseisen verdoppelt seine
Hasse(独Claas       Festigkeiten(鋳鉄の強度が2倍になる)副:ADI
Guss社)、Christine   hat das Potenzial, Schmiedestaehle zu
Bartels(同社)、Ulf    substituieren(ADIは鍛鋼にとって代わる可能性
Schliephake(同社)    を持っている)
                   主:Mit Innovationen gegen die
Bernhard           Rezession(景気後退に革新で対抗する)副:Pho
Reichenbach(本誌編集 tonik-Leitmesse bietet breites
部)                 Rahmenprogramm(光工学の主導的見本市が様
                   々な分野の概括的プログラムを提供する)
Eckehard
Hensel(独Alotec社)、S
teffen             主:Harte Schale, zaeher
Bonss〔独IWS(材料技 Kern(硬い皮、ねばい中身)副:Hochleistungs-
術と放射技術に関する Diodenlaser haertet Bauteiloberflaechen
フラウンホーファー研究 selektiv(高性能半導体レーザが部品表面を選
所)〕、Marco          択的に硬くする)
Seifert(独ドレスデン工
科大学)
                   主:Mittelstaendische Macher ergreifen die
                   Initiative(中堅企業が主導する)副:Ostwestfale
Tilman Voegele-    n-Lippe: Schuluesselbranche Maschinenbau
Ebering(本誌編集部) buendelt die
                   Kraefte(東ウエストファーレンのリッペ地域:鍵に
                   なる分野の機械製造業が力を束ねる)
                   主:Klebstoffe machen so manchen Schweiss-
                   und Nietpunkt
                   ueberfluessig(ずいぶん多くの溶接個所とリベッ
Andreas
                   ト接合個所が接着により不要になる)副:Alleskle
Beuthner(ジャーナリス
                   ber gibt es nicht - den zur Anwendung genau
ト)
                   passenden Klebstoff
                   schon(万能の接着剤はない‐使用目的にぴった
                   り合う接着剤はあるのだが)
                   主:Jagd auf Staubpartikel verbessert
Barbara            Polymerteile(埃粒子の捕獲はポリマー部品の
Wantzen(ジャーナリスト 改良をもたらす)副:Cleanrooms 2003:
)                  Messefuer
                   Kunststoffverarbeiter(クリーンルーム2003見本
                    主:Effizienter produzieren mit
                    Transpondern(トランスポンダを用いてより能率
Thomas              的に生産する)副:Pilotanwender fuer
Preuss(ジャーナリスト)     Forschungsprojekt
                    gesucht(研究プロジェクトのための試験的使用
                    者が求められている)
                    主:Der Mittelstand soll Magnesium
                    einsetzen(中堅企業はマグネシウムを組み入れ
Olaf                るべきである)副:Keramiken belegen
Stauss(本誌編集部)       Spitzenplatz bei Werkstoff-
                    Innovationen(セラミックは材料革新の首位の座
                    を占める)
                    主:Maschinelle Intelligenz schiebt Innovationen
                    an(機械の知性が革新を後押しする)副:Neue
Dietmar
                    Perspektiven fuer die mechanisch orientierten
Kieser(本誌編集部)
                    Gebiete(機械を指向する分野のための新しい展
                    望)
                    主:Erfolgreich gegen Negativtrends
                    gestemmt(マイナス傾向に逆らって成功している
                    )副:WVM: NE-Metallindustrie behauptet sich in
dk(所属不明)
                    schwierigem
                    Umfeld〔WVM(デュッセルドルフ金属経済連盟):
                    非鉄金属産業は困難な環境で頑張っている
                    主:Massgeschneiderte Tools sind gerade gut
Cornell
                    genug(オーダーメードのツールは丁度ぴったり
Mueller〔生産設備と設
                    である)副:Fraunhofer-Demozentrum hilft bei
計技術のためのフラウ
                    Wahl von IT-
ンホーファー研究所(IP
                    Instrumenten(フラウンホーファーのデモセンタ
K)〕
                    はIT機器の選択を支援する)
                    主:Jenseits der Oder herrscht
                    Aufbruchstimmung(オーデル川の向こう側では
Jens-Peter          旅立ちの気分が支配的である)副:Teil 2: Mit
Knauer(本誌編集部)       Polen tritt der groesste Reformstaat
                    Mitteleuropas
                    bei(第2部:中欧最大の改革国家であるポーラ
                    主:Wenn Zulieferer Lager des Kunden
Thomas              managen(もしも納入者が顧客の倉庫を管理す
Baumgaertner(ジャーナ   るならば)副:Logistikkonzepte: Vendor Managed
リスト)                Inventory(ロジスティックの草案:VMI(納入者に
                    よる在庫管理)
                    主:Schon das erste Biegeteil passt -
                    Ausschuss ist
                    passe(最初の曲げ部品からうまくいっている-
Lothar              不良品は過去のものである)副:Gesenkbiegen:
Handge(ジャーナリスト)     Mechanische und optische Winkelmesssysteme
                    sorgen fuer exakte
                    Teile(型曲げ:機械式と光学式の角度計測シス
                    テムにより正確な部品が製造できる)

Josef
                    主:Was zaehlt, ist nicht allein der
Auer(ドイツ銀行研究所
                    Preis(値うちがあるのは価格だけではない)副:
)、Eric
                    Virtueller Handel auf dem
Heymann(ドイツ銀行研
                    Vormarsch(仮想商取引が広まりつつある)
究所)
                主:Zwei Prozent Wachstum ein
                Erfolg(2%の成長なら上出来である)副:Laserb
re(所属不明)        ranche trotzt
                Konjunkturflaute(レーザ分野は不況に耐えてい
                る)
                主:Wir sind davon ueberzeugt, die richtige
                Loesung gefunden zu
                haben(我々は正解を見つけたと確信している)
Rolf            副:Messe-Vorstand Sepp D. Heckmann: Zwei
Langbein(本誌編集長) Messen im Zeichen der
                Automatisierung(見本市会社役員のSepp D.
                Heckmann氏:自動化を共通項とした2つの見本
                市)
                      主:Ohne Ueberstunden geht es
                      nicht(時間外労働なしにはうまくいかない)副:A
jk(所属不明)
                      rbeitszeitkonten sorgen fuer
                      Flexibilitaet(労働時間口座により柔軟になる)
Knut
                      主:Abluft-System wie im
Drachsler〔独フラウンホ
                      Termitenbau(シロアリの巣穴のような換気シス
ーファー研究所(IPA)〕
                      テム)副:Bionische Produktentwicklung: IPA
、Martin
                      bietet systematische Suche
Hieber〔独フラウンホー
                      an〔生物を応用した製品開発:IPA(生産技術と
ファー研究所(IPA)〕、G
                      自動化のためのフラウンホーファー研究所)がシ
eorg Rummel(独Bionic
                      ステム的探求を行っている〕
Solutions社)
                主:Allen Problemen zum Trotz koennen wir
                unsere Ausstellerzahlen
                halten(あらゆる問題を乗り越えて我々は出品者
Rolf            数を減らさないようにできる)副:Ruediger Hess:
Langbein(本誌編集長) Messe Resale behauptet sich auch in
                schlechten Zeiten(Ruediger
                Hess氏:Resale見本市は悪い時代にも頑張って
                いる)
                主:Secondhand hat
                Konjunktur(中古品分野は好景気である)副:Re
                sale 2003: 150000 Gebrauchtmaschinen im
re(所属不明)
                Angebot(Resale
                2003見本市:15万台の中古機械が売りに出され
                ている)
                主:Maschinenbau vertagt den
                Aufschwung(機械製造業が景気回復を遅らせる
jk(所属不明)        )副:VDMA-Prognose fuer 2003 bleibt bei plus
                Null〔VDMA(ドイツ機械・設備製造業連盟)の20
                03年の予測は強含みの現状維持である〕
                主:Mit langfristig fuenf Prozent Wachstum geht
                es Antriebs- und Fluidtechnik
                gut(長期的には5%成長で駆動技術・流体技術
Birgit          分野は順調に推移する)副:VDMA-
Oppermann(本誌編集 Geschaeftsfuehrer Rauen: Ingenieurmangel darf
部)              nicht aus dem Blickfeld
                geraten〔VDMA(ドイツ機械・設備製造業連盟)
                幹部のRauen氏:技術者不足を視野から外して
                はならない〕
                    主:Messungen weisen auf hohe
                    Einsparpotenziale(高い節約可能性のあることが
                    測定によって示されている)副:ISI-Forscher Dr.
Olaf
                    Radgen haelt Druckluftkosten fuer viel zu
Stauss(本誌編集部)
                    hoch〔ISI(システム技術と革新的研究のための
                    フラウンホーファー研究所)の研究者であるRadg
                    en博士は圧縮空気費用が高すぎると考えている
                    主:Im Kielwasser der Grossen Chancen fuer die
                    Kleinen(大企業の航跡に小企業のチャンスがあ
Tilman Voegele-     る)副:Standort: Ontario lockt Maschinenbau-
Ebering(本誌編集部)      und
                    Automobilindustrie(立地:オンタリオが機械製造
                    産業と自動車産業を呼び寄せる)
                    主:Neuer Motor basiert auf einem alten
Thomas              Prinzip(新しいエンジンは古い原理に基づいて
Baumgaertner(ジャーナ   いる)副:Gegenkolbenprinzip des Zweitakters
リスト)                wiederentdeckt(2サイクルエンジンの対向ピス
                    トン原理を再発見する)
                    主:Liliput-Tools brauchen eigene
Philip
                    Loesungen(小人国の工具には特有の解決策が
Kahnis(独ドルトムント
                    必要である)副:Know-how aus der
大学)、Wolfgang
                    Makrozerspanung laesst sich nicht 1:1
Koehler(独ドルトムント
                    uebertragen(マクロな切削で得られたノウハウ
大学)
                    はそのまま利用できない)
                    主:Werkstoff-Designer arrangieren Atome und
                    Molekuele wie Domino-
Olaf                Steine(材料デザイナーがドミノ牌のように原子・
Stauss(本誌編集部)       分子を配列する)副:Nanotechnologie:
                    Selbstreproduzierende Maschinen werden
                    moeglich(ナノ技術:自己再生機械が可能になる
Joerg               主:Auto-ID macht die Logistik
Schmidt(独ドルトムント     transparent(自動式IDによりロジスティックがわ
大学)、Martin          かりやすくなる)副:Barcode und Transponder
Woelker(独Cognidコン   im
サルティング社)            Systemvergleich(バーコードとトランスポンダー
                    主:Europas wirtschaftliche Erweiterung ist
                    bereits in vollem
                    Gange(欧州の経済拡大はすでに真っ盛りであ
Jens-Peter          る)副:EU-Erweiterung: Mittelstand muss sich
Knauer(本誌編集部)       gut vorbereiten, wenn er vom Beitritt profitieren
                    will(EUの拡大:中堅企業は、もしも加入によって
                    利益を得ようとするならば、十分に準備をする必
                    要がある)
                    主:Osteuropa und China sind grosse
                    Hoffnungen(東欧と中国は大きな希望である)副
su(所属不明)            :Bfai-Studie: Absatzpotenziale im Ausland
                    sichern(Bfaiの調査:外国市場の潜在可能性を
                    確かめる)
                    主:Aluminium-Teile halten besser mit Alu-
                    Schrauben(アルミニウム部品はアルミねじを使
Wolfgang
                    うことで耐久性が高まる)副:Aluminium-
Heidrich〔GDA(アルミニ
                    Schrauben: Kaum Vorspannkraft-Verlust in
ウム産業連合会)〕
                    Leichtmetallen(アルミニウムねじ:軽金属におけ
                    るプリロード減尐がほとんどない)
                   主:Verlaessliche Bedingungen fuer die Industrie
Iris               schaffen(産業界にとって信頼できる状況を創り
Frick(本誌編集部)、Til   出す)副:VDMA-Hauptgeschaeftsfuehrer Dr.
man Voegele-       Hesse fordert
Ebering(本誌編集部)     Reformen(VDMA(ドイツ機械・設備製造業連合
                   会)事務総長のHesse博士は改革を要求してい
                   主:WSM-Industrie vom Jahr 2002
                   enttaeuscht〔2002年のWSM(鉄鋼・金属加工経
Heinz
                   済連合会)傘下の産業界は期待を裏切った〕副:
Menzenwerth(鉄鋼・金
                   Branche meldet
属加工経済連合会)
                   Umsatzrueckgang(業界の売り上げは減尐して
                   いる)
                   主:Wer heute in der Windbranche saet, wird auf
                   einem Wachstumsmarkt
                   ernten(今日風の分野を開拓するものは、成長
Birgit
                   市場において収穫を得る)副:Windkraftanlagen:
Oppermann(本誌編集
                   Nichts geht ohne High-Tech-Komponenten und
部)
                   das Know-how der
                   Ingenieure(風力発電設備:ハイテク部品と技術
                   者のノウハウなしには何も進まない)
                   主:Don Quijote muesste gegen Glasfasern
                   kaempfen(ドンキホーテはガラス繊維と戦わなけ
Olaf               ればならなかった)副:Windrotoren: ausgelegt
Stauss(本誌編集部)      fuer 400 Mio.
                   Lastwechsel(風力発電用回転翼:400万回の負
                   荷変動を考慮して仕様を決める)
                   主:Kabellose Komponenten problemlos
                   installieren(ケーブルのない構成要素を問題なく
Achim
                   設置する)副:Drahtlostechniken: Wireless LAN
Scharf(ジャーナリスト)
                   oder Bluetooth
                   ?(無線技術:無線LAN又はBluetooth?)
                   主:Mit gemeinsamen Projekten Kosten
                   senken(共同プロジェクトで費用を減らす)副:Ko
Stefan
                   operationen: Mittelstaendler in
Schroeter(ジャーナリス
                   Suedwestsachsen buendeln
ト)
                   Kraefte(協同:单西ザクセンの中堅企業が力を
                   束ねる)
                   主:Deutsche Maschinenbauer zieht's ins
                   Ausland(ドイツの機械メーカは外国への思いに
                   かられている)副:VDMA-Umfrage: Deutschland
su(所属不明)
                   ist wirtschaftsfeindlich und
                   perspektivlos(VDMAのアンケート:ドイツは経済
                   に敵対的で展望がない)
                   主:Produktivitaet auf gut das Zweifache
                   gesteigert(生産性が優に2倍は向上する)副:T
Wolfgang
                   andemwerkzeuge machen Spritzgiessen
Fili(レポーター)
                   guenstiger(タンデム金型の使用は射出成形の
                   有利さを強める)
                   主:Ferro-Titanit daempft Ratter-
                   Attacken(フェロチタンは振動の攻撃を和らげる
Barbara
                   )副:Extrem belastbares Cermet: fest,
Wantzen(ジャーナリスト
                   bestaendig und gut zu
)
                   bearbeiten(極度に負荷に耐えられるサーメット:
                   硬くて、抵抗力があって、加工しやすい)
                  主:Bevor ein Grat entsteht, ist das Metall
Birgit            schon
Oppermann(本誌編集    ab(ばり発生前に、すでに金属が切断されている
部)                )副:Schlagschneiden trennt ohne
                  Materialverlust(衝撃切断は材料を無駄なく分離
                  主:Kampf der Metaller-Messen im Sueden hat
                  begonnen(单部における金属加工業者見本市
                  の戦いが始まった)副:VDW kuendigt mit Metav
Tilman Voegele-
                  Sued Konkurrenz zu AMB und Fameta
Ebering(本誌編集部)
                  an〔VDW(ドイツ工作機械製造業協会)はMetav
                  Sued見本市がAMB見本市及びFameta見本市と
                  ライバルであると言っている〕
      2002
                  主:In Forschung und Lehre geehrt und
                  ausgezeichnet(研究と教育において尊敬され、
Rolf
                  卓越している)副:Professor Manfred Weck
Langbein(本誌編集長)
                  feiert seinen 65. Geburtstag(Manfred
                  Weck教授が65歳の誕生日を祝う)
                  主:Deutschland 2003: Traumschiff oder
                  Titanic?(ドイツの2003年:夢のようなすばらしい
Jens-Peter        船かタイタニックか?)副:Experten erwarten
Knauer(本誌編集部)     Erholung mit angezogener
                  Handbremse(専門家は手動ブレーキを引きなが
                  らの回復を予測している)
                  主:China stellt sich als Land der Zukunft
                  dar(中国は未来の国であることがはっきりした)
Tilman Voegele-
                  副:Christian Sommer vom German Centre in
Ebering(本誌編集部)
                  Peking(北京のドイツセンターのChristian
                  Sommer氏)
                  主:Bei Energieeffizienz schneiden alle Websites
Nils              schlecht
Poppe(欧州ビジネスス     ab(エネルギー効率に関しては全てのウエブサ
クール)Peter         イトに問題がある)副:Kompressoren: Internet-
Radgen(フラウンホーフ    Auftritte von 25 Herstellern auf dem
ァー研究所(ISI))       Pruefstand(コンプレッサー:25メーカのホーム
                  ページをまな板にのせる)
                  主:Klebefuge soll auf- und zugehen wie ein
                  Zipper(接着接合はファスナーのように開いたり
Olaf              閉じたりするのがよい)副:Klebstoffverband
Stauss(本誌編集部)     Feica sieht grosses Einsatzpotenzial im
                  Maschinenbau(接着剤業界連合会のFeicaは機
                  械製造において大きな可能性を認める)
                  主:Zeit fuer das Umruesten wird drastisch
                  reduziert(装備変更に要する時間が劇的に減る
Dietmar
                  )副:Place&Play-Roboter: Wirtschaftlich in der
Kieser(本誌編集部)
                  Werkstattfertigung(Place&Playロボット:工場で
                  の製造において経済的である)
                  主:Wir wollen uns deutlich mehr Gehoer
Rolf              verschaffen(我々の言いたいことをもっともっと
Langbein(本誌編集長)   聞いてもらいたい)副:Dr.Moehlenkamp
、Iris             positioniert sich als WSM-
Frick(本誌編集部)      Hauptgeschaeftsfuehrer(Moehlenkamp博士は
                  自らを主要な業務執行者と見なしている)
                 主:Maschinen wehren sich selbststaendig
                 gegen
Olaf             Schwingungen(機械が振動に対して自力で身を
Stauss(本誌編集部)    守る)副:Die Vision der Adaptronik-Pioniere
                 werden
                 Wirklichkeit(適応式電子技術の開拓者の空想
                 主:Die Branche hat technisch wie
                 organisatorisch
                 Defizite(この分野は技術面・組織面で不十分な
Wolfgang
                 ところがある)副:Special Tooling in
Fili(レポーター)
                 Deutschland: Doppelte Durchlaufzeit, halbe
                 Qualitaet?(ドイツの特殊な金型製造:2倍の納
                 期、半分の品質?)
                 主:Der Schmied hantiert mit Maus statt
                 Hammer(鍛冶屋はハンマーの代わりにマウスを
Klaus
                 用いて仕事をする)副:Mittelstand:
Vollrath(ジャーナリスト
                 Schmiedeindustrie erlebt tiefgreifenden
)
                 Wandel(中間層:鍛造産業は徹底的な変化を経
                 験しつつある)
                 主:Mit kleinem Format und Findigkeit
                 ueberlebensfaehig(規模の小ささと明敏さで生き
Wolfgang         抜いている)副:Messe Bimu: Italiens
Fili(レポーター)      Werkzeugmaschinenbranche zeigt
                 Flagge(見本市Bimu:イタリアの工作機械業界は
                 立場を鮮明にしている)
                 主:Gemeinsam beschaffen, getrennt
                 vermarkten(共同で調達して、個別に商品化す
                 る)副:Maschinenbauer im Dreieck Dresden-
fi(所属不明)
                 Leipzig-Chemnitz
                 kooperieren(ドレスデン-ライプツィヒ-ケムニッ
                 ツを結ぶ三角形地域の機械製造業が協力する)
                 主:Weltklasse-Teams stecken sich hohe
                 Ziele(世界級のチームが高い目標を掲げている
Dietmar
                 )副:In Dresden konzentriert sich der Halbleiter-
Kieser(本誌編集部)
                 Sektor(ドレスデンには半導体分野が集中してい
                 る)
                 主:Der alte Automobil-Standort bekommt
                 wieder neuen
Stefan           Schwung(古い自動車産業地域に活気が戻って
Schroeter(ジャーナリス きた)副:Volkswagen, BMW und Porsche
ト)               investieren in
                 Sachsen(フォルクスワーゲン、BMW、ポルシェ
                 がザクセンに投資している)
                 主:Sachsen bringen Silizium-Chips zum
Olaf             Leuchten(ザクセン州ではシリコンチップが輝い
Stauss(本誌編集部)    ている)副:Nano-Kompetenzzentrum
                 Ultraduenne
                 主:Die Zukunft im
                 Blick(将来の展望)副:Wirtschaftsstandort
著者名記載なし
                 Thueringen(経済活動の場所であるチューリンゲ
                 ン)
                 主:Qualitaet sichern, nachdem der Preiskampf
                 verloren
Thomas
                 ist(価格戦争では勝てないので、品質を確保す
Preuss(本誌編集部)
                 る)副:Werkzeugbranche wappnet sich fuer die
                 Zukunft(工具業界は将来に備えている)
                  主:Messer, Gabel, Schere -
                  Solingen(ナイフ、フォーク、はさみ-ゾリンゲン)
Karin
                  副:Solingens Schneidwarenindustrie im
Leppin(ジャーナリスト)
                  strukturellen
                  Wandel(構造変革中のゾリンゲンの刃物産業)
                  主:Ploetzlich zaehlen ganz andere
Klaus
                  Standortfaktoren(突然に全く他の立地条件に価
Vollrath(ジャーナリスト
                  値がでる)副:Ruhrwind: Neue Nutzung fuer die
)
                  Halde(ルールの風:ぼた山の新たな利用価値)
                  主:In jeder Hinsicht der Wirtschaft
Dietmar           nah(あらゆる点で経済活動と親しい)副:ETH
Kieser(本誌編集部)     Zuerich: Ingenieurausbildung auf hohem
                  Niveau(ETH チューリッヒ:高水準の技術者教
                  主:Deutsche Anbieter geraten unter
                  Druck(ドイツの提供者は重圧を感じている)副:
Haider            Werkzeugbau-Kolloquium: Durchlaufzeiten in
Willrett(本誌編集部) Deutschland zu
                  lang(金型製造の討論集会:ドイツの納期は長す
                  ぎる)
                  主:Fertigende Industrie ist im Norden
                  besonders
                  wachsam(製造産業は北部で特に注意深い)副:
if(所属不明)
                  Risikomanagement: Deutscher Mittelstand im
                  europaeischen
                  Durchschnitt(危険管理:ドイツの中堅企業は欧
                  主:Magnesium-Besteck spart 1000 kg pro
                  Atlantikflug(マグネシウム製食器セットを使用す
                  ると大西洋横断飛行機の重さが1000
Olaf
                  kg軽くなる)副:Materialica als unverzichtbares
Stauss(本誌編集部)
                  Entwickler-Forum
                  etabliert(Materialicaは開発者に不可欠なフォー
                  ラムとして定着した)
                  主:Ausyralier gewinnen Magnesium aus
Olaf              Asche(オーストラリア人は灰からマグネシウム
Stauss(本誌編集部)     を得る)副:Leichtmetall soll um ein Drittel
                  billiger
                  主:Mehrere Funktionen in einem Modul sind im
                  Trendl(1つのモジュールに幾つかの機能を持つ
Thomas
                  ことが傾向である)副:Zulieferer zeigen auf der
Baumgaertner(本誌編
                  IAA Nutzfahrzeuge viele
集部)
                  Innovationen(下請企業がIAA商用自動車見本
                  市において多くの革新的技術を提示している。)
                  主:Virtuelle Welt ist fuer kleine Betriebe
                  zugaenglich(仮想世界が小企業にとって手の届
Gabriele          くところにある)副:Stuttgarter Simulations-
Visintin(ジャーナリスト) Spezialisten treten als Dienstleister
                  auf(シュツットガルトのシミュレーション専門家が
                  奉仕者として登場した)
                  主:Federleicht und haargenau-die Luecke
                  steckt im Detail(羽のように軽く、極めて精確な
                  - 空所を細かく埋める)副:Mikrospritzgiessen:
Bettina
                  Kleine Teile und Strukturen aus Kunststoff
Keck(本誌編集部)
                  erobern den
                  Markt(微小射出成形:プラスチック製の小型部
                  品・構造物が市場を獲得する)
                     主:Aus Konkurrenten werden
                     Verbuendete(ライバルから同盟軍になる)副:Th
Guenter
                     ermisches Fuegen: Lichtbogen und Strahl
Aichele(フライブルク溶
                     ergaenzen
接技術者事務所)
                     sich(熱による接合:アーク放電と光線が補い合
                     う)
                     主:Handwerker muss zunehmend
                     Managerqualitaeten
                     aufweisen(手工業者にはますます管理者として
Haider
                     の資質が要求される)副:Instandhaltung: Neue
Willrett(本誌編集部)
                     Aufgaben erfordern eine geaenderte
                     Ausbildung(維持補修:新しい課題のためには別
                     の専門教育が必要である)
                     主:Staerkere Felder mit immer kleineren
                     Magneten(さらに小さい磁石による、より強い磁
Joerg
                     場)副:Optimierte Werkstoffe sorgen fuer Trend
Petzold(独Vacuumsch
                     zur
melze社)
                     Miniaturisierung(最適な材料により小型化の傾
                     向が推進される)
                     主:Polymerteile mit Nord- und
Martin
                     Suedpolen(N極とS極を持つポリマー部品)副:K
Groenefeld(独Magnetfa
                     unststoffgebundene Magnete fallen aus der
blik
                     Spritzgiessmaschine(プラスチックと混ざり合っ
Bonn有限責任会社)
                     た磁石が射出成形機から出て来る)
                     主:ROBOTIK(ロボット工学)副:Neue Klasse
                     von Robotern erleichtert die
op(所属不明)
                     Handhabung(新しい部類のロボットにより操作が
                     容易になる)
                     主:Forscher bieten Eignungstest fuer
                     Automatisierer
Birgit               an(自動化を図る者のために研究者が適性試験
Oppermann(本誌編集       法を提供する)副:Montage: Wo lohnt sich der
部)                   Einsatz von
                     Maschinen?(組立:機械を使用する価値のある
                     ところはどこだろうか?)
                     主:Kleinere Unternehmen haben groessten
                     Bedarf(小さな企業ほど大きなニーズを持ってい
dk(所属不明)
                     る)副:ERP-Marktstudie 2002 des Konradin-
                     Verlags(Konradin出版社のERP市場調査2002)
                     主:Der Mensch im Zentrum, nicht die
                     Maschine(中心にいるのは、機械でなく人間であ
Sven
                     る)副:DIN-Normen, Teil 3: Valides Messen von
Hardt(ジャーナリスト)
                     Ankopplungskraeften(DIN規格、第3部:連結力
                     の確実な測定)
                     主:Unsere Mittelstaendler haben eine
                     unglaubliche Buerokratie gegen
                     sich(我々の中堅企業は信じられないような官僚
Tilman Voegele-      主義に接している)副:WSM-Praesident
Ebering(本誌編集部)       Thumann fordert Erleichterungen fuer kleine
                     und mittlere Industrie-
                     Unternehmen(WSM代表のThumann氏は中小企
                     業のために緩和を要求している)
                 主:Der Kunde ist Koenig-doch es fehlt die
                 Krone(お客様は王様だ-でも無冠だ)副:CRM:
Andre
                 Erst die prozesse analysieren und dann die
Kreutzmann(ジャーナリ
                 Software
スト)
                 einfuehren(CRM:プロセスを分析した後にソフト
                 ウエアを導入する)
                 主:Schichtsysteme sind die
Fritz
                 Innovationstreiber(コーティングシステムが革新
Klocke(アーヘン工科大
                 の推進役である)副:Stand und Trends der
学)
                 Werkzeugtechnik(工具技術の現状と動向)
                 主:Intelligente Werkzeuge sind Stand der
                 Technik(聡明な工具が技術の現況を示す)副:
                 GFE Schmalkalden: Spitzentechnik fuer den
fi(所属不明)
                 Breitenanwender(GFE
                 シュマルカルデン:幅広い利用者のための先端
                 技術)
                 主:Die Seele der Beschaffung ist eine kleine
                 Scheibe(調達のかなめは1枚の小さな円盤であ
Jens-Peter       る)副:Starrag Heckert setzt im C-Teile-
Knauer(本誌編集部) Einkauf auf elektronisches Kanban-
                 System(Starrag
                 Heckert社はCパーツの仕入れを電子式カンバ
                 主:Audi beschafft elektronisch mit
                 System(アウディは筋道を立てて電子式に調達
Juergen
                 している)副:Katalogsoftware: Lieferanten
Saarmann(ジャーナリス
                 muessen sich
ト)
                 anpassen(カタログソフト:下請業者は適応しな
                 ければならない)
                 主:Knochentrocken, hart, schlau und
                 ganzheitlich
                 entwickelt(乾式加工技術、高硬度材加工技術、
                 利口なもの、総合的なものを開発する)副:Syst
fi(所属不明)
                 emdenken, Leichtbau und die Performance
                 bestimmen den
                 Trend(体系的思考、軽量構造、性能が動向を決
                 める)
                 主:Erfolg hat, wer auf vielen Hochzeiten
Birgit           tanzt(多くのところに顔を出す者が成功する)副
Oppermann(本誌編集 :Intensiver Wettbewerb beguenstigt
部)               Grossunternehmen(激しい競争は大企業に有利
                 である)
                 主:Frankreich auch in der Flaute beliebter
                 Standort(不況下においてもフランスは人気のあ
                 る場所である)副:Ansiedlung: Deutsche
tv(所属不明)
                 Industrie zieht es ins
                 Nachbarland(入植:ドイツの産業界は隣国でそ
                 れを行っている)
                 主:Erst wenige Zulieferer haben Potenzial
                 erkannt(ようやく尐数の下請け企業が潜在的可
                 能性を認識した)副:Autohersteller setzen auf
dk(所属不明)
                 die digitale
                 Fabrik(自動車メーカはデジタル工場に賭けてい
                 る)
                 主:Wenn das Werkzeugsystem selbst
                 entscheidet, was zu tun
                 ist(もしも工具システムが、何をすべきかを自ら
Haider           決定するならば)副:Intelligente Werkzeuge
Willrett(本誌編集部) eroeffnen neue Moeglichkeiten in der
                 mechanischen
                 Bearbeitung(聡明な工具により機械加工の新し
                 い可能性が開かれる)
                 主:Webcam macht das Buero zum Zimmer mit
Birgit           Aussicht(ウェブカメラがオフィスを見晴らしのよ
Oppermann(本誌編集 い部屋に変える)副:Windkraft:
部)               Komponentenhersteller bieten Kontrollsysteme
                 an(風力:部品メーカが制御システムを供給する
                 主:50 Prozent schneller als professionelle
Klaus            Anbieter(専門業者よりも50%速い)副:FH-
Vollrath(ジャーナリスト Institut entwickelt neue Produkte fuer den
)                Mittelstand(工科大学の研究所が中堅企業の
                 代わりに新製品を開発する)
                 主:Visualisierte Daten sorgen Fuer
                 Transparenz in der
Michael          Fabrik(データの視覚化により工場内が透明にな
Corban(編集者)、Wern る)副:Motorenhersteller Deutz produziert
er Moeller(編集者)  Unikate in
                 Masse(エンジンメーカのDeutz社は唯一のもの
                 を数多く生産している)
                 主:Schoenheit zaehlt nicht- aber die inneren
Birgit           Werte(問題は美しさではなく、中身の価値であ
Oppermann(本誌編集 る)副:Retrofit: Neue Steuerung fuer robuste
部)               Roboter(旧式装置の更新:逞しいロボットのた
                 めの新しい制御)
                 主:Auf lange Sicht enorme
                 Wachstumschancen(長い目で見ると非常に大き
Wolfgang         な成長の機会がある)副:Burkhard Rother:
Fili(レポーター)      Mikrotechnik ist kein Sturm im
                 Wasserglaeschen(Burkhard
                 Rother:マイクロ技術はコップの中の嵐ではない
                 主:Logistikkosten um das 90fache
                 reduziert(ロジスティック費用を90分の1に減らす
Sven             )副:Serie Teil 2: Vater des
Hardt(ジャーナリスト) kleinladungstraegerssystems erhielt DIN-
                 Preis(シリーズ 第2部:小型積み荷運搬システ
                 ムの生みの親がDIN賞を受けた)
                 主:Europas Massivumformer legen nach wie vor
                 zu(欧州の塊体成形業界は依然として成長して
Wolfgang         いる)副:Schmieden-Dachverband Euroforge
Fili(レポーター)      zieht positive
                 Bilanz(鍛造業界の上部団体であるEuroforgeは
                 黒字決算を引き出している)
                 主:Vorteile von Mechanik und Hydraulik sind in
                 einem Konzept
                 vereint(機械装置と油圧装置の長所が、ある構
Birgit
                 想において結合される)副:Antriebstechnik:
Oppermann(本誌編集
                 Linearmotor in der Presse verhilft zu praezisen
部)
                 Blechformteilen(駆動技術:プレス機械に組み込
                 んだリニヤモータが精密板金成形部品製造を可
                 能にする)
                  主:Altlasten verteuern Baukosten oft
                  enorm(廃棄物のために建設費がしばしば巨額
Sven              になる)副:Schadstoffsanierung:
Hardt(ジャーナリスト) Planungsbueros helfen bei
                  Risikoabwaegung(有害物質除去:計画事務所が
                  危険性の検討を支援する)
                  主:Nur Innovationen sichern den Standort
                  Deutschland(技術革新によってのみドイツでの
                  立地が保証される)副:Aachener
hw(所属不明)          Werkzeugmaschinen-Kolloquium zeigt Wege in
                  die
                  Zukunft(アーヘンでの工作機械討論集会で未
                  来への道が示される)
                  主:Nanometer-kleine Schritte bringen den
                  Positioniertisch zuegig
                  voran(ナノメータの微小動作により位置決めテ
Birgit
                  ーブルがきびきびと動く)副:Antriebstechnik:
Oppermann(本誌編集
                  Piezoaktoren und geschrumpfte Servoantriebe
部)
                  erobern die
                  Mikrowelt(駆動技術:圧電アクチュエータと小型
                  サーボ駆動装置がミクロの世界を征服する)
                  主:Neues Forum zur Praesentation von
                  Innovationen(革新を提示する新しいフォーラム)
Bernhard
                  副:Vielfaeltige Dichtungen aus wenigen
Foitzik(ジャーナリスト)
                  Basiswerkstoffen(尐しの基礎素材からの多様な
                  パッキン)
                  主:Im Jahr des Pferdes gilt es, die Zuegel in die
                  Hand zu
                  nehmen(午年に支配権を取ることが肝要である
Iris Frick(本誌編集部) )副:China: Im reich des Wachstums haben auch
                  kleine und mittlere Betriebe
                  Erfolgschancen(中国:成長中の国においては中
                  小企業にも成功の機会がある)
                  主:Die Mitgestalter sitzen an den Hebeln der
                  Macht(一緒に企画する者が決定権をにぎって
Sven              いる)副:Serie Teil 1: Strategischer Umgang mit
Hardt(ジャーナリスト) Normen bringt
                  Wettbewerbsvorteile(シリーズ 第1部:規格と
                  戦略的につきあうことにより競争で有利になる)
                  主:Selbstloser Torhueter Sepp bringt
                  gegnerische Stuermer zur
                  Verzweiflung(私欲のないゴールキーパーである
                  Seppが敵のフォワードを絶望的な気分にさせる
Joerg
                  )副:Freiburger Informatiker sind dreifache
Ruch(ジャーナリスト)
                  Weltmeister im
                  Roboterfussball(フライブルクの情報科学者はロ
                  ボットサッカーで3回連続世界チャンピオンにな
                  っている)
                  主:Baden-Wuerttemberg spielt in der Biotech-
                  Bundesliga(バーデン・ヴュルテンベルク州はバ
sr(所属不明)          イオ技術の全国リーグで競技している)副:Fors
                  chungslandschaft Life
                  Science(生命科学の研究地帯)
                  主:Toedlich Fuer manche Hersteller, lehrreich
                  fuer die
                  Klientel(相当数のメーカにとって致命的で、顧客
Wolfgang
                  にとっては有益だ)副:Technikschocks sorgen
Fili(レポーター)
                  im Werkzeugmaschinenbau fuer rigorose
                  Auslese(技術面での衝撃により工作機械メーカ
                  が厳しく選別される)
                  主:Ein permanentes Ringen um die
                  Spitzenstellung(最高の地位を求める永続的努
                  力)副:VDW-Praesident Berndt Heller zur WZM-
Iris Frick(本誌編集部) Industrie und
                  Metav(ドイツ工作機械製造業協会会長のBernd
                  t
                  Heller氏が工作機械産業とMetav見本市につい
                  主:Mit Innovationen raus aus der
                  Wachstumsdelle(革新により景気落ち込みの外
Stefan
                  に出る)副:Konjunktur: Maschinenbau Ost
Schroeter(ジャーナリス
                  wartet auf
ト)
                  Aufschwung(景気動向:東側の工作機械メーカ
                  は景気上昇を待っている)
                  主:Praktiker schauen den Forschern ins
                  Labor(実務家が実験室の研究者を眺める)副:F
                  luidtechnisches Kolloquium in Aachen bleibt
Bernhard
                  Branchen-
Foitzik(ジャーナリスト)
                  Treffpunkt(アーヘンで開催された流体技術に関
                  する討論集会はいつも異分野の出会いの場で
                  ある)
                  主:Eine Instrumententafel fertigen wir bald mit
                  nur noch einem
                  Werkzeug(計器盤を我々はまもなくただ1つの型
Bettina           から作る)副:Professor Peter Eyerer und sein
Keck(本誌編集部)       Team entwickeln Produktionsverfahren fuer
                  komplexe Kunststoffteile(Peter
                  Eyerer教授と彼のチームが複雑なプラスチック
                  部品の製造法を開発した)
                  主:Piezo-Aktor und CFK schuetzen die
                  Spindellager〔圧電アクチュエータとCFK(炭素繊
op(所属不明)          維強化プラスチック)が主軸軸受を守る〕副:Mas
                  chinenbau: Bessere Antriebskomponenten und
                  Konzepte(機械製造:より良い駆動要素と構想)
                  主:Aussichten fuer 2002 eher
                  bescheiden(2002年の見通しはどちらかと言え
                  ば控えめだ)副:Branche der Blechumformung
re(所属不明)
                  verzeichnet
                  Umsatzzuwachs(板金成形加工分野の売上げ
                  は増加している)
                  主:Der EU-Beitritt ist fuer die Manager das
                  Sahnehaeubchen(EUへの加盟は経営者にとっ
Tilman Voegele-   てすばらしい結婚である)副:EU-
Ebering(本誌編集部) Osterweiterung: Positive Signale aus den
                  Fuehrungsetagen(EUの東方拡張:リードする階
                  層からの前向きの合図)
                    主:Mensch und Roboter: Eine Hand stoert die
                    andere
                    nicht(人間とロボット:1つの手が他の手を邪魔
Thomas
                    しない)副:Neue Konzepte erlauben
Preuss(本誌編集部)
                    Kooperation beim Schweissen und in der
                    Montage(新しい構想により溶接と組立における
                    協力が可能になる)
                    主:Titan - der Mercedes unter den
Barbara             Leichtmetallen(チタン-軽金属のメルセデス)
Wantzen(ジャーナリスト     副:Titan bietet hoechste Festigkeiten und
)                   Korrosionsbestaendigkeit(チタンには最高の強
                    度と耐腐食性がある)
                    主:Origami im
                    Nanobereich(ナノ領域の折り紙)副:Philip-
Simone
                    Morris-Preis fuer kleinste
Reimann(本誌編集部)
                    Bauteile(極小構造部品に対するフィリップモリス
                    賞)
                    主:Erstmals Bremsspuren beim
                    Auftragseingang(受注における初めてのブレー
re(所属不明)            キ)副:Laserbranche spuert
                    Konjunkturflaute(レーザ分野には不況が感じら
                    れる)
                    主:Wo ist der Kern der Kernkompetenz
Klaus               ?(管轄の中核はどこか?)副:Car-Sympojium:
Vollrath(ジャーナリスト    Die Grenzen des
)                   Outsourcing(カー・シンポジウム:アウトソーシン
                    グの限界)
                    主:Der Wettbewerb um die besten Koepfe ist
                    hart(最高の頭脳を得るための競争は厳しい)副
Iris Frick(本誌編集部)   :Studien: Im Maschinenbau fehlen auf Jahre
                    Ingenieure(調査研究:機械製造業界においては
                    数年来技術者が不足している)
                    主:Wo rohe Kraefte sinnvoll
Klaus               walten(荒々しい力をどこで効果的に管理するか
Vollrath(ジャーナリスト    )副:Massivumformung: Rohre aus dem Vollen
)                   gepresst(塊体の成形加工:プレス加工をふんだ
                    んに用いて管を製造する)
                    主:Umformtechniker Liebaeugeln mit keramik-
                    Walzen(塑性加工技術者はセラミックロールを望
Hans-Juergen
                    んでいる)副:Forschungs-Kooperation: Walzen-
Bittermann(ジャーナリ
                    Standzeit soll um Faktor 3
スト)
                    steigen(研究協力:絞り用ロールの寿命が3倍
                    になる)
                    主:Fuers Auto entwickelt, im Maschinenbau
                    genutzt(自動車用に開発し、機械製造で使用さ
Olaf                れる)副:Verbindungs- und Schweisstechnik:
Stauss(本誌編集部)       Neue Fuegesysteme im
                    Markt(結合技術と溶接技術:市場にある新しい
                    接合システム)
                    主:Nuernberg lockt mit grossem Secondhand-
                    Angebot(大規模な中古品供給でニュルンベルク
Sven                に呼び寄せる)副:Dienstleistungen im Umfeld
Hardt(ジャーナリスト)      des Handels werden
                    wichtiger(商取引を巡るサービスが重要性を増
                    している)
                 主:Abwaertstrend
Berndt           gestoppt(下落傾向が止まった)副:VDW-Chef
Heller(VDW:ドイツ工作 Berndt Heller zum Exportmarkt Nummer
機械製造業協会)         eins(VDW会長のBerndt
                 Heller氏が第1の輸出市場について語る)
                 主:Tuerme brauchen mehr Stahl als die Vulkan-
                 Werft(塔は造船所よりも多くの鋼を消費する)副
Sven
                 :Windenergie ist ein Motor des deutschen
Hardt(ジャーナリスト)
                 Anlagenbaus(風力エネルギはドイツの設備建造
                 の推進力である)
                 主:In Sinsheim dreht sich alles um
                 Produktqualitaet(Sinsheimにおいては製品品質
Uwe              が中心である)副:Internationale Fachmesse
Boettger(本誌編集部) fuer Mess- und
                 Prueftechnik(測定・検査技術のための国際専
                 門見本市)
Gregory          主:Weniger Teile, gleiche Funktion, weniger
Kiefhaber〔Masai  Kosten(より尐ない部品、同じ機能、より尐ない
Deutschland有限責任 費用)副:Redesign-to-Cost: Projekte senken
会社(Masaiのiにはウム Beschaffungskosten(再設計対費用:プロジェク
ラウトが付いています)〕 トにより調達費用が減る)
                 主:Konstrukteur und Maschine sind intuitiv
                 verbunden(設計者と機械が直感的に結び付け
Sven             られる)副:Virtuelle Produktentstehung:
Hardt(ジャーナリスト) Maschinenbau nutzt Potenziale noch
                 nicht(仮想製品生成:機械製造は潜在能力をま
                 だ利用していない)
                 主:Experten erarbeiten die
                 Vortragsinhalte(専門家同士で講演内容を検討
Rolf             して決める)副:Professor Weck: AWK ist
Langbein(本誌編集長) Informationsboerse der
                 Produktionstechnik(Weck教授:AWKは生産技
                 術情報の取引所である)
                 主:Die Stimmung ist schlechter als die
                 Lage(雰囲気は実状より悪い)副:VDW: Nach
if(所属不明)         Rekordjahr wird deutliche Abschwaechung
                 erwartet(ドイツ工作機械製造者協会:記録年の
                 後で明白な落ち込みが予想される)
                 主:Betriebe mit strategischem Einkauf haben
                 im Wettbewerb die Nase
Michael          vorn(戦略的な調達を行う企業が競争に勝つ)
Wolf〔(VDMA)ドイツ機 副:Maschinen- und Anlagenbau beschaeftigt
械・設備製造業連合〕 sich verstaerkt mit
                 Beschaffungsstrategien(機械・設備製造業界は
                 調達戦略に重点を置いて取り組んでいる)
Industrie Anzeiger誌
                                           更新日: 1/28/2008

               抄  録              図、写真、表、参考文献          雑誌名、頁

   ある工作機械メーカの状況を含めたインド工作
                                         Industrie
   機械業界の状況、インドに進出したドイツ企業の
                           図:1枚、写真:4枚、表: Anzeiger、2007年31/32
   状況、企業進出先としてのインドの評価、2006
                           なし、参考文献:なし    号(8月6日号)、頁:14-
   年にドイツからインドに輸出した各種機械の品
                                         16
   目割合などを示した。
   ドイツのIPAが開発した高張力鋼用クリンチ接合
   装置を紹介したもので、従来装置による高張力                       Industrie
   鋼接合での問題点を指摘し、本方法による接合         図:なし、写真:2枚、表: Anzeiger、2007年31/32
   例を示して、従来式クリンチ接合に対する接合         なし、参考文献:なし    号(8月6日号)、頁:28-
   力減尐度合、接合部強度の向上度合などを報                        29
   告。
   ドイツの研究機関や企業が開発した各種の制振
   装置を紹介したもので、自動車用・製紙機械用・
                                               Industrie
   スポーツ機器用の振動減衰器、自動車排ガス
                                 図:2枚、写真:3枚、表: Anzeiger、2007年27/28
   装置用騒音減衰器、LBF(操業堅実性とシステ
                                 なし、参考文献:なし    号(7月2日号)、頁:28-
   ム信頼性に関するフラウンホーファー研究所)発
                                               31
   ベンチャー企業が商品化したヨットエンジン用減
   衰システムなどを紹介。

   ドイツのアーヘン工科大学の小企業支援・技術
                                       Industrie
   移転の体制・考え方についての標記両教授への
                         図:なし、写真:3枚、表: Anzeiger、2007年27/28
   インタビューであり、秘密保持契約締結を含む
                         1枚、参考文献:なし    号(7月2日号)、頁:32-
   共同研究成立までの流れ、共同研究成功例、研
                                       33
   究機関利用の利点などを紹介した。


   ドイツのTEG(フラウンホーファー財団技術開発
   グループ)が開発して企業と共同で市場化した、                Industrie
                           図:なし、写真:2枚、表:
   中心部がプラスチック又は発泡金属で歯部が鋼                 Anzeiger、2007年24号(
                           なし、参考文献:なし
   の歯車を紹介したもので、その長所、鋼製歯部                 6月11日号)、頁:42
   製造法などを示した。

   ドイツのIPTが開発した、精密加工用の設置面
   積1m2の小型フライス盤“MiniMill”を紹介したも               Industrie
                                図:なし、写真:1枚、表:
   ので、リニアモータや花崗岩ベッドなどの主要装                     Anzeiger、2007年21号(
                                なし、参考文献:なし
   備、瞬間的動作や加工精度などの主要特性値                       5月21日号)、頁:32-33
   を示した。


   ドイツの標記の州の最近の経済動向を紹介した
                                         Industrie
   もので、2006年の景気、機械製造業界の国際競 図:1枚、写真:2枚、表:
                                         Anzeiger、2007年21号(
   争力、州政府の革新振興への取り組み、州政府 なし、参考文献:なし
                                         5月21日号)、頁:36-37
   が振興する家族企業の特徴などを示した。
PVD法により酸化物を被覆した切削工具の性能
                                          Industrie
を紹介したもので、TiAlNとAl2O3を被覆した工具 図:なし、写真:2枚、表:
                                          Anzeiger、2007年20号(
と窒化物を被覆した工具で鋼材をフライス切削 なし、参考文献:なし
                                          5月14日号)、頁:50
して損傷特性を比較した。


ドイツの1200社へのアンケート調査の結果に基             Industrie
づいてドイツのルール大学が開発した、革新を 図:1枚、写真:なし、表: Anzeiger、2007年15/16
もたらすアイデアの潜在可能性を適切に評価す なし、参考文献:なし    号(4月16日号)、頁:42-
る方法論を紹介。                            43

2007年4月にドイツのカールスルーエで開催され
た中古機械見本市“Resale                       Industrie
2007”の概要を紹介したもので、最近の中古機 図:2枚、写真:3枚、表: Anzeiger、2007年15/16
械市場の景気動向を報告し、出展企業の業種 なし、参考文献:なし       号(4月16日号)、頁:48-
分布、中古機械の世界市場規模、来場者の世                  49
界地域別分布などを示した。
ドイツの貿易相手国としてのトルコを評価したも                      Industrie
ので、最近数年間の両国の輸出入額の変遷、2         図:3枚、写真:3枚、表: Anzeiger、2007年14号(
005年におけるドイツからの各種機械の輸入額、       なし、参考文献:なし    4月2日号)、頁:22,24-
物品供給国としてのトルコの利点などを示した。                      25
2007年のハノーファー見本市の中で開催された
専門見本市“Micro                                 Industrie
Technology”の出展物をいくつか紹介したもので   図:1枚、写真:4枚、表: Anzeiger、2007年14号(
、SiOxベースの高硬度皮膜、加工監視用小型セ       なし、参考文献:なし    4月2日号)、頁:127-
ンサ、レーザによるプラスチック溶接技術、レー                      129
ザによる微小穴あけ技術などを紹介。
新しい加工技術・工作機械の普及について検討
したもので、例としてパラレルメカニズム工作機
                                     Industrie
械が普及しなかった原因を指摘し、新製造技術 図:2枚、写真:3枚、表:
                                     Anzeiger、2007年13号(
普及のために必要なことがら、1975年~2007年 なし、参考文献:なし
                                     3月26日号)、頁:28-31
までの主要な製造関連新技術開発の歴史を紹
介した。

ドイツのアーヘン工科大学がクラスター“高賃金
                                    Industrie
国のための統合的生産技術”の中で検討してい 図:1枚、写真:2枚、表:
                                    Anzeiger、2007年12号(
る、量産と顧客指向を両立させる、ドイツや欧州 なし、参考文献:なし
                                    3月19日号)、頁:42-43
諸国の製造業の生き残り策を紹介。
ドイツのフラウンホーファー財団研究所と企業な
どによるセラミック材料開発の動向と開発例を紹               Industrie
                       図:なし、写真:3枚、表:
介。内部欠陥検出法、アイロンの加熱板、ディー               Anzeiger、2007年12号(
                       なし、参考文献:なし
ゼルエンジンからの排ガス用フィルタ、透明板材               3月19日号)、頁:46-47
の開発動向を紹介。人材育成の課題にも言及。

世界における工作機械生産の国別動向を紹介
                                       Industrie
したもので、2006年の上位5カ国の比率・売上額 図:1枚、写真:1枚、表:
                                       Anzeiger、2007年11号(
を示し、アジアの動向を含めた今後の見通しも なし、参考文献:なし
                                       3月12日号)、頁:19
示した。
ドイツのLZHが試作したステレオリソグラフィー機
                                     Industrie
の概要・特徴を紹介するとともに、製造される微 図:なし、写真:3枚、表:
                                     Anzeiger、2007年11号(
細部品例、本方法の造形原理、推奨適用分野 なし、参考文献:なし
                                     3月12日号)、頁:34-35
を示した。

ドイツのPforzheim工科大学が検討している、レ
ーザを用いて鋼表面に超硬合金膜を被覆する                     Industrie
                           図:なし、写真:2枚、表:
方法を紹介。塑性加工工具への被覆により工具                    Anzeiger、2007年5/6号
                           なし、参考文献:なし
表面硬度が高まり、工具寿命が延びる可能性が                    (2月5日号)、頁:40-41
あり、パートナー企業で試験中である。

生物機能から学んだ人工物の開発例を紹介す
るもので、蜘蛛などが天井や鉛直壁に付着でき               Industrie
                      図:なし、写真:2枚、表:
る機構、それを模擬して開発した付着部、その               Anzeiger、2007年5/6号
                      なし、参考文献:なし
利用可能分野、その付着部を用いたロボット開               (2月5日号)、頁:42-43
発プロジェクトを紹介。

ドイツのアーヘン工科大学が開発した、外国と
                                   Industrie
の競争に対応するために金型製造企業が同業 図:1枚、写真:なし、表:
                                   Anzeiger、2007年1/2号
他社など協力して業務をうまく遂行することを支 なし、参考文献:なし
                                   (1月8日号)、頁:31
援する、協力形態モデルの概要を紹介。



ドイツ单東部のBaden-
                                          Industrie
Wuerttenberg州の経済面の特徴について報告し
                            図:1枚、写真:2枚、表: Anzeiger、2006年51/52
たもので、当州経済の発展要因、革新能力、主
                            2枚、参考文献:なし    号(12月18日号)、頁:1
要産業分野、問題点、4企業における競争力維
                                          2-14
持のための取組などを示した。


標記州代表に対する、ドイツ单東部のバーデン               Industrie
-ヴュルテンベルク州の機械産業の特長、競争 図:1枚、写真:1枚、表: Anzeiger、2006年51/52
力維持策、今後懸念される事柄、政治制度等で なし、参考文献:なし    号(12月18日号)、頁:1
改革すべき点などに関するインタビュー。                 6-17

                                       Industrie
ラピッドマニュファクチャリング法の可能性を示
                         図:なし、写真:3枚、表: Anzeiger、2006年48号(
すとともに、その中の3次元プリンタ、FDM、レー
                         なし、参考文献:なし    11月27日号)、頁:32-
ザ焼結の3方法について、概要と特長を紹介。
                                       34



                                     Industrie
ドイツの金型メーカが世界的競争下で生き残っ
                       図:なし、写真:2枚、表: Anzeiger、2006年48号(
ていくための方策についての、ドイツのアーヘン
                       なし、参考文献:なし    11月27日号)、頁:18-
工科大学の標記両教授へのインタビュー。
                                     19
トヨタ生産方式に基づく、生産における無駄を除
                                     Industrie
く方式であるリーン生産方式を取り入れた、ドイ 図:1枚、写真:1枚、表:
                                     Anzeiger、2006年48号(
ツのアーヘン工科大学による、リーン革新を推 なし、参考文献:なし
                                     11月27日号)、頁:14
進するための6つの指針を示した。

ドイツのISI(システム研究と革新研究に関するフ
ラウンホーファー研究所)が金属・電気関連企業              Industrie
を対象に行ったアンケートの結果を報告したも 図:2枚、写真:1枚、表: Anzeiger、2006年46/47
ので、今後重要性が増す加工技術と重要性が なし、参考文献:なし     号(11月20日号)、頁:2
減る加工技術、新製品製造に際して新製造設備               2
の投資予定有無の産業分野別比率の違いを示

ドイツの医療機器製造業界の動向を紹介したも
                                     Industrie
ので、メーカ4社の製品と取り組み状況を紹介し 図:なし、写真:1枚、表:
                                     Anzeiger、2006年45号(
、2005年における売上、将来見通し、医工連携 なし、参考文献:なし
                                     11月6日号)、頁:28-31
がもたらす効果を記した。


偽造品を防止するための、ラベルや2次元バー
                                       Industrie
コードなどのドイツ5社の提供する方法を紹介す
                         図:なし、写真:5枚、表: Anzeiger、2006年43/44
るとともに、IPT(生産技術に関するフラウンホー
                         なし、参考文献:なし    号(10月30日号)、頁:2
ファー研究所)の偽造防止策への取り組みも紹
                                       4-26
介。
ドイツのIPT(生産技術に関するフラウンホーファ
ー研究所)がEuroblech2006見本市に出展した3         Industrie
つの研究成果を紹介したもので、①チタン、アル 図:なし、写真:1枚、表: Anzeiger、2006年42号(
ミニウムを主対象にしたレーザ溶接技術の長所 なし、参考文献:なし     10月16日号)、頁:36-
、②レーザ援用の金属成形性改良法、③窒化珪                37
素製の深絞り型を紹介。
イタリアの工作機械業界の状況を報告したもの
で、企業規模、世界市場に占める割合をドイツと               Industrie
                       図:1枚、写真:1枚、表:
比較しつつ紹介するとともに、本業界の問題点、               Anzeiger、2006年39号(
                       なし、参考文献:なし
2006年の受注動向、近年の企業数の変化動向               9月25日号)、頁:37
を示した。


ドイツのIKTSが約15年前から行っている、酸化
                                     Industrie
物セラミックを使用した燃料電池に関する研究を 図:1枚、写真:1枚、表:
                                     Anzeiger、2006年38号(
紹介したもので、本電池の原理、構造、長所、ド なし、参考文献:なし
                                     9月18日号)、頁:56-57
イツ産業界にもたらす効果などを紹介。

レーザでの金属溶融による2つの部品加工法を
紹介したもので、①LaserCusingと呼ばれる、金
属粉を層状に融かす造形法の特性、長所、適用
                                      Industrie
分野を紹介し、②ドイツのIPT(生産技術に関す 図:なし、写真:4枚、表:
                                      Anzeiger、2006年37号(
るフラウンホーファー研究所)が開発した、マシ なし、参考文献:なし
                                      9月11日号)、頁:28-29
ニングセンタ上でHSC(高速切削)とレーザ肉盛
溶接を組み合わせて金型補修などを行う、CMB
と呼ばれる方法を示した。
ドイツのLBF(稼働確実性とシステム信頼性に関
                                     Industrie
するフラウンホーファー研究所)がマグネシウム 図:なし、写真:1枚、表:
                                     Anzeiger、2006年37号(
合金の自動車部品、航空機部品への適用性に なし、参考文献:なし
                                     9月11日号)、頁:44-45
ついて検討した結果を紹介。


生産やロジスティックでのRFIDの使用に関して、
その性能、今後の可能性などについての、ドイ                  Industrie
                         図:なし、写真:1枚、表:
ツのIML(物流とロジスティックに関するフラウン               Anzeiger、2006年28/29
                         なし、参考文献:なし
ホーファー研究所)の標記教授へのインタビュー                 号(7月17日号)、頁:23
。

ドイツ企業の投資先・進出先としてのトルコの現
                                     Industrie
状と将来展望を記したもので、ドイツからのある
                       図:2枚、写真:3枚、表: Anzeiger、2006年26/27
進出企業の例、トルコにおける自動車産業や機
                       なし、参考文献:なし    号(7月3日号)、頁:18-
械設備産業などの拡大動向、トルコへのドイツ
                                     21
製品の分野別輸出額割合などを示した。



ドイツのある企業がIWUと共同開発した、ランプ
                                      Industrie
の軸とソケットの接合剤としてのアルミニウム発
                        図:なし、写真:2枚、表: Anzeiger、2006年24/25
泡体の適用について紹介したもので、従来方法
                        なし、参考文献:なし    号(6月19日号)、頁:26-
の問題点、本発泡体による接合剤製造法、本歩
                                      27
法の長所などを示した。




ドイツのPZH(ハノーファー生産技術センター)が
                                       Industrie
行っている、工作機械への磁気案内の適用に関
                         図:なし、写真:1枚、表: Anzeiger、2006年22/23
する研究の概要を紹介したもので、本案内の長
                         なし、参考文献:なし    号(6月6日号)、頁:54-
所、工作機械での使用に当たっての必要事項な
                                       55
どを記した。




ドイツのハノーファー大学が開発した、磁性材料
                                   Industrie
の硬度、強度を非接触測定する装置の測定原 図:1枚、写真:1枚、表:
                                   Anzeiger、2006年21号(
理、性能、ドイツのある企業での鍛造部品検査 なし、参考文献:なし
                                   5月22日号)、頁:39
への適用例を紹介。




ドイツにおける各種のバイオマス由来燃料の開
                                     Industrie
発や利用の動向、長所や問題点を解説したもの 図:1枚、写真:2枚、表:
                                     Anzeiger、2006年19号(
で、2005年から2050年にかけてのバイオマス燃 なし、参考文献:なし
                                     5月8日号)、頁:42-44
料の消費量予測も示した。
ドイツのIPT(生産技術に関するフラウンホーファ
ー研究所)、IPT発ベンチャー企業、アーヘン工
                                           Industrie
科大学が共同で、基本技術を持つ東芝機械(株        図:なし、写真:2枚、表:
                                           Anzeiger、2006年17号(
)と連携して開発した、非球面レンズなどの光学       なし、参考文献:なし
                                           4月24日号)、頁:66-67
用精密ガラス部品のプレス機を用いた製造技術
を紹介。
ドイツのIPT(生産技術に関するフラウンホーファ
ー研究所)における近年の医学関連技術開発の                      Industrie
                             図:なし、写真:2枚、表:
動向を概説したもので、繊維強化プラスチック製                     Anzeiger、2006年17号(
                             なし、参考文献:なし
の外科用医療機器、血液中の酸素濃度測定装                       4月24日号)、頁:62-64
置などを紹介。
ドイツのアーヘン工科大学が考案した、工作機
                                           Industrie
械のテーブルに固定した工作物の位置をカメラ        図:2枚、写真:1枚、表:
                                           Anzeiger、2006年17号(
で検出するシステムPart-               なし、参考文献:なし
                                           4月24日号)、頁:38-39
Align3Dを紹介したもので、本システムで可能な
高速送り研削盤を開発するための、ドイツのア
ーヘン工科大学などが参加するEUの産学共同                   Industrie
                          図:1枚、写真:4枚、表:
研究プロジェクトAgnetaの概要を紹介したもので               Anzeiger、2006年17号(
                          なし、参考文献:なし
、参加企業、本プロジェクトの成果としての試作                  4月24日号)、頁:32-33
研削盤の性能を示した。

チタン合金、ニッケル合金などの高機能材料の
                                   Industrie
被削性、各種切削工具のニッケル合金への適 図:1枚、写真:2枚、表:
                                   Anzeiger、2006年17号(
用性、これらの材料の航空機などの分野での使 なし、参考文献:なし
                                   4月24日号)、頁:30-31
用動向を記した。
ドイツのアーヘン工科大学と企業が共同開発し
た、航空機事故を防ぐために、航空機エンジン                      Industrie
                             図:2枚、写真:4枚、表:
部品の加工時に事故原因になりうる異常を検出                      Anzeiger、2006年17号(
                             なし、参考文献:なし
する技術の概要を紹介。この技術の航空機分野                      4月24日号)、頁:28-29
以外の適用性も記した。
1906年の設立以来のWZLの歴史を概説したも
ので、①設立者のWallichs教授がいた第1世代(                 Industrie
                             図:なし、写真:6枚、表:
1906-                                      Anzeiger、2006年17号(
                             なし、参考文献:なし
1936)、②その後継者のOpitz教授を中心にした                 4月24日号)、頁:18-19
第2世代(1936-
ドイツのカールスルーエ研究センター(FZK)が
                                    Industrie
開発した、電子線照射により高精度微細部品を 図:なし、写真:2枚、表:
                                    Anzeiger、2006年16号(
製造できるLiga法を紹介したもので、造形手順、 なし、参考文献:なし
                                    4月18日号)、頁:53
形状精度、歯車等の製造部品例を示した。

2006年のハノーファーメッセの中で開催される標
                                     Industrie
記プレゼンの概要を紹介したもので、ナノ技術の 図:なし、写真:2枚、表:
                                     Anzeiger、2006年16号(
応用可能性、本プレゼンの今年の重点分野、3 1枚、参考文献:なし
                                     4月18日号)、頁:47-49
つのプレゼン例を示した。


工業用セラミックの可能性を報告したもので、ド
                                        Industrie
イツ企業の1992~2004年における工業用セラミ 図:1枚、写真:2枚、表:
                                        Anzeiger、2006年16号(
ック売上額の変遷、射出成形によるセラミック部 なし、参考文献:なし
                                        4月18日号)、頁:43-44
品製造技術などを紹介。
ドイツのIFAM、LBF、IISが研究開発している、RF
                                      Industrie
IDタグ、センサ、アクチュエータを鋳込んだ、知 図:なし、写真:3枚、表:
                                      Anzeiger、2006年13号(
的なダイカスト鋳物部品を製造する技術と本部 なし、参考文献:なし
                                      3月27日号)、頁:44-45
品の特長を紹介。




ドイツのアーヘン工科大学が機械・設備メーカ、
ERPメーカと共同開発した、インターネットに基づ               Industrie
                         図:1枚、写真:なし、表:
く、メーカ・顧客間などの異なるERPシステム間                Anzeiger、2006年12号(
                         なし、参考文献:なし
の情報交換を可能にする標記工場の特長を紹                   3月20日号)、頁:26-27
介。
ドイツのアーヘン工科大学がIPT(生産技術に関
するフラウンホーファー研究所)と共同で行った                Industrie
                        図:3枚、写真:1枚、表:
、中国の金型メーカ2万社のデータに基づいて行                Anzeiger、2006年11号(
                        なし、参考文献:なし
った中国製金型の価格・性能比に関する調査結                 3月13日号)、頁:45
果の概要を報告したもので、中国製金型に対す


                                    Industrie
国際競争の中でドイツの金型メーカが市場で成 図:1枚、写真:3枚、表:
                                    Anzeiger、2006年11号(
功するための戦略・方法を検討。       なし、参考文献:なし
                                    3月13日号)、頁:42-44




エアバスの構造部品などに使用される標記材料
製品を製造している50の企業・研究所が集積し                 Industrie
                         図:1枚、写真:7枚、表:
ているドイツのStade地域の技術を紹介したもの               Anzeiger、2006年10号(
                         なし、参考文献:なし
で、いくつかの企業の概要、企業間連携の必要                  3月6日号)、頁:38-40
性、CFKリサイクルへの取り組みなどを報告。


ドイツのフラウンホーファー財団が中小企業の                Industrie
                       図:1枚、写真:2枚、表:
革新能力を測るソフトツールを開発し、ドイツの               Anzeiger、2006年1/2号
                       なし、参考文献:なし
溶接企業に適用した結果を紹介。                      (1月9日号)、頁:14-16
カナダのオンタリオ州へのドイツ等外国の自動
                                     Industrie
車メーカの進出動向を報告したもので、カナダの
                       図:なし、写真:3枚、表: Anzeiger、2005年47/48
自動車製造業界の現状、あるオーストリア企業
                       なし、参考文献:なし    号(11月28日号)、頁:5
の進出理由、州政府の自動車産業強化策など
                                     0-51
を示した。

生産における複雑さを制御できる“スリムな生産               Industrie
                       図:なし、写真:1枚、表:
”の可能性、“スリムな生産”が成功するための               Anzeiger、2005年46号(
                       なし、参考文献:なし
条件などを示した。                            11月14日号)、頁:18


                                      Industrie
EUの共同研究プロジェクトへの中小企業の参加
                        図:なし、写真:3枚、表: Anzeiger、2005年46号(
を支援する機関であるSEZを紹介するとともに、
                        なし、参考文献:なし    11月14日号)、頁:48-
SEZが支援する2つのプロジェクトを紹介。
                                      49




いくつかのドイツのフラウンホーファー財団研究               Industrie
                       図:なし、写真:2枚、表:
所が連携して標記燃料電池を開発している研究                Anzeiger、2005年46号(
                       なし、参考文献:なし
の概要を紹介。                              11月14日号)、頁:50




外国への生産拠点立地に当たって、現在の現
                                          Industrie
地賃金の他に考慮すべき事柄を示した。イタリ       図:なし、写真:2枚、表:
                                          Anzeiger、2005年45号(
アのある機械メーカがドイツに生産拠点を設け       なし、参考文献:なし
                                          11月7日号)、頁:17-18
た理由も紹介。

カナダのオンタリオ州へのドイツ等外国の自動
                                     Industrie
車メーカの進出動向を報告したもので、カナダの
                       図:なし、写真:3枚、表: Anzeiger、2005年47/48
自動車製造業界の現状、あるオーストリア企業
                       なし、参考文献:なし    号(11月28日号)、頁:5
の進出理由、州政府の自動車産業強化策など
                                     0-51
を示した。

生産における複雑さを制御できる“スリムな生産               Industrie
                       図:なし、写真:1枚、表:
”の可能性、“スリムな生産”が成功するための               Anzeiger、2005年46号(
                       なし、参考文献:なし
条件などを示した。                            11月14日号)、頁:18


                                      Industrie
EUの共同研究プロジェクトへの中小企業の参加
                        図:なし、写真:3枚、表: Anzeiger、2005年46号(
を支援する機関であるSEZを紹介するとともに、
                        なし、参考文献:なし    11月14日号)、頁:48-
SEZが支援する2つのプロジェクトを紹介。
                                      49
いくつかのドイツのフラウンホーファー財団研究               Industrie
                       図:なし、写真:2枚、表:
所が連携して標記燃料電池を開発している研究                Anzeiger、2005年46号(
                       なし、参考文献:なし
の概要を紹介。                              11月14日号)、頁:50




外国への生産拠点立地に当たって、現在の現
                                          Industrie
地賃金の他に考慮すべき事柄を示した。イタリ       図:なし、写真:2枚、表:
                                          Anzeiger、2005年45号(
アのある機械メーカがドイツに生産拠点を設け       なし、参考文献:なし
                                          11月7日号)、頁:17-18
た理由も紹介。

メカトロニクスシステムの異常監視技術について
解説したものであり、主に自動車を対象に、複雑
                                     Industrie
なメカトロニクスシステムの監視に関する現状の
                       図:なし、写真:3枚、表: Anzeiger、2005年43号(
問題点、信頼できる監視システムを開発するた
                       なし、参考文献:なし    10月24日号)、頁:28-
めの今後の課題、IPA(生産技術と自動化に関
                                     30
するフラウンホーファー研究所)のこの技術への
取り組みなどを紹介。
ドイツのIZFP(非破壊検査法に関するフラウンホ
ーファー研究所)と企業の共同研究の成果であ               Industrie
る、対象物に放出した電磁パルスの反射エコー 図:なし、写真:3枚、表: Anzeiger、2005年43号(
を解析して表面硬度と硬化部深さを測定する非 1枚、参考文献:なし    10月24日号)、頁:31-
破壊式硬度計硬度計を紹介したもので、本硬度               33
計の特徴、従来法の欠点、適用分野などを紹介

ドイツのシュツットガルトで開催された標記見本                Industrie
市の概要を紹介し、PLM(製品ライフサイクル管 図:1枚、写真:1枚、表: Anzeiger、2005年43号(
理)関連製品の2000年~2009年の売上高動向 なし、参考文献:なし   10月24日号)、頁:36-
、世界の主要企業数社の売上高などを示した。                 37


ドイツのISIなどが開発した、圧縮空気にかかる             Industrie
費用を計算する無料ホームページを紹介したも 図:2枚、写真:1枚、表: Anzeiger、2005年43号(
ので、非鉄金属鋳造企業を例にして、データ入 なし、参考文献:なし    10月24日号)、頁:38-
力法、結果表示例などを示した。                     39

                                    Industrie
ドイツの革新的製品を生み出す力を世界の16
                      図:1枚、写真:1枚、表: Anzeiger、2005年41号(
の工業国と比較したものであり、研究への投資
                      なし、参考文献:なし    10月10日号)、頁:20-
額などのドイツにおける4つの問題点を指摘。
                                    21
                                     Industrie
ERPシステムを設置後に生産に使えるようにな
                       図:2枚、写真:なし、表: Anzeiger、2005年41号(
るまでの期間について報告したものであり、企業
                       なし、参考文献:なし    10月10日号)、頁:26-
規模による期間の違いについても示した。
                                     27
中古工作機械の取扱業者が会員の本連盟会長
                                     Industrie
へのインタビューであり、本連盟の概要、本連盟
                       図:なし、写真:1枚、表: Anzeiger、2005年41号(
加入のメリット、取り扱い機の宣伝方法、中国市
                       なし、参考文献:なし    10月10日号)、頁:59-
場の評価、販売した機械のアフターサービスな
                                     60
どについて言及。


標記分野の近年の状況を解説したものであり、
本分野の創設由来、包含する業種、目的を示し                 Industrie
                        図:3枚、写真:1枚、表:
、2003年以降の売上高及び従業者数の変遷、2               Anzeiger、2005年40号(
                        なし、参考文献:なし
004年における世界各国の本分野に関する輸出                10月4日号)、頁:24-25
高の国別比率を示した。

ロジスティックを革新するためのドイツのプロジェ
クト「Internet der                          Industrie
                           図:2枚、写真:5枚、表:
Dinge」で進められている、品物にRFIDを付ける               Anzeiger、2005年40号(
                           なし、参考文献:なし
ことによる物流管理革新の可能性について報告                    10月4日号)、頁:28-30
。

2004年における旧西独、旧東独と世界主要国約
20カ国の労働者の1時間当たりの人件費を、時                Industrie
                        図:1枚、写真:なし、表:
間卖価とそれ以外の費用に分けて比較したもの                 Anzeiger、2005年38号(
                        なし、参考文献:なし
であり、旧西独と旧東独の違い、ドイツと他国の                9月19日号)、頁:21
違いなどを示した。
ドイツ企業の投資先としてのインドの経済につい
て報告したもので、経済状況、自動車産業の動                Industrie
                       図:3枚、写真:2枚、表:
向、インドに進出したドイツ企業の進出理由、近               Anzeiger、2005年38号(
                       なし、参考文献:なし
年における主要工業製品のドイツからの輸入額                9月19日号)、頁:22-24
、ドイツへの輸出額を示した。
ドイツのKonradin出版社が2005年にドイツの従
業員50人以上の1700社以上の製造企業を対象
                                            Industrie
に行ったERPシステムに関するアンケート調査        図:1枚、写真:なし、表:
                                            Anzeiger、2005年37号(
の結果を報告したもので、これまでのERPシステ       なし、参考文献:なし
                                            9月12日号)、頁:24
ム利用度合い別、企業規模別の、ERPシステム
への今後の投資性向の違いを示した。
ドイツのFraunhofer-
TEG(フラウンホーファー技術開発グループ)に
よる、特許に触れない中小企業の製品開発の
                                            Industrie
支援業務などを紹介したもので、TEGの指導に        図:なし、写真:4枚、表:
                                            Anzeiger、2005年37号(
よりドイツの中小企業が米国と日本の特許をか         なし、参考文献:なし
                                            9月12日号)、頁:30-32
いくぐって粒子測定装置を開発した例などを示し
た。ヨーグルト容器について、他社の特許の欠
点を調べて、それを解消する特許を取得した例


工作機械関連見本市のEMOのあり方、工作機
械製造技術、ドイツの工作機械メーカの課題な                Industrie
                       図:1枚、写真:1枚、表:
どに関する標記代表者へのインタビューである。               Anzeiger、2005年36号(
                       なし、参考文献:なし
2004年における世界主要国の工作機械生産額               9月5日号)、頁:24-25
比率も示した。
高い経済性を目標とした標記方式の基礎となる
                                     Industrie
5つの考え方、ハイエンド機に対する特徴、主に 図:4枚、写真:3枚、表:
                                     Anzeiger、2005年36号(
想定する加工内容、この方式によるいくつかの なし、参考文献:なし
                                     9月5日号)、頁:32-34
工作機械を紹介。




固体内部の構造を3次元画像表示できる方法と
                                      Industrie
して、中性子照射によるトモグラフィー法、シンク 図:なし、写真:4枚、表:
                                      Anzeiger、2005年36号(
ロトロンを用いた電子照射によるトモグラフィー なし、参考文献:なし
                                      9月5日号)、頁:96-98
法の特性と表示例を紹介。

ドイツ企業の進出先としてのブルガリアについて                      Industrie
報告したもので、経済面でのブルガリアの魅力、        図:なし、写真:3枚、表: Anzeiger、2005年32/33
ブルガリアに進出した企業の例と進出理由、ドイ        なし、参考文献:なし    号(8月15日号)、頁:18-
ツとの間の輸出入額などを示した。                            19
ドイツのKonradin出版社が2005年にドイツの従
業員50人以上の製造企業対象に行ったERPシ
                                            Industrie
ステムに関するアンケート調査の結果を報告し         図:2枚、写真:なし、表:
                                            Anzeiger、2005年32/33
たもので、標準ERPシステムへの投資額、新た        なし、参考文献:なし
                                            号(8月15日号)、頁:26
なERPシステムに投資する理由、企業規模とER
Pシステムへの投資額の関係などを示した。
ドイツのBMBF(連邦教育研究省)が主導してILT
(レーザ技術に関するフラウンホーファー研究所
                                            Industrie
)等が参加する、レーザによる微細加工に関す         図:なし、写真:2枚、表:
                                            Anzeiger、2005年31号(
る4つの研究プロジェクト(①微細部品のラピッド       なし、参考文献:なし
                                            8月1日号)、頁:42
ツーリング、②難削材の微細加工、③接合法、
④ラピッドプロトタイピング)の概要を紹介。

ドイツの標記地域の最近の企業動向を紹介した                  Industrie
                         図:なし、写真:2枚、表:
もので、IT関連クラスターの状況、鉄鋼・機械・自               Anzeiger、2005年30号(
                         なし、参考文献:なし
動車業界の概況を報告。                            7月25日号)、頁:20-21

ドイツのIWU(工作機械と成形技術に関するフラ
ウンホーファー研究所)が開発したアルミニウム
発泡体、Ifam(製造技術と材料研究に関するフラ
                                    Industrie
ウンホーファー研究所)が企業と共同開発した 図:なし、写真:7枚、表:
                                    Anzeiger、2005年30号(
中空金属球構造体、Ifamが開発した金属繊維構 なし、参考文献:なし
                                    7月25日号)、頁:29-30
造体、M-
Pore社が開発した隙間の多い多孔性金属発泡
体、フライブルク工科大学による軽金属・コンク
ドイツのIWU(工作機械と成形技術に関するフラ
ウンホーファー研究所)が製造した、鋼とアルミ                Industrie
                        図:なし、写真:1枚、表:
ニウム発泡体のサンドイッチ構造の高速フライ                 Anzeiger、2005年30号(
                        なし、参考文献:なし
ス盤用クロススライドを紹介するとともに、量産                7月25日号)、頁:31
工作機械への適用に向けての動向も紹介。
2004年における機械生産額の世界での10位ま               Industrie
                        図:1枚、写真:1枚、表:
での国別順位のグラフを示すとともに、欧州、ア                Anzeiger、2005年28/29
                        なし、参考文献:なし
ジアの機械製造の状況を紹介。                        号(7月11日号)、頁:23


ドイツの機械・金属・電気業界などの従業員50
人以上の1700社を対象に行った、ERPソフトのう
                                            Industrie
ちで使用している機能についてのアンケート調         図:1枚、写真:なし、表:
                                            Anzeiger、2005年28/29
査の結果を報告したものであり、全業種で使用         なし、参考文献:なし
                                            号(7月11日号)、頁:25
率の高い機能、業種により使用率の異なる機能
などを紹介。
軸受稼働状況監視用センサを3種類紹介したも
のであり、ドイツのIZM(信頼性と微細集積化に
関するフラウンホーファー研究所)による、導電
体細線の径変化に起因する抵抗変化で監視す                        Industrie
                              図:なし、写真:3枚、表:
るもの、FBG(Fiber Bragg                         Anzeiger、2005年27号(
                              なし、参考文献:なし
Grating)を用いて反射光の色変化で監視するも                   7月4日号)、頁:32-34
の、ドイツのIST(被覆技術と表面技術に関する
フラウンホーファー研究所)による、内輪表面に
被覆したセンサ物質の抵抗変化で監視するもの
ドイツのIFF(工場の操業と自動化に関するフラ
ウンホーファー研究所)などの5つのフラウンホ
ーファー研究所が参画する、ドイツのBMBF(連                     Industrie
                              図:2枚、写真:なし、表:
邦教育研究省)が推進する標記ネットワークに                       Anzeiger、2005年27号(
                              なし、参考文献:なし
おいて建設中の、中小企業の製品開発を支援                        7月4日号)、頁:49
する、VR(仮想現実感)設備とAR(拡張現実感)
設備を備えた貸研究室を紹介。

2005年9月にドイツのハノーファーで開催される
                                     Industrie
EMO見本市の概要、ドイツ工作機械業界の近年 図:2枚、写真:2枚、表:
                                     Anzeiger、2005年26号(
の景気動向、2004年におけるドイツ製工作機械 なし、参考文献:なし
                                     6月27日号)、頁:18
の主要国への輸出額を示した。


ドイツの標記地域(シュツットガルト及びその周
                                    Industrie
辺)の経済状況を紹介したもので、地域の特徴、 図:なし、写真:なし、表
                                    Anzeiger、2005年26号(
人口、主要産業の売上額・輸出比率などを記し :1枚、参考文献:なし
                                    6月27日号)、頁:22-23
た。

2005年6月にドイツのSinsheimで開催された板
                                            Industrie
金加工に関する標記見本市に出展された欧州          図:なし、写真:3枚、表:
                                            Anzeiger、2005年26号(
各国のプレス機、打ち抜き機、溶接機などを紹         なし、参考文献:なし
                                            6月27日号)、頁:32-33
介。
2005年6月にドイツのミュンヘンで開催されたレ
ーザに関する標記見本市の概要を紹介するとと                  Industrie
                         図:なし、写真:3枚、表:
もに、IWS(材料技術と光技術に関するフラウン                Anzeiger、2005年26号(
                         なし、参考文献:なし
ホーファー研究所)による遠隔加工技術を用い                  6月27日号)、頁:34,37
たレーザ加工装置などの、いくつかの出展物を
2005年5月にヘルシンキで開催された第38回技             Industrie
能オリンピックの全体とメカトロニクス部門の概 図:なし、写真:2枚、表: Anzeiger、2005年24/25
要を記し、同部門で2位になったドイツチームの なし、参考文献:なし    号(6月13日号)、頁:16-
様子を記した。                              17


歯付ベルトに関する今後の技術動向を記したも               Industrie
のであり、ベルト自体による駆動用電流の伝導 図:なし、写真:3枚、表: Anzeiger、2005年24/25
、RFIDチップの組み込み、センサ組み込みによ なし、参考文献:なし  号(6月13日号)、頁:32-
るベルト状態監視などの技術を紹介。                   33

ドイツのIML(物流とロジスティックに関するフラ
ウンホーファー研究所)が開発した、ロジスティッ                    Industrie
クの各要素がホームページを持ち、RFIDに記さ      図:なし、写真:3枚、表: Anzeiger、2005年22/23
れた情報が読み取られると自動的にインターネ        なし、参考文献:なし    号(6月6日号)、頁:50-
ットにログインすることにより、一貫した品物追跡                    51
を可能にする物流管理法を紹介。
2005年6月にドイツのミュンヘンで開催された“La
ser 2005 World of
Photonics”見本市に出展された技術を紹介した                 Industrie
もので、本見本市の概要を記し、企業、大学、IL      図:なし、写真:3枚、表: Anzeiger、2005年22/23
T(レーザ技術に関するフラウンホーファー研究       なし、参考文献:なし    号(6月6日号)、頁:61-
所、IWS(材料技術と光技術に関するフラウンホ                    63
ーファー研究所)から出展されたいくつかの新技
術を紹介。
                                    Industrie
レーザ加工の最新技術動向を紹介したものであ
                      図:なし、写真:4枚、表: Anzeiger、2005年22/23
り、切断、溶接、金属粉からの物体造形、微細
                      なし、参考文献:なし    号(6月6日号)、頁:66-
加工の動向を概説。
                                    67

ドイツのシュツットガルト大学のIFB(航空機製造
                                       Industrie
研究所)が公開した、編み物ロボット、縫い物ロ
                         図:なし、写真:3枚、表: Anzeiger、2005年22/23
ボット、マイクロ波加熱装置を用いて、航空機の
                         なし、参考文献:なし    号(6月6日号)、頁:61-
与圧室などの炭素繊維部品を製造する方法を
                                       63
紹介。

各種の小型空気駆動式機器を紹介したもので
あり、ポンプ、ガスクロマトグラフィー用ガス供給               Industrie
                        図:なし、写真:4枚、表:
弁、直径8mmのマグネット弁などの、ドイツのア               Anzeiger、2005年21号(
                        なし、参考文献:なし
ーヘン工科大学や企業が開発した各種機器を                  5月23日号)、頁:34,36
紹介。

西欧の商用車製造業界が抱える問題点を示し、                   Industrie
                          図:1枚、写真:なし、表:
2002年から2009年までの西欧、東欧、アジア、               Anzeiger、2005年21号(
                          なし、参考文献:なし
北米、单米における商用車売上増加率を比較。                   5月23日号)、頁:56


自動車部品再利用を促進するために作られた
                                     Industrie
国際的材料データベースであるIMDSについて 図:なし、写真:1枚、表:
                                     Anzeiger、2005年21号(
解説したものであり、開発経緯、開発者、参加自 なし、参考文献:なし
                                     5月23日号)、頁:58
動車メーカ、利用可能言語などを記した。
PLM(製品ライフサイクル管理)ソフトの長所、問
題点、2002年から2009年にかけてのPLMソフト               Industrie
                           図:3枚、写真:3枚、表:
売上額変遷、2004年におけるPLMソフト売上額                 Anzeiger、2005年20号(
                           なし、参考文献:なし
の自動車や電子等の産業分野別比率を示した                     5月17日号)、頁:22-24
。



ドイツのアーヘン工科大学の標記教授に対する
                                    Industrie
、仕事に取り組む姿勢、ドイツの工作機械製造 図:なし、写真:1枚、表:
                                    Anzeiger、2005年19号(
のあり方などについてのインタビューであり、同 なし、参考文献:なし
                                    5月9日号)、頁:22
教授の経歴も記した。




80年前の超硬合金開発の経緯、改良の歴史を
                                      Industrie
概説し、1999年の欧州における切削加工用工具 図:2枚、写真:2枚、表:
                                      Anzeiger、2005年19号(
、塑性加工用型などに使用される超硬合金の販 なし、参考文献:なし
                                      5月9日号)、頁:26-27
売額を紹介。

ドイツのIPT(生産技術に関するフラウンホーファ
ー研究所)が2004年に金型メーカ600社に、現在
                                     Industrie
と2008年における金型製造技術の変遷予測に 図:1枚、写真:1枚、表:
                                     Anzeiger、2005年19号(
ついて行ったアンケートの結果報告であり、放電 なし、参考文献:なし
                                     5月9日号)、頁:36-37
加工、高速フライス加工、研磨などの諸技術の
変遷を予測。

金属相を含まない標記の超微粒子超硬合金の
組織構造、硬度特性、使用分野例などを、ドイツ                 Industrie
                         図:2枚、写真:なし、表:
のIKTS(セラミック技術と焼結材料に関するフラ               Anzeiger、2005年19号(
                         なし、参考文献:なし
ウンホーファー研究所)の研究成果を示しつつ                  5月9日号)、頁:42-43
紹介。


セラミックや超硬合金などの新素材の加工法に
                                     Industrie
ついて検討したものであり、フライス切削、形彫 図:なし、写真:4枚、表:
                                     Anzeiger、2005年19号(
放電加工、超音波加工、レーザ加工の各特性を 1枚、参考文献:なし
                                     5月9日号)、頁:44-46
比較。ドイツのある企業での加工例も紹介。




                                       Industrie
HPC(高能率切削)又はHSC(高速切削)と従来 図:3枚、写真:1枚、表:
                                       Anzeiger、2005年19号(
の切削加工法を、費用・時間面で比較。       1枚、参考文献:なし
                                       5月9日号)、頁:48-49



ドイツのアーヘン工科大学とIPT(生産技術に関
                                       Industrie
するフラウンホーファー研究所)が1995年に共同 図:2枚、写真:1枚、表:
                                       Anzeiger、2005年19号(
設立した、型製造に関する助言などを行うAWF なし、参考文献:なし
                                       5月9日号)、頁:52-53
社の業務内容、業務例を紹介。
ドイツのIPT(生産技術に関するフラウンホーファ
ー研究所)と6企業の共同プロジェクトOptorepで
                                    Industrie
開発した、主軸に取り付け可能なレーザ式形状 図:2枚、写真:1枚、表:
                                    Anzeiger、2005年19号(
測定センサとレーザ溶接ヘッドを備えた、設計変 なし、参考文献:なし
                                    5月9日号)、頁:54-55
更や摩耗に応じて型表面形状を修正するフライ
ス盤を紹介。
2005年4月にドイツのハノーファーで開催された
ハノーファーメッセに出品された、ドイツのIST(
                                    Industrie
被膜技術と表面技術に関するフラウンホーファ 図:なし、写真:3枚、表:
                                    Anzeiger、2005年18号(
ー研究所)が開発した駆動中の軸受表面温度を なし、参考文献:なし
                                    5月2日号)、頁:36-37
測定できる薄膜技術利用センサなどの、ドイツ
の研究機関・大学の研究成果をいくつか紹介。
フライス盤テーブルに固定した外側形状作成用
金型に流し込んだ樹脂の固化後にそのまま内
                                      Industrie
側をフライス加工することにより、小ロットのプラ 図:なし、写真:1枚、表:
                                      Anzeiger、2005年18号(
スチック部品を低費用、短時間で製造する方法 なし、参考文献:なし
                                      5月2日号)、頁:38-39
である、IWS(材料技術と光技術に関するフラウ
ンホーファー研究所)が開発したP-C-

標記3種類の切断技術の長所・短所を概説する                  Industrie
                         図:1枚、写真:5枚、表:
とともに、厚さ8mmの鋼板の切断面形状、厚さ20               Anzeiger、2005年17号(
                         なし、参考文献:なし
mmの鋼板の切断費用を3種類の間で比較。                   4月25日号)、頁:22-24


タイ、マレーシア、ベトナムの経済概況、経済的               Industrie
                       図:1枚、写真:2枚、表:
主要指標値、タイ、ベトナムへのドイツ企業の進               Anzeiger、2005年16号(
                       なし、参考文献:なし
出例などを紹介。                             4月18日号)、頁:16-18

2005年4月にドイツのSinsheimで開催された、測
定・検査技術に関する見本市である第19回Cont
                                         Industrie
rolでの出品物を紹介したものであり、ドイツのErl 図:1枚、写真:3枚、表:
                                         Anzeiger、2005年16号(
angen-                       なし、参考文献:なし
                                         4月18日号)、頁:24-25
Nuernberg大学が出品したセンサ付3本指グリッ
パや数社の測定・検査装置などを紹介。

ドイツのTEG(フラウンホーファー技術開発グル
                                    Industrie
ープ)が開発した、歯部は金属製で本体部はプ 図:なし、写真:1枚、表:
                                    Anzeiger、2005年16号(
ラスチック又は発泡金属製の歯車の形状や特 なし、参考文献:なし
                                    4月18日号)、頁:34
徴を紹介。



ドイツのBMBF(連邦教育研究省)が支援する、F
ZK(カールスルーエ研究センター)と企業の産学                    Industrie
                             図:2枚、写真:1枚、表:
共同研究プロジェクト「Mikrofemos」で開発した、               Anzeiger、2005年16号(
                             なし、参考文献:なし
2部品をレゴブロックのように組立てて製造する                     4月18日号)、頁:37-39
モジュール構造のレーザ式距離センサを紹介。
技術的知見が経済的成功をもたらすために行う
べき事柄について、IPT(独                       Industrie
                       図:なし、写真:1枚、表:
生産技術に関するフラウンホーファー研究所)が               Anzeiger、2005年16号(
                       なし、参考文献:なし
製造企業の管理者に対して行ったアンケート調                4月18日号)、頁:42
査の回答概要を紹介。

WZL(独
アーヘン工科大学工作機械研究室)発の精密                      Industrie
                            図:なし、写真:1枚、表:
加工企業であるWZL-                               Anzeiger、2005年16号(
                            なし、参考文献:なし
Grindaix社の5業務(ソフトウエア、生産、助言、               4月18日号)、頁:43
精密加工試験、機械貸出)の概要を紹介。
ドイツ製造企業の国外進出が進む中で、ドイツ
製造企業がドイツ国内にとどまって製造を続け                Industrie
                       図:なし、写真:2枚、表:
るために必要な事柄、ドイツにとどまる利点など               Anzeiger、2005年15号(
                       なし、参考文献:なし
についての、アーヘン工科大学の研究結果を紹                4月11日号)、頁:24-25
介。
企業が電力をできるだけ安価に購入するための                 Industrie
                        図:1枚、写真:2枚、表:
方策についてのドイツVIK(エネルギー・電力産               Anzeiger、2005年15号(
                        なし、参考文献:なし
業連盟)の識者の意見を紹介。                        4月11日号)、頁:44-45


2005年4月にドイツのカールスルーエで開催され
                                    Industrie
る、中古機械に関する標記見本市の概要を紹介 図:なし、写真:7枚、表:
                                    Anzeiger、2005年14号(
するとともに、中古機械の最近の市場動向を紹 なし、参考文献:なし
                                    4月4日号)、頁:56-58
介。

ドイツ中堅企業の進出先候補としてのメキシコ
及びブラジルの経済状況を報告したものであり                Industrie
                       図:1枚、写真:2枚、表:
、メキシコに関しては経済状況及びドイツ企業の               Anzeiger、2005年12号(
                       なし、参考文献:なし
進出動向、ブラジルに関しては経済及び自動車                3月21日号)、頁:18
下請業界の状況を報告。


ロット数1でも経済的に見合う自動組立を実現す
                                          Industrie
るための課題などに関する、ドイツNiederrhein 図:なし、写真:1枚、表:
                                          Anzeiger、2005年12号(
大学の標記教授へのインタビュー。日本の自動 なし、参考文献:なし
                                          3月21日号)、頁:40-41
組立についても言及。


コボットの定義、あるドイツ企業が開発したコボ
ットの性能、自動車部品組立への適用例、IPK(
                                    Industrie
生産設備と設計技術に関するフラウンホーファ 図:なし、写真:2枚、表:
                                    Anzeiger、2005年12号(
ー研究所)が開発したコボットの特徴などを示し なし、参考文献:なし
                                    3月21日号)、頁:42
た。日本の科学者がコボットに取り組んでいるこ
とにも言及。
標記研究所が金属産業と電気産業の人事管理
者16000人に、高年齢労働者と低年齢労働者の               Industrie
                        図:1枚、写真:なし、表:
間の、経験知識、勤労モラル、忠誠心、柔軟性                 Anzeiger、2005年11号(
                        なし、参考文献:なし
などの優务について尋ねたアンケートの結果を                 3月14日号)、頁:21
紹介。
IWS(材料と照射技術に関するフラウンホーファ
ー研究所)の研究者などによる切削工具や機械
                                    Industrie
構造用部品の表面への硬質膜コーティング技術 図:なし、写真:5枚、表:
                                    Anzeiger、2005年10号(
の今後の予測、コーティング業界の景気動向、ド なし、参考文献:なし
                                    3月7日号)、頁:26-28
イツのあるコーティング企業の業務概要を紹介。
日本の硬質皮膜にも言及。

1991年のドイツ統一以来の、ドイツ連邦・州及び
                                    Industrie
EUから旧東独への投資の額及び重点分野、ド 図:1枚、写真:1枚、表:
                                    Anzeiger、2005年8/9号
イツザクセン州の産業動向などに関する、ドイツ なし、参考文献:なし
                                    (2月28日号)、頁:17
のケルンにある標記研究所の分析結果を紹介。

企業内の情報流れの問題点を明確にして改良                Industrie
するための方法である、ドイツのアーヘン工科 図:なし、写真:2枚、表: Anzeiger、2005年8/9号
大学が提案したプロセス構造マトリックスを紹介 なし、参考文献:なし   (2月28日号)、頁:38-
。                                   39


                                        Industrie
2003年と2004年におけるドイツ製工作機械の主 図:1枚、写真:なし、表:
                                        Anzeiger、2005年5号(1
要輸出国への輸出額を示した。            なし、参考文献:なし
                                        月31日号)、頁:13


ドイツの機械メーカの、外科手術支援、歯科治
                                     Industrie
療などの医療機器製造への進出動向を、IPK(
                       図:1枚、写真:4枚、表: Anzeiger、2005年3/4号
製造設備と設計技術に関するフラウンホーファ
                       なし、参考文献:なし    (1月24日号)、頁:34-
ー研究所)との共同開発例も含めて、いくつかの
                                     36
事例を示して紹介。



VDMA(ドイツ機械設備製造業連盟)の目標、従             Industrie
業員の責任、生産拠点の外国移転、技術振興、 図:なし、写真:1枚、表: Anzeiger、2005年1/2号
2005年の業界見通しなどについての、標記会長 なし、参考文献:なし  (1月10日号)、頁:18-
へのインタビュー。                           19




                                     Industrie
ドイツ企業が開発した、アルミ合金などの薄板の
                       図:なし、写真:2枚、表: Anzeiger、2004年49/50
接合に適した、従来法よりも低温で行う溶接法
                       なし、参考文献:なし    号(11月29日号)、頁:3
を2種類紹介。
                                     1

ドイツのベルリンで開催された標記会議での講                Industrie
演・報告を紹介したもので、自動車メーカにおけ 図:なし、写真:1枚、表: Anzeiger、2004年49/50
るロジスティックのあり方、RFIDの課題などにつ なし、参考文献:なし  号(11月29日号)、頁:4
いて記した。                               4-45
ドイツのフランクフルトで開催されたEuromold見
本市への出品物をいくつか紹介したもので、IPT                    Industrie
(生産技術に関するフラウンホーファー研究所)       図:なし、写真:4枚、表: Anzeiger、2004年47/48
がアーヘン工科大学と共同開発した金型自動修        なし、参考文献:なし    号(11月15日号)、頁:3
正セル、ドイツ企業による2階式射出成形型、イ                     9-41
タリア製ボール盤、スペイン製フライス盤などを
イタリアの工作機械業界についてのUcimu(イタ
                                           Industrie
リア工作機械工業会)代表者などの話を紹介し
                             図:なし、写真:6枚、表: Anzeiger、2004年47/48
たもので、ドイツ、日本、米国の同業界との状況
                             なし、参考文献:なし    号(11月15日号)、頁:5
の違い、イタリアに進出したドイツ工作機械メー
                                           2-53
カの動向などを示した。
ドイツのデュッセルドルフで開催された、プラスチ
                                      Industrie
ックに関するK2004見本市に出品された、多成
                        図:なし、写真:4枚、表: Anzeiger、2004年47/48
分射出成形機、射出成形監視ソフト、完全電気
                        なし、参考文献:なし    号(11月15日号)、頁:5
駆動式射出成形機、タッチスクリーン式端末など
                                      8-60
を示した。



2004年に11回目となる金型製造分野の国際見               Industrie
                        図:なし、写真:3枚、表:
本市である標記見本市の概要と今後のあり方に                 Anzeiger、2004年46号(
                        なし、参考文献:なし
関する見本市主催者へのインタビュー。                    11月8日号)、頁:18-19



ドイツのKaiserslautern工科大学が開発して、あ
                                    Industrie
る企業が商品化した回転ポンプ診断システム、 図:1枚、写真:なし、表:
                                    Anzeiger、2004年46号(
他の企業が開発したホース・膜・ピストンポンプ なし、参考文献:なし
                                    11月8日号)、頁:40-41
監視システムなどを紹介。

ドイツのドルトムントにあるIML(物流とロジスティ
                                     Industrie
ックに関するフラウンホーファー研究所)が試作 図:なし、写真:2枚、表:
                                     Anzeiger、2004年46号(
した、集中制御なしで搬送車制御ができる搬送 なし、参考文献:なし
                                     11月8日号)、頁:42-43
ライン設備を紹介。

光関連の新技術をいくつか紹介したもので、材
料加工におけるフェムト秒レーザの利点を示し、               Industrie
当レーザシステムを導入したドイツのイエナ大学 図:なし、写真:2枚、表: Anzeiger、2004年44/45
における当レーザ関連研究の動向、ドイツのブ なし、参考文献:なし     号(10月25日号)、頁:6
レーメン大学における被削材表面窒化による鋼                7-68
材切削でのダイヤモンド工具摩耗減尐法などを

2004年9月にドイツのハノーファーで開催された            Industrie
商用車に関する第60回標記見本市の概要、商 図:なし、写真:2枚、表: Anzeiger、2004年43号(
用車業界の最近の景気動向、部品供給業者か なし、参考文献:なし     10月18日号)、頁:62-
らのいくつかの出品物を紹介。                      64

2004年10月にドイツのデュッセルドルフで開催さ
れたプラスチックとゴムに関する標記見本市で               Industrie
の展示物をいくつか紹介したもので、自動車部 図:なし、写真:2枚、表: Anzeiger、2004年42号(
品へのプラスチックの利用例として、プラスチッ なし、参考文献:なし   10月11日号)、頁:48-
ク・金属複合材料、ポリカーボネイト製、多成分              50
射出成形技術などを紹介。
2004年9月にドイツのミュンヘンで開催された材
料技術等に関する標記見本市での展示物をいく
つか紹介したもので、CFRP製の自動車部品と                    Industrie
自転車部品、LBF(使用強度とシステム信頼性      図:なし、写真:2枚、表: Anzeiger、2004年42号(
に関するフラウンホーファー研究所)発の圧電素      なし、参考文献:なし    10月11日号)、頁:52-
子を利用した制振技術、オーストリア企業による                    54
能動制振式テニスラケット及びねじり剛性改良
式スキーなどを紹介。
ドイツのISI(システム技術と革新研究に関するフ
ラウンホーファー研究所)が、製造企業へのアン                    Industrie
                            図:2枚、写真:2枚、表:
ケート調査に基づいて、画像処理、切削加工、                     Anzeiger、2004年41号(
                            なし、参考文献:なし
軽量構造材料製造、セラミック・複合材料加工、                    10月4日号)、頁:24-26
自動化、クリーンルームなどの技術の将来動向

ドイツのChemnitz工科大学が開発した、金属材
                                   Industrie
料の塑性変形により様々な中空部断面形状の 図:1枚、写真:2枚、表:
                                   Anzeiger、2004年41号(
中空軸を製造する新方法、素材量節約などの本 なし、参考文献:なし
                                   10月4日号)、頁:47-48
方法の長所を紹介。


2004年9月にドイツのハノーファーで開催された
商用車に関する標記見本市の概要、ドイツの近                  Industrie
                         図:2枚、写真:2枚、表:
年の商用車業界の売上額の変遷、2003年のド                 Anzeiger、2004年39号(
                         なし、参考文献:なし
イツにおける商用車産業・乗用車産業の就業者                  9月20日号)、頁:16-17
数などを報告。


イタリア工作機械業界の動向に関する、標記の
イタリア工作機械・ロボット・自動化連盟会長へ                 Industrie
                         図:1枚、写真:1枚、表:
のインタビューであり、主要輸出国、ドイツでの                 Anzeiger、2004年39号(
                         なし、参考文献:なし
受け入れ状況、中国への進出動向、2001~200               9月20日号)、頁:38-39
3年の生産額・輸出額の年次変遷などを示した。


ドイツの自動車メーカBMW社が製造するマグネ
                                     Industrie
シウム使用のガソリンエンジン用クランクケース 図:なし、写真:1枚、表:
                                     Anzeiger、2004年39号(
、同国の他メーカが製造するマグネシウム使用 なし、参考文献:なし
                                     9月20日号)、頁:49
のディーゼルエンジン用クランクケースを紹介。

ドイツのIKTS(セラミック技術と焼結材料に関す
るフラウンホーファー研究所)や自動車部品メー
                                    Industrie
カなどが開発した、自動車の構造部品・機能性 図:1枚、写真:2枚、表:
                                    Anzeiger、2004年39号(
部品へのセラミックの利用例として、煤粒子フィ なし、参考文献:なし
                                    9月20日号)、頁:52-54
ルタ、シリンダ内壁材、圧電アクチュエータ、圧
電センサ、放電ランプ、ブレーキディスクを紹介
ドイツの機械メーカ2社のロシア進出例、経済成
                                   Industrie
長率や輸出額等のロシアの近年の経済状況、 図:なし、写真:3枚、表:
                                   Anzeiger、2004年38号(
外国の機械メーカがロシア進出をためらう理由、 なし、参考文献:3件
                                   9月13日号)、頁:22-24
ロシアの部品メーカの技術水準などを紹介。

倒産企業の引受者が引受後に直面する主要問
                                     Industrie
題点に関する、ドイツ連邦経済・労働省が35名 図:1枚、写真:なし、表:
                                     Anzeiger、2004年38号(
の企業コンサルタントに行った調査の結果を報 なし、参考文献:なし
                                     9月13日号)、頁:25
告。
歯車ポンプ、射出成形による歯車、ねじ、らせん
                                     Industrie
バネ、すべり軸受、切削工具、深絞り用金型、タ 図:なし、写真:4枚、表:
                                     Anzeiger、2004年38号(
ービン部品、センサ・アクチュエータの例を紹介 なし、参考文献:なし
                                     9月13日号)、頁:44-45
して、セラミック部品製造技術の動向を解説。



組立作業における作業者の適切な関わり方、複
                                    Industrie
数作業者から成る組立チームのあり方、組立計 図:なし、写真:1枚、表:
                                    Anzeiger、2004年38号(
画の立て方などに関する標記教授へのインタビ なし、参考文献:なし
                                    9月13日号)、頁:52
ュー。


                                      Industrie
ドイツの中堅企業を対象に、IKBドイツ産業銀行
                        図:2枚、写真:1枚、表: Anzeiger、2004年36/37
とフランクフルトKfW銀行グループが中国への投
                        なし、参考文献:なし    号(9月6日号)、頁:22-
資について行った調査の結果を報告。
                                      23

レーザ焼結技術の動向、電子ビーム焼結の特
                                       Industrie
徴を紹介し、DMLS(直接金属レーザ焼結)、EB
                         図:なし、写真:1枚、表: Anzeiger、2004年36/37
M(電子ビーム熔解)、FG(精密鋳造)の諸特性
                         1枚、参考文献:なし    号(9月6日号)、頁:67-
を比較し、これらの技術に関連するホームペー
                                       68
ジのアドレスをいくつか紹介。

ドイツのアーヘン工科大学及びIPT(生産技術に
                                     Industrie
関するフラウンホーファー研究所)を退職する、 図:なし、写真:1枚、表:
                                     Anzeiger、2004年34/35
製造関連測定技術と品質管理技術の権威であ なし、参考文献:なし
                                     号(8月23日号)、頁:15
る標記教授の経歴と業績を紹介。


ドイツ企業のスイスへの進出動向、スイス側の                      Industrie
                             図:なし、写真:1枚、表:
受入体制、EU拡大がスイスに及ぼす影響等に                      Anzeiger、2004年34/35
                             なし、参考文献:なし
ついてのScheidegger氏へのインタビュー。                  号(8月23日号)、頁:16




ドイツで2002年以来毎年開催されている、旋削                Industrie
部品と旋削技術に関するTurntec見本市の目的 図:1枚、写真:2枚、表: Anzeiger、2004年32/33
、イタリア等の外国からの出展動向、出展者数と なし、参考文献:なし      号(8月9日号)、頁:16-
来場者数の動向などを報告。                          17




VR(仮想現実)技術の利用動向を報告したもの
                                     Industrie
で、ドイツのBMW社での金型設計での利用状況 図:なし、写真:1枚、表:
                                     Anzeiger、2004年32/33
、中堅企業での費用面の問題点、オンライン会 なし、参考文献:なし
                                     号(8月9日号)、頁:43
議での利用などについて報告。
燃料電池の発電原理、高温型燃料電池の構造                Industrie
を紹介するとともに、病院用小型発電所、家庭 図:2枚、写真:1枚、表: Anzeiger、2004年32/33
用、ノートパソコン、自動車での燃料電池の利用 なし、参考文献:なし   号(8月9日号)、頁:44-
動向を報告。                              45

ドイツのIPT(生産技術に関するフラウンホーファ
ー研究所)とアーヘン工科大学が約800人の企                 Industrie
                         図:1枚、写真:2枚、表:
業の資材調達責任者を対象に行った調査の結                   Anzeiger、2004年31号(
                         なし、参考文献:なし
果から、成功企業6社の調達に基づいて、調達                  7月26日号)、頁:34-35
のあり方を10項目にまとめて紹介。

VDMA(ドイツ機械設備製造業連盟)が行った、
中国の工作機械製造に関する調査の結果を概                  Industrie
                        図:1枚、写真:2枚、表:
説したもので、世界における中国製工作機械の                 Anzeiger、2004年28号(
                        なし、参考文献:なし
水準、中国製工作機械がドイツ製工作機械のラ                 7月5日号)、頁:20
イバルになる可能性等について報告。



モータと駆動系の一体化等の、工作機械のシス               Industrie
                      図:なし、写真:1枚、表:
テム化の利点、システム化実現への課題等を示               Anzeiger、2004年28号(
                      なし、参考文献:なし
した。                                 7月5日号)、頁:48




装備交換可能なモジュラー式工作機械に関する                 Industrie
ドイツのいくつかの研究プロジェクトを紹介し、こ 図:1枚、写真:5枚、表: Anzeiger、2004年24/25
の工作機械の交換部品のインターフェイスに関 なし、参考文献:なし      号(6月7日号)、頁:42-
する問題点を指摘。                             44

ドイツのIWM(材料力学に関するフラウンホーフ
ァー研究所)が企業数社と共同で実施した、塑
                                            Industrie
性加工へのセラミックの適用に関するBMBF(ド
                              図:なし、写真:4枚、表: Anzeiger、2004年24/25
イツ連邦教育研究省)主導の研究プロジェクトの
                              なし、参考文献:なし    号(6月7日号)、頁:53-
成果を紹介したもので、ストリップミル用ローラ、
                                            54
圧延ロール、金属線製造用ロール、アップセット
鍛造用ロールへの適用例を紹介。
2004年6月にドイツのライプツィヒで開催された
                                            Industrie
下請企業見本市“Z
                              図:なし、写真:2枚、表: Anzeiger、2004年24/25
2004”について、出展物の主要業種、いくつかの
                              なし、参考文献:なし    号(6月7日号)、頁:70-
出展物、会議・シンポジウム等の併設行事を紹
                                            71
介。
ドイツのアーヘン工科大学とIPT(生産技術に関
するフラウンホーファー研究所)が世界の205社
                                            Industrie
を対象に行った調査“Innovationsagenda   図:なし、写真:2枚、表:
                                            Anzeiger、2004年23号(
2006”の結果から、企業の経済的成功のための       なし、参考文献:なし
                                            6月1日号)、頁:29
7因子を紹介するとともに、この結果を踏まえて
のドイツ企業のあり方を指摘。
ドイツのブラウンシュヴァイク工科大学、IST(膜
技術と表面技術に関するフラウンホーファー研
                                     Industrie
究所)、企業数社による、軽金属製歯車を用い 図:なし、写真:3枚、表:
                                     Anzeiger、2004年23号(
た駆動装置を開発する研究プロジェクト“Lezabs なし、参考文献:なし
                                     6月1日号)、頁:44-46
”の概要を紹介するとともに、スカラーロボットと
工作機械への適用例を紹介。

ドイツのフラウンホーファー協会の4研究所が共
                                     Industrie
同開発したダイヤモンド被覆セラミックをポンプ 図:なし、写真:1枚、表:
                                     Anzeiger、2004年23号(
のシール材に使用したときの性能を紹介。ダイ なし、参考文献:なし
                                     6月1日号)、頁:51
ヤモンド被覆法も紹介。

駆動装置におけるエネルギ効率向上の可能性、
機械メーカ・機械技術者の今後のあり方、これま
                                      Industrie
で利用してきた研究制度等に関する、VDMA(ド 図:なし、写真:1枚、表:
                                      Anzeiger、2004年23号(
イツ機械設備製造業連盟)の研究所ランキング なし、参考文献:なし
                                      6月1日号)、頁:52
で1位になったミュンヘン工科大学のBernd-
Robert Hoehn教授へのインタビュー。

ドイツのアーヘン工科大学が産業界との共同プ
                                     Industrie
ロジェクトで開発した、鉛フリー半田で接合され 図:1枚、写真:なし、表:
                                     Anzeiger、2004年23号(
た部材の表面保護用皮膜の生成過程シミュレー なし、参考文献:なし
                                     6月1日号)、頁:53
ション技術の概要を紹介。



標記プロジェクトで開発した、持ち運びができて               Industrie
                       図:なし、写真:1枚、表:
プログラミングが容易等の特徴があるために中                Anzeiger、2004年23号(
                       なし、参考文献:なし
小企業での使用に適したロボットを紹介。                  6月1日号)、頁:66-67


2004年4月にドイツのハノーファーで開催された
ハノーファー見本市の中で開催された表面技術
に関する専門見本市“Surfacetechnology und
Powder Coating
                                                Industrie
Europe”に出品された、①ドイツのIST(被膜技術       図:なし、写真:3枚、表:
                                                Anzeiger、2004年22号(
と表面技術に関するフラウンホーファー研究所)            なし、参考文献:なし
                                                5月24日号)、頁:23-24
が開発したダイヤモンド被覆セラミック、②ドイツ
のIPA(生産技術と自動化に関するフラウンホー
ファー研究所)と企業が共同開発した、表面掃
除用の微粒子炭酸ガス雪などを紹介。
2004年4月にドイツのハノーファーで開催された
ハノーファー見本市に出品された、ドイツのIZFP
(非破壊検査法に関するフラウンホーファー研究                          Industrie
                                  図:なし、写真:1枚、表:
所)とIKTS(セラミック技術と焼結材料に関するフ                       Anzeiger、2004年20号(
                                  なし、参考文献:なし
ラウンホーファー研究所)が開発した、ガスパイ                          5月10日号)、頁:24
プライン内壁の欠陥を超音波を用いて検査する
装置等を紹介。
2004年4月にドイツのハノーファーで開催された
ハノーファー見本市に出品された、①ドイツのあ
                                                Industrie
る企業製の、従来の2倍の速度で動作する工作             図:なし、写真:2枚、表:
                                                Anzeiger、2004年20号(
機械用工具交換装置、②ベルリン工科大学が              1枚、参考文献:なし
                                                5月10日号)、頁:26
開発した、磁性流体アクチュエータを用いた位置
決め装置を紹介。
ドイツのアーヘン工科大学のWZL(工作機械研
究室)が提供する、企業の現在の測定技術を分                   Industrie
                          図:なし、写真:6枚、表:
析して最適な方法を推薦するツール“Ident”を紹               Anzeiger、2004年19号(
                          なし、参考文献:なし
介するとともに、ドイツのある自動車下請企業で                  5月3日号)、頁:28-30
の使用例を紹介。

ドイツの風力発電について、発電設備数や合計
                                     Industrie
出力等の2003年末現在の状況を示す諸数値、 図:なし、写真:1枚、表:
                                     Anzeiger、2004年19号(
様々な批判的意見、今後進むべき方向を示した 1枚、参考文献:なし
                                     5月3日号)、頁:46-47
。



ドイツ製造企業の近年の生産拠点国外移動に
                                    Industrie
対して、その原因やドイツが取るべき対策につ 図:1枚、写真:2枚、表:
                                    Anzeiger、2004年18号(
いての、ドイツのアーヘン工科大学のWZL(工作 なし、参考文献:なし
                                    4月26日号)、頁:16-17
機械研究室)の標記教授へのインタビュー。




マグネシウム部品製造技術に関するEU主導の
                                       Industrie
研究プロジェクトSepmacで開発された、軸内部 図:2枚、写真:5枚、表:
                                       Anzeiger、2004年17号(
の穴を通して切屑を吸引できるフライス工具を なし、参考文献:なし
                                       4月19日号)、頁:40-42
紹介。


2004年4月にドイツのカールスルーエで開催され               Industrie
                         図:なし、写真:1枚、表:
た世界最大の中古機械・設備の見本市Resale                Anzeiger、2004年17号(
                         なし、参考文献:なし
の概要を紹介。                                4月19日号)、頁:61


                                       Industrie
ドイツで開催される中古機械見本市Resaleの歴 図:なし、写真:4枚、表:
                                       Anzeiger、2004年17号(
史、ドイツ内外の中古機械の市場動向を紹介。 なし、参考文献:なし
                                       4月19日号)、頁:62-63




ドイツの機械メーカの今後のあり方、国外への
                                     Industrie
移転状況、主要輸出国と輸出額等に関する、VD 図:1枚、写真:1枚、表:
                                     Anzeiger、2004年16号(
MA(ドイツ機械・設備製造業連盟)代表へのイン なし、参考文献:なし
                                     4月13日号)、頁:22-23
タビュー。



                                        Industrie
ドイツの機械メーカにとっての2004年5月1日のE 図:1枚、写真:2枚、表: Anzeiger、2004年16号(
U拡大がもたらす利益について記述。         なし、参考文献:なし    4月13日号)、頁:24,26-
                                        27
2004年4月にドイツのハノーファーで開催された
                                    Industrie
ハノーファー見本市に研究機関から出品された 図:なし、写真:3枚、表:
                                    Anzeiger、2004年16号(
生産ライン、駆動装置、センサ、加工装置等に なし、参考文献:なし
                                    4月13日号)、頁:87-88
関するマイクロ技術を紹介。

2004年4月にドイツのハノーファーで開催された
ハノーファー見本市にドイツ、スイス、チェコの研                Industrie
                         図:なし、写真:3枚、表:
究機関から出品された精密スペクトロメータ、結                 Anzeiger、2004年16号(
                         なし、参考文献:なし
合材不要のレーザ焼結技術、小型ガスセンサな                  4月13日号)、頁:90-92
どを紹介。

2004年4月にドイツのハノーファーで開催された
                                     Industrie
ハノーファー見本市にドイツのフラウンホーファ 図:なし、写真:1枚、表:
                                     Anzeiger、2004年16号(
ー協会の研究所が出品した物体表面被覆技術 なし、参考文献:なし
                                     4月13日号)、頁:93
を紹介。

ドイツのIML(物流とロジスティックに関するフラ
ウンホーファー研究所)が、2004年4月にドイツ               Industrie
                         図:なし、写真:1枚、表:
のハノーファーで開催されたハノーファー見本市                 Anzeiger、2004年16号(
                         なし、参考文献:なし
に出品した、特許出願中の標記グリッパの構造                  4月13日号)、頁:95
、把握原理、特徴を解説。

ドイツのIML(物流とロジスティックに関するフラ
                                       Industrie
ウンホーファー研究所)と企業が共同開発した、
                         図:1枚、写真:5枚、表: Anzeiger、2004年16号(
モジュラー式で拡張可能な倉庫・搬送システム
                         なし、参考文献:なし    4月13日号)、頁:100-
を紹介。従来型システムとの性能比較結果も紹
                                       102
介。




スイスのEndress+Hauser持株会社役員へのイン
                                     Industrie
タビュー記事であり、特許権侵害を巡る欧州・米 図:なし、写真:1枚、表:
                                     Anzeiger、2004年14号(
国間の状況を概説するとともに、米国へ製品輸 なし、参考文献:なし
                                     3月29日号)、頁:20
出する中堅企業へ3つの助言を行った。



ドイツのフォークリフトメーカ5社の補用品供給
体制、補用品サービス部門から設計部門への
                                    Industrie
情報提供体制を紹介するとともに、供給体制の 図:なし、写真:5枚、表:
                                    Anzeiger、2004年14号(
あり方についてのIML(物流とロジスティックに関 なし、参考文献:なし
                                    3月29日号)、頁:28-30
するフラウンホーファー研究所)の研究者の意見
を紹介。

ドイツのFZKa(カールスルーエ研究センター)が
開発した、38種類のセンサを内蔵して各種ガス
を検知できる小型電子鼻Kamina、VDMA(ドイツ               Industrie
                           図:なし、写真:5枚、表:
機械設備製造業連盟)がドイツのIPA(生産技術                  Anzeiger、2004年13号(
                           なし、参考文献:なし
と自動化に関するフラウンホーファー研究所)な                   3月22日号)、頁:36-38
どの指導により開発した、計測・データ処理・制
御ができるモジュラー式小型電子システムMatc
工作機械などの工業製品におけるデザインの重
                                      Industrie
要性を指摘するとともに、ドイツのシュツットガル 図:なし、写真:15枚、表
                                      Anzeiger、2004年12号(
ト大学工業デザイン科による、工業製品デザイ :なし、参考文献:なし
                                      3月15日号)、頁:20-22
ンに関する企業支援について紹介。




ドイツ鍛造連盟から名称変更した標記連盟の、
                                    Industrie
名称変更理由、役割、産学連携の必要性などに 図:なし、写真:2枚、表:
                                    Anzeiger、2004年12号(
関する、当連盟会長へのインタビュー。ドイツ鍛 なし、参考文献:なし
                                    3月15日号)、頁:62,64
造業界の概要も紹介。


欧州企業に対する米国企業からの特許権侵害
訴訟の例をいくつか示しつつ、ドイツの中小企業
                                     Industrie
に対して米国特許への対応策を助言。EPO(欧 図:なし、写真:1枚、表:
                                     Anzeiger、2004年11号(
州特許局)が作成した、無料特許検索ができる なし、参考文献:なし
                                     3月8日号)、頁:51
オンライン特許データバンクのホームページアド
レスも紹介。
                                      Industrie
2004年におけるドイツ製機械の世界各地域、各 図:1枚、写真:2枚、表:
                                      Anzeiger、2004年10号(
国への輸出額の見通しを示した。         なし、参考文献:なし
                                      3月1日号)、頁:18-19
ドイツのZFS(シュツットガルト製造技術センター
)の研究紹介であり、企業との共同研究プロジェ
                                       Industrie
クト“Smart                 図:2枚、写真:2枚、表:
                                       Anzeiger、2004年10号(
Rotor”で開発された工作機械主軸用モータ、フ なし、参考文献:なし
                                       3月1日号)、頁:42-43
ライス盤への磁気軸受の適用性検討結果、圧
電アクチュエータによる主軸振動相殺技術を紹


ドイツのIPP(プラズマ物理学に関するマックスプ               Industrie
                         図:なし、写真:1枚、表:
ランク研究所)が開発した、発電機のねじり振動                 Anzeiger、2004年10号(
                         なし、参考文献:なし
を能動的に減衰させる方法を紹介。                       3月1日号)、頁:44




溶剤が不要な粉体塗装の西欧での使用量の増                Industrie
                      図:なし、写真:1枚、表:
加動向と、薄肉塗装技術などの2件の新技術を               Anzeiger、2004年8/9号
                      なし、参考文献:なし
紹介。                                 (2月23日号)、頁:15


ドイツのIPA(生産技術と自動化に関するフラウ
                                      Industrie
ンホーファー研究所)が提案した、メーカが製造
                        図:なし、写真:1枚、表: Anzeiger、2004年8/9号
設備自動化を図るに当たって表を作成すること
                        なし、参考文献:なし    (2月23日号)、頁:50-
により適切な自動化時期、自動化規模などを求
                                      51
める方法を解説。
ドイツのある製造企業がIML(物流とロジスティッ
                                     Industrie
クに関するフラウンホーファー研究所)の支援に 図:なし、写真:2枚、表:
                                     Anzeiger、2004年6号(2
より行った、納入業者の多数のトラックなどによ なし、参考文献:なし
                                     月2日号)、頁:36
る工場内の交通渋滞の解決法を紹介。

ドイツのKonradin出版社が従業員50人以上の製               Industrie
                           図:1枚、写真:なし、表:
造企業を対象に行った、ERPソフトのうちで利用                  Anzeiger、2004年3号(1
                           なし、参考文献:なし
している機能に関するアンケートの結果を報告。                   月19日号)、頁:25

                                      Industrie
ドイツのブレーメン大学のIWT(材料技術研究所 図:なし、写真:1枚、表:
                                      Anzeiger、2004年3号(1
)での切削油剤に関する研究の動向を紹介。    なし、参考文献:なし
                                      月19日号)、頁:46



                                           Industrie
ドイツにおける金属加工関連見本市のあり方、
                             図:なし、写真:2枚、表: Anzeiger、2004年1-
適切な数などについてのVDW(ドイツ工作機械
                             なし、参考文献:なし    2号(1月12日号)、頁:1
製造業連盟)会長へのインタビュー。
                                           8-19




                                        Industrie
2004年にVDW(ドイツ工作機械製造業連盟)会
                          図:なし、写真:1枚、表: Anzeiger、2004年1-
長に就任したWelcker氏への、抱負などについて
                          なし、参考文献:なし    2号(1月12日号)、頁:3
のインタビュー。VDWの概要も解説。
                                        7



ドイツのErlangen-
                                          Industrie
Nuernberg大学のFaps(製造自動化及び生産シ
                            図:なし、写真:1枚、表: Anzeiger、2004年1-
ステム講座)などが開発した、工作機械のボー
                            なし、参考文献:なし    2号(1月12日号)、頁:4
ルネジ駆動部の温度上昇による膨張の補正装
                                          8
置を紹介。




2004年4月からManfred                           Industrie
Weck教授の後継者として独アーヘン工科大学       図:なし、写真:2枚、表: Anzeiger、2003年51-
教授になるBrecher氏への、工作機械・加工技     なし、参考文献:なし    52号(12月15日号)、頁
術の今後の課題などについてのインタビュー。                      :44-45




                                           Industrie
自動車車体の適切な素材種、ロット数に応じた        図:1枚、写真:1枚、表: Anzeiger、2003年51-
適切な板金成形方法を解説。                なし、参考文献:なし    52号(12月15日号)、頁
                                           :50-51
ドイツのIPA(生産技術と自動化に関するフラウ                      Industrie
ンホーファー研究所)が開発した3種類のサービ         図:なし、写真:1枚、表: Anzeiger、2003年51-
スロボット(2つは自動車メーカで顧客対応、1つ        なし、参考文献:なし    52号(12月15日号)、頁
は家事支援)を紹介。                                   :62
ドイツのISET(太陽エネルギ利用技術研究所)な
                                             Industrie
どが参加している、EUなどによる海流発電プロ
                               図:1枚、写真:1枚、表: Anzeiger、2003年51-
ジェクト“Seaflow”を紹介するとともに、世界の19
                               なし、参考文献:なし    52号(12月15日号)、頁
90年から2020年までのエネルギ源別の発電量
                                             :68-70
の変遷を紹介。
                                    Industrie
ドイツの中小企業が研究開発を今後いかに進め
                      図:2枚、写真:なし、表: Anzeiger、2003年51-
るべきかについて、研究機関や企業の意見を踏
                      なし、参考文献:なし    52号(12月15日号)、頁
まえて検討。
                                    :90-91


                                    Industrie
ドイツの今後の技術開発のあり方などについて 図:なし、写真:1枚、表: Anzeiger、2003年51-
の標記大臣へのインタビュー。        なし、参考文献:なし    52号(12月15日号)、頁
                                    :92


ドイツのベルリンで開催された標記会議で行わ
                                      Industrie
れた、EU拡大を前にしての現EU諸国のロジステ 図:なし、写真:2枚、表:
                                      Anzeiger、2003年50号(
ィック分野のあり方等についてのドイツ、オースト なし、参考文献:なし
                                      12月8日号)、頁:24-25
リア、フランスの合計7人の講演概要を紹介。

高張力鋼製の自動車車体を人手操作式レーザ
                                      Industrie
装置で修理する技術を開発する、ドイツのLZH( 図:なし、写真:1枚、表:
                                      Anzeiger、2003年50号(
ハノーファー・レーザセンター)と企業などによる なし、参考文献:なし
                                      12月8日号)、頁:26
共同プロジェクトを紹介。
ドイツのBMBF(教育研究省)主導の、リニヤモー
タによる工作機械直接駆動技術の改良を図るEf                    Industrie
                            図:なし、写真:1枚、表:
fendiプロジェクトに参画しているZFS(シュツット               Anzeiger、2003年50号(
                            なし、参考文献:なし
ガルト製造技術センター)の担当分である直接                     12月8日号)、頁:40
駆動用新制御技術を紹介。

ドイツ企業の中国への投資動向、中国に進出し
                                    Industrie
たあるドイツメーカの動向、中国の主要経済デ 図:なし、写真:3枚、表:
                                    Anzeiger、2003年49号(
ータ、外国進出を希望するドイツ企業の相談機 なし、参考文献:なし
                                    12月1日号)、頁:20-22
関を紹介。


ベルリンの標記工科大学でMBA取得後に、ドイ               Industrie
                       図:なし、写真:4枚、表:
ツのある乾燥機メーカの上海事務所で働いてい                Anzeiger、2003年49号(
                       なし、参考文献:なし
る中国人を紹介。                             12月1日号)、頁:23-24



ドイツの見本市会社と中国側が共同経営してい                  Industrie
                         図:なし、写真:2枚、表:
るSNIEC(上海新国際展示センター)の概要、そ               Anzeiger、2003年49号(
                         なし、参考文献:なし
こで開催される見本市などを紹介。                       12月1日号)、頁:25
ドイツで使用されている産業用ロボットの台数、2                Industrie
                         図:1枚、写真:1枚、表:
003~2006年にかけての台数増加予測、従業員               Anzeiger、2003年49号(
                         なし、参考文献:なし
1万人当たり台数の国別比較図などを示した。                  12月1日号)、頁:30


                                     Industrie
中国などに対抗してドイツの小規模金型メーカ
                       図:なし、写真:3枚、表: Anzeiger、2003年47-
の生き残り策を検討するとともに、新しい品質管
                       なし、参考文献:なし    48号(11月17日号)、頁
理モデルEFQMに言及。
                                     :20-21

                                      Industrie
ドイツの標記州の機械製造業界の生産額、2002
                        図:4枚、写真:1枚、表: Anzeiger、2003年47-
年における当業界内の各分野の従業員数、国
                        なし、参考文献:なし    48号(11月17日号)、頁
別輸出額比率などを解説。
                                      :22

                                        Industrie
2003年12月にドイツのフランクフルトで開催され
                          図:1枚、写真:4枚、表: Anzeiger、2003年47-
た第2回Turntec見本市の概要と代表的出展企
                          なし、参考文献:なし    48号(11月17日号)、頁
業2社を紹介。
                                        :39-40

                                       Industrie
ドイツのLZH(ハノーファー・レーザセンター)が
                         図:なし、写真:1枚、表: Anzeiger、2003年47-
開発したステレオリソグラフィー法による複雑形
                         なし、参考文献:なし    48号(11月17日号)、頁
状微小部品の製造技術を紹介。
                                       :50



                                          Industrie
ドイツ製金型業界の、外国製に対する長所、ア
                            図:なし、写真:1枚、表: Anzeiger、2003年47-
ウトソーシングの動向、立地移転についての標
                            なし、参考文献:なし    48号(11月17日号)、頁
記スポークスマンへのインタビュー。
                                          :60




                                    Industrie
2企業における調達費用削減例、調達業務アウ
                      図:なし、写真:4枚、表: Anzeiger、2003年47-
トソーシングの動向や利点などの、標記シンポ
                      なし、参考文献:なし    48号(11月17日号)、頁
ジウムでの発表概要をいくつか紹介。
                                    :64-65


ドイツのある技術者が開発したモータ(永久磁石
                                    Industrie
を用いた軸流式)の動作原理、従来式モータに 図:1枚、写真:1枚、表:
                                    Anzeiger、2003年46号(
対する長所、自動車用ドア窓レギュレータでの なし、参考文献:なし
                                    11月10日号)、頁:39
使用例などを紹介。

ドイツのある情報通信機器メーカ、デグゲンドル
フ工科大学、IPA(生産技術と自動化に関するフ              Industrie
ラウンホーファー研究所)が共同開発した、高周 図:なし、写真:2枚、表: Anzeiger、2003年46号(
波電磁波から情報通信機器を遮蔽するために なし、参考文献:なし      11月10日号)、頁:46-
機器カバーに取り付ける金属被覆コードのロボ                47
ットによる自動取付システムを紹介。
                                         Industrie
2003年11月にドイツのニュルンベルクで開催さ
                           図:1枚、写真:1枚、表: Anzeiger、2003年46号(
れた自動化技術に関する見本市SPS/IPC/Driv
                           なし、参考文献:なし    11月10日号)、頁:48-
esの概要といくつかの出展物を示した。
                                         49
本誌の出版社が行った、ドイツの従業員50名以               Industrie
                       図:2枚、写真:なし、表:
上の製造企業を対象にしたERPシステム利用状               Anzeiger、2003年46号(
                       なし、参考文献:なし
況に関する標記アンケートの結果の概要を報告                11月10日号)、頁:57

2003年10月にドイツのニュルンベルクで開催さ               Industrie
                         図:なし、写真:2枚、表:
れた物流に関する標記見本市の概要と、4社か                  Anzeiger、2003年45号(
                         なし、参考文献:なし
らの出品物を紹介。                              11月3日号)、頁:27


2003年10月にドイツのフリードリッヒスハーフェン
                                    Industrie
で開催されたプラスチック製品製造に関する標 図:なし、写真:3枚、表:
                                    Anzeiger、2003年45号(
記見本市の概要、主要出品分野、出品例を紹 なし、参考文献:なし
                                    11月3日号)、頁:34-35
介。

                                       Industrie
2004年にEUに加入予定のマルタとキプロスの、
                         図:なし、写真:1枚、表: Anzeiger、2003年44号(
面積や人口等の国家概要、経済状況、外国との
                         なし、参考文献:なし    10月27日号)、頁:22-
輸出入の状況などを示した。
                                       23

組立対象物の変化に対応できる柔軟な組立シ                   Industrie
ステムの姿について、BMBF(ドイツ教育研究省) 図:なし、写真:2枚、表: Anzeiger、2003年44号(
主導の組立技術に関するMamosプロジェクト参 なし、参考文献:なし     10月27日号)、頁:36-
加企業の意見を紹介。                             37


                                      Industrie
ドイツのフラウンホーファーTEG(技術開発グル
                        図:なし、写真:1枚、表: Anzeiger、2003年44号(
ープ)が行っている、企業を技術面から10段階
                        なし、参考文献:なし    10月27日号)、頁:37-
の数値で評価する方法の考え方を解説。
                                      38


EUの研究開発におけるドイツのフラウンホーフ               Industrie
                       図:なし、写真:1枚、表:
ァー協会の重要性を示し、当協会の研究所が参                Anzeiger、2003年44号(
                       なし、参考文献:なし
加する産学共同プロジェクトの例を紹介。                  10月27日号)、頁:39


                                        Industrie
2003年11月にパリで開催された下請企業を出
                          図:1枚、写真:1枚、表: Anzeiger、2003年44号(
展者とするMidest見本市の概要と、ドイツの3社
                          なし、参考文献:なし    10月27日号)、頁:48-
からの出展内容を紹介。
                                        49


2004年のFameta見本市を中止した原因、この見          Industrie
本市の今後の見通し、ドイツの類似分野の各見 図:なし、写真:1枚、表: Anzeiger、2003年43号(
本市の今後のあり方についての主催者へのイン なし、参考文献:なし    10月20日号)、頁:16-
タビュー。                               17
                                     Industrie
標記見本市に対する数企業の意見を紹介する
                       図:なし、写真:2枚、表: Anzeiger、2003年43号(
とともに、本見本市に出展された組立システム、
                       なし、参考文献:なし    10月20日号)、頁:42-
搬送システム、ロボットを紹介。
                                     43


欧州で開催される工作機械見本市のEmoの意                Industrie
義、Emoへの期待、中国などのアジア諸国に対 図:なし、写真:2枚、表: Anzeiger、2003年42号(
する評価などについてのVDW会長へのインタビ なし、参考文献:なし    10月13日号)、頁:28-
ュー。                                  29


2002年における中国を含めた世界各国の工作              Industrie
機械購入額、中国の今後の工作機械需要予測 図:1枚、写真:1枚、表: Anzeiger、2003年42号(
、北京で2003年に開催された工作機械見本市Ci なし、参考文献:なし 10月13日号)、頁:32-
mtなどについて報告。                         33


2010年の工作機械が持つべき機能、ドイツのア
                                      Industrie
ーヘン工科大学のWZL(工作機械研究室)で行
                        図:2枚、写真:6枚、表: Anzeiger、2003年42号(
っている切削・研削研究を解説し、現在開発中
                        なし、参考文献:なし    10月13日号)、頁:60-
の切削・研削・圧延が同時にできる工作機械を
                                      62
紹介。

2003年9月にドイツのミュンヘンで開催された標
                                        Industrie
記見本市に出品された新アルミ接合法のGiessli
                          図:なし、写真:3枚、表: Anzeiger、2003年42号(
eren、表面強化・平滑化法などをいくつか紹介す
                          なし、参考文献:なし    10月13日号)、頁:79-
るとともに、この見本市に対する主催者の意見
                                        81
も紹介。


                                           Industrie
ドイツの機械生産額の2000年以降の年次変遷       図:1枚、写真:なし、表:
                                           Anzeiger、2003年41号(
と2004年における生産額見通しを示した。        なし、参考文献:なし
                                           10月6日号)、頁:20


2003年10月にドイツのミュンヘンで開催されるSy
                                        Industrie
stems2003見本市に出品予定の、中小企業に焦 図:なし、写真:2枚、表:
                                        Anzeiger、2003年41号(
点を当てたERPシステム、生産計画システムな なし、参考文献:なし
                                        10月6日号)、頁:26-28
どのソフトウエアの概要を紹介。
ドイツの1500社以上の製造企業を対象に行った
                                      Industrie
、ERPメーカの知名度に関するアンケートの結果 図:1枚、写真:なし、表:
                                      Anzeiger、2003年41号(
と、2002年における売上額上位メーカの売上額 1枚、参考文献:なし
                                      10月6日号)、頁:34
を示した。

2003年10月にドイツのフリードリッヒスハーフェン               Industrie
                           図:なし、写真:3枚、表:
で開催される標記見本市に出品される、いくつ                    Anzeiger、2003年41号(
                           なし、参考文献:なし
かのメーカの射出成形機、成形型を紹介。                      10月6日号)、頁:46-47
Emoの意義、1975年の第1回以来のEmoで公開
                                         Industrie
された新技術、1951年~1971年に開催された前
                           図:2枚、写真:2枚、表: Anzeiger、2003年39-
身のEWA展示会、2003年10月にイタリアのミラノ
                           なし、参考文献:なし    40号(9月29日号)、頁:
で開催される今年のEmoの出品者数などを解説
                                         34-36
。

                                               Industrie
ドイツの数社が製造しているポータブル式レー            図:なし、写真:3枚、表: Anzeiger、2003年39-
ザ加工装置の概要、特長、利用分野を解説。             なし、参考文献:なし    40号(9月29日号)、頁:
                                               37-39

2003年10月にドイツのニュルンベルクで合同開                          Industrie
催されるFachpack、Logintern、Printpackの3見 図:1枚、写真:4枚、表: Anzeiger、2003年39-
本市の概要と、包装機械などのいくつかの出品 なし、参考文献:なし                  40号(9月29日号)、頁:
物を紹介。                                             44-46


ドイツのIPA(生産技術と自動化のためのフラウ
ンホーファー研究所)におけるプラスチック部品              Industrie
再利用などのライフサイクル管理関連研究の動 図:なし、写真:2枚、表: Anzeiger、2003年39-
向、再利用を考慮した製品のあるべき姿、ドイツ なし、参考文献:なし   40号(9月29日号)、頁:
のあるライフサイクル管理コンサルタント会社が              58-59
始めた事業を紹介。




2003年9月に開催される本メッセの概要、本メッ               Industrie
                         図:なし、写真:1枚、表:
セの外国開催についてのメッセ主催者の意見を                  Anzeiger、2003年38号(
                         なし、参考文献:なし
紹介した。                                  9月15日号)、頁:28




2003年9月に開催される本メッセの規模、内容、               Industrie
                         図:なし、写真:2枚、表:
中国進出などについてのメッセ主催者へのイン                  Anzeiger、2003年38号(
                         なし、参考文献:なし
タビュー。                                  9月15日号)、頁:30


組立を考慮した製品開発・設計の大切さを指摘                Industrie
                       図:なし、写真:4枚、表:
するとともに、組立を考慮した製品開発・設計を               Anzeiger、2003年38号(
                       なし、参考文献:なし
行うに当たって守るべき4つの事柄を示した。                9月15日号)、頁:41-42


Motek見本市の場で受賞者発表と表彰が行わ              Industrie
                       図:なし、写真:なし、表
れる、標記軸受の利用に関するコンクールの概               Anzeiger、2003年38号(
                       :なし、参考文献:なし
要を解説。                               9月15日号)、頁:50




                                     Industrie
約300社が出品する洗浄技術に関する標記見本 図:なし、写真:5枚、表:
                                     Anzeiger、2003年38号(
市の概要と数社の出品内容を紹介。       なし、参考文献:なし
                                     9月15日号)、頁62-63:
ドイツのザクセン州の自動車産業の状況とAMZ
                                    Industrie
(ザクセン州の自動車下請け企業の自発的連盟 図:なし、写真:1枚、表:
                                    Anzeiger、2003年37号(
)が運営する自動車下請企業の情報ネットワー なし、参考文献:なし
                                    9月8日号)、頁:18
クを紹介。


2004年にEUに加入予定のハンガリーの、面積               Industrie
                        図:なし、写真:1枚、表:
や人口等の国家概要、経済状況、ドイツからの                 Anzeiger、2003年37号(
                        なし、参考文献:なし
進出企業の当国への満足度などを示した。                   9月8日号)、頁:22-23


ドイツのアーヘン工科大学などが開発した、中                       Industrie
                              図:1枚、写真:なし、表:
堅企業の現状を分析して今後のあるべき生産                        Anzeiger、2003年37号(
                              なし、参考文献:なし
戦略を提示する方法を解説。                               9月8日号)、頁:24

ドイツのアーヘン工科大学などが参加する、BM
BF(ドイツ連邦教育研究省)主導の産学連携プ                  Industrie
                          図:1枚、写真:1枚、表:
ロジェクトProwork(効率的注文処理のための、               Anzeiger、2003年37号(
                          なし、参考文献:なし
作業流れ管理システムを用いた生産計画・制御                   9月8日号)、頁:26-28
)の参加機関、概要を紹介。

従来は有限要素法で行っていた凹部の応力集
                                    Industrie
中を避けるための凹部形状計算を、ドイツのカ 図:1枚、写真:なし、表:
                                    Anzeiger、2003年37号(
ールスルーエ研究センターが小型パソコンでで なし、参考文献:なし
                                    9月8日号)、頁:51
きるようにした方法について解説。

2003年9月にドイツのミュンヘンで開催される材
料技術に関する第6回Materialica見本市の概要               Industrie
                            図:なし、写真:1枚、表:
と、今回の見本市の中で新たに制定されたデザ                     Anzeiger、2003年37号(
                            なし、参考文献:なし
イン賞を受けたいくつかの新材料を紹介するとと                    9月8日号)、頁:55
もに、Ceramitec 2003見本市の概要も紹介。

                          図:なし、        Industrie
2003年9月にドイツのフランクフルトで開催される
                          写真:2枚、表:なし、参 Anzeiger、2003年36号(
標記の国際自動車見本市の概要を紹介。
                          考文献:なし       9月1日号)、頁:22

ディーゼル車への煤フィルタの装備動向、西欧         図:1枚、        Industrie
とドイツにおける1993年以降のディーゼル車数       写真:なし、表:なし、参 Anzeiger、2003年36号(
の比率の変遷を紹介。                    考文献:なし       9月1日号)、頁:24

                      図:なし、                   Industrie
自動車下請け企業に焦点を当てた欧州のいくつ
                      写真:2枚、表:1枚、参            Anzeiger、2003年36号(
かの見本市を紹介。
                      考文献:なし                  9月1日号)、頁:25-26


ドイツの自動車下請け企業が主要な投資先と考               Industrie
                      図:なし、写真:2枚、表:
えている旧東独地域と中欧・東欧諸国の状況を               Anzeiger、2003年36号(
                      なし、参考文献:なし
紹介。                                 9月1日号)、頁:27-29


自動車産業などの製造業での各種シミュレーシ               Industrie
                      図:なし、写真:2枚、表:
ョン技術の適用状況を紹介し、当技術の現状の               Anzeiger、2003年36号(
                      なし、参考文献:なし
問題点も指摘。                             9月1日号)、頁:35-37
新種鋼材、アルミニウム、プラスチック、マグネシ               Industrie
                        図:1枚、写真:2枚、表:
ウムなどを素材として製造される最近の自動車                 Anzeiger、2003年36号(
                        なし、参考文献:なし
部品の動向を解説。                             9月1日号)、頁:38-39


EUのPeitプロジェクトで開発中の、ハンドルやペ               Industrie
                          図:1枚、写真:1枚、表:
ダルの代わりに電子式操作装置で運転する自                    Anzeiger、2003年36号(
                          なし、参考文献:なし
動車の概要と今後の課題を解説。                         9月1日号)、頁:40-42



                                    Industrie
製品に事故が発生した場合のメーカの損失につ 図:なし、
                                    Anzeiger、2003年34-
いて言及し、製品の安全保証としてのCEの概要 写真:4枚、表:なし、参
                                    35号(8月25日号)、頁:
、CE認証のための手順を示した。       考文献:なし
                                    28-30



                                    Industrie
ドイツのBME会員企業214社に対して行われた、 図:3枚、
                                    Anzeiger、2003年34-
B2Bの電子市場の利用に関するアンケートの結 写真:1枚、表:なし、参
                                    35号(8月25日号)、頁:
果を紹介。                    考文献:なし
                                    38-39




2004年からハノーファー見本市の中で開催され                     Industrie
                          図:なし、
るInterkama見本市の位置付けや出展内容など                   Anzeiger、2003年32-
                          写真:1枚、表:なし、参
についての、ドイツ見本市(株)役員へのインタビ                     33号(8月11日号)、頁:
                          考文献:なし
ュー。                                         18-19



                                   Industrie
2004年にEUに加入予定のスロバキアの、面積 図:なし、
                                   Anzeiger、2003年32-
や人口等の国家概要、経済状況、主要産業、部 写真:1枚、表:なし、参
                                   33号(8月11日号)、頁:
品製造費用などを示した。            考文献:なし
                                   20-21


スイスの標記都市で開催された技能五輪のメカ                       Industrie
                        図:なし、
トロニクス部門の課題内容、11位に終わったドイ                     Anzeiger、2003年32-
                        写真:2枚、表:なし、参
ツチームの様子、優勝したシンガポールチーム                       33号(8月11日号)、頁:
                        考文献:なし
の様子などを紹介。                                   22

中部ドイツのザクセン州、ザクセン・アンハルト                      Industrie
                       図:なし、
州、チューリンゲン州の各自動車下請企業連盟                       Anzeiger、2003年32-
                       写真:1枚、表:なし、参
が情報交換や協調のために作成したネットワー                       33号(8月11日号)、頁:
                       考文献:なし
クを紹介。                                       56
メーカにとっての製品種類と製造プロセスの最 図:1枚、         Industrie
適な複雑さについて検討するとともに、最適な複 写真:3枚、表:なし、参 Anzeiger、2003年31号(
雑さを見いだした企業を紹介。         考文献:なし       7月28日号)、頁:22-24




ドイツのIITB(情報とデータ処理に関するフラウ
                         図:なし、        Industrie
ンホーファー研究所)が開発した、板金深絞り過
                         写真:1枚、表:なし、参 Anzeiger、2003年31号(
程をオンライン監視できるレーザ式センサを紹
                         考文献:なし       7月28日号)、頁:41
介。


ドイツのアーヘン工科大学がドイツの機械・設備
                       図:なし、        Industrie
製造業100社に行った、各社の研究開発実施状
                       写真:1枚、表:なし、参 Anzeiger、2003年31号(
況に関するアンケートの結果に基づいて表彰さ
                       考文献:なし       7月28日号)、頁:42-43
れた5社の、研究開発の成功要因などを紹介。


13社の機械・設備メーカに行ったアンケート調査 図:1枚、      Industrie
に基づき、研究開発が成功するために必要な事 写真:なし、表:なし、参 Anzeiger、2003年31号(
柄を検討。                   考文献:なし     7月28日号)、頁:43


ドイツのノルトライン・ウェストファーレン州の22
                         図:なし、        Industrie
の大学の特許を企業に売り込む斡旋業者の活
                         写真:1枚、表:なし、参 Anzeiger、2003年31号(
動、企業にとってのこの業者の存在の利点など
                         考文献:なし       7月28日号)、頁:44
を紹介。

ドイツの製品メーカに外国の適切な部品メーカを                    Industrie
                       図:2枚、
紹介するドイツのあるコンサルタント企業の活動                    Anzeiger、2003年29-
                       写真:2枚、表:なし、参
を示すとともに、外国からの部品調達のもたらす                    30号(7月14日号)、頁:
                       考文献:なし
利点について言及。                                 36-37

イタリアの工作機械業界の動向、当業界にとっ
てのEmoの意義などに関するイタリア工作機械 図:1枚、        Industrie
連盟代表のリエロ氏へのインタビューであり、8 写真:1枚、表:なし、参 Anzeiger、2003年28号(
年毎にミラノで開催されるEmoの出品者数・入場 考文献:なし      7月7日号)、頁:18-19
者数の変遷も示した。

2004年にEUに加入予定のチェコの面積や人口 図:なし、       Industrie
等の国家概要、経済状況、チェコに進出したドイ 写真:2枚、表:なし、参 Anzeiger、2003年28号(
ツ企業の状況などを紹介。            考文献:なし      7月7日号)、頁:20-21


ドイツのIPAが開発して企業との共同プロジェク 図:1枚、      Industrie
トで最適化などを検討しているこの接合法の特 写真:1枚、表:なし、参 Anzeiger、2003年28号(
性を従来式接合法と比較。            考文献:なし     7月7日号)、頁:30
2003年のハノーファー見本市で開催されたマグ
                        図:なし、        Industrie
ネシウムに関する特別ショーに出品された各種
                        写真:2枚、表:なし、参 Anzeiger、2003年28号(
マグネシウム製品製造技術、マグネシウム関連
                        考文献:なし       7月7日号)、頁:32-33
書籍、データベースを紹介。

                                  Industrie
ドイツの当該分野全体における2003年の景気見 図:なし、
                                  Anzeiger、2003年26-
通し、当該分野内の各業界毎の景気の違いを 写真:1枚、表:なし、参
                                  27号(6月30日号)、頁:
示した。                    考文献:なし
                                  26

2004年にEUに加入予定のスロベニアの面積や                   Industrie
                        図:3枚、
人口等の国家概要、経済状況、主要輸出国、外                     Anzeiger、2003年24-
                        写真:1枚、表:なし、参
国からの投資額の1997年以降の変遷、主要輸                    25号(6月10日号)、頁:
                        考文献:なし
入品目を示した。                                  24-25

                                          Industrie
球状黒鉛鋳鉄を熱処理して作られるADIの引張 図:1枚、
                                          Anzeiger、2003年24-
強さ等の各種機械的特性値、米国での利用例、 写真:1枚、表:1枚、参
                                          25号(6月10日号)、頁:
製造法などを示した。             考文献:なし
                                          38-39

2003年6月にドイツのミュンヘンで開催されたレ                  Industrie
                         図:なし、
ーザ技術に関する見本市Laser                          Anzeiger、2003年24-
                         写真:4枚、表:なし、参
2003の展示物内容、会議・フォーラム・特別ショ                  25号(6月10日号)、頁:
                         考文献:なし
ーの内容を紹介した。                                46,48



他のレーザに対する標記レーザの長所・短所、                     Industrie
                      図:なし、
レーザによる表面焼入れの他方法による表面                      Anzeiger、2003年24-
                      写真:2枚、表:なし、参
焼入れとの違い、標記レーザが表面焼入れに適                     25号(6月10日号)、頁:
                      考文献:なし
する理由などを示した。                               50-51




                                  Industrie
ドイツの標記地域について、人口や労働者数な 図:なし、
                                  Anzeiger、2003年23号(
どの概要、機械製造業の現況、中堅企業の動 写真:1枚、表:なし、参
                                  6月2日号)、頁:24,26-
向、今後の成功の鍵について記述。      考文献:なし
                                  27



                                   Industrie
自動車車体などにおける接着の動向、接着の長 図:1枚、
                                   Anzeiger、2003年21-
所、自動車で接着されている場所、接着の問題 写真:3枚、表:なし、参
                                   22号(5月26日号)、頁:
点などを示した。              考文献:なし
                                   40-42


                                        Industrie
                           図:なし、
クリーンルーム内でのプラスチック製品製造の                   Anzeiger、2003年21-
                           写真:2枚、表:なし、参
必要性を指摘し、実例を紹介。                          22号(5月26日号)、頁:
                           考文献:なし
                                        52-53
トランスポンダを用いて生産プロセスとロジステ
ィックプロセスを管理して生産性を向上させるた
                       図:なし、        Industrie
めの、ドルトムント大学とケムニッツ工科大学の
                       写真:1枚、表:なし、参 Anzeiger、2003年20号(
共同研究プロジェクトを紹介するとともに、試験
                       考文献:なし       5月12日号)、頁:34-35
的使用者としてこのプロジェクトに協力する企業
を募集。

ハノーファーメッセに出品された透明セラミック、
                        図:なし、        Industrie
導電性セラミック、セラミック微粉製造装置、発
                        写真:3枚、表:なし、参 Anzeiger、2003年19号(
光性プラスチックなどを紹介し、マグネシウム加
                        考文献:なし       5月5日号)、頁:20-21
工の動向も紹介。


                       図:なし、        Industrie
ミュンヘン工科大学が開発した2足歩行ロボット
                       写真:1枚、表:なし、参 Anzeiger、2003年19号(
の“ジョーニー”の概要を紹介。
                       考文献:なし       5月5日号)、頁:22


                           図:なし、        Industrie
2002年のドイツの非鉄金属業界の生産高と売
                           写真:1枚、表:なし、参 Anzeiger、2003年19号(
上額、今後の展望を示した。
                           考文献:なし       5月5日号)、頁:33


6個所のフラウンホーファー研究所が共同開発し
                       図:2枚、        Industrie
た、製品開発時における問題点究明、適切なCA
                       写真:1枚、表:なし、参 Anzeiger、2003年19号(
Dシステムの選定支援などを行う、中小企業を
                       考文献:なし       5月5日号)、頁:62-63
対象にした仮想製品作成ツールを紹介。


ポーランドの経済状況、ドイツとの取引、ポーラ 図:なし、        Industrie
ンドに進出したあるドイツ企業の状況、ポーラン 写真:2枚、表:なし、参 Anzeiger、2003年18号(
ドへの投資の将来性について記述。       考文献:なし       4月28日号)、頁:21-22


                           図:2枚、        Industrie
納入業者が顧客の在庫を把握して部品などを
                           写真:なし、表:なし、参 Anzeiger、2003年18号(
供給するVMIの構造と特徴を紹介。
                           考文献:なし       4月28日号)、頁:50-51




型曲げ加工時の曲げ角度を加工中に測定でき 図:なし、                Industrie
る接触式・非接触式の5種類の角度測定システ 写真:4枚、表:1枚、参        Anzeiger、2003年17号(
ムを紹介し、主要仕様値を比較。       考文献:なし              4月21日号)、頁:22-24


機械製造分野・電子技術分野・自動車製造分野
における2003年から2006年のオンラインB2B商
取引額の予測値を示し、2006年における電子技 図:4枚、       Industrie
術分野・ロジスティック分野・自動車製造分野・ 写真:なし、表:なし、参 Anzeiger、2003年17号(
機械製造分野などの全商取引に占めるオンライ 考文献:なし        4月21日号)、頁:36-37
ンB2B商取引の比率予測値を示し、電子商取引
の長所を示した。
ドイツの材料加工用レーザ装置(炭酸ガス及びY 図:1枚、            Industrie
AG)の、1999~2002年における生産額と受注額 写真:なし、表:なし、参 Anzeiger、2003年15号(
の変遷を示した。                   考文献:なし       4月7日号)、頁:23


ドイツで毎年開催されているハノーファーメッセ
が、2005年から重点テーマを工場自動化とプロ 図:1枚、      Industrie
セス自動化に隔年交代して開催することになっ 写真:1枚、表:なし、参 Anzeiger、2003年15号(
た理由とこのメッセの今後の意義などについて 考文献:なし       4月7日号)、頁:26-27
の標記役員へのインタビュー。

1998~2002年におけるドイツ全体とドイツ1人当
たりの超過労働時間の変遷、時間外労働禁止 図:1枚、         Industrie
による失業率低下が簡卖には実現しない理由を 写真:なし、表:なし、参 Anzeiger、2003年15号(
示し、労働時間口座による年間での労働時間調 考文献:なし       4月7日号)、頁:31
整法を提案。

ドイツのある企業とIPAが共同で検討している、
シロアリの巣穴を参考にした新しい換気システ 図:1枚、         Industrie
ムの構造、換気原理、利点を紹介するとともに、 写真:なし、表:なし、参 Anzeiger、2003年15号(
自然界の原理を応用して革新的製品を生み出 考文献:なし         4月7日号)、頁:44
すための検討手順を紹介。



2003年4月にドイツのニュルンベルクで開催され
た中古機械見本市Resaleの出品者数、世界で 図:なし、     Industrie
本見本市に関心の高い国々、出品数の多い機 写真:1枚、表:なし、参 Anzeiger、2003年15号(
械分野などに関する、本見本市の責任者へのイ 考文献:なし      4月7日号)、頁:58
ンタビュー。


2003年4月にドイツのニュルンベルクで開催され
た標記見本市の概要、出品機械の分野別比率 図:なし、         Industrie
、本見本市に関心の高い国々、中古機械を対象 写真:3枚、表:なし、参 Anzeiger、2003年15号(
にしたインターネット市場、ドイツの中古機械市 考文献:なし      4月7日号)、頁:59-60
場規模などを紹介。

VDMA会長のDiether
                               図:1枚、        Industrie
Klingelnberg氏が、2002年におけるドイツの機械
                               写真:1枚、表:なし、参 Anzeiger、2003年14号(
製造業の生産額、受注額、従業員数、国別輸出
                               考文献:なし       3月31日号)、頁:28-29
額を報告し、2003年の動向を予測。


ドイツにおける標記分野の今後の成長見通しと
その原因、1999~2002年における駆動技術分               Industrie
                         図:1枚、写真:1枚、表:
野の売上額変遷、今後の技術者不足、この分野                  Anzeiger、2003年14号(
                         なし、参考文献:なし
への中国企業の進出状況などに関するRauen                 3月31日号)、頁:34,36
氏へのインタビュー。
標記研究者が指導者となって行っている、製造
                                     Industrie
企業における圧縮空気費用削減のための測定
                       図:1枚、写真:1枚、表: Anzeiger、2003年14号(
キャンペーンの内容、見込まれる費用削減率、
                       なし、参考文献:なし    3月31日号)、頁:100-
測定した13社の費用・電力消費量削減可能量を
                                     101
示した。


ドイツの自動車製造関連企業のカナダオンタリ                    Industrie
                           図:なし、写真:3枚、表:
オ州への進出動向、進出理由、当州の経済状                     Anzeiger、2003年13号(
                           なし、参考文献:なし
況を解説。                                    3月24日号)、頁:18-19


対向ピストンを用いた2サイクルエンジンの原理
                                    Industrie
、他種エンジンに対する長所、卖位行程容積当 図:1枚、写真:なし、表:
                                    Anzeiger、2003年13号(
たり出力の他種エンジンとの比較、排出粒子減 なし、参考文献:なし
                                    3月24日号)、頁:49
尐策を解説。


微小工具を用いた微細フライス加工の特性をマ               Industrie
                      図:2枚、写真:1枚、表:
クロ加工での結果から推定できないこと、微細               Anzeiger、2003年12号(
                      なし、参考文献:なし
切削特有の問題点などを解説。                      3月17日号)、頁:40-41



歯科治療、接着剤、微小管製造、眼鏡レンズ被               Industrie
                      図:1枚、写真:4枚、表:
覆、自己再生機械、傾斜組成物体などの様々な               Anzeiger、2003年11号(
                      なし、参考文献:1件
分野へのナノ技術の可能性について解説。                 3月10日号)、頁:44-46


自動式ID装置で使用される標記等のデータ媒体
                                     Industrie
についてのコストパフォーマンス検討の必要性、 図:1枚、写真:1枚、表:
                                     Anzeiger、2003年10号(
バーコードとトランスポンダーの相補関係などに なし、参考文献:なし
                                     3月3日号)、頁:45-47
ついて言及。


2004年5月にEU加入予定の東欧等10カ国の政
                                    Industrie
治・経済状況、これらの国へのドイツ企業の進 図:2枚、写真:1枚、表:
                                    Anzeiger、2003年9号(2
出状況、EU加入でもたらされるであろう効果を なし、参考文献:なし
                                    月24日号)、頁:20-22
記述。


ケルンのBfai(対外経済のためのケルンの連邦
                                    Industrie
代理機関)が行ったアンケート調査の結果に基 図:1枚、写真:1枚、表:
                                    Anzeiger、2003年9号(2
づいて、ドイツ製機械の世界各地域への今後の なし、参考文献:1件
                                    月24日号)、頁:25-26
輸出動向を予測。


アルミニウム合金構造物、マグネシウム合金構               Industrie
                      図:なし、写真:2枚、表:
造物の接合に、鋼ねじに代わってアルミニウム               Anzeiger、2003年9号(2
                      なし、参考文献:なし
ねじを使う利点について記述。                      月24日号)、頁:43-44
                                    Industrie
近年の当業界の景気動向、生産拠点の国外移
                      図:なし、写真:2枚、表: Anzeiger、2003年7-
動についての見方、見本市に対する考え方等に
                      なし、参考文献:なし    8号(2月17日号)、頁:2
関する標記事務総長へのインタビュー。
                                    2-23


                                        Industrie
ドイツの鉄鋼・金属加工業界の2001年から2003 図:1枚、写真:1枚、表:
                                        Anzeiger、2003年6号(2
年にかけての景気動向を解説。            なし、参考文献:なし
                                        月3日号)、頁:20-21




                                             Industrie
ドイツにおける、ある風力発電設備電気部品メ          図:1枚、写真:2枚、表:
                                             Anzeiger、2003年6号(2
ーカの動向、風力発電の動向等を紹介。             なし、参考文献:なし
                                             月3日号)、頁:24-26




風力発電設備の翼に関して、建設費全体に絞                         Industrie
                               図:2枚、写真:なし、表:
める費用の割合、構造や材質等の技術動向を                         Anzeiger、2003年6号(2
                               なし、参考文献:なし
紹介。                                          月3日号)、頁:28-29


                                          Industrie
無線LANやBluetooth等の、自動化システムで使 図:なし、写真:2枚、表: Anzeiger、2003年4-
用する無線通信用規格の特性を紹介。           1枚、参考文献:なし    5号(1月27日号)、頁:3
                                          6-37

ドイツのケムニッツ地域の中小機械製造業64社
                                    Industrie
が参加している、材料購入や開発等を共同で行 図:なし、写真:2枚、表:
                                    Anzeiger、2003年3号(1
うICM(ケムニッツ機械製造業の利益団体)を紹 なし、参考文献:なし
                                    月13日号)、頁:20-21
介。


ドイツ企業が海外生産を増やしている原因に関                 Industrie
                        図:1枚、写真:1枚、表:
する、VDMA(ドイツ機械設備製造業連合)が行               Anzeiger、2003年3号(1
                        なし、参考文献:なし
った企業アンケートの結果を報告。                      月13日号)、頁:22


Euromold                                    Industrie
                              図:1枚、写真:1枚、表:
2002見本市において受賞した、ドイツのBielefeld               Anzeiger、2003年3号(1
                              なし、参考文献:なし
工科大学が開発した射出成形金型を紹介。                         月13日号)、頁:32-33


MMC(金属マトリックス複合材料)の1種である、               Industrie
                         図:なし、写真:2枚、表:
標記材料の機械的特性、利用分野、製造法を                   Anzeiger、2003年3号(1
                         1枚、参考文献:なし
紹介。                                    月13日号)、頁:35-36
ドイツのTEG(シュツットガルトのフラウンホーファ
                                     Industrie
ー技術開発グループ)が改良した、ばり発生なし 図:1枚、写真:1枚、表:
                                     Anzeiger、2003年3号(1
に棒材や線材を高速切断する標記方法の原理 なし、参考文献:なし
                                     月13日号)、頁:40
、特徴を紹介。


ドイツ单部で開催される工作機械関連見本市の               Industrie
                      図:なし、写真:3枚、表:
適切な数に関する、VDW及びその競争相手の               Anzeiger、2003年1-
                      なし、参考文献:なし
意見を紹介。                              2号(1月7日号)、頁:14




                                     Industrie
2003年に定年退職する、工作機械と製造技術
                       図:なし、写真:1枚、表: Anzeiger、2002年51-
が専門のドイツのアーヘン工科大学の標記教授
                       なし、参考文献:なし    52号(12月16日号)、頁
の経歴、業績を紹介。
                                     :12

                                      Industrie
2003年のドイツにおける経済成長率や個人消費 図:1枚、写真:なし、表: Anzeiger、2002年51-
等の経済諸数値の予測値を紹介。         なし、参考文献:なし    52号(12月16日号)、頁
                                      :18

                                     Industrie
WTOに加入した中国の経済状況、企業にとって
                       図:なし、写真:1枚、表: Anzeiger、2002年51-
の中国進出リスク等についての標記センター長
                       なし、参考文献:なし    52号(12月16日号)、頁
へのインタビュー。
                                     :20


VDMA(ドイツ機械設備製造業連合会)会員のコ               Industrie
ンプレッサーメーカ25社のホームページを、利用 図:2枚、写真:なし、表: Anzeiger、2002年49-
者の利便性、マーケティング、エネルギー節約 なし、参考文献:なし      50号(12月2日号)、頁:
及び環境保護の3点から評価。                        51-52


                                     Industrie
自動車製造における接着剤の使用例とその特
                       図:1枚、写真:1枚、表: Anzeiger、2002年49-
性を紹介するとともに、必要に応じてマイクロ波
                       なし、参考文献:なし    50号(12月2日号)、頁:
加熱で接着・解放ができる接着剤を紹介。
                                     56-57

                                     Industrie
ドイツのアーヘン工科大学が開発した、CNC工
                       図:1枚、写真:1枚、表: Anzeiger、2002年49-
作機械と接続して工作物の装着・脱着を迅速に
                       なし、参考文献:なし    50号(12月2日号)、頁:
行うロボットを紹介。
                                     61-63

                                     Industrie
ドイツのWSM(社団法人鉄鋼・金属加工経済連
                       図:なし、写真:1枚、表: Anzeiger、2002年47-
合会)の概要についての代表者へのインタビュ
                       なし、参考文献:なし    48号(11月18日号)、頁
ー。
                                     :24-25
                                    Industrie
圧電アクチュエータを用いた適応制御式防振技 図:1枚、写真:4枚、表: Anzeiger、2002年47-
術等の、各種適応制御技術の使用例を紹介。 なし、参考文献:なし     48号(11月18日号)、頁
                                    :32-34


                                        Industrie
ドイツの金型納期が日本よりも長い原因を記す
                          図:なし、写真:3枚、表: Anzeiger、2002年47-
とともに、Euromold見本市に出品された工作機
                          なし、参考文献:なし    48号(11月18日号)、頁
械及びNC装置をいくつか紹介。
                                        :43-46



IDS(社団法人ドイツ鍛造産業団体)及びVDEh(               Industrie
                          図:1枚、写真:2枚、表:
ドイツ製鉄業者協会)の傘下企業の概要紹介な                   Anzeiger、2002年45号(
                          なし、参考文献:なし
どによりドイツの鍛造業界の概況を報告。                     11月4日号)、頁:25-27



イタリアの工作機械業界の概要とイタリアの工               Industrie
                      図:なし、写真:4枚、表:
作機械メーカ5社の各1機種の工作機械を紹介               Anzeiger、2002年45号(
                      なし、参考文献:なし
。                                   11月4日号)、頁:38-40


                                     Industrie
標記地域の約30社の機械メーカで構成される、
                       図:なし、写真:2枚、表: Anzeiger、2002年44号(
情報交換、共同プロジェクト、共同購入を行うた
                       なし、参考文献:なし    10月28日号)、頁:16-
めの共同組合であるKMCの活動を紹介。
                                     17


                                           Industrie
ドイツのドレスデン地域における半導体関連の        図:なし、写真:1枚、表:
                                           Anzeiger、2002年44号(
研究開発状況を紹介。                   なし、参考文献:なし
                                           10月28日号)、頁:18



                                    Industrie
ドイツのザクセン州における自動車製造業の動 図:なし、写真:1枚、表:
                                    Anzeiger、2002年44号(
向を紹介。                 なし、参考文献:なし
                                    10月28日号)、頁:27


                                      Industrie
IWS(材料技術と放射技術に関するフラウンホー
                        図:なし、写真:1枚、表: Anzeiger、2002年44号(
ファー研究所)等の、ドイツにおける超薄膜の開
                        なし、参考文献:なし    10月28日号)、頁:28-
発動向を紹介。
                                      29
                                           Industrie
                             図:1枚、写真:2枚、表:
ドイツのチューリンゲン州の産業の概要を紹介。                     Anzeiger、2002年44号(
                             なし、参考文献:なし
                                           10月28日号)、頁:33

                                    Industrie
ドイツのベルク地方の企業と研究共同組合にお 図:なし、写真:3枚、表: Anzeiger、2002年44号(
ける鋸刃品質向上への取り組みを紹介。    なし、参考文献:なし    10月28日号)、頁:58-
                                    59
                                    Industrie
ドイツのゾリンゲン地方の刃物産業の最近の状 図:なし、写真:4枚、表:
                                    Anzeiger、2002年44号(
況を紹介。                 なし、参考文献:なし
                                    10月28日号)、頁:62,64

ドイツのノルトライン-ヴェストファーレン州にお               Industrie
                        図:なし、写真:2枚、表:
ける風力発電の動向、当州で1997年に運転を                Anzeiger、2002年44号(
                        なし、参考文献:なし
開始した出力1.5MWの風力発電設備を紹介。                10月28日号)、頁:78,80
欧米の10の工科大学に対する最近の調査で最
                                       Industrie
高の評価を得た(2位は米国MIT)、スイスのチュ 図:なし、写真:2枚、表:
                                       Anzeiger、2002年44号(
ーリッヒにあるETH(スイス連邦工科大学)の概 なし、参考文献:なし
                                       10月28日号)、頁:100
要を紹介。

                                     Industrie
ドイツの金型メーカの納期が日本よりも長いこと 図:なし、写真:2枚、表:
                                     Anzeiger、2002年43号(
及びその原因について言及。          なし、参考文献:なし
                                     10月21日号)、頁:16



危険管理の実施状況の国による違いを欧州6カ                 Industrie
                        図:1枚、写真:1枚、表:
国の中堅企業600社へのアンケートにより示した               Anzeiger、2002年43号(
                        なし、参考文献:なし
。                                     10月21日号)、頁:19




ドイツのフラウンホーファー研究所やいくつかの               Industrie
                       図:なし、写真:1枚、表:
ドイツ企業が標記見本市・フォーラムで出品・発               Anzeiger、2002年43号(
                       なし、参考文献:なし
表した新技術を紹介。                           10月21日号)、頁:56


オーストラリアの褐炭焚き火力発電所から排出               Industrie
                      図:なし、写真:1枚、表:
される残灰からマグネシウムを取り出す計画に               Anzeiger、2002年42号(
                      なし、参考文献:なし
ついて紹介。                              10月14日号)、頁:21

ドイツのハノーファーで開催された、トラックやバ             Industrie
ス等の商用自動車に関する国際見本市“第59 図:なし、写真:2枚、表: Anzeiger、2002年42号(
回IAA”に出品された幾つかの自動車部品を紹 なし、参考文献:なし   10月14日号)、頁:22-
介。                                  23


                                     Industrie
ドイツのシュツットガルト地域の企業や大学にお 図:なし、写真:2枚、表: Anzeiger、2002年42号(
けるVR(仮想現実)の研究開発動向を紹介。  なし、参考文献:なし    10月14日号)、頁:81-
                                     82



                                     Industrie
スイスとドイツにおける、射出成形による微小部 図:なし、写真:5枚、表:
                                     Anzeiger、2002年41号(
品製造技術を紹介。              なし、参考文献:なし
                                     10月7日号)、頁:48-50
                                           Industrie
レーザ法とMIG法を組み合わせたハイブリッド       図:1枚、写真:2枚、表: Anzeiger、2002年39-
溶接法を紹介。                      なし、参考文献:なし    40号(9月23日号)、頁:
                                           45-46


                                         Industrie
ドイツのReutlingenの手工業会議所が行ってい
                           図:なし、写真:2枚、表: Anzeiger、2002年39-
る、手工業者に機械・設備の保守・管理者として
                           なし、参考文献:なし    40号(9月23日号)、頁:
の能力を授ける教育を紹介。
                                         54-55


                                   Industrie
各種の軟質磁性材料及び永久磁石材料を紹介 図:1枚、写真:2枚、表: Anzeiger、2002年39-
。                    なし、参考文献:なし    40号(9月23日号)、頁:
                                   58-60

                                           Industrie
永久磁石材料とポリマーの粉末混合物を射出
                             図:1枚、写真:1枚、表: Anzeiger、2002年39-
成形して製造する磁石の特性や使用分野を紹
                             なし、参考文献:なし    40号(9月23日号)、頁:
介。
                                           61
ドイツのIPK(製造設備と設計技術に関するフラ
ウンホーファー研究所)が開発した、マニピュレ                  Industrie
                          図:1枚、写真:なし、表:
ータとロボットの隙間を埋める、人手操作と協調                  Anzeiger、2002年38号(
                          なし、参考文献:なし
して動くロボット“Kobots”の特徴や類似装置と               9月16日号)、頁:41
の違いを紹介。

ドイツのIPA(生産技術と自動化に関するフラウ
                                     Industrie
ンホーファー研究所)が開発した、投資費用償却 図:なし、写真:1枚、表:
                                     Anzeiger、2002年38号(
時期計算等の、組立作業自動化のための投資 なし、参考文献:なし
                                     9月16日号)、頁:50-51
を評価するソフトウエアを紹介。


ドイツの従業員50~99人の製造企業におけるE               Industrie
                        図:1枚、写真:なし、表:
RP(企業資源計画)ソフトの導入動向を調査した               Anzeiger、2002年37号(
                        なし、参考文献:なし
アンケートの結果を紹介。                          9月9日号)、頁:19

作業者の健康を考慮した、バンドソーやハンドド               Industrie
                       図:なし、写真:3枚、表:
リル等の手持ち式工具の振動に関するドイツの                Anzeiger、2002年37号(
                       なし、参考文献:なし
新規格の動向を紹介。                           9月9日号)、頁:44-45



ドイツのWSM(鉄鋼・金属加工経済連合会)の概
                                     Industrie
要、傘下の中小企業の抱える問題点や今後の 図:1枚、写真:なし、表:
                                     Anzeiger、2002年36号(
あり方等についての、Thumann氏に対するインタ なし、参考文献:なし
                                     9月2日号)、頁:22-23
ビュー。
CRM(顧客関係管理)ソフトの導入に対する機械               Industrie
                        図:1枚、写真:なし、表:
・設備製造業の意見を、ドイツの会社による当該                Anzeiger、2002年36号(
                        なし、参考文献:なし
企業へのアンケート調査により収集。                     9月2日号)、頁:24


                                     Industrie
コーテッド超硬工具、微粒子CBN工具等の、切 図:なし、写真:1枚、表:
                                     Anzeiger、2002年36号(
削工具の開発動向を紹介。           なし、参考文献:なし
                                     9月2日号)、頁:60


ドイツのシュマルカルデン市のGFE(製造技術開               Industrie
                        図:なし、写真:3枚、表:
発組合)が行っている、切削加工関連の各種研                 Anzeiger、2002年36号(
                        なし、参考文献:なし
究開発の概要を紹介。                            9月2日号)、頁:61-63


                                     Industrie
ドイツの標記工作機械メーカがCパーツ(小物部               Anzeiger誌のTechnisch
                       図:なし、写真:4枚、表:
品、消耗品等。価格は低いが、調達経費は高い                er
                       なし、参考文献:なし
。)調達用に導入した標記システムを紹介。                 Einkauf特別号、頁:12,1
                                     4

                                       Industrie
ドイツのAudi社が導入した、インターネット上の               Anzeiger誌のTechnisch
                         図:1枚、写真:1枚、表:
カタログから従業員が直接下請け業者に商品を                  er
                         なし、参考文献:なし
注文するシステムを紹介。                           Einkauf特別号、頁:14-
                                       16


                                      Industrie
ドイツのシュマルカルデン市のGFE(製造技術開
                        図:なし、写真:1枚、表: Anzeiger誌のTechnisch
発組合)における工具関連技術の開発動向を紹
                        なし、参考文献:なし    er
介。
                                      Einkauf特別号、頁:17


                                      Industrie
ドイツの2001年における駆動装置分野及びその               Anzeiger誌のTechnisch
                        図:2枚、写真:なし、表:
構造部品の、前年に対する生産高の変遷を紹                  er
                        なし、参考文献:なし
介。                                    Einkauf特別号、頁:58-
                                      59

                                          Industrie
ドイツ企業の近年のフランスへの進出動向、こ        図:なし、写真:なし、表 Anzeiger、2002年32-
れに関連するホームページのアドレスを紹介。        :なし、参考文献:なし 33号(8月5日号)、頁:2
                                          1


                                     Industrie
製品開発・生産を計算機内でシミュレートするデ
                       図:なし、写真:2枚、表: Anzeiger、2002年32-
ジタル工場技術の利点、現状の課題、市場予測
                       なし、参考文献:なし    33号(8月5日号)、頁:2
について言及。
                                     4
                                        Industrie
ドイツのBMBF(教育研究省)が主導するAccom
                          図:なし、写真:7枚、表: Anzeiger、2002年32-
atプロジェクトで開発された、刃先位置補正機能
                          なし、参考文献:なし    33号(8月5日号)、頁:2
付き工具システム及びセンサ付きチップを紹介。
                                        6-28


                                   Industrie
風力発電装置の監視技術、本装置用軸受の性 図:1枚、写真:2枚、表: Anzeiger、2002年32-
能改良の動向を紹介。           なし、参考文献:なし    33号(8月5日号)、頁:4
                                   3-44

スイスのSt.                                  Industrie
Gallen工科大学が開発した、ラピッドプロトタイピ 図:なし、写真:3枚、表: Anzeiger、2002年32-
ング技術を用いて短期間で製品開発する方法を なし、参考文献:なし         33号(8月5日号)、頁:4
、音響機器部品の開発を例にして紹介。                       9-50


                                       Industrie
3週間に3500種類のエンジンを生産するドイツの
                         図:なし、写真:2枚、表: Anzeiger、2002年30-
ディーゼルエンジンメーカが採用している生産管
                         なし、参考文献:なし    31号(7月29日号)、頁:
理システムの概要と効果を紹介。
                                       24-25


                                    Industrie
制御装置の新式化による旧式ロボット更新を行 図:なし、写真:1枚、表: Anzeiger、2002年30-
っているドイツの企業グループを紹介。    なし、参考文献:なし    31号(7月29日号)、頁:
                                    28-29


                                     Industrie
人毛にあけた直径30ミクロンの穴の写真等、微 図:なし、写真:2枚、表:
                                     Anzeiger、2002年29号(
細加工技術の動向を紹介。           なし、参考文献:なし
                                     7月15日号)、頁:27



                                     Industrie
自動車用小物部品運搬用プラスチック箱のDIN 図:なし、写真:2枚、表:
                                     Anzeiger、2002年29号(
規格化の効果を紹介。             なし、参考文献:なし
                                     7月15日号)、頁:40-41


                                   Industrie
標記名称の欧州各国の鍛造業界統合組織と欧 図:なし、写真:1枚、表: Anzeiger、2002年27-
州鍛造業界の現況を紹介。         なし、参考文献:なし    28号(7月1日号)、頁:1
                                   7



                                     Industrie
ドイツのダルムシュタット工科大学が開発した、
                       図:なし、写真:3枚、表: Anzeiger、2002年27-
モジュラー構造でリニヤモータ駆動のプレス機
                       なし、参考文献:なし    28号(7月1日号)、頁:2
械を紹介。
                                     8-30
                                      Industrie
ドイツのベルリンにあるBfU(環境計画事務所)
                        図:なし、写真:2枚、表: Anzeiger、2002年27-
の汚染土処理等の業務と幾つかの有害建物廃
                        なし、参考文献:なし    28号(7月1日号)、頁:4
棄物を紹介。
                                      1-42



ドイツのアーヘンで開催された第24回の標記集               Industrie
                       図:なし、写真:2枚、表:
会(AWK)で行われた講演の概要をいくつか紹               Anzeiger、2002年26号(
                       なし、参考文献:なし
介。                                   6月24日号)、頁:30




ドイツのベルリン工科大学とドイツ企業が共同開               Industrie
                       図:なし、写真:7枚、表:
発した超音波カテーテルや、微小駆動装置・モ                Anzeiger、2002年25号(
                       なし、参考文献:なし
ータ等を紹介。                              6月17日号)、頁:30-32




ドイツのシュツットガルトで11月に開催予定のパ                  Industrie
                           図:なし、写真:1枚、表:
ッキン技術に関する国際見本市“第1回Isgatec”               Anzeiger、2002年PR1
                           なし、参考文献:なし
の概要を紹介。                                  号、頁:54


                                    Industrie
                      図:なし、写真:2枚、表: Anzeiger、2002年23-
中国市場へのドイツ企業の進出動向等を紹介。
                      なし、参考文献:なし    24号(6月3日号)、頁:2
                                    2-24


                                       Industrie
製品(部品)規格化の利点について、ドイツ、オ
                         図:なし、写真:3枚、表: Anzeiger、2002年23-
ーストリア、スイスの企業に行ったアンケート(70
                         なし、参考文献:なし    24号(6月3日号)、頁:3
7社が回答)の結果に基づいて紹介。
                                       6-37




                                        Industrie
ドイツのフライブルクのAlbert-
                          図:なし、写真:4枚、表: Anzeiger、2002年22号(
Ludwigs大学が開発したサッカー用ロボットを紹
                          なし、参考文献:なし    5月27日号)、頁:46,48-
介。
                                        49




                                     Industrie
ドイツのバーデン・ヴュルテンベルク州における 図:なし、写真:3枚、表:
                                     Anzeiger、2002年22号(
バイオ技術の動向を紹介。           なし、参考文献:なし
                                     5月27日号)、頁:56-57
                                    Industrie
工作機械関係者へのアンケートに基づき、工作 図:2枚、写真:1枚、表:
                                    Anzeiger、2002年21号(
機械技術の将来の動向を検討。        なし、参考文献:なし
                                    5月21日号)、頁:10-11




                                    Industrie
世界におけるドイツ製工作機械の位置等につい 図:2枚、写真:1枚、表:
                                    Anzeiger、2002年21号(
ての標記会長へのインタビュー。       なし、参考文献:なし
                                    5月21日号)、頁:42-43




                                    Industrie
旧東ドイツ地域の工作機械メーカの動向を紹介 図:なし、写真:3枚、表:
                                    Anzeiger、2002年21号(
。                     1枚、参考文献:なし
                                    5月21日号)、頁:44,46




                                      Industrie
第3回流体技術に関する国際討論集会(IFK)の 図:なし、写真:1枚、表:
                                      Anzeiger、2002年21号(
概要を紹介。                  なし、参考文献:なし
                                      5月21日号)、頁:67




ドイツのシュツットガルト大学の標記教授らが開               Industrie
                       図:1枚、写真:1枚、表:
発したプラスチック部品の新製造法等について                Anzeiger、2002年21号(
                       なし、参考文献:なし
の、当教授へのインタビュー。                       5月21日号)、頁:72,74




2002年4月に開催された産業見本市“ハノーファ               Industrie
                         図:なし、写真:2枚、表:
ーメッセ”に出品された、工作機械又はロボット                 Anzeiger、2002年20号(
                         なし、参考文献:なし
用の新要素技術を5種類紹介。                         5月13日号)、頁:20


                                          Industrie
ドイツの板金成形加工業界の2001年の売上額      図:なし、写真:1枚、表:
                                          Anzeiger、2002年20号(
と2002年の見通しについて記述。           なし、参考文献:なし
                                          5月13日号)、頁:32



                                          Industrie
中欧・東欧諸国がEUに加盟した場合の欧州企       図:1枚、写真:3枚、表:
                                          Anzeiger、2002年20号(
業への影響について記述。                なし、参考文献:なし
                                          5月13日号)、頁:34-35
ドイツのフラウンホーファー研究所(IPA,IPK)が               Industrie
                           図:なし、写真:3枚、表:
開発した、人間とロボットが協調して部品組立を                   Anzeiger、2002年20号(
                           なし、参考文献:なし
行う共同作業場所を紹介。                             5月13日号)、頁:42-43



                                           Industrie
                             図:なし、写真:6枚、表:
各種チタン合金の特性と利用分野を紹介。                        Anzeiger、2002年20号(
                             1枚、参考文献:なし
                                           5月13日号)、頁:44-45


                                           Industrie
                             図:なし、写真:1枚、表:
ナノ領域の微細形状作成技術について記述。                       Anzeiger、2002年20号(
                             なし、参考文献:なし
                                           5月13日号)、頁:53


                                       Industrie
ドイツのレーザ加工装置メーカの、1999年から2 図:1枚、写真:なし、表:
                                       Anzeiger、2002年18号(
001年までの生産額、受注額の変遷を紹介。    なし、参考文献:なし
                                       4月29日号)、頁:17


                                     Industrie
ドイツのトラックメーカの下請け企業の今後のあ 図:2枚、写真:3枚、表:
                                     Anzeiger、2002年18号(
り方について記述。              なし、参考文献:なし
                                     4月29日号)、頁:53-54


                                    Industrie
ドイツの機械・設備製造業界における技術者数 図:なし、写真:1枚、表:
                                    Anzeiger、2002年17号(
の今後の動向について記述。         なし、参考文献:なし
                                    4月22日号)、頁:31


                                           Industrie
塑性加工により鋼ブロックから管を製造する技        図:なし、写真:4枚、表:
                                           Anzeiger、2002年17号(
術を紹介。                        なし、参考文献:なし
                                           4月22日号)、頁:34-35


                                     Industrie
従来の超硬合金ロールに代わる、セラミックロー 図:なし、写真:3枚、表:
                                     Anzeiger、2002年16号(
ルを用いたケーブル製造技術を紹介。      なし、参考文献:なし
                                     4月15日号)、頁:46-47



ドイツのシュツットガルトで開催された「第6回接               Industrie
                        図:なし、写真:5枚、表:
合・溶接技術に関する専門見本市」に出品され                 Anzeiger、2002年16号(
                        なし、参考文献:なし
た技術をいくつか紹介。                           4月15日号)、頁:48-49



2002年4月にドイツのニュルンベルクで開催され               Industrie
                         図:なし、写真:1枚、表:
た中古機械・設備に関する見本市“Resale                 Anzeiger、2002年16号(
                         なし、参考文献:なし
2002”の概要を紹介。                           4月15日号)、頁:64
                                      Industrie
2001年におけるドイツ製工作機械の米国への輸 図:1枚、写真:なし、表:
                                      Anzeiger、2002年15号(
出動向について言及。              なし、参考文献:なし
                                      4月8日号)、頁:32

                                    Industrie
ドイツの風力発電の現状と将来の見通しを紹介 図:なし、写真:3枚、表: Anzeiger、2002年15号(
。                     なし、参考文献:なし    4月8日号)、頁:103-
                                    104


2002年4月にドイツのSinsheimで開催された測               Industrie
                            図:なし、写真:3枚、表:
定・検査技術に関する見本市である第16回Cont                  Anzeiger、2002年14号(
                            なし、参考文献:なし
rolの概要を紹介。                                4月2日号)、頁:42-43


既存製品の機能を分析して再設計することによ               Industrie
                      図:2枚、写真:1枚、表:
り製造費用を減らす方法をディーゼルエンジン               Anzeiger、2002年14号(
                      なし、参考文献:なし
の排ガス関連システムを例にして紹介。                  4月2日号)、頁:47-48


                                    Industrie
ドイツの工作機械開発における仮想現実技術の 図:なし、写真:3枚、表:
                                    Anzeiger、2002年11号(
利用動向とその効果について記述。      なし、参考文献:なし
                                    3月11日号)、頁:58-60


ドイツのアーヘンで従来から開催されているAW
                                    Industrie
K(工作機械に関する討論集会)の目的や講演 図:なし、写真:1枚、表:
                                    Anzeiger、2002年11号(
概要についてのアーヘン工科大学Weck教授へ なし、参考文献:なし
                                    3月11日号)、頁:61
のインタビュー。


ドイツの工作機械製造業界の2001年~2002年                    Industrie
                              図:なし、写真:2枚、表:
の景気動向、当業界の構造的問題点と解決策                        Anzeiger、2002年10号(
                              なし、参考文献:なし
を示した。                                       3月4日号)、頁:30



VDMAがドイツの機械・設備製造企業に対して                      Industrie
                              図:3枚、写真:なし、表:
行った、材料の調達と管理に関するアンケート                       Anzeiger、2002年10号(
                              なし、参考文献:なし
の結果を紹介。                                     3月4日号)、頁:44-45

				
DOCUMENT INFO
Shared By:
Categories:
Tags:
Stats:
views:80
posted:9/2/2011
language:Japanese
pages:98