Docstoc

12-110425094835-phpapp01

Document Sample
12-110425094835-phpapp01 Powered By Docstoc
					2011年4月22日
マイニング探検会#12
@株式会社ネクスト 会議室




    リスクテイクについて考える
       株式会社ネクスト 技術基盤本部
          リッテル研究所 所長
      東京大学情報基盤センター 特任講師
             清田 陽司


                          1
  (株)ネクスト リッテル研究所
• 2011年4月に発足
 – 完全子会社化した(株)リッテルの吸収合併
 – 12名でスタート
• 研究テーマ
 – レコメンデーション
 – ユーザの感性分析
 – モバイル向け検索インタフェース
          主な要素技術
• レコメンデーション      • 大規模分散処理インフラ
 – 協調フィルタリング         – Hadoop
 – プロファイル分析          – 検索エンジン (Solr)
• 自然言語処理             – KVS (Cassandra)
• 機械学習           •   地理情報・時間情報解析
 – 教師(あり/なし)学習   •   SSD
 – 教師なし学習        •   クローリング
 – 確率モデル         •   Web UI
• 多変量解析
• グラフ理論
 – ナビゲーションシステム
    研究所としての考え方
• 他の部門との積極的交流
 – フラットな交流
• 仕組み化の徹底
 – 「楽をする」ために頭をフル回転させる
• ビジネスマインドをもつ
 – 持てる技術で誰をHappyにできるか?
• ヒトの本質についての徹底的な洞察
 – 理系センスと文系センスの融合
      自分自身の研究方針
  情報検索システムの研究には一般ユーザによ
   る実運用評価が必要
  ⇒ 実世界から研究へのフィードバックを重視

            自然言語処理技術   一般ユーザの利用


現行サービスの分析   システムの実装        実運用

情報検索プロセスの             評価
  モデル化
              • ユーザの満足度
 自然言語理解       • 関連研究に対する位置づけ
                                 5
       学部~博士課程
• 京大工学部電気系長尾研 (現黒橋・河原研)
  1997年
 – 長尾先生が総長に就任…
• 京大情報学研究科 修士1期生 1998年
 – 中村順一先生に師事、しかし…
 – その後、黒橋禎夫先生に指導していただくことに
• 博士課程に進学 2000年
 – D2のとき黒橋先生が東大に転任
 – 学籍を京大に残したまま、東京に移ることを決意
 – 東大西田・黒橋研にてMSとの共同研究
博士課程~ポスドク~助手(助教)
• 3年間では博士号取得できず、ポスドクのポ
  ストを2つ経験
 – 2003年: 東大産学連携研究員@東大 (マイクロソ
   フトからの資金)
 – 2004年: JSTさきがけ研究員 @京大 (河原達也先
   生の研究室にてダイアログナビ音声インタフェー
   スの研究に従事)
• 2004年秋に博士号を取得し、東大情報基盤
  センター図書館電子化研究部門(中川裕志
  研)に助手として着任
          本音
• 実運用評価って論文の生産性が悪いなあ
 – 評価基準が明確なテーマならもっと論文が書け
   るんだろうなあ
• でも、検索の本質に迫るには実運用しかない
  だろう
• 自分はどうしても「みんなの役に立つシステ
  ム」を作りたい!
• このままのやり方では研究者の世界でのサ
  バイバルは難しいかも、ではどうする?
  2006年頃に考えていたこと
• リッテルナビゲータのアイディアなら「みんな
  の役に立つシステムを作りたい」という自分の
  ミッションと合致
• 根拠はないけど自信はある
• でも、自分ひとりの力ではとても無理
• 大学の中の世界ではスピードが不足している
• 外部の力を借りることはできないか?


                      9
      起業のきっかけ
学部時代のバイト先の社長と再会

私「こういうシステムを実現したいと考えていま
 す」
社長「だったら出資するからぜひ一緒にやって
 みない?」



                         10
          リスクとは?
     成功




過去                 未来



     失敗
   極論かもしれませんが…
• 人生はギャンブルそのもの
 – いつ死ぬかわからない
 – 安定というのは幻想
• リスクをまったくとらないほど大きなリスクはな
  い
 – リスクを主体的にコントロールするのが大事

				
DOCUMENT INFO
Shared By:
Categories:
Tags:
Stats:
views:1
posted:4/25/2011
language:Japanese
pages:12