Docstoc

1191757004205960

Document Sample
1191757004205960 Powered By Docstoc
					ビジネスプラン作成 テンプレート
○○○○(所属) △△△△(名前)
©2005 Nakamura Hisako. All rights reserved.

目次
  

 
 

1: Title 2: Contents 3: Summary 4-5:Person 6-8:Mission, Vision, Domain 9: Product 10-11:Market

12:Strategy and

Implementation 13:Risk & Reward 14-15:Finance 16-17:Business Model 18:Social Contribution 19:image 20:Ending
全体像 (Business Model)

A(1-3)
タイトル

B(4-5)
迫力ある 自己紹介

C(6-12) D(13-15)
魅力ある 事業紹介 緻密な 詳細

E(16)

F(17-18)
将来像

G(19)
VISONの 最終『押し』

H(20)
完結 ©2005 Nakamura Hisako. All rights reserved.

ビジネスプラン作成サマリー
A
タイトル

B

迫力ある 自己紹介

C

魅力ある 事業紹介

D
緻密な詳細

・所属や関係者

・画像やデータ含

・財務や人材

全体像 (Business Model)
・事業内容と関係性 の明確化

E

F
将来像

G
VISONの 最終『押し』

H
完結

・目標金額、分野

・価値創造提供

・タイトル復唱

©2005 Nakamura Hisako. All rights reserved.

プロジェクトマネジメント
自分の氏名  所属企業、所属研究機関、出身大学  経歴、コアコンピュタンス、受賞経験


※補足1 メンバーがひとりの場合、人材獲得目標、方針などを書く

©2005 Nakamura Hisako. All rights reserved.

アドバイザリーボード
人脈  担当教員、企業担当者


©2005 Nakamura Hisako. All rights reserved.

ミッション
ビジネスプランのイントロダクションとなる 簡潔で明確な事業内容イントロダクション  実現すべき使命と提案する解決策の明示  一般的なエグゼクティブサマリーの役割も 果たし得る内容


©2005 Nakamura Hisako. All rights reserved.

ビジョン
価値創造のテーマ  実現したい提案内容と明確な裏づけデータ


©2005 Nakamura Hisako. All rights reserved.

事業ドメイン
登場人物の関係性と、その中で自らが果たす 役割  簡潔に、図説などでわかりやすく コンセプトベースの情報を伝える  競合各社の特色と彼らには不可能な自社の 強み


©2005 Nakamura Hisako. All rights reserved.

プロダクトデスクリプション
商品説明  図やコピーを多用し楽しさを視覚的に 強烈に訴える  楽しさ、利便性、ニーズの潜在性を感じさせる
 ※補足2 通常3枚程度でまとめる

©2005 Nakamura Hisako. All rights reserved.

マーケット
現状のターゲット市場規模  関連市場の規模  将来予測


※補足3 グラフや図表等のデータ情報を付随し裏付けする

©2005 Nakamura Hisako. All rights reserved.

本事業と市場発展性
マーケット拡大予測と数値目標  可能性のある分野の拡大モデル図説


©2005 Nakamura Hisako. All rights reserved.

戦略と実行プラン
図説して樹形図上にbest planとworst planの対処 法、施策書く  他社との差別化戦略も明示(新商品投入時期等)


©2005 Nakamura Hisako. All rights reserved.

可能性のあるリスクとその報償
他社との差別化戦略、戦術復唱 ↓  しかし、それがうまくいかない場合  前述の実行プラン内で失敗が起きた際 責任あるマネジメントが果たす対処と報償  数字と対処先を明示した上で方策を提案


©2005 Nakamura Hisako. All rights reserved.

必要経費(原価)
必要設備の項目羅列  各項目ごとの価格と必要数 (フィールド別必要数×フィールド数)  人件費(職種に応じた一般給与平均を参考)  施設開設費用

商品の販売単価とその原価率も忘れず明確に宣言!

©2005 Nakamura Hisako. All rights reserved.

財務計画
基本的に5ヵ年計画 1・2年目赤字→3年目単黒→5年目累黒  最終的に巨大市場になる。急速に拡大する  5年以内に60億円規模になりIPO可能


©2005 Nakamura Hisako. All rights reserved.

ビジネスモデル
関係各社の事業種類など、関係性を明示  利益相反、金銭チャネルと名目

【収入の部】 ・○○費 (△△メーカー) ・○○費 (△△リテーラー) ・○○費 (△△ユーザー) ・○○費 (△△キャリア) 【支出の部】 ・□□費 (△△企業)

__億 __億

__億

__億 __億

__%規模の黒字が可能 ©2005 Nakamura Hisako. All rights reserved.

将来性
ビジネスモデルの将来的発展性  市場拡大図とビジネスモデル拡大図説

__億

__億

グラフ (将来)

__億
__億 __億

増える。 ©2005 Nakamura Hisako. All rights reserved.

果たすべき社会貢献
ビジョンの復唱  価値提供の結果起こる社会の発展  事業内容の復唱


©2005 Nakamura Hisako. All rights reserved.

利用イメージ


ターゲットとなるユーザーによる プロダクト利用風景のイメージを図で表現

©2005 Nakamura Hisako. All rights reserved.

エンディング


タイトル

©2005 Nakamura Hisako. All rights reserved.


				
DOCUMENT INFO
Shared By:
Categories:
Tags:
Stats:
views:15
posted:5/29/2008
language:
pages:20