Docstoc

150

Document Sample
150 Powered By Docstoc
					                         ( 地域情報連絡員 )

           景気・金融・雇用動向に関する調査結果
              平成21年度 第2四半期(7月~9月)


                                                福岡県商工会連合会


 調査対象地域(ブロック)と調査担当者
                                                    調査担当経営指導員
  ブロック名                   対象商工会名
                                                (    )内は所属商工会名
      粕屋   志賀、古賀市、宇美町、篠栗町、志免町、須恵町、新宮町、久山町、粕屋町   井上 純生(篠栗町)
      宗像   宗像市、福津市                              今林 京三(宗像市)
      筑紫   筑紫野市、春日市、大野城市、太宰府市、那珂川町              長田 徳三郎(春日市)
      糸島   早良、前原市、二丈町、志摩町                       岩﨑 賢一郎(前原市)
      朝倉   朝倉市、筑前町、東峰村                          梶原 信彦(東峰村)
      三井   小郡市、大刀洗町、東久留米、北野町                    渡辺 正明(東久留米)
      三潴   久留米南部、大木町                            川藤 祥司(大木町)
      山三   柳川市、みやま市                             野田 正道(柳川市)
      八女   黒木町、上陽町、立花町、広川町、矢部村、星野村              鐘江 功(上陽町)
      浮羽   田主丸町、うきは市                            益永 賢二(うきは市)
      遠賀   芦屋町、水巻町、岡垣町、遠賀町                      舩津 精治(水巻町)
      京築   みやこ町、吉富町、上毛町、椎田町、築城町                 片宗 博文(犀川町)
      鞍手   若宮、小竹町、鞍手町                           安部 勉(若宮)
      嘉穂   飯塚市、嘉麻市、桂川町                          横山 保幸(飯塚市)
      田川   香春町、添田町、糸田町、大任町、赤村、福智町、方城町           野田 浩(糸田町)


 小規模企業景気動向調査担当経営指導員 (         )内は所属商工会名
 ※ 調査結果(毎月実施)の詳細は全国商工会連合会のホームページにて公表しており、本報告書の
      作成にあたっても分析データとして利用
      福岡地区     … 高田 和久(福津市)、大原 慎児(早良)
      筑後地区     … 寺田 茂利(朝倉町)、安永 勝浩(北野町)、樋口 安彦(星野村)
      北九州地区    … 宮崎 英二(岡垣町)、川嶋 新二(吉富町)
      筑豊地区     … 樺島 和也(小竹)、日野 俊二(赤池町)

 分析担当者
     景気動向    … 松崎 一海 (嘱託専門指導員/中小企業診断士)
     金融動向    … 立石 剛久 (嘱託専門指導員/税理士)
     雇用動向    … 西野 惠子 (嘱託専門指導員/社会保険労務士)
                                 調査結果の要約(平成 21 年度第 2 四半期)

 調査概要
調査対象期間 : 平成 21 年第2四半期(平成 21 年7月~平成 21 年9月)
調査対象地域 : 福岡県内の商工会地域 15 ブロック(ブロックの詳細は表紙を参照のこと。)
調査実施方法 : 各ブロックに所属する商工会の経営指導員 15 名により、統一の調査票への選択記入
                    (一部コメントは自由記入)での回答
報告書留意点 : 金融斡旋、創業・経営革新の相談件数については、若干実績と異なる場合もある。

 景気動向             ~ 今期回復は期待はずれで悪化、次期は一部回復の見込み ~
                                        第二四半期の景況感は、筑紫、京築地区で 改善
                   < 全体の景況感 >         (「悪い」→「普通」)が期待されていたが、結果的には
         普通 (0)
         良い            普通 (0)
                       良い     良い (0)  期待はずれとなり、前期より更に悪化した。特に、建
                              普通 (2)  設、卸・小売業、サービス業の悪化が進んだ。しかし、
                                      食品量販店、ドラッグストア等を中心に、依然として出
                                      店競争は激しく、業態間移動も進んでいるなかで、プレ
         悪い (15)      悪い (15)         ミアム商品券の有効活用、経営革新の取り組み等によ
                              悪い (13) り堅調な企業もある。

                                                           第三四半期は、一部のブロック(京築、鞍手)で全体
                                                          として卸・サービス業を中心に景況感が普通の状態に
    前期の景況感                 今期の景況感              次期の見通し     改善すると予測されるところがある。




 金融動向        ~ 緊急経済対策資金の貸付が一段落 ~
                                         第一四半期に続き金融斡旋件数、金額ともに減尐して
        < 金融斡旋状況(直近1年間の推移 >
                                        きている。背景にはエコカー減税、エコポイントの効果で
    3,362件    3,457件
                                        個人消費が伸びたことがあり、景気の持ち直しを裏付け
                       2,668件
                                 2,206件
                                        る結果となりそうだ。ただこの個人消費の伸びには政策頼
                                        みの色合いが濃く、景気改善の持続力には不安が残りそ
                                        うだ。
                                         不安材料としては、緊急経済対策資金の申し込みを行
  51,774百万  42,911百万 34,571百万  26,927百万 った企業が、再度当該資金の申し込みをするケースであ
     3期前       2期前      前期         今期   り、実質的な資金繰りの改善になっているのかは疑問で
               斡旋金額       斡旋件数          ある。


 雇用動向             ~ ほんの尐し明るい兆し ~
                                                         第一四半期から第二四半期は明るい兆しがなかったもの
    < 雇用等の状況(従業員数・労働時間) >
                                                        の、次期の見通しは「悪い」ばかりではなく「普通」という回答
                   減尐      横ばい      増加
  (0)               (0)      (0)         (0)     (0)
                                                        が見えてきた。景気回復が見込まれ、パート従業員より、正
             (1)
                                         (8)     (9)
                                                        規従業員を雇用するという意向が見られるようになったこと
  (10)       (9)             (11)
                    (12)
                                                        は、喜ばしいことである。
  (5)        (5)             (4)
                                         (7)     (6)     労働時間が減尐した理由は、今までの「仕事がなく労働
                    (3)
                                                        時間も減尐した」というものではなく、正規従業員を採用した
  正規         正規    パート      パート       労働         労働
 従業員        従業員    非正規      非正規       時間         時間     結果、一人あたりの労働時間が減尐したものと考えられる。
 (前期)       (今期)   (前期)     (今期)     (前期)       (今期)




                                                         -1-
                        景気の動向(平成 21 年度第 2 四半期)

 全体の景況感

1. 新規出店と競争激化:食品量販店、ドラッグスストアを中心に、依然として出店競争が続いている。現象と
    して、食品関係7件、ドラッグストア(4件)、直売所他(2件)等。このような中で、デイスカウント店の動向は
    好調である(遠賀ブロック)。

2. 受注面からの景況感:一部の建設業にあっては、市町村合併および緊急経済対策見直しに伴う駆け込み
    等によって、受注が増加している企業もある。しかし、建設にあっては、新規建設案件の激減、および地域
    中堅建設業者の倒産等による影響が見られ、小売業、IT 関連、金型関連では受注減と単価切り下げが進
    んでいる。

3. 商品券の活用:プレミアム付き商品券の利用は、発売後に完売が見られるほど消費者には好評であるが、
    活用の面では大型店に集中的に流れる、中小小売店での活用効果は期待された程ではなかった。しかし、
    地域全体で、商品サービスの提供方法と差別化の工夫によって、中小小売で30%程度を取り込んでいる
    地域もある。プレミアム商品券は消費者には好評で、来期にも発行が予定される地域もある(みやこ町、築
    城町)。



 業種別の景況感

     前期は、製造業が全地域で悪かったのに加えて、今期は、更に増えて、建設、卸・小売、サービが更に悪
    化した。特に、小売、製造、建設、金型等での悪化が見られた。しかし、建設業の1部では、市町村合併、緊
    急経済対策の駆け込み受注等によって、受注が増加しているところもあるが、中堅大手の建築企業の倒産
    による影響など、新規案件と受注単価の減尐は依然として続いている。



 地域別の景況感

    第二四半期は、前期に引続き、全地区で全体の「景況感」は悪化している。特に、地域特産品のイ草業者
    (卸販売)の倒産(大木町)、中堅建設会社(福岡市)の倒産に関連して、周辺地区の企業への影響が見ら
    れる(那珂川)。次期は、京築、鞍手ブロックで全体の景況感が改善すると予想されている。特に、鞍手プ
    ロックでは、全部門(製造、建設、卸・小売、サービス)の景況感が改善する見込みである。

                            < 今期の景況感(地域別・業種別) >
                                                          :良い、   :普通、   :悪い
      ブ ロ ッ ク   粕屋 宗像 筑紫 糸島 朝倉 三井 三潴 山三 八女 浮羽 遠賀 京築 鞍手 嘉穂 田川
      全    体    3   3   3   3   3   3     3   3   3   3   3   3   3   3   3
      製    造    3   3   3   3   3   3     3   3   2   3   3   3   3   3   3
      建    設    3   3   3   3   3   3     3   3   3   3   3   3   3   3   3
      卸・小売      3   3   3   3   3   2     3   3   3   3   3   3   3   3   3

     サービス      3   3   3   3   3   2     3   2   2   3   3   3   3   3   3




                                        -2-
                         < 次期の見通し(地域別・業種別) >
                                                       :良い、   :普通、   :悪い
   ブ ロ ッ ク   粕屋 宗像 筑紫 糸島 朝倉 三井 三潴 山三 八女 浮羽 遠賀 京築 鞍手 嘉穂 田川
   全    体    3   3   3   3   3   3     3   3   3   3   3   2   2   3   3
   製    造    3   3   3   2   3   3     3   3   2   3   3   3   2   3   3
   建    設    3   3   3   3   3   3     3   3   3   3   3   3   2   3   3
   卸・小売      3   3   3   3   3   2     2   3   3   3   3   3   2   3   3
   サービス      3   3   3   2   3   2     3   3   3   3   3   3   2   3   3




 地域の企業動向(特に目立った動き)

   第二四半期は、特に商品券活用について重点的に観察して頂いている。その結果では、地域における
  商品券の活用も進んできているが、傾向として、①地元流通業での活用よりも、大型店での活用が見られ
  る(70%~90%)。②地域企業の活性化の寄与度合いには、お店によって温度差がある。③しかし、企業
  側の工夫によっては、商品券活用を取込んだ地区のお店も見られた。④また、更に第3四半期に向けて
  商品券の発行を計画している地域もある。

- 以下は調査員のコメント一覧 -
○建設業で業歴の長い中企業が相次いで破綻し、長引く不況の影響が深刻化している。/ 飲食店(レストラ
 ン等)がインフルエンザの影響により客足が離れ、売上が下がっている。/スナック関連も建設業不況により
 売上の減尐が続いている。/7月の豪雤災害の影響で、一部の土木関係の事業所が多忙の様子。/粕屋
 ブロック
○平成 22 年 5 月 2 日スーパーセンタートライアル宗像店が宗像市稲元 2 丁目に出店予定。/高松組倒産に
 よる取引先業者への影響が出ている。/筑紫ブロック
○飲食業の開業 2 件。/ プレミアム商品券は大型店で 6 割程度使われ、地元商店に効果が無かった。/ 製
 造業に受注増が見受けられるが、全体的に悪い。/糸島ブロック
○ 篠隈地区にAコープが出店予定。 久光地区にコメリが出店予定。/朝倉ブロック
○ 大木町内のイ草製品卸売業者の倒産があった。/三潴ブロック
○建設関連については、市町村合併前のかけ込み需要対応に追われている所もある。/Aコープ立花が廃
 業、その後に法人企業がスーパーを開業した。また、セブンイレブンが出店した。/小売業においては、消
 費力の低迷により売上減尐等が見られ、建設業においても工事高の減尐等厳しい状況にある。好調な製茶
 販売業においては、高級茶の売上の減尐により総売上高の減尐傾向が見られる。なお、プレミアム商品券
 の発行に伴う販売促進等については一通りの効果があるものと考える。/八女ブロック
○ゆめタウンうきはが近く着工来年6月オープン目指す、ドッラグストアモり田主丸店建設中、同業小売店への
 影響懸念。 建材問屋破産手続き開始 。 行政合併・公共工事発注減等により土木建築業の不振/浮羽
 ブロック
○大型店ヒルトップテラスの開店が遅れている(建物は完工しているようだが) 景気の停滞が原因で出店する
 キーテナントが見つからないようだ。町内は相変わらずルミエールが一人勝ちの様相。周辺の既存店は苦
 戦している。製造業ではIC関連、金型関連の事業所が受注減および単価の切り下げに苦しんでいる。 /
 遠賀ブロック
○4/29, 8/1 に発行した合計商品券7700万円の内、10/6 現在88%の換金完了。
 11/1 に本年度 3 回目の発行 3300万円分を予定している。/商品券発行額の30%程度が地元の小規模
 事業者に落ちている。(70%弱は大型店)/築城町/京築ブロック
○9月に建設関係で倒産が1件発生した。資金繰りに窮する企業が多く、今後倒産が増える可能性がある。/
 鞍手ブロック


                                     -3-
○大型店(ハローディ)の出店説明会が開催された。出店は来年以降であるが地元業者への影響、周辺道路
の交通渋滞が懸念される。/ 大型店(ホームプラザナフコ稲築店が9月17日に開店、影響が懸念される。
/ 嘉穂ブロック
○10 月 25 日(日)に香春町に待望の道の駅「香春」がオープンする。 物産直売所「わぎえの里」の他、コンビ
ニ、トイレ、休憩・情報コーナーを揃える。地域活性化の目玉として多いに期待がかかる。/ ①部品加工業で
は余剰在庫の整理が付きつつあり、尐し上向き感を感じている。       ②三菱製風力発電の輸出が振るわず、部
品加工がストップしている。    ③建材リース業者(足場)ではマンション27棟の引き合いがあっているが、実際
建設着工まで進むのは3分の1程度と見込んでいる。/田川ブロック


 好調な事例

  不景気ななか、受注の好調なところでは、プレミヤム商品券の活用、商品サービスの差別化、市町村合併、
  および政権交代に伴う建設事業の駆け込み案件も増加しているところも多い。更に、努力した企業にあっ
  ては、経営革新計画を進化させ、新連携事業等、新たな動きも見られた。

- 以下は調査員のコメント一覧 -


○美容室 7月新規出店好調。/粕屋ブロック
○プレミアム商品券は85%が 大型店へ流れる結果となり、地元商工業の活性化には繋がっていない/業種
問わず、全体的に悪いのが現状。但し、企業努力をしているところは、維持できているところもある。/筑紫ブ
ロック
○差別化したサービス提供を心掛け、常に顧客のニーズに合った企画を提供している事業所がある。プレミア
ム商品券も有効に使う。/三潴ブロック
○建設業では、合併後の駆け込み事業を抱えている。/特産品(豆腐製造業・線香原料製造業・製茶業等)の
業種や若手経営者(後継者)等が意欲を持って事業に取り組んでいる事業所については堅調な動きをしている。
中でも7月末に経営革新認定承認を受けた線香原料製造業者は、お香の製品製造や小売も手掛け、販売促
進に取り組んでいる。/八女ブロック
○6月1日にプレミアム15%付商品券を2,000冊(1冊10,000円)を発行し、2時間30分で完売した。景気
低迷で、消費者もプレミアム付商品券に注目している。商品券発行により、町外流出に多尐は貢献できたと思
われる。/遠賀ブロック
○プレミアム付き商品券は、消費者には喜ばれたが、大型店に大部分が流れ、小売業者には効果が尐なかっ
たように思う。/鞍手ブロック
○プレミアム商品券の、建設業(増改築)・自動車修理業(車検・修理)での利用が伸びた。
多品目販売・IT関連等、幅広く手掛けている事業所では経営革新から、新連携認定への努力をし収益増に
努めている。/嘉穂ブロック
○香春町内の 77 店舗が参加し、プレミアム商品券(小春ちゃん商品券)を 5 月 22 日販売した。1 万円で 1 万
2千円分のお買物が出来、加えて家電商品などが当たる抽選券付の「ダブルプレミアム商品券」であり、3000
冊が1ヶ月で完売した。/民主党が政権をとり、補正予算の見直しから 9 月に建設業の発注が多くなっている。
/田川ブロック




                            -4-
                                          金融の動向(平成 21 年度第 2 四半期)

 全体の金融動向

  全体的には斡旋件数、斡旋金額ともに減尐している。

 業種別の金融動向
 建設業に、若干の回復傾向が見られる。

 地域別の金融動向

 筑紫地区、浮羽地区に悪化傾向が見られ、三潴地区、山三地区に若干回復の傾向が見られる。



                                                         < 創業・経営革新の相談件数(地域別) >                                                                        開業創業相談件数
                                                                                                                                                      経営革新相談件数
  120
                                  (100)
  100
           (78)
   80                        (70)

   60                                                                                                                                                       (55)
                                          (45)
   40
                                              (26)                                                     (28)
                      (22)                                                                                                        (25)                                 (25)
        (20)      (17)                                     (20)       (19)                                                                     (19)                (17)
   20                                                                                          (15) (12)             (13)                                                             (12)
                                                     (7)          (10)             (8)                                      (7)                       (8)                       (8)
                                                                             (2)         (3)                   (4)                       (3)
    0
         粕屋        宗像         筑紫           糸島            朝倉        三井        三潴          山三          八女        浮羽           遠賀           京築               鞍手           嘉穂       田川




                                                                  < 資金繰りの状況 >
                                                                                                                                  :良い、   :普通、   :悪い
  ブ ロ ッ ク          粕屋 宗像 筑紫 糸島 朝倉                                      三井          三潴 山三 八女 浮羽 遠賀 京築 鞍手                                                      嘉穂         田川
  全       体          3        3           3          2        3          3           2          2          3     3           3           3            3            3        3
  製       造          3        2           3          2        3          3           2          2          2     3           3           3            3            3        3
  建       設          3        3           3          2        3          3           2          2          3     3           2           3            3            3        3
  卸・小売               3        2           3          2        3          2           2          2          2     2           3           2            3            3        3
  サービス               2        2           3          3        3          2           2          2          2     2           3           3            3            3        3




                                                                             -5-
                                         金融斡旋件数



                                   < 金融斡旋件数 >
※ ( )内は設備関連
  ブロック     県制度            マル経        国金              貯共         市町村           その他            計
 粕     屋  316  (7)       12   (3) 103   (10)         0    (0)    0  (0)       0  (0)   431       (20)
 宗     像   63  (1)        9   (3) 19     (7)         0    (0)   57 (17)       0  (0)   148       (28)
 筑     紫  394 (11)       18   (3) 93    (28)         0    (0)   78 (16)       2  (0)   585       (58)
 糸     島   89  (8)       10   (0) 27    (14)         2    (0)    6  (0)       0  (0)   134       (22)
 朝     倉   60  (0)        7   (3) 16     (1)         0    (0)    3  (1)       0  (0)    86        (5)
 三     井   74  (3)        6   (2) 12     (4)         0    (0)    8  (0)       0  (0)   100        (9)
 三     潴   23  (3)        3   (1) 13     (5)         4    (0)   20  (3)       0  (0)    63       (12)
 山     三   32  (1)       16   (2) 17     (8)         0    (0)    8  (1)       0  (0)    73       (12)
 八     女   43  (1)        4   (0) 30     (8)         0    (0)    5  (2)       1  (0)    83       (11)
 浮     羽   37  (0)        4   (1)   5    (1)         0    (0)   20  (0)       0  (0)    66        (2)
 遠     賀   53  (0)       12   (5) 25     (5)         0    (0)    0  (0)       0  (0)    90       (10)
 京     築   18  (0)        4   (0) 17     (5)         2    (1)    0  (0)       0  (0)    41        (6)
 鞍     手   42  (2)        3   (0) 12     (3)         0    (0)    0  (0)       0  (0)    57        (5)
 嘉     穂  101  (3)        9   (3) 41    (12)         1    (0)    0  (0)       0  (0)   152       (18)
 田     川   73  (1)       15   (1)   9    (1)         0    (0)    0  (0)       0  (0)    97        (3)

                                         金融斡旋金額
                                        < 金融斡旋金額 > 
  ※ ( )内は設備関連                                                                              (単位:千円)
    ブロック     県制度            マル経          国金           貯共          市町村           その他            計
            6,000,000         43,300      651,150          0             0            0      6,694,450
   粕     屋
              (57,200)        (7,700)     (22,000)        (0)           (0)          (0)       (86,900)
              904,450         40,800       92,900          0       273,090            0      1,311,240
   宗     像
               (2,650)        (8,500)     (18,350)        (0)      (57,295)          (0)       (86,795)
            6,144,520         57,400      893,270          0       397,000       42,100      7,534,290
   筑     紫
              (40,390)       (14,400)    (126,370)        (0)      (33,880)          (0)      (215,040)
              805,340         64,000      172,320     17,000       105,500            0      1,164,160
   糸     島
              (21,280)            (0)     (95,640)        (0)           (0)          (0)      (116,920)
              937,300         23,700       94,660          0        13,000            0      1,068,660
   朝     倉
                   (0)        (5,600)      (2,500)        (0)       (5,000)          (0)       (13,100)
            1,266,800         22,500      114,500          0        43,800            0      1,447,600
   三     井
               (7,500)       (13,300)    (206,950)        (0)           (0)          (0)      (227,750)
              185,000         15,000       94,200      4,850        93,300            0        392,350
   三     潴
               (7,150)          (300)     (54,100)        (0)      (71,500)          (0)      (133,050)
              720,300         82,100      136,700          0        20,700            0        959,800
   山     三
               (3,000)        (6,950)     (47,000)        (0)       (1,700)          (0)       (58,650)
              674,500         12,500      207,300          0        11,800       13,050        919,150
   八     女
               (6,000)            (0)     (31,610)        (0)       (5,300)          (0)       (42,910)
              490,500          5,300       28,300          0        66,280            0        590,380
   浮     羽
                   (0)        (2,200)      (4,270)        (0)           (0)          (0)        (6,470)
            1,032,600         49,600      158,300          0             0            0      1,240,500
   遠     賀
                   (0)       (11,100)     (23,750)        (0)           (0)          (0)       (34,850)
              235,500         18,000      118,500      8,800             0            0        380,800
   京     築
                   (0)            (0)     (15,400)    (7,000)           (0)          (0)       (22,400)
              701,200         12,500       72,900          0             0            0        786,600
   鞍     手
               (3,800)            (0)     (10,600)        (0)           (0)          (0)       (14,400)
            1,270,000         35,000      308,500      5,000             0            0      1,618,500
   嘉     穂
               (3,250)        (7,600)     (43,640)        (0)           (0)          (0)       (54,490)
              710,087         54,400       53,900          0             0            0        818,387
   田     川
               (4,587)        (4,000)     (23,500)        (0)           (0)          (0)       (32,087)

※   上記集計において、特段の指示を行っていないため、緊急経済対策資金のあっせん分が「その他」に分類されてい
    るケースも考えられますので、ご留意下さい。




                                            -6-
 融資全般に係る金融機関の対応

 金融機関の貸付に対しての対応は概ね良好。しかしながら金融機関には温度差がある。

- 以下は調査員のコメント一覧 -
○依然として保証協会には積極姿勢で対応していただいている。/取り下げまたは否が若干あり/粕屋ブロ
 ック

○福津市 緊急経済対策資金は、一息ついた感がある。二度目の申し込みも数件見られる。相変わらずマル
 経は申し込みは尐ない。/日本公庫の基準金利や第三者保証人等を不要とする融資の上乗せ利率が下
 がったことにより普通貸付が増えた。/宗像ブロック

○緊急経済対策資金に関し、第2回目申込の案件に対する保証協会の対応が非常に厳しい結果となってい
 る。/姿勢は前向きである。/筑紫ブロック

○融資の案件自体の減尐。協会の制度融資は銀行によって温度差。/ 保証協会の審査はきびしくなった。
 緊急経済対策資金を利用して、新規の顧客開拓を行っている銀行がある。/ 日本公庫が積極的。/糸島
 ブロック

○決算書等の数字を重視する動きあり。/三潴ブロック

○日本政策金融公庫の対応について、早急案件で相談していたものも通常対応にされたため、申込者よりク
 レームになりかけたものがあった。 /八女ブロック

○県の緊急経済対策資金については依然申込は多いが、他の資金は若干落ち着いている。/浮羽ブロック

○最近はセーフティネット関連の融資相談は減尐したが、保証協会、日本政策金融公庫とも積極的に支援

 する姿勢が見られる/遠賀ブロック

○借入期間の延長(条件変更又は、借換)には前向きに対応。/京築ブロック

○緊急経済対策資金の融資も一巡し、追加借入申込案件が増えてきているが、減額又は否決される企業が
 多くなっている。/金融機関の融資姿勢も以前より厳しくなってきているように感じる。/鞍手ブロック

○7月大水害による商品や店舗の被災により罹災借入相談があった。/商工会以外の団体を経由して緊急
 経済対策資金で粉飾決算を行っている事業所への保証承諾がみられる。/ 保証協会が商工会と密に連
 携をとろうとしているか疑わしい、事前協議はそこそこであり、銀行からの案件として申込があった後に、金融
 機関のみとの協議が殆どである。日本政策金融公庫においては、以前よりも事前協議への関心が薄れてい
 るように感じられる。/ 日本政策金融公庫の借り換え相談については、比較的迅速な対応となっているよう
 だ。/ 嘉穂ブロック

○緊急経済対策資金を借りた企業が半年もたたずに、2回目の緊急経済対策資金を申込む案件が出てきた。
 / 緊急経済対策資金に比べ、日本政策金融公庫のセーフティーネット貸付の方が審査のハードルが高い。
 / 全般的にスムースに対応していただいている 県緊急経済対策資金の需要も9月には落ち着きを見せ
 た /田川ブロック

 今後期待する金融施策

 企業を取り巻く環境は依然として悪く、中小企業にとって有利な制度(たとえば、モラトリアム制度)を望む声
が多い。




                            -7-
- 以下は調査員のコメント一覧 -

○日本公庫の保証人要件の更なる緩和。/粕屋ブロック

○県の緊急経済対策資金は、不況業種、前年比売上など3%マイナス以上で 5 号申請となるが、10 月より前
年の売上高が大幅に減尐する事業所が発生する可能性がある。緊急経済対策資金の融資対象事業所の基
準の検討が必要。/遠賀ブロック

○追加融資を必要とする事業所が急増している。今年1月以降の業績から数字的には追加融資は難しい状
況にある。   リーマンショック以前の実績を重視するような審査手法の導入が必要ではないか。現状の実績重
視では、追加の融資が受けられる環境にない。/京築ブロック

○企業経営が厳しい為、既存借入の金利負担を軽減する施策が必要。現在政府で議論されている中小企業
向け融資及び住宅ローンのモラトリアム制度の法制化に注目している。   県各種制度資金の一本化ができる
ように是非検討願いたい。/鞍手ブロック

○県制度資金での保証料率の軽減を図ってほしい、中小零細での保証料負担は大きい。/日本政策金融公
庫においても、無担保・無保証(普通貸付)での貸付利率の軽減を図ってもらいたい。創業資金借入での貸付
条件の緩和を検討されたい(自己資金比率、返済期間の延長)。/ 嘉穂ブロック

○景気の悪化で分割返済の条件変更の相談が多い。既定の条件変更では対応できない先もありもっと緩和
してほしい。/田川ブロック




                         -8-
                      雇用の動向(平成 21 年度第 2 半期)

 全体の景況感

  前期に比べ、従業員数の減尐に歯止めが、かかりつつある。従業員数の増加は顕著ではないものの、労
 働時間数が増加傾向である。景気の回復に希望が持てるようになったようだ。しかし、まだまだ、厳しい状況
 は続いているといえる。

 業種別の景況感

 卸・小売、サービス業での横ばいが見えてきた。建設業では、事業を廃止したりした結果、現在営業してい
 る事業所では労働時間数が増加している。尐ない仕事ながら、事業者も尐なくなった為の結果であろう。

 地域別の景況感
  地域間での差が出ている。都市部の筑紫、糸島地区での回復が見られる。八女地区は前回に続き横ば
いを維持している。京築、鞍手地区の回復が見られる。朝倉地区での従業員減尐と労働時間減尐は前期か
ら続いている。 三井地区の労働時間増加の原因は、建設関係業者が減尐した結果、一人あたりの労働時
間が増加したと考えられる。



                          < 正規従業員数の動向(地域別・業種別) >
                                                              :増加、   :横ばい、   :減尐
   ブ ロ ッ ク   粕屋 宗像 筑紫 糸島 朝倉 三井 三潴 山三 八女 浮羽 遠賀 京築 鞍手 嘉穂 田川
   全    体    2    3   2     2   3   2         3   2   2   3    3   2   2   2   2
   製    造    2    3   2     2   3   2         3   3   2   3    3   2   2   2   2
   建    設    3    3   2     2   3   2         3   2   2   3    2   2   3   2   3
   卸 ・ 小 売   2    2   2     2   3   2         2   2   2   2    2   2   2   2   2
   サー ビ ス    2    3   2     2   3   2         2   2   2   2    2   2   2   2   2

                 < パート労働者数(非正規従業員数)の動向(地域別・業種別) >
                                                              :増加、   :横ばい、   :減尐
   ブ ロ ッ ク   粕屋 宗像 筑紫 糸島 朝倉 三井 三潴 山三 八女 浮羽 遠賀 京築 鞍手 嘉穂 田川
   全    体    2    2   2     2   3   2         3   2   2   3    3   2   2   2   2
   製    造    2    2   2     2   2   2         3   3   2   2    3   2   2   2   2
   建    設    2    2   2     2   3   2         3   3   2   3    3   2   3   2   3
   卸・小売      2    2   2     2   3   2         2   2   2   3    2   2   2   2   2
   サービス      2    2   2     2   3   2         2   2   2   2    2   2   2   2   2


                          < 労働時間数の動向(地域別・業種別) >
                                                              :増加、   :横ばい、   :減尐
   ブ ロ ッ ク   粕屋 宗像 筑紫 糸島 朝倉 三井 三潴 山三 八女 浮羽 遠賀 京築 鞍手 嘉穂 田川
   全    体    2    3   2     2   3   2         3   2   2   3    3   2   2   2   3
   製    造    2    3   2     2   2   2         3   3   2   3    3   2   2   2   2
   建    設    2    2   2     2   3   1         2   3   2   3    3   2   2   2   3
   卸・小売      2    3   2     2   3   2         2   2   2   2    2   2   2   2   3
   サービス      2    2   2     2   3   2         2   2   2   2    2   2   2   2   3




                                        -9-
 雇用状況についての特記事項


- 以下は調査員のコメント一覧 -
○運送業の経営悪化による解雇が目立つ/粕屋町 不況が長引き、各企業も固定費削減のため、人員整理
を始めた。/須恵町 サービス業でパートから常雇用に切り替えた企業がある。 /粕屋ブロック
○今までは従業員に対し勤務時間の短縮が多かったが、離職手続きで解雇届けの事業所が出てきた。/宗
像ブロック
○前期に比べ解雇をする企業が減尐した/筑紫ブロック
○建設業関係で 2 件、外国人雇用で増員。/ 旅館業で常雇用を短時間雇用に切替えた企業がある。/糸
島ブロック
○建設業がかなり厳しい状況/三井ブロック
○雇用調整助成金を受給し、製造ラインを止めるなどの例がある。/三潴ブロック
○今後旅館業の事業縮小による退職が予想される。/浮羽ブロック
○雇用調整助成金の相談が1件(小企業)あった。(10月から開始決定)・・相談・受付が行橋労働基準監督
 署でできるようになった。/京築ブロック
○製造業では、自動車関連で雇用・労働時間面の改善がみられるが、他の製造業では正規従業員解雇の動
きも見られ、雇用調整助成金を活用している企業も多い。受注の低迷が響き、企業体力に限界が近づきつつ
ある。/鞍手ブロック
○製造業において、廃業が数社あり解雇が相次いだ、操業中の企業でも雇用減尐傾向でパートも減尐してい
る。/嘉穂ブロック



 新たな労働施策・制度等についての意見・要望等
  労働安全衛生法の趣旨に則り、労災保険料の引下げによる加入率向上及び成立事業所の従事者には、
  教育訓練の助成を受けやすくする等、更なる利用しやすい制度への改善が必要。/粕屋ブロック




                       - 10 -

				
DOCUMENT INFO
Shared By:
Categories:
Stats:
views:10
posted:5/15/2010
language:Japanese
pages:11