Your Federal Quarterly Tax Payments are due April 15th Get Help Now >>

Quantum GIS User Guide Version 0.7 'Seamus' by hpj10303

VIEWS: 159 PAGES: 32

									Quantum GIS User Guide
   Version 0.7 ’Seamus’

      Gary E. Sherman
         Tim Sutton
  Radim Blazek (GRASS)
 Lars Luthman (GPS Plugin)

       August 2005
                                                                     目 次


第 1 章 はじめに....................................................................................4
  1.1 主な特徴.............................................................................................................................................4
  1.2 バージョン 0.7 での新機能.................................................................................................................5

第 2 章 GIS 入門................................................................... ............................6
  2.1 そんなに新しいの?...........................................................................................................................6
     2.1.1 ラスタデータ...............................................................................................................................7
     2.1.2 ベクタデータ...............................................................................................................................7

第 3 章 さぁ、はじめよう................................................................. ................9
  2.2 インストール......................................................................................................................................9
  2.3 サンプルデータ..................................................................................................................................9
  2.4 QGIS の起動......................................................................................................................................9
     2.4.1 コマンドラインオプション.........................................................................................................9
  2.5 QGIS のメインウィンドウ...............................................................................................................10
     2.5.1 QGIS メニューバー...................................................................................................................11
     2.5.2 ツールバー.................................................................................................................................11
     2.5.3 QGIS マップレジェンド(凡例)ウィンドウ...........................................................................11
     2.5.4 QGIS マップビューウィンドウ.................................................................................................12
     2.5.5 QGIS マップオーバービュー(概略図)ウィンドウ................................................................12
     2.5.6 QGIS マップステータスバー....................................................................................................12
  2.6 描画..................................................................................................................................................12
     2.6.1 縮尺依存によるレンダリング....................................................................................................13
     2.6.2 地図レンダリングの制御...........................................................................................................13
     2.6.3 レンダリングの停止..................................................................................................................13
     2.6.4 レンダリングの中断..................................................................................................................13
     2.6.5 レイヤ追加オプションの設定....................................................................................................13
     2.6.6 レンダリング中のマップディスプレイの更新..........................................................................14

第 3 章 ベクタデータ............................................................... .......................15
  3.1 シェープファイル............................................................................................................................15
     3.1.1 シェープファイルの読み込み....................................................................................................15
     3.1.2 マップインフォレイヤの読み込み............................................................................................16
     3.1.3 アークインフォ カバレッジの読み込み..................................................................................16
  3.2 PostGIS レイヤ................................................................................................................................17
     3.2.1 ストアド接続の作成..................................................................................................................17
     3.2.2 PostGIS レイヤの読み込み.......................................................................................................18
     3.2.3 クエリービルダーの使い方.......................................................................................................19
     3.2.4 PostgreSQL レイヤについての補足..........................................................................................20
     3.2.5 PostgreSQL へのデータインポート..........................................................................................20
     3.2.6 パフォーマンスの向上...............................................................................................................21
  3.3 ベクタレイヤプロパティダイアログ................................................................................................22
     3.3.1 ベクトルシンボル......................................................................................................................22
  3.4 属性アクション................................................................................................................................23
     3.4.1 アクションの定義......................................................................................................................23
     3.4.2 アクションの使い方..................................................................................................................24
  3.5 空間データの編集............................................................................................................................24
     3.5.1 既存レイヤの編集......................................................................................................................24
     3.5.2 新しいレイヤの作成..................................................................................................................25

第 4 章 ラスタデータ............................................................... .......................27
  4.1 ラスタデータとは............................................................................................................................27
  4.2 QGIS でサポートされるラスタフォーマット.................................................................................27
  4.3 QGIS でのラスタデータの読み込み................................................................................................27
  4.4 ラスタプロパティ............................................................................................................................27
     4.4.1 シンボルタブ.............................................................................................................................28
     4.4.2 一般タブ....................................................................................................................................29
     4.4.3 メタデータタブ.........................................................................................................................29
     4.4.4 ピラミッドタブ.........................................................................................................................29

第 5 章 プロジェクション(投影法).............................................................30
  5.1 プロジェクション機能の概要..........................................................................................................30
  5.2 はじめに...........................................................................................................................................30
     5.2.1 プロジェクションの指定...........................................................................................................31
  5.3 カスタムプロジェクション(カスタム投影法).............................................................................32
QGIS ユーザーガイド                                                Version0.7


第1章はじめに

 素晴らしい GIS(地理情報システム)の世界へようこそ! QuantumGIS(QGIS)はオープンソースの地理
情報システムです。このプロジェクトは 2002 年の 5 月に誕生し、同じ年の 6 月に SourceForge のプロジェ
クトとして設立されました。誰でもがパーソナルコンピュータで簡単に扱える GIS の開発に私達は熱心に
取り組んでいます。QGIS は現在ほとんどの UNIX プラットフォーム、Windows、Mac OS X で動作していま
す。QGIS は Qt ツールキット (http://www.trolltech.com)と C++で開発されており、操作が覚えやすく簡単
に扱えるグラフィカルユーザーインターフェース(GUI)を持っています。


 QGIS は、共通的な機能や特徴を持たせることで、GIS の操作を簡単にすることを目指しています。最初の
目標は GIS データビューアーでした。しかし、現在ではその目標が達成され、多くの人が日常的に GIS デー
タを表示する作業に使用しています。QGIS は、多くのラスタやベクタの GIS フォーマットに対応していま
すが、新しいフォーマットに対してもプラグインを追加することで対応できるようになっています。
(Appendix A には現在サポートされている全てのデータフォーマットの一覧があります)


 QGIS は GUN Public License(GPL)の元で公開されています。このライセンスの元で QGIS が開発されて
いるということは、あなたが(もしやりたいと思えば)、自分自身の責任においてソースコードを調べ、修正
や変更を行うことができます。我々のグループのあるユーザは、常にプログラムに手を加え費用をかけるこ
となく自由に開発作業を行っています。あなたも、GNU ライセンスのもとで QGIS の完全なコピーを手に入
れましょう。なお GPL については Appendix B でも読むことができます。


 1.1 主な特徴
 QGIS は多くの一般的な GIS ツールと同等の特徴と機能を持っています。主なものを以下に示します。
  1.PostGIS を使用した PostgreSQL の空間データを扱う機能のサポート
  2.ESRI 社のシェープファイルや、OGR ライブラリによる他のベクトルフォーマット( MapInfo を含
    む)のサポート
  3.表示、編集、解析機能を含む GRASS との統合
  4.ベクタレイヤのオンザフライ投影機能
  5.マップコンポーザー
  6.フィーチャーの検索
  7.属性テーブルの表示
  8.フィーチャーの選択
  9.フィーチャーのラベル化
  10.選択結果の保存
  11.プロジェクトの保存と再編集
  12.GDAL ライブラリによるラスターフォーマットのサポート
  13.ベクトルシンボルの変更(共通シンボル、目盛付きシンボル、固有値シンボル、連続色シンボル)
  14.SVG マーカーシンボル(共通シンボル、目盛付きシンボル、固有値シンボル)
  15.デジタル数値標高モデル、航空写真、ランドサット画像などのラスタ画像表示

                                 4
QGIS ユーザーガイド                                     Version0.7
 16.ラスターシンボルの変更(グレースケール、擬似カラー、マルチバンド RGB)
 17.Mapserver の map ファイルへのエクスポート
 18.デジタイズ機能のサポート
 19.地図の概略図表示
 20.プラグイン機能


  1.2 バージョン 0.7 での新機能
バージョン 0.7 では、プロジェクション(投影)機能のサポート、マップコンポーザー、GRASS との統合
の改善など、いくつかの重要な新機能が提供されています。このバージョンでの主な新機能は以下のとおり
です。
 1.異なる座標系のレイヤに対するオンザフライプロジェクション(投影)機能
 2.印刷用レイアウトを作成するマップコンポーザー
 3.QGIS から GRASS ツールを実行させるためのツールボックス
 4.ラスターレイヤーのヒストグラム(度数分布図)を作成するラスターグラフ化ツール
 5.任意のラスタからピクセル値を取得するための選択ツールを使ったラスタのクエリー
 6.デジタル化された線幅、線色、選択色について、設定をカスタマイズすることが可能
 7.ポイントレイヤで使用する新しいシンボルは、レイヤプロパティダイアログから設定が可能
 8.地図上の任意の領域に対するブックマークの作成や管理が可能な空間ブックマーク
 9.画面上でクリックされた地図上のセグメント長と合計長を計測する計測ツール
 10.巨大な GPX(GPS)ファイルに対する GPX の読み込み時間とメモリ消費量の大幅な削減
 11.PostgreSQL/PostGIS に直接取り込む機能などのデジタイズ機能の拡張、また新しく作成されたレ
      イヤに対する属性テーブル定義の改善
 12.ラスタ座標系でコントロールポイントを定義することにより、ラスタに対する world ファイルを作
      成可能なラスタ地理情報参照プラグイン機能




                             5
QGIS ユーザーガイド                                              Version0.7


第2章GIS 入門

 Geographical Information System(GIS)は、地理空間データの作成、表示、検索、解析を行うソフトウェア
の総称です。地理空間データは、ある物体の地理上の位置情報を参照します。このとき、緯度・経度のような
地理座標系を使用することもあります。空間データは、地理データ、GIS データ、マップデータ、位置データ、
座標データ、空間ジオメトリーデータなど様々な言葉が使われることもあります。


 地理空間データを利用することによって、様々な機能を実現することができます。地図の作成は、そのもっ
ともわかりやすい例でしょう。地図作成ソフトは地理空間データをコンピュータのスクリーン上や印刷物な
ど、目に見える形で表現します。地図アプリケーションは、単に画像としての静的な地図だけでなく、デスク
トップコンピュータやウェブページをとおして、地図を利用するユーザ自身がカスタマイズ可能な動的な地
図を提供します。


 多くの人々は地理空間データのアプリケーションソフトウェアが、単に地図を作成するだけのものだとい
う誤った考えを持っています。しかし地理空間データの解析も、地理空間アプリケーションの重要な機能の
ひとつです。その典型的な応用例を以下に示します。


  1.地理上の位置の距離測定
  2.ある地理上の範囲の計量(面積など)
  3.地理上に示される複数の特徴的な地物の重ね合わせ
  4.複数の特徴的な計量の重ね合わせ
  5.ある範囲内に含まれる位置の数量
  6.その他


 これらは単純な機能だと思われるかもしれませんが、多くの専門分野にわたって応用することが可能です。
解析の結果は地図上に示されるだけかもしれませんが、時には経営判断を支援するための報告書に使われる
こともあります。


 最近の位置情報に基づくサービスの状況は他にも様々な兆候を示し始めています。しかし多くは地図と解
析の結合にすぎません。例えば地理上の位置を示す機能を持った携帯電話を、あなたも持っていると思いま
す。しかし対応するソフトウェアさえあれば、徒歩圏内のレストランを携帯電話が教えてくれることも可能
なのです。これは、まだ実現されていない地理空間情報技術ですが、根本的には地理・空間地理情報のデータ
を解析し、その結果を表示しているだけなのです。


  2.1 そんなに新しいの?


 いえ、違います。地理情報サービスを携帯機器で利用できるハードウェア・デバイスは、数多く存在してい
ます。地理情報のアプリケーションソフトにおいても、オープンソースの様々なソフトを使うことができま
す。地理情報に焦点をあわせたハードウェア、ソフトウェアで、今現在、新しいものは存在しません。グローバ

                                6
QGIS ユーザーガイド                                         Version0.7

ル・ポジショニング・システムは公開されるようになっており、様々な企業が 10 年以上にわたって使い続
けてきました。さらに、デスクトップ PC での地図作成、解析ツールは主要な商業市場になっており、例えば
天然資源を管理する企業などに焦点が当てられています。


 新しくなったこといえば、これをつかうハードウェアやソフトウェアの進化と、それを使う人々でしょう。
これまで、地図作成や解析ツールの利用者は高度に教育された GIS アナリストや、CAD のようなツールと同
じように訓練されたデジタル地図技術者でした。現在では、家庭用 PC とオープンソースソフトウェアパッ
ケージの高い処理能力によって、アマチュアやプロフェッショナル、またウェブデベロッパーなど、様々な人々
が、地理情報データを利用することが可能になっています。学習曲線と費用は下がり、地理空間技術の限界点
は高くなりました。


 地理空間情報をどのように保存していますか?大まかにいって、今日、幅広く利用されているデータとし
ては、次の2つの種類があります。ひとつは伝統的な表形式のデータであり、またもうひとつは地理空間アプ
リケーションで広く使われているデータです。


  2.1.1 ラスタデータ
 地理空間データの種類のひとつは、ラスタデータ、または単にラスタと呼ばれているものです。もっともわ
かりやすいラスタデータの形式はデジタル衛星イメージや航空写真でしょう。 Elevation shading(陰影付
き標高図)や digital elevation models(数値標高モデル)もまた、ラスタデータの典型的な例です。地図上
の地物はどのようなものでもラスタデータとして扱うことができますが、制限もあります。


 ラスタデータとは、セルから形成されるグリッド、すなわち画像でいうピクセルで形成されており、固定さ
れた行と列で形成されます。またそれぞれのセルは各辺の長さと地理上の縮尺を持っています。(例えば、あ
る縮尺で 30㎡など)


                                         赤、 青のそれ
 複数の重ね合わせられたラスタはひとつ以上のカラー値を使って示されます(すなわち、 緑、
ぞれのカラー値に対するラスタを結合して、カラー画像が作成されます)。また衛星画像は複数の "バンド
(帯域)"でデータを表示します。それぞれのバンドは本質的に区分されており、空間的に重ねあわされてい
ます。またそれぞれのバンドは複数の光の波長によって区別されています。たやすく想像できるとおり、広範
囲なラスタ画像は多くのファイルサイズが必要です。あるラスタについて、セルのサイズを小さくすること
によって、画像は詳細になりますが、さらに多くのファイルサイズが必要となります。そのため、保管目的の
ためのセルサイズと、解析や地図作成を目的としたセルのサイズのちょうど良いバランスをとるための方法
が研究されています。


 2.1.2 ベクタデータ
 ベクタデータも地理空間アプリケーションでは使われています。もしあなたが三角法と座標幾何学の授業
中に居眠りをしていなかったのであれば、すでにベクタデータのいくつかの特徴は御存知でしょう。わかり
やすい例は、ベクタが任意の座標において位置を記述する方法であることです。         x-y
                                    それぞれの座標は、 座標
系を用いて地理空間上の位置を参照されます。



                             7
QGIS ユーザーガイド                                                  Version0.7

これは、あなたも学校で習って良く知っている、あの x 軸と y 軸で示されるデカルト座標系に関係があり
ます。あなたも、これらの図を、退職金の減少や複利で増加する住宅ローン金利のチャートに使ったことがあ
るかもしれません。しかし根本的な概念は、地理空間データの解析と地図作成にあるのです。
また目的に応じて地理空間座標系を表現するいくつかの方法があります。これは地図投影法という学問の領
域です。


ベクタデータは3種類の基礎的な形状があり、それぞれが組み合わさって複雑な図形が形成されます。


 1.ポイント(Points)-地理上の個別の位置を一組の(x,y)で示す座標。
 2.ライン(Lines)-ある順序で結合された複数の座標(x1 y1,x2 y2,x3 y3, ...xn yn)。ポイント(x1 y1)から
  ポイント(x2 y2)への線。それぞれのポイント間の要素はラインとして扱われる。これらは長さを持ち、
  ポイントの順序に応じた向きを持っている。技術的には、あるライン(line)は互いに結びついた一組の
  座標のペアであるが、曲線(line string)は複数のラインが互いに結びついたものである。
 3.ポリゴン(Polygon)-2つ以上のポイントから構成されるラインがあり、さらにそのラインの始点と終
  点が同一の位置にある場合、これをポリゴンと呼ぶ。    円、
                          三角形、 四角形等はすべてポリゴンである。ポ
  リゴンの重要な性質は、その中に固有の領域が存在することである。




                                 8
QGIS ユーザーガイド                                                       Version0.7


第3章さぁ、はじめよう

 この章では、QGIS の操作方法と、QGIS のウェブページで閲覧することができる情報について、簡単に紹
介します。


    2.2 インストール
 QGIS のインストールについては付録 C に書かれています。インストールガイドは QGIS のソースコード
と共に配布されており、http://qgis.org から取得することができます。Windows と Mac OS X の場合、QGIS
は標準的なインストーラーパッケージを使うことができます。多くの Linux 向けのパッケージも用意されて
います。


    2.3 サンプルデータ
 もし、手元に適当な GIS データがない場合、http://qgis.org の QGIS ウェブページからアラスカのデータ
セットを取得することができます。ここで取得できるアラスカのデータは、この文書の多くの例題や画面で
も使われています。


    2.4 QGIS の起動
 QGIS が正常にインストールされている場合、コマンドプロンプトから qgis と入力するか、もしくはデス
クトップのアプリケーションリンク(ショートカット)をダブルクリックすることで、QGIS を起動するこ
とができます。MS Windows の場合はスタートメニューのショートカットから起動できますし、また Mac
OS X の場合は、アプリケーションフォルダーのアイコンをダブルクリックすることで起動できます。


   2.4.1 コマンドラインオプション
 QGIS はコマンドラインからの起動において多くのオプションが用意されています。オプションの一覧を
表示するために、コマンドラインから qgis --help と入力してみてください。QGIS のコマンドの使い方は
以下のとおりです。
Usage:/home/gsherman/qgis07_rc/bin/qgis [option] [FILES]
 options:
    [--snapshot filename] 読み込んだデータセットのスナップショットをファイルに出力する。
    [--lang language]    表示言語を設定する
    [--project projectfile]  QGIS プロジェクトファイルを読み込む
    [--help]       この文章
 FILES:
     コマンドラインで指定されるファイルには、ラスタファイル、ベクタファイル、また QGIS プロジェク
     トファイル(.qgs)が含まれます。
            1.ラスタファイル -GeoTiff,DEM、また他の GDAL によってサポートされるフォーマット
            2.ベクタファイル - ESRI シェープファイル、また他の OGR によってサポートされるフ
                          ォーマット、また PostGIS 拡張を使った PostgreSQL レイヤ



                                               9
QGIS ユーザーガイド                                      Version0.7
Tip1 コマンドライン引数の使用例
QGIS を起動する際、        コマンドラインで複数のデータファイルを指定することができます。カレントディ
レクトリにデータがある場合、2つのシェープファイルと1つのラスタファイルを読み込んで起動する
には、次のようにコマンドを入力します。
    qgis ak_shade.tif alaska.shp majriver.shp




  2.5 QGIS のメインウィンドウ
QGIS を起動すると、最初に下の画面が表示されます。(6つの領域を示す青い数字については、後ほど説
明します)


                       図 3-1 メインウィンドウ




 注意:タイトルバーなどのウィンドウのデザインは、お使いになっているオペレーティングシステムや
    ウィンドウマネージャによって異なる場合があります。


QGIS のメインウィンドウは以下の6つの領域に分けられます。
 1.メニューバー
 2.ツールバー
 3.レジェンド(凡例)ウィンドウ
 4.マップビューウィンドウ
 5.オーバービュー(概略図)ウィンドウ
 6.ステータスバー

                            10
QGIS ユーザーガイド                                Version0.7


これら6つの QGIS インターフェースのコンポーネント部品については、以下の節でさらに詳しく説明しま
す。


     2.5.1 QGIS メニューバー
 メニューバーは標準的な階層型のメニューを使うことによって、QGIS の様々な機能を操作できます。最
上位層のメニューと、それぞれのメニューから利用できる機能は以下のとおりです。
・ファイル(プロジェクトを開く、保存する、画像のエクスポート、プロパティ設定)
・ビュー(拡大・縮小、再表示)
・レイヤ (追加、表示、レイヤの隠蔽)
・設定(投影法の設定、初期設定)
・プラグイン(プラグインマネージャ:プラグインが追加されるとメニューに追加されます)
・ヘルプ(ドキュメントと web のリンク)


     2.5.2 ツールバー
ツールバーでは、メニューとほぼ同じ機能を操作することができ、さらに地図を操作するためのいくつか
のツールが利用できます。それぞれのツールバーではポップアップヒントも利用できます。ツールバーのア
イテムの上にマウスを置くと、そのツールの機能について簡単な説明が表示されます。また、QGIS の他のコ
ンポーネントについて、                「これは何?」
           さらに多くの情報を取得するために、      ツール(疑問符付きの矢印)も
使えます。         「
     これを使うためには、 これは何?」ボタンをクリックし、それから必要な情報を表示したいアイテ
ムをクリックしてください。


     2.5.3 QGIS マップレジェンド(凡例)ウィンドウ
マップレジェンドウィンドウはレイヤの可視化やz軸(重ね順)を設定するために使用されます。z軸は、
レジェンドのリスト上位にあるレイヤが、リストの下位にあるレイヤの上に重ねて表示されていることを示
しています。レジェンドのそれぞれのチェックボックスは各レイヤの表示・非表示を示しています。

Tip2 レイヤメニューの表示
レジェンドに表示されているすべてのレイヤについて、レイヤの名前を右クリックすることで、コンテ
キストメニューを表示させることができます。コンテキストメニューでは、レイヤに対する処理とプロ
パティの表示を行うことができます。




レジェンドのエントリーでは以下の小さいアイコンが表示されます。
 レンダリング処理を高速化するためのピラミッドを持つラスタレイヤです。(5.4.4 を参照)
 ピラミッドレイヤを持たないラスタレイヤです。(5.4.4 を参照)
 メインウィンドウと同じように概略図に表示されるレイヤです。
 編集可能な状態のベクタレイヤです。


 2.5.4 QGIS マップビューウィンドウ
これが QGIS のメインとなる機能です。地図はこのエリアに表示されます。このウィンドウに表示される

                              11
QGIS ユーザーガイド                                Version0.7

地図は、ユーザがファイルやデータベースから読み込んだベクタレイヤやラスタレイヤによって作成されま
す(さらに多くの情報とレイヤをロードする方法については以降の章を参照してください)。表示された地
図は、パン(地図中心の移動)や拡大・縮小が可能です。
地図に関する他の様々な操作は、前の章で説明したツールバーで行うことができます。またマップビュー
とレジェンドは互いに密接に関係していて、レジェンドウィンドウで行った操作はマップビューの地図に反
映されます。


Tip3 マウスホイールによる地図の拡大・縮小
マウスホイールを使って地図の拡大・縮小することもできます。マウスカーソルを地図が表示され
ているエリアに置いて、前方(先の方)に転がすと拡大し、後方(手前の方)に転がすと縮小します。




 2.5.5 QGIS マップオーバービュー(概略図)ウィンドウ
マップオーバービューは、追加されたレイヤの概略図を表示します。現在表示されている地図の全体が、こ
の矩形の領域に表示されます。これは、現在見ている場所が、地図全体のどのあたりかをすばやく確認するこ
とができます。注意するべきことは、たとえ地図上にはラベルの表示があったとしても、オーバービューには
表示されないことです。レジェンドウィンドウでレイヤを右クリックし、コンテキストメニューで「オーバー
ビューを巡回」を選択して、オーバービューに追加することができます。またツールバーから「オーバービュ
ーに全て追加」を選択することで、オーバービューの全てのレイヤを一度に追加・削除することもできます。


 2.5.6 QGIS マップステータスバー
ステータスバーには、マップビューでマウスポインタを動かすたびに、地図上で示されている位置の座標
(メートル、または10進経緯度)が表示されます。またステータスバーの右下には、地図のパン、拡大・縮
小時のマップウィンドウのエクステント(矩形領域の右上・左下の座標)も表示されます。ステータスバー
内のプログレスバーは、表示対象となるレイヤについてマップビューへ描画を行う処理の進行状況を表示し
ています。ラスタレイヤの統計を集計するような場合、プログレスバーは時間がかかる操作の状態を示すの
にも使われます。ステータスバーの右半分はマップビューへの描画を一時的に中断する小さなチェックボッ
クスがあります(3.5 節以降を参照)。ステータスバーの右端には、プロジェクタ(投影法)アイコンがあり
ます。これをクリックすると、現在のプロジェクション(投影法)のプロパティが表示されます。


  2.6 描画
 デフォルトでは、QGIS は地図の表示領域が更新される場合は常に表示レイヤのレンダリング(描画処
理)が行われます。地図表示領域が再描画される契機となるイベントは、以下のとおりです。
 ・レイヤの追加
 ・パンおよび拡大・縮小
 ・QGIS ウィンドウのサイズ変更
 ・単一または複数レイヤの表示・非表示設定の変更


QGIS では、レンダリングの方式を管理するいくつかの方法が用意されています。



                          12
QGIS ユーザーガイド                                  Version0.7
 2.6.1 縮尺依存によるレンダリング
 縮尺率によるレンダリングは、あるレイヤを表示する最小と最大の縮尺を設定することができます。縮尺
によるレンダリングを設定するために、レジェンドウィンドウのレイヤをダブルクリックしてプロパティダ
イアログボックスを開いてください。そのダイアログボックスの「一般」タブでレンダリングを行う縮尺の最
小値と最大値を設定し、「縮尺依存レンダリングを使用」チェックボックスをクリックしてください。
また、地図の拡大を行った時、拡大させる縮尺率や、QGIS のステータスバーに出力する縮尺についても設定
することができます。


 2.6.2 地図レンダリングの制御
 地図のレンダリング処理は、以下の方法で制御することができます。
  1.マップキャンバス表示中のレンダリングの停止
  2.一時的なレンダリングの停止
  3.レイヤの追加時に表示/非表示制御を行うオプションの設定


 2.6.3 レンダリングの停止
 地図のレンダリング処理を停止するためには ESC キーを押します。これはマップキャンバスの更新を止
め、一部だけが描画された状態にします。ESC キーを押してから地図のレンダリングが停止するまでには、
若干時間がかかります。


 2.6.4 レンダリングの中断
 レンダリングの中断を行うためには、ステータスバーの右下の隅にある「レンダ」チェックボックスをクリ
ックします。レンダ」
     「    チェックボックスがチェックされていない場合、QGIS は 3.5 節に書かれているどのイ
ベントにおいても、キャンバスの再描画を行いません。レンダリングの中断が有効と思われる例を以下に示
します。
 ・多くのレイヤを追加し、レンダリングよりもシンボル化を優先する場合
 ・1つ、または複数のレイヤを追加し、レンダリングの前に縮尺率を設定する場合
 ・1つ、または複数のレイヤを追加し、レンダリングの前に特定のビューで拡大・縮小を行う場合
 ・上記の処理を同時に行う場合


「レンダ」ボックスをチェックすると、レンダリングが有効になり、それと同時にマップキャンバスの更新が
行われます。


 2.6.5 レイヤ追加オプションの設定
 オプションを設定することによって、レイヤの読み込み時にレンダリング処理が行われないようにするこ
とができます。これは、レイヤが追加されても、レジェンドウィンドウの「可視化」チェックボックスがデフォ
ルトではチェックされていないことを示しています。               「設定」
                        このオプションを設定するために、   メニューか
ら「初期設定」    「レンダリング」
       を選択し、       タブをクリックしてください。   「新規追加レイヤを表示しな
                                 ここで、
い」チェックボックスをチェックしてください。これで、レイヤーの追加時に、レジェンドウィンドウの「可視
化」チェックボックスが、デフォルトでオフ(非表示)になります。



                         13
QGIS ユーザーガイド                                Version0.7
 2.6.6 レンダリング中のマップディスプレイの更新
フィーチャー(地物)の表示時、マップディスプレイの更新オプションを設定することもできます。デフ
ォルトで QGIS は、すべてのレイヤが描画されるまで、そのレイヤに対するフィーチャーについては全く表
示を行いません。データの保管場所からフィーチャーを読み込みながらフィーチャーの表示を更新するため
 「設定」
に、   メニューから「初期設定」を選択し、
                     「レンダリング」タブをクリックします。この画面の「読み込み
後に表示を更新」入力欄で、レイヤのレンダリング中に表示を更新するフィーチャーの件数を設定します。0
を設定すると、レンダリング中の更新は行われません(これがデフォルトの設定です)。あまり小さい値を
設定すると、フィーチャーの描画中にマップキャンバスが連続的に更新され、パフォーマンスが著しく低下
します。初期値としては 500 くらいが良いでしょう。




                         14
QGIS ユーザーガイド                                                    Version0.7


第3章ベクタデータ

 QGIS は、シェープファイルや MapInfo の mif ファイル、PostgreSQL データベースの PostGIS レイヤな
ど、数多くのベクタデータを操作することができます。さらにプラグイン機能により、例えば CSV ファイル
のようなデータ形式も扱うことができるようになります。


 この章では、2種類の一般的なフォーマット、シェープファイルと PostGIS レイヤの扱い方について説明
します。QGIS で利用可能なほとんどの機能は、ベクタデータによらず、ほぼ同じです。これは意図的に設計
されたものであり、地物の指定、選択、ラベル化、属性関数の操作なども含んでいます。


  3.1 シェープファイル
 シェープファイルのサポートは OGR 関数ライブラリ( http://www.remotesensing.org/gdal/ogr) によっ
て提供されています。サポートされるファイル形式は付録 A.1 を見てください。


 シェープファイルは実際には最低でも以下の3つのファイルから構成されます。
  1.幾何情報と地物情報を持つ.shp ファイル
  2.dBase フォーマットの属性情報を持つ.dbf ファイル
  3.インデックス情報を持つ.shx ファイル


 シェープファイルの技術的な仕様については、下のサイトで見ることができます。
   http://www.esri.com/library/whitepapers/pdfs/shapefile.pdf


 3.1.1 シェープファイルの読み込み
 シェープファイルの読み込みを行うために、QGIS を起動して「ベクタレイヤの追加」ツールバーをクリッ
クしてください。OGR ライブラリでサポートされるすべてのフォーマットは、同じ方法で読み込むことがで
きます。


 ツールバーをクリックすると標準的な「ファイルを開く」ダイアログが表示され(図 4-2)、ファイル種類
の選択とシェープファイル(または他のサポートされたデータソース)の読み込みを行うことができます。
また必要であればシェープファイルの文字コードを選択することもできます。選択リストからシェープファ
イルを選択し、Ok」
      「   ボタンをクリックすると、QGIS への読み込みが行われます。 4-3 には country.shp フ
                                        図
ァイルを読み込んだ直後の QGIS の画面を示します。

Tip4 レイヤの色
レイヤを地図に追加した際、表示色はランダムに決定されます。一度に複数のレイヤを追加した場合は、
互いに異なる色が設定されます。



 シェープファイルを読み込んだ後は、マップナビゲーションツールを使って地図の拡大・縮小などを行う
ことができます。                      「レジェンド」
        表示されたレイヤのシンボル図形を変更するには、      ウィンドウでレイヤ名を

                                              15
QGIS ユーザーガイド                                          Version0.7

ダブルクリック、または右クリックして表示されるポップアップメニューから、プロパティダイアログを開
いてください。3.3.1 節には、ベクタレイヤでのシンボル図形の設定について、さらに詳しい情報があります。


                   図 4-2 OGR データソースを開くダイアログ




・表示処理時間の短縮化
 シェープファイルの描画速度を向上するために、空間インデックスを作成することができます。空間イン
デックスを使用することで、拡大・縮小やパンを行った際の描画速度を向上することができます。
空間インデックスの作成は、以下の手順で行います。
  1. Shape ファイルを読み込む。
  2. レジェンド」
   「       ウィンドウでシェープファイル名をダブルクリック、または右クリックして表示される
   ポップアップメニューからプロパティを選択して、「レイヤプロパティ」ダイアログを表示する。
  3.「一般」タブの「空間インデックス」パネルで、「作成」ボタンをクリックする。


 3.1.2 マップインフォレイヤの読み込み
                     「レイヤ」
 マップインフォのレイヤを読み込むためには、    メニューから「ベクタレイヤの追加」を選択するか、
または「ベクタレイヤの追加」ツールバーボタンをクリックします。3.1.1 のシェープファイルと同じように、
「ベクタレイヤを開く」ダイアログが表示されるので、ファイルの種類フィルターをマップインフォ
(*.mif,*.tab,*.MIF,*.TAB)に変更し、読み込もうとするレイヤを選択してください。


 3.1.3 アークインフォ カバレッジの読み込み
 アークインフォで使用されるカバレッジ形式のファイルの読み込みも、シェープファイルやマップインフ
ォレイヤと同じ方法で行うことができます。ベクタレイヤの追加ツールバーボタンをクリックして「ベクタ
レイヤを開く」を表示します。ここでカバレッジが置いてあるディレクトリを指定し、以下のいずれかのファ
イルを選択します。
  1. .lab --- ラベルレイヤ(ポリゴンラベル、スタンドポイント)の読み込み

                              16
QGIS ユーザーガイド                                         Version0.7
  2. .cnt --- ポリゴン中心レイヤの読み込み
  3. .arc --- アーク(ライン)レイヤの読み込み
  4. .pal --- ポリゴンレイヤの読み込み




                       図 4-3 シェープファイルの表示例




  3.2 PostGIS レイヤ
 PostGIS レイヤは PostgreSQL データベースに保存されています。PostGIS の優れた点は、空間インデッ
クス、フィルター、および検索機能の性能です。PostGIS を使うことによって、QGIS では OGR の他のレイヤ
以上に、属性の検索や座標の指定といったベクトルデータの作業を間違えなく行うことができます。


PostGIS レイヤーを使用するために、以下の操作を行う必要があります。
  1.PostgreSQL データベースと QGIS とのストアド接続の作成(初回のみ)
  2.データベースへの接続
  3.地図に追加するレイヤの選択
  4.レイヤから読み込む属性を指定する SQL の作成(任意)
  5.レイヤの読み込み


        3.2.1 ストアド接続の作成
     PostGIS データソースを使うためには、まず最初にデータが登録された PostgreSQL データベー
     スへの接続を作成しなければなりません。では最初に PostGIS レイヤの追加」
                             「               ツールバーをクリ
ックしてください。 PostGIS テーブルの追加」
        「                 ダイアログが表示されます。このダイアログで「新規」ボタン
    「新規 PostGIS 接続を作成」
を押すと、                 ダイアログ表示されます。データソースへの接続を作成するために必

                                 17
QGIS ユーザーガイド                                                   Version0.7

要なパラメータを表 4-1 に示します。




                            表 4-1 PostGIS 接続パラメータ


  名称               接続名。通常はデータベース名と同一です。
  ホスト              データベースのホスト名です。     この名称は telnet や ping で接続する時に使われ
                   る場合と同じように、アドレスが解決可能な名称でなければなりません。
  データベース           データベース名。
  ポート              PostgreSQL データベースのポート番号です。デフォルトでは 5432 です。
  ユーザ名             データベースにログインするユーザ名。
  パスワード            データベースに接続するための、上のユーザ名に対応するパスワード。



               「接続テスト」
 パラメータをすべて入力した後、      ボタンで接続を確認することができます。接続情報とパス
ワードを保存するためには、パスワード保存オプションをチェックしてください。

Tip5 QGIS でのユーザ設定とセキュリティ
QGIS での設定情報は、オペレーティングシステムごとに異なる方式で保存されます。Linux/Unix にお
いては、   設定情報はホームディレクトリの.qt/qgisrc に保存されます。  Windows の場合はレジストリに登
録されます。     お使いのコンピュータの環境によっては、    QGIS の設定で登録されるパスワード情報がセキ
ュリティ上、危険になる可能性があります。




 3.2.2 PostGIS レイヤの読み込み
 PostgreSQL への接続を作成するとレイヤを読み込むことができます。ただし、当然のことですが
PostgreSQL にはデータが登録されていなければなりません。データベースへのデータのインポートについ
ては 3.2.5 で詳しく説明します。


 PostGIS のレイヤを読み込むには、次の手順を実行してください。
  1. PostGIS レイヤ」
   「             ダイアログが開いていない場合は、 PostGIS レイヤの追加」
                                「                ツールバーをクリック
   してください。
  2.ドロップダウンリストから PostgreSQL の接続先を選択し、「接続」ボタンをクリックしてください。
  3.利用可能なレイヤのリストに、追加したいレイヤを探します。
  4.一覧リストから 3.のレイヤをクリックします。シフトキーを押したままクリックすることで、複数のレ
   イヤーを選択することもできます。レイヤをさらに細かく指定するための PostgreSQL クエリービル
   ダーの使い方については 3.2.3 に示します。
  5.地図にレイヤを追加するために、「追加」ボタンを押します。



Tip6 PostGIS レイヤ




                                    18
QGIS ユーザーガイド                                           Version0.7
通常、PostGIS レイヤは、geometry_columns テーブルのエントリとして定義されています。QGIS の現
在のバージョン 0.7 では、  geometry_columns テーブルにエントリを持たないレイヤも読み込むことが
できます。  これにはテーブルとビューも含みます。           空間ビューを作成すると、データの視覚化において
強力な手段となります。




 3.2.3 クエリービルダーの使い方
 PostgreSQL クエリービルダーでは、テーブルのサブセットを定義して QGIS のレイヤに追加することが
できます。例えば、
        「町」のレイヤと「人口」の属性があった場合に、クエリービルダーの SQL ボックスに人口
> 100000 と入力して、大きな町だけを表示させることができます。 図 4-4 には、クエリービルダーで
PostgreSQL のレイヤからデータの選択をおこなっている例を示しています。


                    図 4-4 PostgerSQL クエリービルダー




 クエリービルダーの左側のリストボックスには、レイヤのデータベースフィールド一覧が表示されます。
「サンプル」ボタンをクリックすることで、選択されたフィールドに含まれるデータの一部を取得することが
できます。ここで取得される値は、データベースに登録されているデータのうち重複レコードを含めない先
頭の 25 個の値が表示されます。
                   「すべて」
 すべてのデータを表示させたい場合には、    ボタンを押してください。検索を行うフィールドと値
が決まったらダブルクリックしてください。検索条件を作成するために、他の多くのボタンをつかうことも
できます。また SQL ボックスに直接 Where 句を入力することもできます。


              「テスト」
 検索結果を確認するためには、    ボタンを押してください。そのレイヤに含まれるレコード数が返
されます。この結果が正しい場合は OK ボタンを押してください。レイヤ一覧の SQL カラムに SQL の条件

                              19
QGIS ユーザーガイド                                            Version0.7

文を表示されます。

Tip7 レイヤ定義の変更
レイヤを定義する SQL 文を変更することで、レイヤの読み込みが完了した後でもレイヤ定義を変更す
ることができます。  これを行うために、「レジェンドウィンドウ」でレイヤをダブルクリックして「ベク
タレイヤプロパティ」  ダイアログを表示させ、クエリービルダボタンを押すことにより「一般」タブを開
きます。さらに詳しい情報は 4.3 節を見てください。




     3.2.4 PostgreSQL レイヤについての補足
 この節では、QGIS がどうやって PostgreSQL レイヤに接続をおこなっているか、もう少し詳しく説明しま
す。ほとんどの場合、QGIS は単純に読み込まれた(もしくは要求にしたがって読み込まれた)データベー
スのテーブルリストを提供します。しかし、PostgreSQL のテーブルを QGIS に読み込んでいるときに何か
トラブルが発生した場合、QGIS はあなたの手助けとなるメッセージを表示し、PostgreSQL のテーブル、ま
たはビュー定義を QGIS が読み込めるように変更するよう促します。


 QGIS を使うにあたって、PostgreSQL のデータはレイヤを一意に特定するキーとなるカラムが必要です。
テーブルの場合は、一般的に言われる主キー、またはユニークキー制約が付与されたカラムが必要です。さら
に、このカラムは4バイト整数型のカラムでなければなりません。                oid
                              もしこれらのカラムが無い場合は、 カ
ラムを使ってください。これらのカラムにインデックスが作成されていた場合、パフォーマンスが向上しま
す。(なお、PostgreSQL の場合、主キーには自動的にインデックスが作成されます)


 PostgreSQL レイヤがビューの場合は、テーブルの場合と同じ制限があります。しかし、ビューは主キーと
一意キー制約のどちらも作成することはできません。この場合、QGIS はビューのカラムからテーブルのカ
ラムとして使えそうなカラムを探します。もしひとつも見つからない場合は、QGIS はレイヤを読み込むこ
とができません。この場合の解決策は、ビューの定義を変更して適切なカラムを含むようにすることです。
(int4 型であり、かつ主キーまたは一意キー制約付きなカラム。また、できればインデックスが作成されてい
ることが望ましい。)


     3.2.5 PostgreSQL へのデータインポート
 PostgreSQL へのデータのインポートを行う方法はいくつかあります。PostGIS には、shp2pgsql と呼ばれ
るユーティリティがありますが、これはシェープファイルを PostGIS のデータベースにインポートするも
のです。例えば lakes というシェープファイルを PostgreSQL の gis_data というデータベースにインポート
を行う場合、以下のコマンドを実行します。
 shp2pgsql -s 2964 lakes.shp lakes_new |psql gis_data
 これで、gis_data というデータベースに lakes_new という名前で新しいレイヤが作成されます。この新し
いレイヤは空間参照識別子( SRID)が 2964 となります。空間参照識別子とプロジェクション(投影)機
能については 5 で詳しく説明します。


      QGIS は SPIT(シェープファイルから PostGIS へのインポートツール)と呼ばれるプラグインを
      使うことができます。SPIT は複数のシェープファイルを一度に読み込むことができ、スキーマにつ

                                              20
QGIS ユーザーガイド                                                   Version0.7

いても対応しています。SPIT を使うには、ツール」
                     「    メニューから「プラグインマネージャー」ダイアログを開
き、SPIT プラグインの隣にあるチェックボックスをオンにします。その後 OK を押すと SPIT アイコンがプ
ラグインツールバーに追加されます。


 シェープファイルのインポートを行うために、ツールバーの SPIT ツールをクリックして SPIT」
                                            「     ダイアロ
グを開いてください。追加ボタンをクリックして複数のファイルをまとめて追加することができます。続け
てインポートボタンを押してください。シェープファイルが読み込まれるにしたがって、エラーやワーニン
グを含む処理の進捗状況が表示されます。

Tip8 PostgreSQL の予約語を含むシェープファイルのインポート
PostgreSQL データベースの予約語と一致するフィールド名を持つシェープファイルが追加された場
合、 それぞれのフィールドの状況がポップアップウィンドウで表示されます。    この場合、フィールド名
を変更することで、     インポートを行うことができます。フィールドが予約語と同じ名前のままでシェー
プファイルのインポートを行うと、ほとんどの場合失敗します。




  3.2.6 パフォーマンスの向上
 PostgreSQL データベースからデータを取得する際の問題点は、特にネットワークを経由した場合に時間
がかかることです。しかし、データベースのレイヤに空間インデックスを作成することにより、PostgreSQL
レイヤの描画速度を向上することができます。PostGIS は GiST(一般的な検索ツリー)インデックスの作成
をサポートしており、空間データの検索速度を向上することができます。


GiST インデックス作成の構文は次のとおりです。


 CREATE INDEX [インデックス名] ON [テーブル名]
     USING GIST ( [geometry フィールド] GIST_GEOMETRY_OPS);


 サイズが大きいテーブルの場合、インデックスの作成には時間がかかることに注意してください。インデ
ックスが作成できたら、VACUUM ANALYZE を実行してください。PostGIS のドキュメントにはさらに詳
しい情報があります。


次に GiST インデックスを作成する例を示します。
  
  gsherman@madison:~/current$ psql gis_data
   Welcome to psql 8.0.0,the PostgreSQL interactive terminal
   Type:   /copyright for distribution terms
       /h for help with SQL commands
       /? for help with psql commands
       /g or terminate with semicolon to execute query
       /q to quit
   gis_data=# CREATE INDEX sidx_alaska_lakes ON alaska_lakes

                                               21
QGIS ユーザーガイド                                            Version0.7
  gis_data-# USING GIST (the_geom GIST_GEOMETRY_OPS);
  CREATE INDEX
  gis_data=# VACUUM ANALYZE alaska_lakes;
  VACUUM
  gis_data=# /q
  gsherman@madison:~/current$


  3.3 ベクタレイヤプロパティダイアログ
「ベクタレイヤプロパティ」ダイアログでは、レイヤ、シンボル図形の設定、ラベルオプションの設定を確認
することができます。PostgreSQL/PostGIS データベースから既にベクタレイヤを読み込んであれば、その
レイヤを指定した SQL を「一般」タブから手作業で変更したり、クエリービルダーを表示して「一般」タブか
               「
ら変更したりすることができます。 ベクタレイヤプロパティ」              「
                             ダイアログを表示するためには、 レジェンド
ウィンドウのレイヤをダブルクリックするか、レイヤを右クリックして表示されるポップアップメニューか
ら「プロパティ」を選択してください。




                         図 4-5 ベクタレイヤプロパティダイアログ




 3.3.1 ベクトルシンボル
 QGIS はベクトル図形の描画に使用するための多くのシンボル図形をサポートしています。現在は、以下の
凡例タイプが利用可能です。
 ・共通シンボル-レイヤのすべての地物に対して同一のシンボルが適用されます。
 ・目盛付きシンボル-特定のフィールドの値によって、レイヤ内の地物が異なったシンボルで区別され
          ます。
 ・連続色シンボル-指定したフィールドの数値によって、レイヤ内の地物が色調の変化で表現されます。
 ・固有値シンボル-各フィールドの値に応じて異なったシンボルを設定し、地物が区別されます。

                                       22
QGIS ユーザーガイド                                                                Version0.7


 またポイント図形を含むレイヤの場合、 SVG アイコンを使うことによって以下の凡例タイプも利用可能
です。
 ・共通マーカー-レイヤのすべてのポイント図形に対して、同一のアイコンが使用されます。
 ・目盛付きマーカー-レイヤのポイント図形が、個々のフィールドに格納された値に応じて設定されたア
           イコンで表示されます。
 ・固有値マーカー-各フィールドの値に応じて異なったアイコンを設定し、ポイント図形が区別されます。


                         「レジェンド」
 あるレイヤに対するシンボル図形を変更するためには、      ウィンドウでレイヤをダブルクリッ
クして、「ベクタレイヤプロパティ」ダイアログを表示してください。


   3.4 属性アクション
 QGIS は、地物の属性に対してアクションを設定することができます。例えば、地物の属性で定義された値
によって任意のプログラムを実行したり、Web 帳票ツールにパラメータを渡したりすることができます。


 アクションは、外部アプリケーションを頻繁に実行したり、ベクタレイヤの値によって Web ページを表示
したりする場合には、非常に使いやすいものです。ひとつの例として、属性の値によって検索を実行すること
もできます。この機能について次の節でさらに詳しく説明します。


  3.4.1 アクションの定義
 属性アクションは「ベクタレイヤプロパティ」ダイアログで定義できます。アクションを定義するために、
「ベクタレイヤプロパティ」        「アクション」
             ダイアログを開き、      タブをクリックしてください。作成するアクシ
ョンに対して任意の名前をつけましょう。アクションは、その名前に対してアクションから実行されるアプ
リケーションの名前を含まなければなりません。アプリケーションに渡す引数として、1つ以上の属性フィ
ールドを設定することができます。            %
                アクションが起動する際、 に続くフィールド名は、そのフィールドの値
に置き換えられます。特殊文字%%は選択されたフィールドの値に置き換えられます(詳しくは次節のアク
ションの使い方を参照してください)。ダブルクォート(")で囲まれた文字列はグループ文字として扱わ
れ、プログラム、スクリプト、またコマンドに対して、1つの引数として渡されます。なおバックスラッシュ
(/)の直後にダブルクォートがある場合、そのダブルクォートは無視されます。


アクションについて、以下の2つの例を見てみましょう。
 1.konqueror http://www.google.com/search?q=%nam
 2.konqueror http://www.google.com/search?q=%%


 最初の例の場合、konqueror という Web ブラウザが起動され、指定された URL を開きます。この URL は、
ベクタレイヤから nam フィールドの値を取得し、この値を Google で検索した結果を返します。アクション
によって起動されるアプリケーションやスクリプトは、フルパスで指定しなければなりません。最初の例の
場合では、起動ファイル名をフルパスで指定し
 「/opt/kde3/bin/konqueror http://www.google.com/search?q=%nam」(Linux の場合)
と記述します。これでアクションが起動した場合には konqueror ブラウザが確実に起動します。2 つめの例

                                           23
QGIS ユーザーガイド                                                                Version0.7

は %%」
 「   表記を使用していますが、この場合は、対象となる値を特定のフィールドに特定しません。アクショ
ンが起動したとき、%%は検索結果や、属性テーブルから選択されたフィールドの値に置き換えられます。


    3.4.2 アクションの使い方
       「
 アクションは、 検索結果」ダイアログ、または「属性テーブル」ダイアログから実行することができます。あ
るアクションを実行するためには、上のダイアログで行を右クリックし、ポップアップメニューから、実行し
たい「アクション」を選択してください。ポップアップメニューに表示されるアクションは、アクションを定
義した際の名前順に表示されます。ここで実行したいアクションをクリックしてください。
 %%表記を用いてアクションを実行する場合には、 検索結果」
                       「      ダイアログや「属性テーブル」ダイアログで、
アプリケーションやスクリプトに渡したいフィールドの値を右クリックしてください。


 ここで、bash シェルと'echo'コマンドを使って、ベクタレイヤから値を取り出し、さらにファイルへ出力す
る方法を示しましょう(ただし、Gnu/Linux と、おそらく Max OS X でしか使えません)。対象とするレイ
ヤは、属性名(taxon_name),緯度(lat),経度(long)に対応するフィールドを持っているとします。さて、あ
る領域を指定して、これらのフィールドの値をテキストファイルに選択した行のみ(QGIS では黄色で示され
る領域)出力する場合には、以下のようにアクションを登録します。


 bash -c "echo \"%taxon_name %lat %long\" >> /tmp/species_localities.txt"


 いくつかの地域を選択すると、それぞれについてアクションが実行され、出力されたファイルには以下の
内容が出力されます。


    Acacia mearnsii -34.0800000000 150.0800000000
    Acacia mearnsii -34.9000000000 150.1200000000
    Acacia mearnsii -35.2200000000 149.9300000000
    Acacia mearnsii -32.2700000000 150.4100000000


    3.5 空間データの編集
 QGIS は空間データの編集を行う基本的な機能を備えています。ただし、これから先を読み進める前に、現
在の編集機能はまだ開発中のであることに注意してください。編集機能を使う前に、かならず編集作業を行
うデータのバックアップを作成してください。
 
 Note-GRASS レイヤを編集する機能については、話は別です。詳しくは 7.4 節を参照してください。


    3.5.1 既存レイヤの編集
 既存のレイヤを編集する場合には、そのレイヤを「レジェンド」ウィンドウから右クリックして表示される
コンテキストメニューから、編集の開始を選択してください。編集をはじめる前にバックアップを作成する
                          「
ことを忘れないでください!レイヤが編集モードになると、 レジェンド」ウィンドウに小さな                                   アイコンが
表示されます。



                                              24
QGIS ユーザーガイド                                    Version0.7
               QGIS をデジタイズモードに切り替えるために、
 さてレイヤが編集可能になると、                       ツールバーに表示される
「ポイントのキャプチャー」アイコン(または、ラインやポリゴンレイヤに対応する同様のアイコン)を使う
ことができます。ポイント図形を取得したい場合は、パンや拡大・縮小を使って編集を行う地域を探索し、そ
れからポイントのキャプチャーをクリックしてマップエリアに新しいポイント図形を追加することができ
ます。その後、属性を設定するウィンドウが表示されます。 4-6 には南極大陸の架空の都市に対して、
                           図                     属性
を設定している画面を示します。


 現在の実装では、属性ダイアログボックスでは、入力された値がデータ型に一致するかどうかの判断を行
っていません。OK ボタンを押す前には、このことに十分注意してください。


 地物を削除するためには、選択ツールで選んだ後、編集ツールから「選択対象を削除」を選択してください。


地物の追加を終了するには、レイヤのコンテキストメニューから「編集の中止」      「はい」
                                    を選択します。   を選択
すると変更内容がディスクに保存され、また「いいえ」を選択すると編集内容が破棄されます。




                図 4-6 ベクタ図形デジタイズ属性キャプチャーダイアログ




 3.5.2 新しいレイヤの作成
                        「レイヤ」
 編集を行うために新しいレイヤを作成する場合には、    メニューから「新規ベクタレイヤ」を選択し
     こうして表示される新規ベクターレイヤダイアログを、 4-7 に示します。
てください。                        図          このダイアログでは、
レイヤの種類(ポイント、ライン、ポリゴン)が選択できます。                「追加」
                             新規レイヤの作成を完了するために、
ボタンを押し、さらに属性の名称と種別を指定して属性を追加してください。属性の種別としては、実数、整
数、文字列だけがサポートされています。              OK
                   属性の設定に問題がなければ、 ボタンを押してシェープファイ
ルに名前をつけてください。QGIS は個々で指定した名称に対して自動的に.shp の拡張子を付加します。レ
イヤが作成されると、地図にも追加され 3.5.1 節で説明した方法で、編集することができます。



                             25
QGIS ユーザーガイド                                    Version0.7

                  図 4-7 新規ベクタダイアログの作成




QGIS は、まだ 2.5 次元の地物(x,y,z 座標系での地物)や計測地物の作成をサポートしていないことに注
意してください。この場合、シェープファイルが作成されるだけです。QGIS の将来のバージョンでは、OGR
や PostgreSQL レイヤで使用されているすべての型がサポートされる予定です。




                          26
QGIS ユーザーガイド                                           Version0.7


第4章ラスタデータ
QGIS は多くのラスタデータフォーマットをサポートしています。この章では、QGIS でのラスタデータの
扱い方について説明します。


  4.1 ラスタデータとは
索引がつけられたラスタのことです!GIS においてラスタデータとは、地球の表面上、または地上・地下
に存在する地物を示す、区切られた格子からなる升目状のデータを意味します。ラスタを形作る個々の格子
(セル)の大きさは同一であり、通常、四角形です(QGIS においては常に四角形です)。典型的なラスタデ
ータには、航空写真や衛星写真のようなリモートセンシングデータや、高度マトリックスのようなモデル化
されたデータがあります。
ベクタデータとは異なり、ラスタデータは、通常それぞれのセルがデータベースに関連付けられることは
ありません。
GIS においてラスタレイヤは正確な位置の特定が可能な地理参照データであり、他のベクタレイヤやラス
タレイヤに重ねて地図上に表示することも可能です。QGIS ではラスタの地理参照データを、扱いやすいよ
うに画面に表示することができます。


  4.2    QGIS でサポートされるラスタフォーマット
QGIS は数多くのラスタフォーマットをサポートしています。現時点においてテストが行われたラスタフ
ォーマットは以下のとおりです。
 . Arc/Info バイナリグリッド
 . Arc/Info アスキーグリッド
 . Grass ラスタ
 . GeoTIFF
 . Spatial Data Transfer Standard Grids(使用にあたっては制限付)
 . USGS ASCII DEM
 . Erdas イメージ


QGIS でのラスタフォーマットの実装は、GDAL ライブラリに基づいているので、GDAL ライブラリで実
装されているフォーマットについては、ほぼ動くと思われます。しかし、まだ十分にはテストが行われていな
いものもあります。さらに詳しい情報については付録 A.2 を参照してください。


  4.3 QGIS でのラスタデータの読み込み
        ラスタレイヤを読み込むためには、[ラスタの読み込み]アイコンをクリックするか、[レイヤ]メニュ
        ーから[ラスタレイヤの追加]を選択してください。複数のレイヤを同時に読み込むためには、ファイ
ルダイアログで Ctrl キーを押しながら対象のファイルを選択してください。


  4.4 ラスタプロパティ
                             「
ラスタレイヤのプロパティを表示したり設定したりするためには、 レジェンド」ウィンドウでレイヤ名を右
クリックしてください。選択していたラスタレイヤに関するコンテキストメニューが表示され、以下の項目

                                   27
QGIS ユーザーガイド                                 Version0.7

を選択することができます。
  ・選択されたラスタレイヤの全体図表示
  ・概略図ウィンドウへのラスタの表示
  ・プロパティダイアログの表示(当たり前ですが)
  ・地図からのレイヤ削除
  ・スライダーコントロールによる透明度の設定


 任意のラスタレイヤについてラスタプロパティダイアログを開くためには、コンテキストメニューから
[プロパティ]を選択してください。 5-8 にプロパティダイアログを示します。
                 図                           「シンボル」
                                       このタブには、     、
「一般」 メタデータ」 ピラミッド」 ヒストグラム」 5つのタブがあります。
    、
    「      「
           、      、
                  「       」           (訳注:[ヒストグラム]につ
いては原文に記述なし)




                   図 5-8 ラスタレイヤのプロパティダイアログ




  4.4.1 シンボルタブ
QGIS は3種類の形式のラスタレイヤをサポートしています。
 ・シングルバンドグレイスケールラスタ
 ・パレットベース RGB ラスタ
 ・マルチバンド RGB ラスタ


これらの3つの基本的なレイヤ形式から、シンボルに関して以下の 8 種類の形式を使用することができます。
  1.シングルバンド グレイスケール
  2.シングルバンド 擬似カラー
  3.パレット グレイスケール(表示されている画像の、赤、緑、青の要素の部分のみ)
  4.パレット 擬似カラー(表示されている画像の、 緑、
                          赤、 青の要素の部分のみ。ただし、擬似カラーアル
          ゴリズムが使用されます)

                             28
QGIS ユーザーガイド                                  Version0.7
 5.パレット RGB
 6.マルチバンド グレイスケール(表示されている画像について、単一のバンドのみ使用できます)
 7.マルチバンド 擬似カラー(擬似カラーで表示されている単一のバンドのみ使用できます)
 8.マルチバンド RGB(3 種類のバンドの組み合わせが使用できます)


QGIS ではレイヤのカラーマップを反転させることもできます。この場合、明るい色は暗くなります(逆に、
明るい色は暗くなります)。
[カラーマップを反転]チェックボックスを使って、この機能のオン/オフを切り替えることができます。
また QGIS は画面に表示させるセルを、レイヤの標準偏差の値によって制限することができます。この機
能は、あるラスタを描画させる際、強弱が弱いラスタグリッドに、1つか2つの異常に強い値をもつセルが含
まれている場合に有効です。この機能は、擬似カラーの画像に対してのみ使えます。


 4.4.2 一般タブ
「一般」タブでは、選択されたラスタに対して基本的な設定情報を表示します。このタブでは、レイヤソース
(元画像のファイル)、レジェンウィンドウでの表示名(修正することもできます)なども表示されます。
また、レイヤのサムネイル、凡例シンボル、パレットも表示されます。


 4.4.3 メタデータタブ
「メタデータ」タブでは、現在のラスタレイヤに対するバンドごとの統計など多くの情報が表示されます。
バンド統計は”知りたいものだけ”を収集するポリシーであるため、対象としているレイヤの情報が不正確
な場合もあります。

Tip9 ラスタ統計の収集
あるレイヤについて統計の収集を行うためには、   擬似カラーレンダリングを選択して、  適用ボタンを押
してください。  この処理には時間がかかります。QGIS がデータの調査を終わらせるまでは、我慢してあ
げてください。




 4.4.4 ピラミッドタブ
高解像度のラスタレイヤを扱うと QGIS の動作が遅くなります。しかし低解像度のコピー(ピラミッド)
を作っておくと、QGIS が表示縮尺にあわせて最適な解像度を選択してくれるため、パフォーマンスを改善
することができます。
ピラミッドを作成する際には、元データに書き込みが行われるため、ディレクトリには書き込み可能な権
限が必要です。もし、”ピラミッドがない”バージョンのラスタを保存しておきたい場合には、ピラミッドを
作成する前に必ずバックアップを作成してください。




                        29
QGIS ユーザーガイド                                         Version0.7


第5章プロジェクション(投影法)

 QGIS はベクタレイヤでのオンザフライプロジェクション機能をサポートしています。この機能を使うこ
とで、座標系が異なる複数のレイヤを重ねて表示することができます。


  5.1 プロジェクション機能の概要
 QGIS では、約 2700 の一般的なプロジェクションをサポートしており、QGIS と共にインストールされる
Sqlite のデータベースに登録されています。通常は、QGIS のユーザがこのデータベースを直接操作する必
要はありません。そのような操作を行うと、プロジェクション機能が正常に動作しなくなる場合があります。
またカスタムプロジェクションは、ユーザデータベースに登録されます。カスタムプロジェクションの管理
については、5.3 節を参照してください。


 QGIS で利用できるプロジェクションは EPSG の定義に基づいており、PostGIS バージョン 1.1 の空間参
照テーブルからは分離されています。QGIS での一意キーは、EPSG や PostGIS の空間参照の一意キーとは
異なることに注意してください。EPSG と PostGIS の一意キーはデータベース内に登録されており、QGIS
のプロジェクションを指定するために使用されます。


 オンザフライプロジェクションを使うためには、座標系についての情報が必要です。PostGIS レイヤに対
して、QGIS はそのレイヤが作成される時に指定された空間参照キーを使用します。OGR によってサポート
されるデータに対しては、座標系を指定するフォーマットに依存しています。シェープファイルの場合、座標
系の WellKnownText(WKT)仕様を含んでいることを意味しています。プロジェクションファイルは、シェー
プファイルと同一の名称を持ち拡張子は .prj となります。例えば、シェープファイルのファイル名が
lakes.shp の場合、対応するプロジェクションのファイル名は、lakes.prj となります。


  5.2 はじめに
 QGIS の起動直後は、オンザフライ(On-the-Fly 'OTF')プロジェクションは使うことができません。OTF
              「
プロジェクションを使うために、 設定」メニューから「プロジェクトのプロパティ」        「
                                       ダイアログを開き、 投影
法」タブの「オンザフライ投影を有効にする」チェックボックスをオンにしなければなりません。プロジェク
トのプロパティダイアログを開くには、2つの方法があります。
 1.「設定」メニューから「プロジェクトのプロパティ」を選択する。
 2.ステータスバーの右下にある、「プロジェクタ」アイコンをクリックする。


Tip10 「プロジェクトのプロパティ」ダイアログ
「設定」メニューから「プロジェクトのプロパティ」ダイアログを開いた場合、プロジェクション(投影法)
の設定を確認するために 「投影法」                「プロジェクタ」
                 タブをクリックする必要があります。       アイコンからダ
イアログを開いた場合は、自動的に「投影法」タブが表示されます。



「プロジェクトのプロパティ」ダイアログは、 6-9 に示される4つの重要なコンポーネントを含んでいま
                     図
す。それぞれのコンポーネントについて、以下に説明します。

                             30
QGIS ユーザーガイド                                       Version0.7




          図 6-9 「プロジェクトのプロパティ」ダイアログ(画面は OS X の例)




 1.「オンザフライ投影を有効にする」チェックボックス
    このチェックボックスは、OTF プロジェクションを有効化/無効化するために使用されます。オフ
  にした場合、プロジェクション機能は実行されずデータソースから読み込んだ座標系で各レイヤが描
  画されます。オンにした場合は、各レイヤの座標系が、マップキャンバスの座標系に投影されます。
 2. プロジェクション(投影法)一覧
    QGIS でサポートされるすべてのプロジェクション(投影法)を一覧で示しており、Geographic や
  Projected、またカスタム座標系も含んでいます。ある座標系を選択するためには、リストを選択して展
  開されるノード(下部ツリー)からプロジェクションを選択します。
 3.Proj4 テキスト欄
    Proj4 プロジェクションエンジンで使用されるプロジェクションの説明です。この欄は読み取り専
  用であり、情報の確認にのみ提供されます。
 4.検索ボックス
    PostGIS や EPSG でのプロジェクションの一意キーがわかっている場合は、その値を使用して検索
  をおこなうことができます。一意キーを入力して検索ボタンを押してください。


 5.2.1 プロジェクションの指定
QGIS は地図を表示する際のプロジェクションを、最初に読み込まれたレイヤの座標系にあわせて自動的
に設定します。地図のプロジェクションを指定するひとつの方法は、最初に読み込まれるレイヤに対してプ
ロジェクションを設定することです。      「プロジェクトの設定」
                 そのためには、                  「オンザフラ
                                  ダイアログを開き、
イ投影を有効にする」                「
          チェックボックスをクリックします。 プロジェクトの設定」ダイアログを閉じて、地図
にレイヤを追加してください。


レイヤを追加した後で OTF プロジェクションを有効にしたい場合は、「プロジェクトの設定」ダイアログ

                           31
QGIS ユーザーガイド                                                                       Version0.7

を開き、プロジェクションの一覧から使用したいプロジェクションや地理座標系を探してください。または、
前の節で説明したように検索機能を使ってください。


     5.3 カスタムプロジェクション(カスタム投影法)
もし、あなたが必要としているプロジェクションが QGIS にない場合、カスタムプロジェクションを作成
することができます。                 「設定」
          プロジェクションを作成するためには、   メニューから「カスタム投影法」を選択
してください。カスタムプロジェクションは、QGIS のユーザデータベースに登録されます。作成したカスタ
ムプロジェクションを追加すると、データベースには空間ブックマークと他のカスタムプロジェクションに
必要な情報が登録されます。


QGIS バージョン 0.7 でカスタムプロジェクションを作成するためには、 Proj.4 プロジェクションライブ
ラリについて、十分理解しておく必要があります。まず最初に、
「to Cartographic Projection Procedures for the UNIX Environment User's Manual
      by Gerald I. Evenden, U.S. Geological Survey Open-File Report 90-284, 1990
      (ftp://ftp.remotesensing.org/proj/new_docs/OF90-284.pdf から取得可能です)
に目を通してください。このマニュアルでは、proj の使い方と、関連するコマンドラインユーティリティーに
ついて説明されています。proj で使用されているカルトグラフィック(地図作成)パラメータは、QGIS で
使われているものと全く同じです。


「カスタム投影法定義」ダイアログでユーザ定義のプロジェクションを作成するためには、2つのパラメー
           2
タ( 1)名称の記述、 )カルトグラフィックパラメータ)だけが必要です。新しくプロジェクションを作成
する場合は、新規ボタンをクリックし、名称と投影法パラメータを入力します。 6-10 には、
                                    図        プロジェクシ
ョンの作成例を示しています。ここで示されているパラメータは、プロジェクションの情報に基づいて入力
されています。この情報は OF90-284 で見つけることができます。


作成したプロジェクションのパラメータが正しいかどうかは、テストタブをクリックし、パラメータ入力
欄に作成したプロジェクションパラメータの値を貼り付けて、その結果表示される結果が全く同じになるか
をテストすることができます。また WGS84 の緯度・経度を、それぞれ北と東の入力欄に入力してください。
計算ボタンをクリックすると、作成した座標系の値と、あらかじめ調べておいた値を比較することができま
す。


                   図 6-10 「カスタム投影法定義」ダイアログ(画面は OS X の例)




                                              32

								
To top