Your Federal Quarterly Tax Payments are due April 15th Get Help Now >>

授業科目名 (英語名) 臨床心理査定演習Ⅱ (Psychological assessment by whitecheese

VIEWS: 22 PAGES: 1

									 授業科目名       臨床心理査定演習Ⅱ (Psychological assessment II)
     (英語名)
     担当教員    中里克治(社会福祉学研究科)
     (所属)
     教育課程    社会福祉学研究科・専門科目 演習・実習(専門Ⅲ)
     開講年次    1年後期
     授業形態    演習                単位数       2             必修・選択   選択科目
     資格対応    臨床心理士
              質問紙法を中心とするパーソナリティ検査について学ぶ。また、DSMなどの臨床評価法に
             ついても学ぶ。その中で人間を多面的に理解する方法としての査定法とその臨床への応用の
             意義を学んでゆく。臨床での査定はクライエントの理解と状態の把握、基本的パーソナリティと
授業のねらい・概要
             病理の理解、心理療法の効果測定など、多岐にわたる目的で行われるが、個々の心理検査
             の学習と理解から、それぞれの特徴と限界を知る。


              代表的な質問紙法によるパーソナリティ検査を学ぶ。また、心理臨床における査定の進め方
     学修目標    とその意義を理解し、テストバッテリーの組み方についても一定に理解を得られるようにする。


              MMPI、MPI、YG性格検査、EPPS、エゴグラム、各種不安検査と抑うつ検査などの標準化
             の過程と実施法および解釈。DSM-IV の考え方と実施法。臨床心理査定の考え方。テストバッ
             テリーの考え方などについて学ぶ。
 授業の計画




             随時、プリントや検査要旨を配布し、教材とする。
 テキスト教材等


             演習
 授業の形式

             レポート
成績評価の方法


履修にあたっての留
意点


      備考

								
To top