Docstoc

授業科目名 (英語名) 臨床心理査定演習Ⅰ (Psychological (PDF)

Document Sample
授業科目名 (英語名) 臨床心理査定演習Ⅰ (Psychological (PDF) Powered By Docstoc
					 授業科目名       臨床心理査定演習Ⅰ
     (英語名)   (Psychological Assessment Ⅰ)
     担当教員    山田 幸恵
     (所属)    (福祉臨床学科)
     教育課程    社会福祉学研究科・専門科目 演習・実習(専門Ⅲ)
     開講年次    1年前期
     授業形態    演習                  単位数        2       必修・選択      選択科目
     資格対応    臨床心理士
              心理臨床における心理査定の歴史、心理査定の役割、またさまざまな心理査定の方法につ
             いて学び、それらの査定の理論的オリエンテーションを知る。また、実証に基づく臨床心理学
授業のねらい・概要
             (evidence based clinical psychology)に基づき、心理査定の倫理、各種査定法の信頼性と妥当
             性について論じる。これらの基本的な事項を踏まえ、知能検査を中心に学ぶ。
              臨床心理学の実践においては、心理査定と心理療法が柱となっている。その 1 つである心理
     学修目標    査定の基礎的な理論を学び、実施方法を身につける。また、様々な査定法の長所と限界を知
             り、適切な査定技法を選択できる能力を身につける。
             第1回 心理臨床における査定の歴史、査定の意義と役割
             第2回 心理査定法の種類と理論的オリエンテーション
             第3回 観察法・面接法
             第4回 査定法の科学的根拠
             第5回 知能検査とは
 授業の計画       第6回~9回 ウェクスラー式知能検査
             第 10 回~11 回 ビネー式知能検査
             第 12 回 その他の知能検査
             第 13 回 神経心理学的検査
             第 14 回 行動分析と生態学的アセスメント
             第 15 回 総括
             随時、プリントや検査用紙を配布し、教材とする。
 テキスト教材等


             演習
 授業の形式


             実習レポート(50%)と期末レポート(50%)によって評価を行う。
成績評価の方法

             実際に心理検査を実施しレポートを課すため、授業への出席は必須である。

履修にあたっての留
意点



      備考

				
DOCUMENT INFO
Shared By:
Categories:
Stats:
views:28
posted:3/12/2010
language:Japanese
pages:1