授業科目名 (英語名) 食品有機化学(Food organic chemistry) 担当

Document Sample
授業科目名 (英語名) 食品有機化学(Food organic chemistry) 担当 Powered By Docstoc
					 授業科目名       食品有機化学(Food organic chemistry)
     (英語名)
     担当教員    千葉 俊之(生活科学科)
     (所属)
     教育課程    生活科学科食物栄養学専攻専門科目・基礎専門科目
     開講年次    1年前期
     授業形態    講義                 単位数      2    必修・選択   必修科目
     資格対応
              食品成分は、水を除けばそのほとんどが有機化合物で占められている。生体成分も有機化
             合物を抜きにしては考えることができず、有機化学の知識は、食品や生体に関わる科目の基
             盤となる。このような点を考慮し、講義では、有機化学全般にわたる基礎的内容を解説する。
授業のねらい・概要     有機化学を学習する上で必要とする最低限の化学に関する事項(原子、分子、原子量など)
             をまず解説する。次に、有機化合物の分類、構造、一般的な特徴に触れ、その後、各種の有機
             化合物について性質(特徴)、構造、反応などを説明する。


             ① 有機化合物とは何かを理解することができる。
             ② 有機化合物の分類、構造、一般的な特徴を知っている。
     学修目標    ③ 各種有機化合物の反応を理解することができる。
             ④ 立体化学を理解することができる。


             第1回         :有機化合物とは
             第2回・3回      :化学の基本的事項の説明
             第4回         :立体化学(構造異性体)
             第5回         :立体化学(立体異性体)
             第6回         :基本炭化水素(脂肪族炭化水素)
             第7回・8回      :基本炭化水素(芳香族炭化水素)
 授業の計画       第9回・10 回    :アルコール・エーテル・フェノール
             第 11 回      :カルボニル化合物
             第 12 回      :カルボン酸
             第 13 回      :アミン
             第 14 回      :アミノ酸・複素環式化合物
             第 15 回      :試験


             谷本・光永共著『生活科学からみた有機化学とその周辺』アイ・ケイコーポレーション
 テキスト教材等

             その日に講義する授業概要を書いたプリントを毎時間配布し、その内容に則して講義を進め
 授業の形式
             る。
             定期試験の成績で評価する。
成績評価の方法

履修にあたっての留
意点

      備考

				
DOCUMENT INFO
Shared By:
Categories:
Stats:
views:43
posted:12/18/2009
language:Japanese
pages:1