Docstoc

Greater Noida the emerging Drea

Document Sample
Greater Noida the emerging Drea Powered By Docstoc
					投機 グレーターノイダ及びタージ高速道路地域
: 受け手 :

日本ビジネス代表団
: 作成:

ウッタールプラデシュ州政府 (GoUP)

2008年2月18日(月)

1

一口メモ
エリア 236,286 平方 km
インドの国土の9%相当

人口
(2007年度推定 )

1億8670人
インドで最も人口が多い州。 インドの人口の16%に相 当。

州の国内総 生産
(2000)

US 430億米ドル

一人当たりの INR 10,817 収入
(2003-04の時価)

2

労働配分
2001年には

総労働力 主要な労働者 最低限の労働者数 労働参加率
その他 28.50%

: : : :

5300万9800人 3933万人 1465万人 32.48%

家内工業 5.61%

耕作 41.06%

農業 24.82%
3

州経済の重要な要素
一次 32%

三次 42%

二次 26%

州のGDP (2004) 現在の成長率

: :

US 809億米ドル 約10%

インドではマハラシュトラに次いで二番目の経済力。 イスラエル、スイス、香港といった世界的な経済大国よりも大きな経済力を有 しています
4

州国内生産 (GSDP)
US $ 100万
50000 43267 40000 30000 26562.25 20000 13876.5 10000 3888.5 0 1980 1985 1990 1995 2000 6937

5

州の接続性
 州の道路の全長は1,04,137 kmです。 3,912 kmの公道、 9,098 kmの州公道、 87,248 kmの重要な地域道 、91,127 kmの他の地域道、72,931 kmの地方道が含まれます。


  

州を接続する重要な公道としてNH 2、24、25、26、27、29、 45、58があります。
アグラ、カンプール、ラックノウ、バラナシ、アッラハバードに5 つの空港があります。 重要な公道及び線路が州の重要都市と港を接続しています。 豊富な人材プールとNCRの巨大消費市場へのアクセス。

6

州の政策: 州の産業成長に拍車をかけること
ウッタールプラデシュ州はITを経済成長の原動力にする政策を制定 しました。 産業開発、輸出、鉱物開発、技術、農業、映画、観光及びIT政策は 以下を目的としています:   推進力のある管理システム 産業を設立するリードタイムを軽減


 

官僚による妨害を取り除くこと
国際的に競争力のあるインフラを提供 産業が事業に集中するように障害を取り外す

7

インフラ政策: 州の支援枠組みのアップグレード
道路政策のもとで州政府は民間セクターが積極的に道路、橋、歩 行橋、高速道路及び公道の建設及びメンテナンスに関わることを推 進しています。 インドで初めて8700万米ドルの道路基金が設立され、世界水準の インフラ設備をアップグレードします。

州は民間セクターがインフラに関連した主要なプロジェクトに参入す ることが出来る実現可能性を測る研究をするためにインドで初めて210
万ドル相当のインフラ基金を設立しました。

8

電力セクター
ウッタールプラデシュは電力セクターにおける民間参与を推進して います。州はグレーターノイダでの流通を民営化するインドで初めて の州のうちのひとつです。
政府は以下を先導しています:     ノイダ、カンプール、モラダバードといった産業中心地の民間 流通を民営化する。 産業地域の工業組織に電力を流通する権利を提供する。 独立した規制委員会を設立する。 発電会社とは別の主要な発電ステーションを設置する。

9

産業インフラ: ヴィジョン
州はノイダ及びグレーターノイダモデルを拡張することを検討してお り、将来的には全ての産業地域を統合した産業郡区として開発する ことを提案しています。またインフラ開発面で民間セクターの参与を 積極的に推進しています。 産業回廊として開発される地域は次の通りです:  ノイダ-グレーターノイダ-ジャジアバード-ガウタム ブッダ ナガール


 

メールト-モラバダバード-バレリ
アグラ-アリガー-フィロザバード-クルジャ(ブランドシャー ル)-コシ(マツラ) ラックナウ-カンプール
10

ガバナンス:州の事業を推進する
州はシングルウィンドウ登録システムを導入してプロジェクトの承認プ ロセスを簡略化しました。投資額が55万米ドル以上のプロジェクト、 投資が54万米ドル以上のNRIの輸出関連工場、22万米ドル以上の 投資をかけたエレクトロニクス及び食品産業はこの便宜を利用するこ とが出来ます。 製造の50%以上を輸出する100%輸出関連工場は公益企業として みなされ、ストライキの脅威から逃れます。 政府は自治判事の事前の承認なくして産業ユニットを視察することは ありません。

11

投資のインセンティブ
 助成金
 全体として後進的な新しい工場のための20%固定資本投資  尐々後進的なの新しい工場のための15%固定資本投資  後進的な新しい工場のための10%固定資本投資

 特別助成金
 54万米ドル以上の固定資本投資をかけた一流工場には32,500米ドル  11万米ドル以上の固定資本投資をかけた先駆者的な工場には22,000米ド ル

 推進エリアでの奢侈税を5年間の延期  新しい工場のためのプラント機械及び建材の物品入市税を5年間払い戻 し  立ち行かない工場の閉鎖期間の最低限の電力需要費の控除  一流ホテルの用地は市場価格の20%  NRIの起業家は電力、株式参与やこの他の支援を含む特別インセンティ ブあり

12

ウッタールプラデシュの産業の中心
農業及び食品加工産業
規模:2003年に飲食料セクターは州の産業販売高の24%を占めました。

 州はインド全体のかんがい地の22%を占めます。  168万ヘクタールの草地のうち49.3%が一度以上種まきがされています。  インドで最大の農業生産者のうちの一つ  34%の落花生  17.5%の菜種  8%の果物  14%の野菜(2番目の生産者)     インドで最大の家畜数を誇り、牛乳生産はインド一です。 サトウキビの最大生産者で砂糖生産は第二位。 2001年に国の肥料消費の17.8%を占めました。 国で最大の11.5%の蓄牛を保有します。

13

ウッタールプラデシュの産業の中心
農業及び食品加工産業
続く.

産業インフラ支援  食品製造セクターは2,659ユニットと最高値を誇ります  2002年末には1,232と国の冷凍貯蔵で最大数を記録しました  2001年8月1日現在、27万9000トンの容量の倉庫は第二位  2002年にインドで最大の127台の回転式製粉機を保有

14

ウッタールプラデシュの産業の中心
レザー産業
規模:2320万米ドル相当でインドのレザーの総輸出の16.6%を占めます

      

ウッタールプラデシュは開発されたレザー産業を保有しています。 州はインドで最大の家畜人口を誇り、産業に必要な原材料を提供しま す。 州でレザーの中心地として知られるカンプールとアグラには約11,500 ユニットがあります。 州のバッファローは22%を示し、家畜人口は12%の第二位。 200の皮なめし工場がカンプール内外に点在。 カンプールは馬具製品を製造する唯一の生産地。 アグラはインドで最大の靴製造地。

15

ウッタールプラデシュの産業の中心
レザー産業
続く…



カンプールはレザー処理の中心地です。カンプールの皮なめし工場は 皮をヘビーレザー(単一の馬具及び産業レザー)の処理を専門としてい ます。 ウッタールプラデシュはカンプールでレザー製品産業に従事する経済 特区を開発する計画をたてています。





レザーやレザー製品の伝統的な中心地に加え、レザーのフットウェア や材料の主要な中心地としてノイダが浮上しました。

16

ウッタールプラデシュの産業の中心
エレクトロニクス
規模:2000年には19.3%の割合を占め、インドで二番目に大きいエレクトロニクス生産者

 196ユニットを保有するエレクトロニクスセクターは1991-2000にかけて205% 成長しました。LGエレクトロニクスやビデオコンといった大手企業が州内に製造 施設を設立しました。  国の総計の19.6%にあたるコンポーネントエレクトロニクスの最大生産者  24%のシェアを誇り、テレコムエレクトロニクス製品で第二位  消費家電製品は22%で第二位  コンピュータのコンポーネントは14.5%の第三位で戦略コンポーネントは18.8%

17

ウッタールプラデシュの産業の中心
化学薬品
規模:2002年の個々の産業の販売高のうち化学薬品セクターは10.5%を占めます。

 州の経済の主要な貢献者の一つである化学薬品セクターは1996-2001にか けて150%という最も高い成長率を示しました。  化学肥料産業は工場の合計数でインドで三位となっています

ソフトウェア
規模:国で四番目に大きいソフトウェア製品の輸出者

 IT産業は州の経済のバックボーンとなっています。STPIノイダ設備は1991年に 設立され、インド初のSTPIセンターの一つでした。  インドのソフトウェア製品の4番目の輸出者で2002‐03年には5億3千万米ドルに 達し、前年度に27%の成長をしました。HCL、カデンスやCSCといった国際的な 大手企業がノイダに開発設備を保有しています。

18

ウッタールプラデシュの産業の中心
エンジニアリングセクター
規模:2002年における産業の販売高のうち機械セクターの販売は10.5%、輸送設備が 7.7%、金属セクターが23.1%を占めました。

 州で機械及び設備が産業製造で最大のシェアを誇ります。モラダバード及びアリ ガにそれぞれ真鍮とロック製造工場があります。基本的な金属と合金の製造は 1996‐2001年にかけて123%上昇しました。  ホンダ、ヤマハ、ニューホーランドトラクターといった多くの多国籍企業が州に製 造工場があります。

鉱物関連産業
規模:2003年の産業の販売高のうち非金属セクターが24.6%を占めます。

 非金属鉱物の製造で2001‐02年に2億330万米ドル相当の製造でインドで三位 になりました。天然資源の可用性が産業の成長を促します。  州の企業として、アムブジャ・セメント、ソナバドラ・セメント工場及びアルモラミニ セメント工場があります。

19

ウッタールプラデシュの産業の中心
織物
規模:織物産業は2003年の州の産業の販売高の12.3%を占めます

 ウッタールプラデシュ州の伝統的な産業の一つである織物産業は58の紡績工 場と74の織物機を保有し、非SSIセクターの構成となっています。州はカーペッ トや真鍮製品で有名です。

R&DとBPOの中心地としてのウッタールプラデシュ州
 州はエレクトロニクスとコミュニケーション分野のR&Dの中心地として浮上しました。 ノイダはITの地として好まれ、州の政策による良好なインフラの可用性が州の R&D施設を導きました。  ウッタールプラデシュ州はインドを先導するITES‐BPOの地となるようIT産業を原 動力として活用しています。EXLというインド最大のBPOとHCLテクノロジーはノイ ダで稼動しています。

20

観光地
アグラ
インドの観光の首都;タージマハール、アグラ砦、ファテプー ル・シクリという3つの世界遺産があります。タージマハールは 世界の七不思議のうちのひとつです。

バラナシ

最古の町は2つの主要な宗教の地でもあります:ヒンズー教、 仏教

サルナス

サルナス:ブッダが初めて説教を行った地。世界中の仏教徒 がインドをブッダの国として考えており、これらの聖地の巡礼 の旅をします。

スラバス ティ

スラバスティは古代コサラ王朝の首都で仏教徒の聖地です。 ブッダはここでティティカの異教徒を取り違え、様々な自己 メージをつくった場所なのです。

21

観光地
カピルバツ
ブッダが若い頃に過ごした古代カピルバツがあります。カピ ルバツはブッダの父が統治したシャクヤの首都でした。

クシニガール

東部にある小さな埃っぽい村でクシニガールはブッダが最 期を過ごした田園だと信じられています。

カウシャンビ

この地はブッダが悟りを開いてから6年後と9年後に訪れた と信じられています。ブッダは多くの説教を行い、仏教徒が の学びの中心地としました。

サンキサ

サンキサはブッダが母親の説法を説いてからマヤデビにブ ラマとデブラジ・インドラと共にあの世に向かった場所です。

22

観光地
ラックナウ
この町はナワビ規則の間、音楽とウルドゥ陶器の中心地と なった時に全盛期を迎えました。ナワビ宮殿、イママバラ、 そして伝統的な手工芸が過去の栄光を忍ばせます。

デュドワのト ラ保護区

614平方kmに渡る敷地でインドで最高のトラ保護区であり ウッタールプラデシュ州で重要な観光名所のひとつです。こ の他に:レオパード、スワンプ鹿、ヒスピドウサギ、ベンガル ルロリカンなどが生息しています。

アヨダヤ

アヨダヤは人気のある聖地です。ビシューの7回目の輪廻 転生のラマと関連があります。

マスラビリン ダバン

クリシュナが生まれて幼尐期を過ごした場所は今日、クリ シュナ伝説が息づく小さな町や村となり、彼のフルートの音 色を思い起こさせます。

23

手工芸
ウッタールプラデシュは手工芸で有名です。

 サリーやシルクで有名なバラナシ
 カーペットで有名なミルザプールとバドヒ  革製品で有名なアグラとカンプール

 金属製品で有名なモラダバード
 シルクに刺繍(鳥)をする手工芸で有名なラックナウ  木工品で有名なサハランプール

 ガラス製のアクセサリーで有名なフィロザバード
州の陶器はインドだけではなく世界中で有名です

24

地域:グレーターノイダとタージ高速道路地域

グレーターノイダシティ

タージ高速道路地域

25

地域のヴィジョン
    

環境に優しいリラックスした環境 モダンで国際水準の都市 革新的で投資家に優しい枠組み 地域を投資及び住む場所として好ましい場にすること 都市化の地方人口の参加

26

接続性 NCR内の戦略的なロケーション – デリを通じて国内外の市場 にリンクされます 空路
  

国際空港から車で60分 8車線の高速道路; 信号はなし 提案されている国際空港及び航空の中心地から10 km

道路

 



デリから車で25分 ビジメスマンの移動 8車線高速道路で24 km 提案されているタージ 高速道路の路線設定に位置して いる NH-2、NH-24、NH-91でインドの様々な地域に接続

27

グレーターノイダ-ザ・シティ
 

36,000ヘクタールの用地 既にフェーズ Iで5,000ヘクタールを都市 化 2021年までに20,000ヘクタールを都市化 町の計画人口
 

 

グレーターノイダ シティは 重要量 と 人口が多い都 市 としての特徴 を持つ都市群の 連続体の一部と なります。

2011年までに70万人 2021年までに120万人



産業先導による開発 – 2011年までに 3000ヘクタールを開発



住居開発 – 2011年までに3000ヘクター ルを開発
28

タージ高速道路地域
 




44,000ヘクタールの想定エリア PSPモデルを通じて2500~10000エーカーの大型特別群 区/サブシティ 高速道路の建設 タージ国際空港が必要な機動力を提供したという発表あり

29

何故ここに投資をするのですか?

インドで最も雰囲気が良く投資家に優しい環境だから。
30

地域的なポテンシャル
ダドリ電力発電所 公道 24 公道 58 ダドリ ICD ダドリ ツグラク鉄道リンク

メトロリンク

グレーターノイダ フェーズ-II

タージ経済ゾーン
国際空港

31

土地開発 . . . 投機
土地利用 利用可能な 土地 (ヘク タール) 投資のポテン シャル US $ 100万

グレーターノイダシティ 住居 産業 商業 公共 3,800 2,727 1,100 2,803 5,605 1,636 3,300 2,803

タージ高速道路地域 44,000 60000

特別統合郡区

32

大型インフラプロジェクト . . . 投機
プロジェクト タージ国際空港 詳細
国の他の空港と外国(中東及びアジア太平洋) の競争的なアドバンテージとして稼動。 - 輸送及び貨物の“ゲートウェイ空港” - インドと地域の “目的地の空港” ウッタールプラデシュ州全土を通る8車線高速 道路 グレーターノイダのボラキの新しい鉄道駅 (ホ ウラ-デリ線に位置する)と統合輸送ハブ - 州内バスターミナル (ISBT) - ナガールの輸送 - 卸売り市場
-

投資規模
US $ 100万

150

ガンガ 高速道路 輸送の中心地

10,000 125

公共機関

シティバスシステム - 電車 - モノレール
-

400以上

33

大型インフラプロジェクト . . . 実行中
タージ 高速道路
デリ-アグラ NH-2の渋滞を解消するのが目的です。世界的に有名 な遺跡-タージハマルはこの高速道路を使ってグレーターノイダ近 隣のタージ国際空港から100分です。 複合フォーマットの倉庫、線路の側線、ICD/ CFS設備、オープンス トレージエリア、商業エリア(小売及びオフィス)と支援設備を提供 する担保付のエリア。 - NTPCが推進するダドリの1750 MWの発電所 - ダドリの3740 MWのガス発電所 - グレーターノイダの250 MWのガス発電所 -下水道トリートメント工場 (STP) -固形廃棄物管理 (SWM)
-

自由貿易と倉庫ゾー ン 発電所

地方自治体インフラ

電力流通
陸橋 (RoB) 高架道路

34

商業プロジェクト. . . 投機
プロジェクト
取引広場

詳細
最新インフラ、商業/小売/エンターテインメント 設備の整ったコーポレートパーク。 必要なアメニティや施設の整った主要な金融機関、 外国金融投資家、マーチャントバンク、非銀行金 融機関、保険会社、アセットマネジメント、投資信 託会社の中心地。

投資規模
US $ 100万

175 175

金融の中心地

タージ国際空港 近隣の都市開発

-世界クラスのビジネス会議
-国際コンベンションセンター - レジャーとエンターテインメント - ホテルなど

100

その他

-モール

50以上

-複合施設

35

社会インフラプロジェクト . . . 投機
プロジェクト
スポーツシティ

詳細
クリケット、ホッケー、フットボール、トラック やフィールドイベント用のトラック、テニス、 バドミントン、バレーボール、バスケ、卓球、 体育館、ジムなど;屋内ホール、国際基準 のプール 様々な分野のトレーニングを提供する機関 の中心地。 初等から専門カレッジまでの教育を提供す る様々な機関の中心地。

投資規模
US $ 100万

12

職務教育の中心地

8

教育の中心地

8

36

娯楽プロジェクト . . . 投機
プロジェクト 詳細
600エーカーの用地にインド初のグランプ リイベントを2009年に開催。

投資規模
US$ 100万

フォーミュラーワン (F1)のレーシングト ラック ナイトサファリ アベンチュラ・グリーン

750

シンガポールのナイトサファリを模倣した 250エーカーの夜行性サファリ。 アミューズメントパーク、ゴーカート、ドライ ブインシネマ、宿泊施設、リクリエーション クラブ、ナイトバザールなどの複合エン ターテインメントセンター。 テインメント複合施設。

10 40

アミューズメントパーク 220エーカーのファミリー向けのエンター

50

37

娯楽プロジェクト . . . 投機
プロジェクト 詳細
30エーカーの敷地のサイエンスパークで 革新的な方法で学ぶことができます;基 本レベルの楽しさやアミューズメントで教 育を提供します。 110エーカーのムンバイのマハラクシミの レースコースのラインのレースコース コンセプトは、娯楽活動と共に教育的なツ アーを推進することです。 鳥類保護区及びワールドネイチャーガー デン

投資規模
US $ 100万

サイエンスパーク

18

レースコース 本の広場 その他

20 5 15

38

産業プロジェクト . . . 実行中
SEZ タージ経済ゾーン 既存工業団地/団地の増強 IT/ITES/生命工学の中心 学園都市/技術開発センター


約15のSEZが様々な段階で開発中/承認中



グレーターノイダ フェーズ IIは産業用(白物家電)の 用地を19%準備しています

26のIT-ITes団地  生命工学ゾーンが提案中


学園都市、フェーズ I、II、III、IV、Vがグレーターノイ ダで提案済み


統合された農業/食品加工 ゾーン

農業関連産業がグレーターノイダ フェーズIIで推進予 定

39

居住プロジェクト . . . 投機
統合郡区開発 2011年までにグレーターノイダで3000ヘクタール が開発  大型統合郡区がPSPルートでタージ 高速道路沿 いで開発  インドトップ10のうち6つの不動産開発者(DLF、ア ンサル、エルデコ、オマゼ、パルスナバス、サンシ ティ、ユニテックとATSなど)が地域で積極的に従 事  首都のデリーに隣接していることで大きな信頼感 が増す


40

基金オプション
以下の点に焦点をあわせる • 必要な物理的インフラ開発のための官民共同モデル • 様々なプロジェクトの開発における民間セクター参与

官民共同
(サクセスストーリーの一部)

タージ 高速道路  ゴルフコース  廃棄管理  電力流通  教育機関


この他のUSP

インドエクスポジションマート  教育機関(エンジニアリング、医療、マ ネジメントなど)を先導  軌道鉄道  東部周辺高速道路


41

歌人の芭蕉、蕪村、一茶に敬意を表して 私が作った俳句で 日本-インド提携とDMICを祝します。 道路を接続し 人々が出会い 交通が動く 幸福感と繁栄が私達の周りに

42

ありがとう ございました
43


				
DOCUMENT INFO