PowerPoint Presentation by 7tNLuE9Y

VIEWS: 0 PAGES: 3

									    2012年度 アイキッズ活動(案)                          2012年4月12日 BEIC 事務局


1.ねらい         ●活動を通してびわ湖の恵みをいただき、豊かなびわ湖を体感する。
              ●いろいろなひと出会い、びわ湖に対する思いを聞く。
              ●豊かなびわ湖を守っていくためにできる事を考え行動する。
2.大切にしたいこと    ●子供の主体性
              ●子供と大人(多様なゲスト、サポーター、BEIC会員の皆様)との交流(世代間交流)
              ●体験活動の充実(大人も参加しやすく食育中心に)
              ●ESDの視点 琵琶湖の持続可能性について考える。
3.取り入れたい体験    ・地引き網体験 ・深層水体験
              ・セタシジミ ・ビワマス ・ニゴロブナ ・コアユ ・スジエビ
  琵琶湖産食材
4.連携団体(予定)    ・滋賀県漁連・滋賀県(水産課。食のブランド推進課)
              ・琵琶湖博物館・小松水産・滋賀の食文化研究会・山内エコクラブなど
5.活動の流れ(候補)   ①自分たちの使う水と琵琶湖とのつながりを知る。(4月)
              ②琵琶湖の恵みをいただく。(5月~11月)
               ・琵琶湖産の食材について学ぶ(ゲストティーチャーを招き、思いを聞く)
               ・郷土食を体験する。 (ゲストティーチャーに作り方を教わり一緒に料理する)
               ・豊かな琵琶声を守っていくために何が必要か考える。
              ③琵琶湖を守る活動(ヨシ刈りなど)をする。(1月)
              ④他団体との交流(発表資料の作成含む)
               ・山内エコクラブとの連携による野洲川源流を探る。⇒(○月)
               ・近畿エコクラブ交流会 ・淡海エコクラブ活動交流会・草津市こども環境会議(12月、2月)
              ※畑つくり(サツマイモ)(5月~11月)
                   アイキッズ活動(第1回)
■日 時:4月15日(日) 9:00~12:00
■場 所:パナソニック アプライアンス草津工場(C13棟 5F特別食堂・共存の森)
■参加者:アイキッズ(16名) 指導者:中村大輔先生 サポーター・スタッフ(7名)

1.ねらい       ●今年度の活動の見通しを持ち、めあてを持つ。

2.活動内容      ●今年度の活動について話合をする
            ●自分と琵琶湖のつながりについて考える。(水の飲み比べ含む)
4.活動の流れ     ① アイスブレーク、水の飲み比べ
            ② ワークショップ
              「自分の使う水について考えよう」
              「琵琶湖のめぐみについて考えよう」
            ③ 今年度の活動について考える。
             ※大人(サポーター・スタッフ)も可能な限り参加して、子供たちと交流する。

3.準備物       ①   子供と大人の名札
  (事務局対応)   ②   筆記用具
            ③   ホワイトボードとマーカー
            ④   A4用紙とマジック
            ⑤   滋賀県の地図(1枚)
            ⑥   飲み比べする水(工場の水、市の水道水、国産の水、外国産の水)
            ⑦   紙コップ(人数×④カップ)
               「持続可能な開発のための次世代育成」

  アイキッズのビジョン              【目指す姿】 一人ひとりが行動を変革
                                 「環境視点での具体的行動が出来る」
                                      「将来の環境リーダーとして社会貢献」
       大人も子供も!
                                      【プラス要素】
                                      ◇大震災以降⇒自然災害への備えが絶対的必要事項
                                       ・自然への理解を深めること。自然との共生のあり方を
                                       真剣に考えることが必要!



                環境の保全・経済の開発・社会の発展

世代間   地域間   男女間    社会的    貧困     環境の    天然   公正で
の公平   の公平   の公平    寛容     削減    保全と回復 資源の保全 平和な社会
◆グローバルでの課題⇒ ⇒ ⇒ ⇒・・・・
                                              水のつながり、いきものの
                                              つながり、伝える。交流する
         あいさつ     チャレンジ        感謝
【学び方】
 ◇「関心の喚起⇒理解の深化⇒参加する態度や問題解決能力の育成」を通じて
      ⇒「具体的な行動」を促す。
【育みたい力】
 ◇問題や現象の背景の理解・多面的かつ総合的なものの見方を重視した
   体系的な思考力。批判力を重視した代替案の思考力。
   また、人間の尊重、多様性の重視、非排他性、機会均等、環境の尊重と
   いった持続可能な開発に関する価値観を培う。
                           振り返ればESD(Education for Sustainable Development)

								
To top