?????????? ???????????????? ???????????c??? ????

Document Sample
?????????? ???????????????? ???????????c??? ???? Powered By Docstoc
					   音楽業界再起への条件
      -今後のレコード会社のスタンスとは-

      東洋大学塚田ゼミナールCチーム
                     佐藤弘章

※CDジャケット写真等一部画像を
              消去した上で掲載しています。



                           1
     CDが売れない時代になってきた
                     CD生産量推移
   (単位:千枚)
                                            約1億枚の
      500,000
                                            減少!!
      450,000
      400,000                       ミリオンセラーが減少
      350,000
      300,000
      250,000
      200,000
      150,000                         2002年のミリオンセラー
1998年のミリオンセラー
      100,000                           アルバム 15作品
  アルバム 27作品
       50,000                            シングル 1作品
  シングル 17作品
            0
              1998    1999   2000    2001   2002


※CDは年々売れなくなってきている                                     2
CDが売れない時代になってきた

 音楽業界は
 冬の時代に
   CDが売れない今、
  突入した
  今後のレコード会社は
       目的:「レコード会社の
  どうしたらいいのか?
        今後のスタンス」
          を予測する

                     3
CD売上不振の理由
     シングル市場の低下
何                   カラオケ   で
故    シングル曲   ベスト盤          は
                    参加人口   レ
こ    多数収録     乱発
こ                    減少    コ
ま                          ー
で                          ド
                           会
CD




     CD-R機器の増加             社
は                          は
売     安価で     カジュアルコピー     ど
れ                          う
な    入手可能     CCCDについて     す
く                          れ
な                          ば
っ                          い
た    強力な楽曲が少ない             い
の                          の
か                          か
?                          ?

                               4
  CDは年々売れなくなってきている
           シングルと
                    アルバムで
           CD生産量推移(単位:千枚)
                  約5000万枚の差
 250,000           が生まれている
 200,000

 150,000

 100,000

  50,000

      0
       1993   1995   1997   1999   2001

              アルバム     シングル


シングルは年々売れなくなってきている状況                      5
  何故シングルCDが売れないのか?

     シングル収録曲がアルバムに全て収録され
      てしまうので、シングルを買う必要が無いの
      ではないか?
     ベスト盤が発売多発状態になっており、シン
      グルを買う必要が無いのではないか?
     カラオケ参加人口の減少に伴い、今までカ
      ラオケを練習する為に買う層が失ったので
      はないか?
シングルの存在意義がわからなくなっている
                         6
     シングル曲(c/w含め)の多数収録
    中島美嘉「LOVE」はシングル全曲を収録。
                   シングル「雪の華」
     アルバムは12月15日付で約93万枚売上
                   だけは、発売2ヶ月で
    しかしシングルは平均約10万枚の売上
                   約17万枚を売り上げる




シングルの価値が千円を出して買うような物でなかっ
たら、アルバムだけ買うというユーザーが多い
                                 7
    ベスト盤の発売多発
                     先行シングル
                    「Out Of Orbit
      ベストアルバム
     「B☆ E☆S☆T」
                  T.M.Revolutionを例にする
                                その前のシングル
                  ~Triple ZERO~」
                                「BOARDING」
    24万9000枚の売上    6万5000枚の売上  12万1000枚の売上
                ベスト盤「B☆E☆S☆T」を発売




ベストアルバム発売多発は、「ベストアルバムが出るなら…」
とユーザーに思わせてはいないか?
   購入機会損失をレコード会社自体が起している                8
             カラオケ参加人口の減少
                    レコード会社が
                  自ら起したシングルの、
                      シングル生産量の カラオケで歌い易い楽
                   カラオケ参加人口とカラオケボックスの推移

            5800     グラフと同様な下げを起 曲が次々と発売された
                            16000
            5600
            5400
                  購入機会損失により、14000
                         している
                            12000
            5200 シングルの存在意義が、
  (単位:万人)




                            10000
            5000            8000
            4800
            4600
                 わからなくなってきている。
                            6000
                            4000
            4400                                   2000
            4200                                   0

                    だからシングルは
                   1997 1998 1999 2000 2001 2002

              カラオケ参加人口 カラオケボックス
              売れなくなってきたのでは?
カラオケ文化が冷めたことにより
                                       カラオケの為に買っていた層が消え去る
                                                        9
         ・CCCDのコピーガード解除方法がネット上で流れている。
         ・CCCDを「普通のCD」として読み込んでしまうドライブがあ
                        る。
    CD-R機器の増加
         コピーガードの
    安く手軽にオリジナルCDができる
  デジタルコピーに対して
          意味が無い
   防備するフォーマット
  「コピーコントロールCD」
       1枚20円~
                         1枚200円程度
       100円程度
                  ではCCCDを導入したこと
                  による影響はあるのだろう
                       か…?


                            30000円強
         10000円


MDよりも安価で手に入る!
その為カジュアルコピーが蔓延    そこで各レコード会社は…?10
   CCCD導入後(浜崎あゆみ)
   CCCD導入前シングル       CCCD導入後シングル
                 売上にして
   「Dearest」         「Free&Easy」
             約25万枚の差が生まれる




   売上枚数約75万枚        売上枚数約49万枚

音楽は嗜好品とは違い、CCCDだからといって売上が下がるとは言いがたい。
             では、エイベックス全体としてはどうなのか・・・?
                                   12
  CCCD導入後(エイベックス)
      CCCDを導入したことは
エイベックスはCD販売不振で株価・売上下落
   間違いなく売上に悪影響を起した
                CCCDを
       CD機器の増大は、
              導入したのだから、
  CDを売れなくさせている原因だが、
            違法コピーで利益減少
     その原因を解消する為に、
             というのはおかしいの
               ではないか?
  CCCDを出すのは間違ってないか?

しかしそれでも尚、違法コピーを利益減少
の原因としている矛盾点               13
     強力な楽曲が少ない
    浜崎あゆみの大量リリース
        デビューシングルから
        31枚目シングルまで
        「約5年」の驚異的
        ハイペース


 大量リリースは確実に飽きを生む
大量リリースは確実に商品価値を失う
                     14
   CDが売れない現実
                   レコード会社は「CD」だけを
      シングル市場の低下       売るだけに、
                   必死になってないだろうか?
      CD-R機器の増加
      強力な楽曲が少ない


       「CD」以外にも
レコード会社のビジネスはあるのではないか?

                               15
今後のレコード会社は?
レ                                  エ
コ                                  ン
ー     ライブオーガナイズ                レ   タ
ド                              コ   ー
会                           ク ー    テ
                            ロ  ド   イ
社
の     ネットビジネス展開             ス 音会   ン
                            オ楽社    メ
ビ「                          ーに は   ン
 CD




ジ                 着メロ       バ関     ト




                              CD
ネ」    音楽配信
                  着うた       ーる     ・
                                   コ
ス以                          すプを    ン
は外
あに                          るロ 売   テ
      パッケージの多様化             べ セる   ン
るも                          きス だ   ツ
の     SACD                  で をけ   ・
で                  CD+DVD          プ
は     DVD-Audio             は で    ロ
な                           ? は    バ
                               な   イ
い                              く   ダ
か
?     価格の問題                        ー
                                   へ
                                       16
   ライブオーガナイズ
レコード会社はライブに対し、
                援助金などを支払う後援的存在
ではレコード会社がライブを、 コンサート市場は
    コンサート入場者数と公演本数の推移


                            上昇傾向にある
                        企画運営したらどうか?
生の演奏を見たいユーザーがいるのだから、
                  16700
              14300
                    16100      16010
   公演本数




                           入場者数
       13000
  ライブは一つの音楽の販売方法として、
          9,500 9,500 10500 9910
巨大になればなるほど収支は  コンサートはCDと違っ
   8,600
          考えていいのではないか?
間違いなく赤字になる。                          て「生」の実感を味わ
                                     える
                                    生のコンサートはCDと
                           しかしアーティストのイメージは
          1997 1998 1999 2000 2001
                                     違ってコピーできない
          間違いなくアップし、プロモーションにはなる。
             公演本数   入場者数


                                              17
          ネットビジネス展開
             有料コンテンツを
                    購入した層が少なすぎ
      有料コンテンツ購入経験有無(単位:%)

 ナローバンド 6.8            93.2      る
ブロードバンド 14.7           85.3
                                    コンテンツには金を
      全体 9.3              90.7

           0       20 40 現代の日本人は
                             60 80
                                    払いたくない層が
                                    100
                                        多すぎる
                                        ブロードバンドユーザーがコンテンツに出して
ネットコンテンツ購買意欲がほぼ無い  購入経験有り   購入経験無し             もいいと思う料金(単位:%)

                                       1~999円       27.9
                                       1000~2999円

                                       3000円以上      0.7         58.2
                                       出すつもりは         13
                                       無い
                                                                    19
ユーザーの声にあった課金システム
  ネットビジネス展開
    の整備がまだ不完全
  ネットビジネスで主力になる
  「音楽配信」の認知度も低い
  ネット配信の認知度が無い
             有料音楽配信の認知度
               (単位:%)
                    2
音楽配信はまだ完全成功していない
       21
            38


               しかし
        40
 成功しているネットビジネスがある
  知っていた・使用したことがある       知っていた・使用したことは無い
  なんとなく聞いたことがある         全く知らなかった

                                          20
  携帯電話


 着メロ市場は
 急激に拡大している
そこで!!
 2001年では600億円を
 着メロに
 超える巨大マーケット
                 着うた
変わり…           CDの音源をそのまま使う
               のでレコード会社が所持
   従来の着メロでは
レコード会社にメリットは無い する原盤権が関係してくる



                          21
                          着うたは、
            ネットビジネス展開    年々DL数が
            avex楽曲着うたDL数 増えてきた。
450000
400000            着メロ・着うたが
350000   着メロ・着うたは、
300000               急成長を
250000
200000
      今後まだまだ急成長を遂げる。
                  上げたからと考
     一つの音楽を聞かせる手段として、
150000
100000
                  えていい結果に
              着メロに対する音楽著作権使用料微収額
                     (単位:億円)

   レコード会社がこの業種に参入するのも、
 50000                 なった
     0
     2002年12月   2003年2月   2003年4月
                 一つの手ではないか?   100

                               50
                                                 73.2
                                        38.3
                                12.2
                                 0
                              2000年度   2001年度   2002年度

                                                         22
      パッケージの多様化
       「CD以上の環境でより良い音を」
               「DVD music」
                     

              「DVD-Audio」
    CDだけではない違う環境での音を、
              「Super Audio CD
 よりもっとリスナーへ届けるべきではないのか?
               (SACD)」
   しかし日本の現状ではまだ新フォーマットは
         普及されていない
CD以外にも新しいフォーマットを採用することにより、
CDではカバーしきれない音域の深い音色や声、空気感までも表現することができる
                                   23
     DVD+シングルCDを普及するべき
        聞く「CD」と見せる「DVD」をセットにして発売する
         ことにより、楽曲の魅力を最大限に引き出せる事
         が可能
        DVDはそう簡単にはコピーできない
        「CD+DVDセット」はCDシングルチャートとして扱
         われる
        アルバムだと、年に1枚程度しかリリースができな
         い。しかしシングルでは発売サイクルが短い。
手軽に聞ける「CD」と手軽に見れて普及している「DVD」が
         セットされることにより、ユーザーの購買意欲を増大させる
                                  24
   結論
 アーティスト一人一人が製品製作者であり、
   一つ一つの楽曲は、「製品」であり、
  そのアーティストを育成すべきなのがレコード
  会社である。
      その「製品」を最大限に、
       CD販売だけではなく、
 レコード会社は「エンターテインメント・コンテ
    色々な方法を通じて売るのが、
  ンツ・プロバイダー」へスタンスを変化し、自
  社が所有するコンテンツを生かし、アーティス
      レコード会社の新形態だ
  トが新たに作り出す音楽コンテンツも最大限
  に生かすべきではないか。
                      25
ECP
 製品         ECPは、
      市場・ユーザー
           原盤製作を行う
           アーティストを
         アウトプット
       販売 管理しサポートする
             製造
      この間のプロセスは中々、
          マネージメント
        アーティスト自らが、
         行うのは難しい
       コンテンツ
              マネージメント
         コンテンツ制作・保有
       (版権)管理

                原盤製作
 原盤    アーティスト   (レコード会社)

                           26
   最終結論

レコード会社は、
エンターテインメント・コンテンツプロバイダーと
スタンスを変化し、
楽曲という一つの製品を生み出す、
アーティストをサポートし、
よりもっとアーティストや楽曲の可能性を引き出し、
より音楽業界を今よりも変えていくべきでは?
                      27

				
DOCUMENT INFO
Shared By:
Categories:
Tags:
Stats:
views:6
posted:3/29/2012
language:
pages:25