?????OEM??????????? ???????

Document Sample
?????OEM??????????? ??????? Powered By Docstoc
					医療機器の薬事法改正への対応


   平成17年6月15日
   日本医療機器産業連合会
      鳥井 賢治
        医療機器の特性に応じた安全対策の見直し
見直しのポイント①                        (参考)   医薬品と医療機器の安全対策の比較
                  「医薬品同様」の対
医療機器は、疾病の治療等に用い   策を検討すべきもの
                                                 医薬品      医療機器
られるものであり、医薬品と同様   ○ 製品開発のため
に保健衛生上の観点からの対策が   の臨床試験等を行う      動物実験    GLP     法令に基づく   通知に基づく
必要。               に当たってのルール      治験 事前相談制度       あり       なし
                  (GLP、GCP、治験         事前届出       法令に基づく   法令に基づく
                  のための事前相談制        GCP事後査察       法令に基づく   通知に基づく
 問題の所在            度)   等                         法令に基づく   法令に基づく
                                 承認審査
 ○ 医療機器は、メス・ピンセ                                  通常6年     通常3年
                                 再審査 再審査期間
 ットから画像診断装置、ペース                        GPMSP     法令に基づく   通知に基づく
 メーカに至るまで、その種類に
                                 副作用・感染症報告       法令に基づく   法令に基づく
 よりリスクや使用実態が大きく
 異なる。                            製造・輸入GMP・GMPI   法令に基づく   法令に基づく
 ○ 薬事法上の安全対策につい   「医療機器の特性」      販売              許可制      届出制
 ても、こうした実態に合わせ、   を踏まえた対策を検
 見直しを図る必要があるのでは   討すべきもの        (参考) 規制改革推進3か年計画(平成13年3月閣議決定)(抄)
 ないか。             ○ リスクに応じた
                  医療機器のクラス分      基準認証等の見直し  イ.第三者認証
                  類制度             事業者の自己確認・自主保安のみにゆだねることが必ず
見直しのポイント②                        しも適当でない場合であっても、直ちに国による検査を義
                  ○ 低リスクの医療      務付けることとするのではなく、自己確認・自主保安を基
 ①の一方で、技術・素材や使用   機器に係る第三者認      本としつつ、国際ルールを踏まえ、公正・中立な第三者に
形態・リスクにおいて、医薬品以   証制度  等         よる検査等を義務付ける仕組み(第三者認証)とすること
上の多様性を有することに留意す                  について十分な検討を行う。
る必要。
   (第1部)

医療機器のクラス分類
                   医療機器の分類(1)
                                 クラスⅣ
高度管理医療機器
                                  患者への侵襲性が高く、不具
                                 合が生じた場合、生命の危険に
 医療機器であって、副作用又は機能の障害が生じた場合(適正    直結する恐れがあるもの
な使用目的に従い適正に使用された場合に限る。次項及び第七
項において同じ。)において人の生命及び健康に重大な影響を与
えるおそれがあることからその適切な管理が必要なものとして、厚   クラスⅢ             一般的名称ごと
生労働大臣が薬事・食品衛生審議会の意見を聴いて指定するも
                                  不具合が生じた場合、人体へ   にGHTFで議
の
                                 のリスクが比較的高いと考えら   論されているク
                                 れるもの
管理医療機器                                            ラス分類ルール
                                 クラスⅡ             によって分類を
 高度管理医療機器以外の医療機器であって、副作用又は機能
                                  不具合が生じた場合でも、人
                                                  行う
の障害が生じた場合において人の生命及び健康に影響を与える
おそれがあることからその適切な管理が必要なものとして、厚生
                                 体へのリスクが比較的低いと考   クラス分類ルー
                                 えられるもの
労働大臣が薬事・食品衛生審議会の意見を聴いて指定するもの                      ルについては別
                                                  添参照
一般医療機器
                                 クラスⅠ
 高度管理医療機器及び管理医療機器以外の医療機器であって、
副作用又は機能の障害が生じた場合においても、人の生命及び      不具合が生じた場合でも、人   (注)一般的名称は、
                                 体へのリスクが極めて低いと考
健康に影響を与えるおそれがほとんどないものとして、厚生労働
                                 えられるもの
                                                  ISO TC210で議論され
大臣が薬事・食品衛生審議会の意見を聴いて指定するもの
                                                  ているGMDNに定めら
                                                  れる名称に準拠
                医療機器の分類(2)

                                  設置に当たつて組立てが必要な特定保守管理医療機器
                                 であつて、保健衛生上の危害の発生を防止するために当
                                 該組立てに係る管理が必要なものとして厚生労働大臣が
                                 指定するもの


高度管理医療機器

 管理医療機器           特定保守管理医療機器               設置管理医療機器

 一般医療機器



  医療機器のうち、保守点検、修理その他の管理に専門的な知識
  及び技能を必要とすることからその適正な管理が行われなけれ
  ば疾病の診断、治療又は予防に重大な影響を与えるおそれが
  あるものとして、厚生労働大臣が薬事・食品衛生審議会の意見
  を聴いて指定するものをいう。
       医療機器の分類と一般的名称の数
    (平成17年3月10日厚生労働省告示第71号)


                    一般的名称数   特定保守管理医療機器数
                                     設置管理医療機器
 一般医療機器    (クラスⅠ)    1,195   182        50
 管理医療機器    (クラスⅡ)    1,785   682        122
           (クラスⅢ)     739    271        64
高度管理医療機器
           (クラスⅣ)     325     47         2
      計              4,044   1,182      238
              医療機器に係る「カテゴリー」と「安全対策」の見直し
                現状と改正後    EU FDA     現行薬事法               改 正 後
国                         制度 制度                  分   リ
際                                      販売規制               販売規制
分                         概要 概要                  類   ス
類 リスクによる医療機器の分類                     製造規制             ク 製造販
                                                         売規制
  不具合が生じた場合でも、 人体へのリスク                 販売業の      一         販売業の届出不要
ク                         承認 承認                  般   極
ラ が極めて低いと考えられるもの                       届出不要      医   め          (注2参照)
ス (例) 体外診断用機器、鋼製小物、       不要 不要                  療   て 製造販売
                                                 機
Ⅰ




                                    製造           器
                                                     低
    X線フィルム、歯科技工用用品                                     承認不要
                                    承認不要
  不具合が生じた場合でも、   人体へのリスク                                  販売業の届出制
                                                 管           (注2参照)
ク が比較的低いと考えられるもの                                 理
ラ (例) MRI、電子式血圧計、電子内視鏡、                販売業の      医
ス                        第 実                     療   低
                                承       届出制      機       ※)
    消化器用カテーテル、超音波診断装置、
Ⅱ




                         三 地                     器       登録機関
    歯科用合金                  調
                         者 査                             による認証
                                認
  不具合が生じた場合、   人体へのリスクが比 認 の
ク                                                              販売業の
ラ 較的高いと考えられるもの             み    必
                         証                       高              許可制
ス (例) 透析器、人工骨、人工呼吸器、                             度
                                                                の導入
Ⅲ




                         制                       管   中
    バルーンカテーテル                                    理
                                要   製造           医   ・    製造
  患者への侵襲性が高く、  不具合が生じた場   度 書                    療   高
ク                           面       に係る          機        販売に係る
ラ 合、生命の危険に直結する恐れがあるもの       審                    器
ス (例) ペースメーカ、人工心臓弁、ステント     査       大臣承認                  大臣承認
                            あ
Ⅳ




                            り
注) 例示している製品は、国際分類を踏まえて分類。なお、最終的に何処に分類されるかは、薬事・食品衛生審議会の意見を聴いて、
厚生労働大臣が定める。このほか、医療機器には賃貸業があるが、薬事法上の規制は販売業同様であるため、この表では標記を省略。
注 2) 特定保守管理医療機器については、管理医療機器及び一般医療機器に分類されるものであっても、販売業は許可制とする。
※)厚生労働大臣が基準を定めて指定する管理医療機器に限る。
  (第2部)
製造販売業と製造業
         業態間の関連
従来         改正後

製造業        製造業         「製造」部分のみに集中
                       直接、医療機関に販売できない
輸入販売業     製造販売業        従来の製造の「販売」業務
                       製品の品質保証管理と
          (上市の責任を負う)
                       市販後安全管理




販売・賃貸業     販売・賃貸業

医療機関        医療機関
    製造販売業が行えること
• 製造業を持たなくとも医療機器の製造販売ができる。
• 医療機器のOEM販売をすることができる。

• 販売業者に医療機器を販売・賃貸することができる。
• 医療機器の輸入を行うことができる。
• 販売業者の営業所における機器の保管をすること
  ができる。
 製造販売業に関する許可権限等
• 製造販売業の主たる機能を有する事業所
• 許可の主体事業所の所在地の都道府県知事
• 許可区分
  - 第一種医療機器製造業許可
      高度管理医療機器(クラスⅢ、Ⅳ)
  - 第二種医療機器製造業許可
      管理医療機器(クラスⅡ)
  - 第三種医療機器製造業許可
      一般医療機器(クラスⅠ)
• 上位業許可者は、下位の業許可を受けたとみなす
    製造販売業の許可の基準
• 製造販売品質保証基準(GQP)への適合
  - 製品の製造所からの「市場への出荷」の判定の基準、
  その履行等の管理監督
  - 製造所等のGMP適合の確保、管理監督等
  - 1項~19項(5項 製造業者との取決め条項あり)
• 製造販売後安全管理基準(GVP)への適合
 - 業務に係る組織及び職員(許可要件)
 - 業務手順書の作成(許可要件)
 - GVP 1項~13項(管理医療機器は要件緩和)
      製造販売業許可申請
• 許可の対象
  総括製造販売責任者、製造販売安全管理機能、品質保
  証機能のすべての機能を有する事務所
・ 製造販売業許可申請書の記載事項
  イ 申請者の氏名(法人にあっては名称)
  ロ 申請者の住所(法人にあっては所在地)、連絡先
  ハ 製造販売業務を行う主たる事務所の所在地、連絡先
  二 許可の種類
  ホ 総括製造販売責任者(氏名・資格・連絡先)
  ヘ 申請者の欠格条項
    他
 製造販売業者の責務と遵守事項
① 総括責任者を置かなければならない。
② 遵守事項
 一 薬事法に従い適正に製造販売行為が行われることを確保
 二 製品の品質を確保
 三 製品の製造販売後安全管理を行うこと
 四 総括製造販売責任者の専門知識を有する補佐人の選任
   (承認品目の特性が総括の専門の分野と異なる場合)
 五 総括製造販売責任者の止むを得ない場合の代理者の選任
 六 総括製造販売責任者が責務を果たすための必要な配慮
 七 総括製造販売責任者の意見の尊重
 総括製造販売責任者の責務、遵守事項
• 責務
  - 品質保証責任者、安全管理責任者の指揮
  - 市販後の製品の品質保証、安全管理業務を責任もって
  迅速かつ的確に遂行
• 遵守事項
  一 法令、実務に精通し、公正かつ誠実な業務の実施
  二 業務遂行のために必要な製造販売業者への意見陳述
  三 品質保証責任者と安全管理責任者との相互密接な連携
  四 必要な措置の決定、文書による指示、所要の措置
  五 品質保証責任者と安全管理責任者の意見を尊重
 総括製造販売責任者の資格要件

• 大学等で医学、薬学、歯学、工学等の専門課程
  を修了(第三種-高校)後、
  医療機器(第三種ー医薬品、医薬部外品、化粧
  品含む)の品質保証又は安全管理業務に3年以
  上従事した者
• 経過措置・・・旧法の製造業/輸入販売業の責
  任技術者が引続き総括製造販売責任者となる
  場合⇒当分の間当該資格要件を満たす扱い
         製造業の業態変更
•   製造業許可・・製造行為を行う業態の許可
•   国内製造所は業許可、海外製造所は認定
•   国内製造業の許可権者・・都道府県
•   GMP適合・・製造販売承認・認証の要件
•   許可の申請書に添付すべき資料
    -管理者又は責任技術者が資格要件適合書類
    -製造所の構造設備
    -製造しようとする品目リスト/製造工程書類
    -他の製造業の許可証の写し(取得している場合)
    -製造所の平面図(従来と同じ)
        製造業の許可区分
•   細胞組織等医療機器製造業
•   滅菌医療機器製造業
•   一般医療機器製造業(上記以外)
•   包装、表示及び保管のみの製造業

構造設備基準は許可区分ごとに異なる。
          保管等製造業
• 医療機器の保管・包装及び表示・試験検査の工程のみ
  を行う施設
• 新設された背景
 - 輸入販売業の製造販売業への一本化(制度間の格差解消)
 - 包装・表示・保管の工程は製造業
 - 製造販売業は元売り行為で製造業ではない
• 要件等
 - 構造設備基準への適合
   1.製品の衛生的、安全に保管する必要な構造、設備
   2.適切な作業面積
   3.試験検査に必要な設備、器具の具備
• GMP(GMPIを簡略化)適合:製造販売承認・認証要件
      外国製造業者の認定
• 製造販売承認・認証の要件
• 製造業の許可区分に準拠した区分、製造所ごと
• 認定申請に添付すべき資料
  -申請者に係る欠格条項に係る医師の診断書
  -責任者の履歴
  -製造品目リスト/製造工程書類
  -構造設備に関する書類
  -当該国の政府機関等が発行する許可証等の写し(該当
  の場合)
• 認定の手続き・・製造販売業者が代行可能
       製造販売業等における責任体制について(案)
製造販売業
                   主たる機能を有する事業所

製品の市場に対する最終責         総括製造販売責任                  監査担当者
任を有する者                   者

  GQP基準                                  GVP基準
 品質保証責任者       品質保証業務につ    安全管理業務につい    安全管理責任者
               いて一義的に責任    て一義的に責任を有
               を有する者       する者


          製造所において実地に製     支店・営業所に
          造管理・品質管理業務      おける安全管理      実施責任者      受託
 責任技術者
          (出荷判定を含む)を管     業務を適切に管                 責任者
          理する者            理する者
製造管理    品質管理
                                    社     社員      安全管理
 部門      部門                         員              業務
           製造業                      支店・営業所         受託者
   製造販売後安全管理の基準(GVP)

• 厚生労働省令第135号(平成16年9月22日)
  第一章 総則
  第二章 第一種製造販売業者のGVP基準
  第三章 第二種製造販売業者のGVP基準
  第四章 第三種製造販売業者のGVP基準
  第五章 雑則
• 薬食発第0922005号(平成16年9月22日)
  GVP基準に関する省令及び薬事法施行規則の
  一部を改正する省令の施行について
 (GVP基準)総括製造販売責任者の業務

1. 安全管理責任者を監督
2. 安全管理責任者の意見を尊重
3. 安全管理責任者と品質保証責任者その他必
   要な責任者との密接な連携
   品質管理の基準(GQP基準)
• GQP基準の構成
  第一章 総則
  第二章 医薬品の品質管理の基準
  第三章 医薬部外品及び化粧品の品質
       管理の基準
  第四章 医療機器の品質管理の基準
• 定義
 製造業者等・・製造業者、外国製造業者、その他製
  造に関係する業務を行う者
 (GQP基準)総括製造販売責任者の業務
• 総括製造販売責任者の業務
 一 品質保証責任者を監督
 二 品質保証責任者からの報告に基づき、所要
  の措置を決定し、その実施を品質保証部門その
  他品質管理業務に関係する部門又は責任者に
  指示
 三 品質保証責任者の意見を尊重すること
 四 GVP基準に規定する安全管理統括部門その
  他品質管理業務に関連する部門との密接な連
  携を図らせる
(GQP基準)品質管理業務に係る組織及び職員
• 品質管理業務を適正かつ円滑に遂行しうる能力
  を有する人員を十分に有すること
• 品質保証部門の設置
 一 総括製造販売責任者の監督下にあること
 二 業務を適正かつ円滑に遂行しうる能力を有す
  る人員を十分に配置
 三 販売に係る部門、その他品質管理業務の適
  切な遂行に影響する部門から独立
(GQP基準)品質管理業務に係る組織及び職員
• 品質保証責任者の要件
 一 品質保証部門の責任者
 二 品質管理業務その他これに類する業務に3年以上従事
 三 品質管理業務を適正かつ円滑に遂行しうる能力を有する
  者
 四 販売に係る部門に属する者でないこと、その他品質管理
  業務の適切かつ円滑な遂行に支障を及ぼすおそれがない
  者
• 業務に従事する者の責務及び管理体制を文書により適正
  に定める
(GQP基準)品質管理業務の手順に関する手順
• 品質管理業務手順書の作成
 一 市場への出荷の管理
 二 適正なGMPの確保
 三 品質等に関する情報及び品質不良等の処理
 四 回収処理
 五 自己点検
 六 教育訓練
(GQP基準)品質管理業務の手順に関する手順
七 貯蔵等の管理
八 文書及び記録の管理
九 業務に関係する部門又は責任者との相互の連携
十 その他必要な手順
十一修理業者からの通知の処理
十二販売業者又は賃貸業者における品質の確保の方法
十三中古品の販売業者又は賃貸業者からの通知の処理
  (第3部)

製造販売承認・認証
医療機器の承認・許可制度の見直し(1)
         現行法                                  改正法
                                      第12条
第12条
                                      製造販売業許可
 製 造 業 許 可                            ・   G       Q       P   要   件
 ・   G   M       P       要   件            + 市販後安全管理要件
 ・   構   造   設       備   要   件
                                      第14条、第23条の2

第14条                                  販売承認(認証)
                                      ・品質、有効性、安全性
 製       造           承       認        ・製造所、製造工程、品質管理
 ・品質、有効性、安全性                     廃止   製造販売届出
第13条                                  第13条

 品目追加許可                               製 造 業 許 可
 ・   G   M       P       要   件        ・   構   造       設   備   要   件
     医療機器の承認・許可制度の見直し(2)
                                  第12条
第22条
                                  製造販売業許可
 輸入販売業許可                          ・   G   Q   P   要   件
 ・   G   M   P   I   要   件
                                      + 市販後安全管理要件
 ・   構   造   設   備   要   件
                                  第14条、第23条の2

第23条で準用する第14条                     販売承認(認証)
                                  ・品質、有効性、安全性
 輸       入       承       認        ・製造所、製造工程、品質管理
 ・ 品 質 、 有 効 性 、 安 全 性       廃止
                                  製造販売届出
第23条で準用する第13条                     第13条

 品 目 追 加 許 可                      表示等製造業許可
                                  ・   構   造   設   備   要   件
                    承認・申請
      現行薬事法                       改正薬事法
(1) 申請書                     (1) 申請書
形状、構造及び寸法                   形状、構造及び原理
原材料                    機    原材料
性能、使用目的効能効果            器    使用目的効能効果
操作方法                   の    操作方法
製造方法
                       特    製造方法
有効期間
                       定
                            有効期間
規格及び試験方法                    仕様
(2) 資料概要               全機   (2) STED
                       性器   基本要件と適用規格
(添付資料のサマリー)
                       のの
                       評有   機器に関する記述
(3) 添付資料
                       価効   適合性確認資料
・起源及び発見の経緯、             性   ラベリング
・物理化学的性質及び規格、           ・
                        安   リスク分析
・安定性、・安全性、・性能、・臨床
                            製造に関する資料
                            (3) 添付資料
       基本要件基準の要求事項
• 第一章 一般的要求事項
第1条~第6条 (設計)、(リスクマネジメント)、(性能及び機能)、(製品の寿
  命)、(輸送及び保管等)、(有効性)
• 第二章 設計及び製造要求事項 (平成20年4月1日から適用)
第7条 化学的特性等
第8条 微生物汚染等の防止
第9条 製造又は使用環境に対する配慮
第10条 測定又は診断機能に対する配慮
第11条 放射線に対する防御
第12条 能動型医療機器に対する配慮
第13条 機械的危険性に対する配慮
第14条 エネルギーを供給する医療機器に対する配慮
第15条 自己検査医療機器等に対する配慮
(16.製造業者・製造販売業者が提供する情報)
第16条 性能評価
承認申請手続き                              新独立行政法人
                                         ③書面審査
              ①承認申請
                                         承認申請書

                                     基本要件チェックリスト
 申請者         ②GMP適合性調査申請(都道府県毎)
(製造販売業者)                            STED (添付資料概要)
                                         添付資料

                  ⑥承認
                                      ④信頼性調査
              ・                     信頼性基準、GLP及びGCPへの
                                  適合性について実地又は書面により調査
             ⑤実地調査又は書面審査
 製造所                               ⑤実地調査又は書面審査
 (製造業者)
                                  ・GMP省令への適合性に関する実地
            ⑦フォローアップ調査(承認後)       又は書面審査


           ・GMP省令への適合性に関する定期的フォローアップ調査
第三者認証制度における認証申請手続き

                                第三者登録認証機関
             ①品目認証申請
                                    ③書面審査
  申請者        ②GMP適合性調査申請       ○認証審査(基準適合性)
 (製造販売業者)
              ⑤認証

                                ④実地調査又は書面審査
             ④実地調査又は書面審査
                              実地調査を主体

  製造所
  (製造業者)                        ○GMP省令への適合
                                ・必要に応じ、基準適合性
            ⑥フォローアップ監査(認証後)         に関する資料を確認


              ・GMP省令への適合性に関するフォローアップ監査
    第三者認証機関の登録、監督システム
     登録認証機関                      厚生労働省
       登録要件            ①登録申請     実施業務
・ISO/IECガイド 65                   ①登録書面調査
(製品認証機関の基準)
                       3年毎の更新    ②登録実地調査
・ISO/IECガイド62                    ③登録
(品質システム登録機関の基準)
                        ②登   録
                                 ④研修
・独立性                             ⑤監査、改善指導
・親会社が医療機器製造業者等でないこと
・役員の過半数が医療機器製造業者等で     ③定期的監査
 ないこと                  (1年に1回程
・代表者が医療機器製造業者等の役員         度)
 又は職員でないこと
                         厚生労働大臣が登録した
           平成17年4月1日    時は、認証機関に関する事
           11機関を登録      項を公示する
       適合性認証基準
• 法第41条基準(全ての医療機器に適用)
     医用機器の基本要件
     GHTFでの基本要件
     性状、品質又は性能・基準が定まっている医療機器
• 法第23条の2による適合性認証基準
     JISに使用目的、効能又は効果を記載したもの
  ⇒ 厚生労働省告示第112号(平成17年3月29日)
   (指定管理医療機器)=363基準
   ※ 管理医療機器1,785品目の約770をカバー
      GMP適合性調査権者
1. 総合機構が行う調査
   ①外国製造所(指定管理医療機器以外の機器)
   ②国内製造所
    ー新医療機器
    -特定生物由来医療機器、細胞組織医療機器
2. 都道府県が行う調査
   -クラスⅢ、指定管理医療機器以外のクラスⅡ機器
3. 登録認証機関が行う調査
   ー指定管理医療機器(国内、海外)
    第4部

販売業、賃貸業及び修理業
    医療機器の販売業・賃貸業に係る安全対策の強化について
                             改正の概要          凡例 ○ 義務あり × 義務なし △ 努力義務
(販売業者等の役割の明確化と機能の                           白抜き部分のみを強化(ただし遵守事項の多くは省令事項)

強化)                                          高度管理医療機器   管理医療機器     一般医療機器
                                            (特定保守管理医療
 販売業者による使用者への情報提供と医                            機器含む)

療機関からの不具合情報の収集の強化及び                          現行   改正後   現行   改正後   現行   改正後

回収時における処理の徹底が必要。         許   許可等             届出   許可    届    届     ×    ×
                         可
                         要   構造設備基準          ○    ○     ○    ○     ×    ×
                         件
(リスクに応じた販売規制)            等   欠格要件            ×    ○     ×    ×     ×    ×
                             管理者の設置義務
 特にリスクの高い医療機器においては、          ●:一般消費者に販売 す    ●
                                                   ○
                                                        ●
                                                              ○
                                                                   ×    ×
販売業者、賃貸業者が行うべき業務の実施          る営業所には設置 義務な
                             し
                                                  法律         省令
を担保する措置の導入が必要。               管理者の責務等               ○          ○
                                             ×          ×          ×    ×
                                                  法律         省令
(特定保守管理医療機器の取扱い)
                             販売管理者の継続的受講
 中古品による保健衛生上の問題が起こり          義務              ●    ○     ●    △     ×    ×
                             ●:受講は1回のみ
つつある一定の医療機器については、クラ      遵
                         守   品質確保義務          ○    ○     ○    ○     ×    ○
ス分類に関わらず、中・高リスク医療機器      事
                         項   苦情・回収処理         ○    ○     ○    ○     ×    ○
と同等の販売規制を適用し、中古品流通時
                             外観検査(検収)実施義務
における品質確保の徹底を図ることが必要。                         ×    ○     ×    ○     ×    ○

*特定保守管理医療機器(人工呼吸器等、保守点       納品先記録作成・保管義
                                             ×    ○     ×    △     ×    △
                             務
検、修理その他管理に専門的な知識・技術を必要
とする医療機器。)                    一般消費者への適正使用
                             情報の提供           ×    △     ×    △     ×    △

                             中古品販売時の元売業者
                             からの指示の遵守義務      ×    ○     ×    ○     ×    ○
    高度管理医療機器等の販売・賃貸時における
       安全対策の強化について(1)

① 営業所の管理者の設置
② 品質確保の実施状況、不良品の処理の状況、管理者の継続研修の受講状況、
 従業員に対する教育訓練の実施状況等営業所の管理に関する事項を記載した帳
 簿の作成及び最終の記載の日から6年間の保存
③ 販売・授与・賃貸する医療機器について、製造販売業者の定める方法等によ
 る被包の損傷その他の瑕疵の有無の確認
④ 情報提供・品質確保に関する教育訓練の実施
⑤ 苦情に係る事項の原因の究明及び所要の措置の実施(自らに起因するもので
 ないことが明らかな場合を除く)
⑥ 回収に係る事項の原因の究明及び所要の措置の実施(自らに起因するもので
 あることが明らかな場合に限る)
⑦ 中古医療機器の品質の確保及び販売・授与・賃貸の製造販売業者への事前通
 知及び製造販売業者からの指示の遵守
    高度管理医療機器等の販売・賃貸時における
       安全対策の強化について(2)

⑧ 自らが販売・授与・賃貸した医療機器の不具合その他の事由によるものと
 疑われる疾病、障害等の発生を知った場合で、保健衛生上の危害の発生又は
 拡大を防止するため必要があると認めるときの製造販売業者等への通知
⑨ 販売・賃貸管理者が遵守事項履行に必要と認めて述べる意見の尊重
⑩ 「名称、数量、製造番号・製造記号、譲受又は販売・賃貸・授与の年月日、
 譲受人又は譲渡人の氏名・住所」を記載した、譲受・譲渡記録の作成及び3
 年保存(但し、医療機関以外の一般消費者に販売・賃貸・授与する場合は
 「製造番号・製造記号」の記載は不要)


(特定保守管理医療機器の上乗せ事項)
⑩ 譲受・譲渡記録の作成及び15年保存(賃貸の場合は賃貸終了から3年保
 存)
         高度管理医療機器等の販売・賃貸時における
             安全対策の強化について
                    中古品販売・賃貸・
  製造販売業者            授与時の事前通知
                    不具合情報の通知


             高度管理医療機器販売(賃貸)業者
中古品販売・
          譲受時の記録の作成及び保管     営業所の管理に係る記録の
賃貸・授与時
の指示       受入時の検査            作成及び保管
          中古品販売・賃貸・授与       教育訓練の実施
          時の指示の遵守           管理者の継続研修の受講

                        販売・賃貸・授与時の記録の作成及び保管   苦情
                                              副作用情報
                        苦情・回収に係る原因究明及び必要な措置
                        の実施


                          情報提供
                          回収への対応           医療機関・
                          苦情への対応           一般消費者
高度管理医療機器等の販売・賃貸管理者の要件等

(第1項)
一 医療機器の販売又は賃貸に関する業務に三年以上従事した後、別に厚生労
 働省令で定めるところにより厚生労働大臣より登録を受けた者が行う基礎講習を
 修了した者
二 厚生労働大臣が前号に掲げる者と同等以上の知識及び経験を有すると認め
 た者

 第二号の厚生労働大臣が前号と同等以上と認めるものについては、平成16年
 7月9日付け薬食機発第0709001号医療機器審査管理室長通知にてにおいて示
 したところ。(平成8年薬機第163号通知とほぼ同等の内容。)

 管理者の要件については、改正法施行後、 1年間の経過的措置を設定。(平成
 17年度中に基礎講習の受講を条件に、医療機器の販売等従事経験が一定期
 間あるものについて、経過的に直接医療機関等に医療機器を販売等を行わない
 営業所の管理者として認めることとする。平成16年7月9日付け薬食機発第
 0709001号。)
高度管理医療機器等の販売・賃貸管理者の要件等


(第2項)
  販売業者等は、営業所の管理者に、別に厚生労働省令で定めるところにより厚
 生労働大臣に届出を行った者が行う継続研修を毎年度受講させなければならな
 い。


   継続研修を実施する者に関する要件に関しては、薬事に関する法令に関する
  こと、医療機器の不具合報告及び回収報告や情報提供に関すること等の内容を
  含む2時間程度の講義を適切に行える者とする予定。

   毎年度とは、年度内に1回の受講を意味するものであること。(平成16年7月9
  日付け薬食機発第0709001号)
   設置管理医療機器の販売・賃貸時における
       安全対策の強化について

① 指定の範囲の見直し
② 販売・授与・賃貸時の設置管理基準書の交付(設置を委託する場合、
 委託契約の締結及び受託者への設置管理基準書の交付。)
③ 設置管理基準書に基づく、適正な方法による設置に係る管理の実施
④ 必要な専門的知識を有する者による設置に係る管理の業務の実施
⑤ 設置管理基準書の交付、設置に係る管理、教育訓練の記録の作成及び
 15年保存。
⑥ 中古品販売・修理時の製造販売業者への通知、指示の遵守


設置管理医療機器
特定保守管理医療機器のうち、設置の際に組み立てが必要な医療機器であって、
保健衛生上の危害の発生を防止するために当該組立てに係る管理が必要なもの
    医療機器中古品に対する安全対策の見直し案について

販売及び賃貸業者    ①中古品販売    製造販売業者                修理業者
            等を行う前の               ①中古品修理
             通知義務                時の通知義務

                      ②通知された中古
 ④製造販売業者か             品の品質確保義務             ④製造販売業者
 らの注意事項遵守   ③必要に応じ、              ③必要に応じ、   からの注意事項
            注意事項指示               注意事項指示
    義務                                       遵守義務


 中古品販売・賃貸・修理時の製造販売業者の通知制度の取扱については、以下の事項
を通知において示すこととしている。
 ① 製造販売業者は、中古品を販売・授与・賃貸若しくは修理する旨の通知を受け取っ
 た際は、注意事項を指示する際は速やかに指示しなければならない。また、指示する事
 項がない場合についても、指示事項がない旨を販売及び賃貸業者若しくは修理業者に
 通知すること。(通知で示す予定)
 ② 販売及び賃貸業者は、中古品を販売・授与・賃貸する前に、修理業者は修理終了後
 の医療機器を引き渡す前に、製造販売業者からの指示がない場合若しくは指示がない
 旨の通知がない場合は、やむを得ない場合を除き、中古品を販売・授与・賃貸若しくは
 引き渡しができないこと。 (平成16年7月9日付け薬食機発第0709001号)
   高度管理医療機器等販売・賃貸業許可申請書
       の記載事項及び添付資料

(申請書記載事項)            (添付資料)

① 営業所の名称             ① 営業所の構造設備に関する書類
② 営業所の所在地
                     (営業所全体の概要を示す図面を添付)
③ 営業所の構造設備の概要
 (医療機器の保管設備の概要を示す)   ② 法人の場合は登記簿の謄本
④ 営業所の管理者の氏名及び住所
⑤ 兼営事業の種類            ③ 申請者(業務を行う役員)が麻薬等
                     の中毒者でない旨の診断書
⑥ 申請者の欠格条項への該当性
⑦ 備考
                     ③ 営業所の管理者がその要件を満た
                     すことを証明する書類
        医療機器修理業に係る位置付けの明確化
 1 製造業の見直しに伴う制度上の問題            2 修理業に係る規定の見直し
  制度上、修理業は製造業の一類型として扱
 われているが、製造業規制を製造販売業規制
                               修理業について、許可及び許可要件等
 に変更することに伴い、その根拠規定がなく         の独立した規定を整備。
 なるため、別途修理業の規定を設ける必要が         薬食機発第0331004号(平成17年3月31日)
 ある。
 (現行)
                                                          遵
                                (改正)                      守
       修理業規制の全体像                         修理業に係る独立した規定     事
                                        ○修理区分ごとの許可        項
    (修理業特有の規定)                          ○構造設備基準等の許可要件     の
    ○修理区分(*)ごとの許可                       ○修理に関する遵守事項       強
    ○修理に関する遵守事項
                                                          化
            +                           (製造業のベーシックな部分)
    (製造業のベーシックな規定)                      ○許可制
    ○許可制                                ○構造設備基準
    ○構造設備基準等の許可要件                       ○遵守事項
    ○遵守事項

(*)修理する物及びその修理の方法に応じ、特定保守管理医療機器とそれ以外の
医療機器に分け、画像診断システム関連、鋼製器具・家庭用医療機器関連等、それ
ぞれ9つの区分が厚生労働省令で定められており、修理業の許可はこの区分に従
い与えられることとなっている。
                                        製造販売業、製造業
        修理業の許可制度の見直しについて
1 現行の医療用具修理業許可         2 修理業に許可の見直し
 修理業の許可に関しては、製造業の特例と
                        製造業と別業態として整理。
しての取り扱いとなっている。
 また、現行施行規則別表第1の2に定めの    特定修理業制度を廃止し、特定保守管理医
ある医療用具を修理する場合にあっては、医   療機器を取り扱わない修理業者に対する一部
療用具(専業)修理業許可取得後、特定修理   適用除外規定をもうける。
業への変更を届け出ることとされている。
                             改正後の修理業許可
      現行の修理業許可
                        医療機器修理業許可
医療用具(専業)修理業許可
                        ○修理区分ごとの許可(特定保守管理医療機
○修理区分ごとの許可
                        器に係る区分と特定保守管理医療機器以外の
○特定修理業以外の修理業の責任技術       医療機器に関する区分に分離する。)
 者は基礎講習の受講が必要           ○特定保守管理医療機器を修理を行わない場
                         合、遵守事項の一部規定適用除外。
      医療用具特定修理業         ○特定保守管理医療機器を修理を行わない修
 届出   ○特定修理に係る区分を届出      理業者が、特定保守管理医療機器の修理を
      ○責任技術者は基礎講習+専門     行う場合、修理区分変更許可申請を行う。
       講習の受講が必要
                         特定保守管理医療機器を取り扱わない修
 施行規則別表第1の2に定めのある        理業の責任技術者にあっては基礎講習受
 医療用具を修理する場合、専業修理        講、特定保守管理医療機器を取り扱う修理
 業許可取得後、特定修理業許可へ         業の責任技術者にあっては、基礎講習+
 の変更を届出しなければならない。        専門講習の受講が必要。
       修理業の安全対策強化について
① 技術責任者の設置
② 苦情の処理の状況、不良品の処理の状況、教育訓練の実施状況等営業所の
 管理に関する記録の作成及び最終の記載の日から3年間の保存
③ 修理の際の製造販売業者への事前通知及び製造販売業者からの指示の遵守
④ 修理をした時の当該医療機器への記載
⑤ 修理依頼者に対する修理内容の文書による通知
⑥ 苦情に係る事項の原因の究明及び所要の措置の実施(自らに起因するもの
 でないことが明らかな場合を除く)
⑦ 回収に係る事項の原因の究明及び所要の措置の実施(自らに起因するもの
 であることが明らかな場合に限る)
⑧ 自らが修理した医療機器の不具合その他の事由によるものと疑われる疾病、
 障害等の発生を知った場合で、保健衛生上の危害の発生又は拡大を防止する
 ため必要があると認めるときの製造販売業者等への通知
⑨ 技術責任者が遵守事項履行に必要と認めて述べる意見の尊重
⑩ 修理の手順と作業管理、品質管理に関する教育訓練の実施と記録の作成、
 保存
⑪ 業務内容に関する文書、修理手順等作業に関する文書の作成
特定保守管理医療機器以外の医療機器の修理を行う
      修理業の特例について
           項目   適用の有無
  ①管理者の設置         ○
  ②記録の保存          ×
  ③事前通知と指示遵守      ○
  ④修理した機器への記載     ○
  ⑤修理内容の通知        ×
  ⑥苦情対応           ○
  ⑦回収対応           ○
  ⑧不具合等の通知        ○

  ⑨責任技術者の意見尊重     ○
  ⑩教育訓練           ×
  ⑪文書の作成          ×
              修理業責任技術者の責務
特定保守管理医療機器責任技術者の要件    特定保守管理医療機器以外の責任技術者の要
・三年以上の従事経験+基礎講習受講+     件
 専門講習受講               ・三年以上の従事経験+基礎講習受講
・上記と同等と厚生労働大臣が認めるもの   ・上記と同等と厚生労働大臣が認めるもの


  継続研修の受講義務(年1回・2時間程度)
  (継続研修の内容)
   薬事に関する法令・品質管理等に関する遵守事項・不具合報告・回収報告・医療機
   器の情報提供に関する事項

  修理に関する責務
  ①   修理及び試験検査に関する記録の作成、保存
  ②   営業所の管理に関する記録の作成、保存
  ③   修理業者への必要な意見の陳述
  ④   苦情に係る事項の原因の究明及び改善が必要な場合の所要の措置の実施
  ⑤   回収に係る事項の原因の究明及び改善が必要な場合の所要の措置の実施
  ⑥   修理の手順と作業管理、品質管理に関する教育訓練の実施と記録の作成、保存

				
DOCUMENT INFO
Shared By:
Categories:
Tags:
Stats:
views:38
posted:3/17/2012
language:Japanese
pages:56