JICA ?????????? JICA Technical Assistance by c0JGZIi

VIEWS: 35 PAGES: 16

									      JICA技術協力プロジェクト
  JICA Technical Assistance Project

「アフガニスタン国医学教育プロジェクト」
Medical Education Project in Afghanistan

              JICA人間開発部
           技術審議役 小野 喜志雄

               Dr. Kishio ONO,
Executive Technical Advisor to Director General,
  Human Development Department, JICA HQ
    JICA技術協力プロジェクト について
    About JICA Technical Assistance Project
   JICAが海外で実施する中心的な事業のひとつで、現場の状況に応じた
    協力計画を相手国と共同で作成
   日本と途上国の知識・経験・技術を活かして、相手国とともに問題を解決
    していく取り組み
   「専門家の派遣」「研修員の受入れ」「機材の供与」という3つの協力要素
    を組み合わせて実施される事業
   JICA Technical Assistance Project is a major type of overseas
    activities by JICA.
       Problem-oriented project, exchanging knowledge, experience, and skills
        to resolve specific issues mutually with Japanese experts and the
        counterparts of the corresponding developing country, within a certain
        project duration.
   JICA project has three components as follows:
       the dispatching of experts from Japan to provide technical support,
       invitation of personnel from developing countries for training,
       the provision of necessary equipment.
             医学教育プロジェクト国内支援体制
  Domestic Supporting System for Medical Education Project
     JICA
   人間開発部
      Human
Development Dep.
                                           国内協力機関
   部長 (D.G.)                                        日本医学
技術審議役            研修員受入                              教育学会
                                           東京大学      (国際関係
  (Ex. Technical Training Program
 Advisor to D.G.,                          医学教育      委員会)
 Health Sector) 専門家派遣                      国際協力
                  Dispatch of Experts                the Board
    調査役                                   研究センター    of
  (S.Assistant:   技術アドバイス                  IRCME,    International
   Education
    Sector )      Technical Advice         The       Affairs,
                  as required                        Japan
 ・4Groups                                  Univ.of   Society for
 ・9 Teams         機材調達調整                   Tokyo     Medical
                  Provision of equipment
                                                     Education
 アフガニスタン医学教育プロジェクト
  Medical Education Project(1)
【プロジェクト期間 TERM OF COOPERATION】
 2005年7月1日から3年間  3 years since the 1st of July, 2005


【ターゲットグループ Target Group】
 カブール医科大学勤務者(教員、医学教育開発センター
 スタッフ) =直接的裨益者約210人
 Faculty members responsible for General Practitioner (GP) training
 and Medical Education Development Center (EDC) staff in Kabul
 Medical University (KMU)
 間接的裨益者=カブール医科大学学生(約2,400人)、KMUを除く全国医学部学生
  (約2,000人)、他大学医学部教員(約350人)
アフガニスタン医学教育プロジェクト
 Medical Education Project(2)
【プロジェクト目標 PROJECT PURPOSE】
 カブール医科大学において総合臨床医(GP)養成型の医
  学教育システムが実施される
 The new medical education system of the General Practitioner (GP ) training
 model is implemented in KMU.

【上位目標 OVERALL GOAL】
 カブール医科大学によって開発された新しい医学教育シ
  ステムがアフガニスタンにおける標準システムとして認
  められる
 The new medical education system developed by Kabul Medical University
 (KMU) is recognized as the standardized model in Afghanistan.
アフガニスタン医学教育プロジェクト
 Medical Education Project(3)
【成果      OUTPUTS】

1. カブール医科大学教員のGP養成能力が向上する。
  Capacity for GP training of faculty members in KMU is improved.


2. カブール医科大学内の医学教育開発センターの機能が
  強化される。
 The function of the Education Development Center (EDC) in KMU is
 reinforced.
    アフガニスタン医学教育プロジェクト
     Medical Education Project(4)
【成果1. に対する活動                        Activities to OUTPUT 1.】


    GP養成型医学教育に関連した教育技能養成(FD)を行う。
    To conduct FD related to the medical education system of the GP training model

    GP養成型医学教育システムに関連した教材を作成する。
    To create materials related to the medical education system of GP training model


    新しい教育技法を導入する。(問題基盤型教育(PBL)、早期臨床体
     験実習、症例基盤型講義技法、外来患者への問診実習、質問と
     フィードバックの技法を用いた教育技法)
    To implement new teaching methods including PBL: Problem Based Learning, Early Exposure to
     Medical Practice, Case Based Lecture Method, Interview Skill to Outpatients, and Questioning and
     Feedback Method


    教員評価システム(案)を策定する。
    To formulate an evaluation system (draft) to measure the quality of medical education


    研修員受入れにより医学教育研修を行う。
    To conduct trainings on medical education in Japan
    アフガニスタン医学教育プロジェクト
     Medical Education Project(5)
【成果2. に対する活動 Activities to OUTPUT 2.】

   医学教育のための情報及び統計を収集するシステムを開発する。(含:教育
    評価に関する電子データベースを構築する)
    To develop a system to collect information and statistics for medical education
     (including development of database for evaluation on medical education)

   カブール医科大学の医学教育に関するニューズレターを発行する。
    To publish newsletters on medical education in KMU

   医学教育開発センターのスタッフに対する研修を行う。
    To develop EDC staff

   カブール医科大学教員が医学教育開発センターの役割・機能を理解するた
    めの普及・啓発活動を行う。
    To promote awareness of faculty members concerning roles and functions of EDC

   医学教育開発センターによる教育技能養成(FD)の計画、運営、管理を行
    う。
    To plan, operate, and manage the FD organized by EDC
 アフガニスタン医学教育プロジェクト
  Medical Education Project(6)
【投入 INPUTS】 2006年度 fiscal year 2006
(日本側 Japanese Side)
  研修員受入 「医学教育」Training Program “Medical Education”
    8 Persons × 2
  長期専門家派遣 Long-term experts
  ①   業務調整                   Project coordinator
  短期専門家派遣 Short-term experts 3 persons per year
  ①   教授法指導                  Teaching methods
  ②   教育評価                   Educational evaluation
  ③   医学教育アドバイザー Medical Education Advisor
  供与機材Equipment
  ①   PCs with internet connection
  ②   Printing equipment
  ③   Teaching materials
  ④   Books and CDs on medical education
    アフガニスタン医学教育プロジェクト
     Medical Education Project(7)
【投入 INPUTS】
(アフガニスタン国側 Afghan Side)

   カウンターパート(カブール医科大学学長、副学長、GPを養成する教員
    及び医学教育開発センタースタッフ)
    KMU Chancellor, Vice Chancellor, Faculty members responsible for GP training and
    EDC staff in KMU

   プロジェクト実施に必要なスペース及び施設(セミナー室、執務場所)、
    Space and facility necessary for the implementation of the Project (seminar room,
    office space)

   教員の人件費など現地の運営費用
     Local cost necessary for the implementation of the Project (Operational cost such as
    salary)
              カブール医科大学




カブール医科大学講義室
                       2006年6月運営指導調査団




Advisory Study Team,
     June, 2006
      At Kabul
                        2006年6月
                       運営指導調査団




Advisory Study Team,
     June, 2006
      At Kabul
        2006年度スケジュール                        Schedule FY2006
                                 July             Oct.          Jan.,2006

1    研修「医学教育」受入
      Training ”Medical Education”
                                                         6 weeks         6 weeks
      (8名×2)

2    機材供与 Equipment

3 JICA 専門家派遣 Dispatch of Experts
① 業務調整 Project Coordinator (Ms Takahashi)
                                            1 year( long-term expert)
② 教授法指導/教育評価 (武田専門家)
    Teaching Methods/Educational Evaluation
                          by Dr. Takeda 2 weeks          2 weeks

③ 医学教育アドバイザー (足立専門家)
 Medical Education Advisor (Dr. Adachi)                                 2 weeks
  Thank you!




ありがとうございました !

								
To top