平成21年5月18日発行 平成21年度第1号 札幌北高校合唱部OB会発行 by KyleEfaw

VIEWS: 49 PAGES: 10

									 ひびき                                   平成 21 年 5 月 18 日発行 平成 21 年度第 1 号
                                       札幌北高校合唱部 OB 会発行




第 28 回定期演奏会を振り返って
 2009 年 3 月 22 日(日)札幌コンサートホール Kitara 大ホールにて札幌北高等学校合唱部第 28 回定期演奏会が催されました。
今年は例年より一週間はやい開催でしたが多くの OB・OG さんと共に歌うことができました。
 それでは、そんな定演の各ステージを振り返ってみましょう。

 トップは毎年恒例、平田先生からです。
第1ステージ     日本の音素材と合唱曲
「Kitara が助けてくれました」
 2008年の合唱部の象徴とも言うべき「厄払いの唄」を今のメンバーでもう一度歌いたいという気持ちから始まった今回の1
ステは、選曲、練習ともに試行錯誤の連続だったと思います。グレゴリオ聖歌や千原作品は「厄払い」とともに北高の新境地とも
言うべき選曲で、確かに練習の初期は本当に大変だったのですが、なんとか音を見いだしていくことが出来ました。まとまりのな
いステージになったかなあとも思ったのですが、    ホールでは実はどの曲も Kitara に似合っていて、クリアな響きを出すことが出来
たのではないかと思っています。
 リハの順番を変えたせいもあってかいつものような「おまえら何やってるのよ」的なリハーサルにならなかったのが幸いしたこ
ともあって、前半2曲ではリハで Kitara の響きを肌で感じることが出来、両曲のテンポを尐し落としたところ音楽がぐっと前に出
てきました。「おらしょ」は数年前の全国大会の際、夜中にホテルの部屋でいろいろ語ってくださった某O内先生に「北高に似合う
サウンドだと思う」と勧められ(笑)ながらも今までなかなか取り組めずにいた曲でしたが、実際に歌ってみてそれが実感出来た
というところでもあります。「厄払いの唄」についてはもう言うまでもありません。3年間「ねがいごと」と共に生きた59期の最
後を飾る1曲になりました。
 さて、今回初めてMCを入れました。初めてしゃべってみて意外と緊張しました(歴代部長の苦労がわかりました)        。マイクを持
った時の客席の「おまえ何やってるのよ」的な空気は、定演の聴衆にリピーターが多いからなのかもしれません(笑)        。ありがたい
ですね。今後はあまりしゃべらないようにはしようと思いますが、悪くないかなあとも思いました。来年の1ステは相変わらず決
まっていないのですが、また「歌って良かった」と思えるステージに出来ればと思っています。
 追伸:昨年に引き続きついででも申し訳ありませんが観客数は1408で、Kitara での演奏会の中でも多い方だと思います。出
演してくださった方、聴いて下さった方、本当にありがとうございました!来年も待ってます!

続きまして 2 ステ、文は指揮者の佐藤玄@56 期さんです。
第 2 ステージ   始まりの季節に~木下牧子の音世界~

 どうも御無沙汰しています、2ステ指揮者を務めさせていただいた玄@56期です。あれから約二か月も過ぎてしまったのです
ね。早いものです。
 さてさて今回の第二ステージは、選曲を見て“な、なんだってー!!”と思われた方も多いと思います。終曲三つというのは確
かに無茶があったかなと今でも尐し反省しています。また、練習にしても、            “打ち上げで一体何杯飲ま
                                  自分のあまりの至らなさに、
されるのだろう…”と生命の危機を感じたのは一度や二度ではありません。
 冗談はさておき、多尐の(?)無茶はありましたが、今回2ステの指揮者をやらせていただいて本当に楽しかったです。一曲目
の『はじまり』から楽しそうな音楽がにじみ出ていて、僕も幸せな気持ちで指揮をすることができました。しかも音色が抜群に良
くて、僕なんかの指揮で歌ってもらうのが申し訳なかったくらいです(汗)。
 練習の時から何度もアドバイスやブーイング(涙)をくださったOBの皆さん、全国各地から駆けつけてくれた同期、なんだか
んだで僕のステージの伴奏を2回も務めてくれた井畑……名前を挙げていけばキリがないのですが、今回2ステを支えてくださっ
た皆さんに感謝したいと思います。
ありがとうございました。


                                   1
3 ステに移りまして、生徒指揮者、金山亜友美@60 期さんから、熱い想いをいただきました。
第 3 ステージ   Surprise! ~こんな GHIBLI 見たことない~
サプラ~イズ!
 お久しぶりです!60 期指揮者のあゆみです。指揮者として定演を振り返ってみて、昨年は本当に充実した年でした!(^-^)
 さて、昨年巷で大ブレイクした例の曲を合唱でやりたい!ということで4年ぶりにジブリをテーマにした3ステ!
アンサンブルが思うようにできなくていっぱい考えたり指揮の技術がたりなくて最後までみんなには迷惑かけてばっかりでしたが、
そんな時先輩方や先生、周りのみんなからのアドバイスには本当に助けられました!
 そして迎えた本番はもう最高です!!今思いだすだけでもぽにょの時のお客さんの手拍子とか終わってからのみんなの笑顔や3
ステ楽しかったよーと言ってもらえたことは本当に嬉しくて忘れられません!
あと忘れられないことといえば!
実は私自身、テーマを考えた時から本番で何かサプライズをおこしたいと勝手に思っていたところ本番一週間前に突然現れ、毎日
練習に来てくれたZんま先輩から、  「あゆみ客席の方むいて一緒にぽにょ踊っちゃいなよ!」の一言。
…これだぁ!と思いました笑本番では自分を出しきって踊ることができたと思います!
 最後になりましたが、こんなに楽しい指揮者という役職を一年間できたのも廊下や会うたびに3ステ楽しみにしてるから~!と
言ってくれていた先輩方やいつも部活の雰囲気を盛り上げてくれた後輩のみんな、本番直前まで指揮の指導をして頂いたりたくさ
んお世話になった歴代指揮者の皆様、歌でもそれ以外でもたくさんのパワーをくれた OBOG さん、ずっと支えてくださった先生
方、そして 60 期のみんなとピアノのたえこがいてくれたからです!!本当に本当にありがとうございました!!

さて 4 ステ、久しぶりに定演に参加の 2 名の OB・OG に寄稿していただきました。
第 4 ステージ   混声合唱とピアノのための新しい歌~2台ピアノ版初演~
 まず一人目、村端さやか@47 期さんです。

 定演をふりかえって
 広尾の町からこんにちは、47 期の村端さやかです。久々の定演参加組の感想を、とご指名を受けましたので書かせていただきま
す。とはいえ、実は「定演参加が何年ぶりか」は自分でも曖昧なのです。おそらく 5~6年ぶりの参加というところでしょうか。
新校舎の音楽室にも今回の練習で初めてお邪魔しました。
就職して 8 年、中学校の音楽教員として日々音楽に触れているようでいて、実は自分自身で音楽活動する機会はないままに過ごし
てきました。それが久々に定演に出ようと思ったのは、昨年末、山城先生の退官 10 周年記念演奏会がきっかけでした。そのとき
本当に久々に純粋に音楽に参加して非常に楽しかったので、今回の定演は日程調整もできそうだから久々に行ってみようかな…と
思い立ち、2 日前くらいにふらっと練習会場に現れたのでした。
そんな状態でしたが、思った以上に「音楽」に没頭できて、現役の頃の気持ちとはまた違った満足感がありました。全然息が持た
ない自分の衰えに焦りつつも、めいっぱい音楽できて非常に楽しかったです。よく今まで何年も歌わずに平気で暮らせてたもんだ
と思いました。
 2 ステはまるで、「何食べたい?」って聞かれて「ラーメンとすしとカレーとハンバーグ」って答えたら全部いっぺんに出てきた!
みたいな選曲でしたが、とても楽しかったです。玄くん、井畑くんお疲れさまでした。4ステは、信長先生の曲も素晴らしく、井
畑くんとみほじまさんの2台ピアノも素敵でした。  気持ちよく歌えましたし、平田先生の指揮で歌うのも楽しく、「1曲の後の一瞬
の沈黙」も存分に味わえました。本当に楽しくて幸せな演奏会でした。
それにしても、これだけの演奏会を毎年運営する平田先生はじめ現役生、事務局の皆さん、お疲れさまです。私はアラ青世代(笑)
ではないものの、古株には十分含まれる世代ですが、そんな OG がふらっと歌いにやってきても、どーんと受け入れてくれるのは
本当にすごいことです。ありがとうございます。
すっかり歌う楽しさを思い出してしまったので、来年の定演も予定表に書き入れました。また歌いに行きますのでどうぞよろしく
お願いします。そして、きっとたくさんいる「歌いにいきたいけど何となく足が遠のいている」OB、OG の皆様と、一人でも多く
来年の定演でお会いできることを楽しみにしています。

 もう 1 名、西野友朗@39 期さんです。

あれから10年、これから10年
 前回参加が1999年。山城先生のご退職、Kitaraでの初定演、個人的には高校を卒業後10年という節目の年でした。
赴任中のニューヨークから駆けつけましたが、そのことを平田先生が紹介して下さった際に現役の皆さんが「またまたぁ~、先生
                                                  。
冗談でしょ」と反応していたのが懐かしく思い出されます(当時は海外からの参加は珍しかったかもしれません)
 あれから10年。Kitaraでの定演開催はごく普通のことになりました。現役の皆さんは「ハモッているかチョー不安」な
大ホールのステージでも気後れすることなく堂々たる歌声を披露しています。経験の積み重ねによる慣れもあるでしょうが、驚く
                                     2
べきレベルアップです。この間の合唱部の成長を支えてこられた皆さんに敬意を表します。
 前置きが長くなりましたが、第4ステージを振り返りますと「混声合唱とピアノのための新しい歌」は10年振りの合唱だった
私にとって初めて経験する信長作品でしたが、易し過ぎず難し過ぎず、美しいメロディを楽しく歌うことができ、すっかりお気に
入りの楽曲となりました。
 当日の演奏は、ぶっつけ本番の私にはついていくだけで精一杯で、どの様な出来だったかは正直言ってよく分かりません(笑)。
しかしそんな私でも感じることができたことを下記しますと:
・ 嬉しそうに指揮(やエアギター)をしている平田先生を見ながら歌うのは楽しかった!
・ フワッと夢のようにホールに漂う残響がサイコー!
・ 井畑さん、藤嶋さんのピアニストお二人は、お上手なうえに息もぴったり。うっとりと聴いているうちに
                                                )
  思わず別のパートを歌い始めてしまいそうでした(隣の某OB会長は 実際に歌っていましたが(笑)。
…と、歌詞を覚えられず楽譜を持ったまま歌わざるをえなかったことだけが悔やまれますが(1曲目、みんな楽しそうに拍手して
      、
いたよなぁ) 非常に気持ち良く歌うことができました。演奏全体がどうだったかについては、指揮をされていた平田先生の表情で
推して知るべし、ということで演奏CDが届くのが楽しみです。
 また本来最初に書くべきことでしたが「普段合唱をしていない」「遠隔地で練習に出られない」「音取りするための楽器もない」
という練習環境三重苦の私が今回ステージに立って歌うことができたのも、音取りファイルや楽譜の手配等々、井畑さんを初めと
する事務局の皆さんに温かいご配慮をいただいたお陰です。本当にありがとうございました。
 こういった他の合唱団ではありえないような低レベルの人間(笑)をすくい上げてくれるケアは北高合唱部OB会の良き伝統と
して継続していただき、これから10年あるいは20年後に、還暦のジイさんバアさんから現役高校生まで総勢数百名が「北高で
合唱をしていた」ということを接点にハーモニーを奏でることができれば、とても幸せだと思います。
 事務局の皆さんは今後一層OBの世代が広がり苦労も多いと思いますが、OBのまとまりが現役を盛り立てていくということで
是非頑張って下さい。私も陰ながら応援したいと思います。
 以上、長々と駄文にお付き合いいただきありがとうございました。また10年後…もとい来年もKitaraで皆さんと一緒に
歌えるようスケジュール調整を頑張ります。では!

ラストはアンコール、ピアノ&編曲で大活躍の藤嶋美穂@57 期さんに登場してもらいましょう。
アンコール   となりのトトロ&誕生
  皆さんこんにちは。みほじま@57 期です。原稿依頼をスルーして鎌足殿に怒られ、慌てて書いています(苦笑)
  2 ヶ月ほど経ちましたが、定演お疲れ様でした!今回のお題はピアノと編曲のことだそうなので、その辺を振り返ってみたいと
思います。
  『新しい歌』の伴奏は…、ちょうど 1 年前の 5 月に平田先生から電話がかかってきて、 ステ、新しい歌、2 台版」という単語
                                              「4
だけで何も考えず「やります」と言ってしまったところから始まります。電話を切った 10 分後には「4 ステ?井畑先輩と連弾?初
演?むりむりむり!!!(ノ>д<)ノ」となったのを覚えています(笑)
  1 台版をとりあえず練習し、大変難しいので「2 人で弾くんだから尐しは難易度下がるよねっ」という淡い期待をしていたので
すが、信長先生に見事に裏切られました。    「何ですかこの左右のユニゾンは!この 16 分音符どうやって弾くんですか!そして何で
すかこのトトロは!!(←ここ重要)」毎日ピアノに向かって叫んでいました。
  曲への思い入れが強かったのもあり、   思ったように弾けない苛立ちで毎晩泣いたり、  色んな人に当たり散らしたりしていました。
今思うと恥ずかしいです。当たっちゃった人すみませんでした(>_<)
  しかし、本番前日に信長先生が緊張を持って帰って下さったらしく(笑)本番はほとんど緊張せず弾くことができました。それば
かりかずっと上手くできなくて苦労していたところがあっさりとできてしまって、嬉しいというより「どうしたんだろう」という
感じでした。背中にびしびしと声…というかパワーを浴びて弾くのはすごく楽しかったです。ありがとうございました(特に Bass
の人)。 そしてトトロを暴走させてしまってごめんなさいでした m(__)m 犯人は私です。 録音を聴いた人は笑って許してくれると嬉
しいです…。
  長くなってきましたがここで 2 つ目の話題です(笑)アンコールの     、
                                   『誕生』皆さんどうでしたか?編曲はともかく、 良い曲でしょ?
(笑)この曲は中島みゆきさんの曲の中でもあまり知られていない方なので、尐しでも多くの人に歌ってもらい、聴いてもらおうと
思って書きました。あの場で演奏できたことはとても幸運だと思います。ありがとうございました。                 「リメ
                                                    来ていた家族によると、
ンバ~♪」と口ずさみながら会場を出ていく人が何人かいたらしいです。     『厄払いの唄』に引き続き「打倒ポニョ」達成ですね(笑)
  編曲に関しては…たった 2 ヶ月しか経っていない今見ても「青いなぁ」と思います(苦笑)歌いにくかった人は大勢いらっしゃる
ことでしょう。ごめんなさい m(__)m 特にピアノは音が多すぎて収拾がつかなくなり、自分で自分(と井畑先輩)の首を絞める結果
となりました。なんだか謝ってばかりいるような気がしますが、すいませんでした m(__)m もし次の機会があればもっと勉強して
臨みたいと思います。
  さてさて、まだまだ語りたいことはあるのですが、字数が既にオーバーしているようなのでこの辺にしておきます。皆様、次は
2 ステでお世話になります。こんな私ですが、あと 1 年辛抱強くお付き合い頂けると嬉しいです。よろしくお願いします。


                                3
来年の 4 ステについて
続いて、平田先生より来年の 4 ステのご案内をいただきました。

 突然ですがここ10年の4ステを列挙しますと、19回「季節へのまなざし」  、20回「方舟」、21回「光る刻」、22回「交聲
    、
詩・海」 23回「やわらかいいのち(のちに「あなたへ」に改題)、
                               」 24回          、   「
                                    「地球へのバラード」 25回 『むすばれるものたち』
より&『いまぼくに』より」、26回「ねがいごと」、27回「ひみつ」               」
                                  、28回「新しい歌(2台版)。実に濃いですね。こんなこ
とを数回の練習でやっているのですね。すごい集団です。そして30回を目前に控えた来春は3度めの三善作品となる「クレーの
絵本第1集」です。この組曲は「あやつり人形劇場」が全日本の課題曲だった年の25回定演の1ステで演奏していますから4年
後の4ステという「法則」が成り立っていることになります(この10年間でその法則に従ったのは21回と24回の2度だけな
      。
のですが笑)「クレー」はその他にも18回定演1ステ(幻想喜歌劇『船乗り』より格闘の場面)  、21回定演アンコール(黄色い
鳥のいる風景)、24回定演アンコール(あやつり人形劇場)と3曲をステージに乗せているので、56~58期以外にも歌ったこ
とがあるOBがたくさんいることと思います。とりあえずコーラスフェスティバルで「あやつり~」と「黄色い鳥~」を歌うこと
にしました。終曲のギターはコーフェスでは59期の爽やかコンビ(笑)にお願いしました。80年代の谷川-三善シリーズの中
でも地球へのバラードと並んで名曲として多くの合唱団が取り上げている曲ですが、三善作品の中の Jazzy なテイストが全面に出
た曲ですし、練習自体もとても楽しいものとなると思います。4曲目「選ばれた場所」はまたまた「ブルース」です(今度は短調
   。
です)「鎮魂歌」で聞かせてくれたあのサウンドをまた聞きたいですね。皆様よろしくお願いします。




平成 20 年度 OB 総会議事録
平成 20 年度 OB 総会
議長 佐々木夏美(56 期)、書記 平理沙(57 期)

1 事務局長報告(56 期 井畑 壮詞)
4 月 顔合わせ、2 ステ曲提示
6 月 コーラスフェスティバル
8 月 現役合宿
    第 1 回 OB 練、夏コンパ
1 月 新年会
3 月 新 OB 歓迎会(幹事 栗本俊明 58 期)

OB 会費 5 年以上未納者→滞納分は一万円に統一
OB の住所管理→会長青山さんが一括して担当

2 2 ステについて(56 期 佐藤 玄)
 選曲の反省点…難しい曲が多かったので次年度に活かしてほしい
 練習回数が例年より 4 回多かった
 テナーOB が尐なかったのが残念

3 会報「ひびき」について(57 期 笠原 哲朗)
 年 5 回発行
 反省点…現役への原稿依頼が発行を重ねるごとに尐なくなった
 次年度の担当→鎌足俊輔(58 期)

4 会計報告(56 期 吉田 梨紗)
 次年度のひびきに掲載予定

5 関東支部(57 期 残間 賢人)
 練習 2 回
 飲み会は行えなかった
 次年度も残間が関東支部長を務める
 関東方面会報→OB 会報「ひびき」と同時発送
                              4
6 OB 会長(38 期 青山さん)
 今年度の定期演奏会は休日
 現役が 4 年ぶりに全国大会に出場
1,2 年生が尐ない、現役の仕事に OB の手伝いが必要
山城先生の演奏会に約 30 名の OB が参加(写真、DVD は後日発送)
住所変更は青山さんに連絡してほしい

7 平田先生の挨拶(代読 56 期 井畑 壮詞)
 2 ステ OB 練習…OB が 2,3 人という練習はなかった
 3 月の合同練習→音楽室で行った。やや狭かったが新しい音楽室で行えてよかった
 現役の大会での活躍に関して、ねがいごとの CD 発売
 現役活動にたいしての OB の支援が必要
 第 30 回定期演奏会は松本望さんの曲を行いたい

8 次年度事務局長(57 期 笠原 哲朗)
 事務局長として三田宇宙(ミタヒロシ 57 期)を承認

9 次回定期演奏会 (57 期 三田 宇宙)
 2010 年 3 月 22 日(月) Kitara 大ホール
 2 ステ指揮者→藤嶋 美穂(57 期)       、曲は選考中

10 質疑
  なし


平成 21 年度 OB 事務局紹介
今年度の事務局です。1 年間よろしくお願いします。
事務局長 三田宇宙(57 期)
会計   鈴木愛(58 期)
編集   鎌足俊輔(58 期)
事務局員 藤嶋美穂(57 期)
     栗本俊明、五十嵐麻美、大沢彩加、松尾千緩、市川大貴、菅原祐輔(以上 58 期)
     澤田恭助、長谷川裕貴、山下貴大、古河航、橋本由紀乃、逢坂美有紀、齊藤みなみ
     長枝あかり、中田早紀(以上 59 期)

事務局長の三田宇宙@57 期さんに一言いただきました。
今年度 OB 事務局長を務めさせていただくことになりました 57 期の三田宇宙(←ミタヒロシと読みます!)です。先日行われた定期
演奏会の 2 日前に「事務局長に立候補してほしい」と依頼された時はかなり焦りました     。
                                           (汗…) しかし現在は青山さん、先代の事務
局長、さきほど紹介があった多くの事務局員のサポートにより活動がうまく軌道に乗ったように思われます。無事に来年の定期演
奏会を迎えられるよう仕事を進めていきたいと思いますのでみなさんよろしくお願いします。




                                    5
                      平成 20 年度会計収支報告
収入の部(単位:円)
                 H20 年度決算     備考
前年度繰越金              214,173
会費(H20 年度分)         190,000   2000 円×95 人
会費(未納分)              10,000   2000 円×5 人
会費(先払い分)              4,000   2000 円×2 人
コーラスフェスティバル関係費      120,000   参加費 1200 円×100 人
雑収入                   8,384   口座利息、その他
収入合計                546,557
支出の部
                 H20 年度決算
合唱連盟費                24,040   連盟費、ハーモニー購読料
会報誌「ひびき」作成・発送費       97,890   封筒、のり、はがき郵送代(楽譜郵送代も含む)等
コーラスフェスティバル関係費      122,428   参加費、著作権料、MD 代
練習会場費                24,950   ノースエイム、関東支部練習
新OB歓迎会諸費用            27,222           、飲食代
                              会場費(白樺会館)
事務費雑費                 7,894   定演弁当予備代、音取りCD―ROM等
定期演奏会花束代              6,000   指揮者、ピアニスト用
予備費                  48,041   合宿関連費用など
支出合計                358,457
収-支=(188,100)


                        平成 21 年度会計予算
収入の部(単位:円)
                 H21 年度予算     備考
前年度繰越金              188,100
会費(H21 年度分)         260,000   2000 円×130 人
コーラスフェスティバル関係費      120,000   参加費 1200 円×100 人
雑収入                   1,200   口座利息、その他
収入合計                569,300
支出の部
                 H20 年度予算     備考
合唱連盟費                24,040   連盟費、ハーモニー購読料
会報誌「ひびき」作成・発送費      110,000   封筒、のり、はがき郵送代(楽譜郵送代も含む)等
コーラスフェスティバル関係費      125,000   参加費、写真代、著作権料、MD代
練習会場費                20,000   ノースエイム練習、関東支部練習
新OB歓迎会諸費用            25,000           、飲食代
                              会場費(白樺会館)
事務費雑費                10,000   定演弁当予備代、音取りCD―ROMなど
定期演奏会花束代              6,000
予備費                  50,000   打ち上げ不足分など
支出合計                354,504
収-支=(214,796)




                                            6
今年度の現役の予定
 平田先生より、今年度の現役の予定が届いていますので、ご紹介します。

 現役の今年の予定を書いておきます。なお、今年の全日本では「おらしょ」を歌うことにしました。Nコンの選曲にとても苦労
したのですが、最終的に選んだのは18回定演の1ステで歌った鈴木輝昭作品の「愛」です。輝昭作品にコンクールで取り組むの
もピアノ付の曲をコンクールで歌うのも10年ぶりですが、私自身がコンクールで初めて指揮をしたのが同じ輝昭作品の「うそ」
であり、原典に帰ってみようかなあという気持ちもあります。現役は今年は大所帯の59期が抜けて尐しこじんまりになりました
が、 s や2世 s が氾濫しています
  弟                  。
                   (笑) 今年は今年のいいところが出るように頑張ってみようと思いますのでご声援よろしくお
願いします。
・コーラスフェスティバル 6月14日(日)札幌市民ホール(旧市民会館跡地)
・石狩地区高文連演奏会 6月17日(水)札幌市教育文化会館
     ※全道大会 10月1日(木)室蘭市民文化センター
・北高祭ミニコンサート 7月12日(日)彩風館
・NHK全国学校音楽コンクール札幌地区大会 8月6日(木)札幌市民ホール
      ※北海道ブロックコンクール 9月13日(日)札幌市民ホール
      全国コンクール 10月12日(月祝)NHKホール
・合宿 8月8日(土)~10日(日)岩見沢市北村
・全日本合唱コンクール北海道支部大会 9月20日(日)旭川市民文化会館
     ※全国大会 10月24日(土)金沢歌劇座
・第29回定演 3月22日(月祝)札幌コンサートホール




コーフェスについて
○日程・場所 6月7日(日)        ・14日(日)札幌市民ホール
        北高とひびきは14日(日)の出演になりました。
○曲目等
  谷川俊太郎作詩、三善晃作曲 混声合唱とギターのための組曲「クレーの絵本第1集」より
  あやつり人形劇場、黄色い鳥のいる風景
  ギター 澤田恭助(59期)       、長谷川裕規(59期)
○合同練習日程
  5 月 24 日(日)13:00~16:30 @北高
  6 月 6 日(土) 13:30~17:00 @北高
  *フェスティバル当日に練習はありません
○当日の動き 6 月 14 日(日)
15:15    ロビー集合(プログラムを配布します)
15:20    客席に移動
16:30    オープニングセレモニー
         (「ひびき」は校歌最初の8小節を混声四部で歌います)
17:20    現役 本番(第6部6番 鈴木輝昭「愛」   )
17:26    現役演奏終了後すぐに2階第1会議室に移動
17:47~18:05      ひびき リハーサル
18:17~18:23                                「黄色い鳥のいる風景」
                 ひびき 本番(第6部15番 三善晃「あやつり人形劇場」         )
○打ち上げ会場のご案内
  会場       語らい処「坐・和民」 札幌北 2 条西 3 丁目店
  日時       19:00~(予定)
  会費       3000 円(予定)※飲み放題付き

「歌った後のエネルギー補給はもちろん宴会で!!」みなさんふるってご参加ください!!



                                 7
   「私と合唱(仮題)
新企画、       」
 今年度、新企画として読者参加型の企画をやってみようかと思います。これは、ひびき各号発行の時期にあわせたテーマをもと
に読者(=OB,OG)から寄せられたメッセージを掲載していこうという企画です。
 現在、各号以下のようなテーマにする予定です。

第2 号   私とステージデビュー
第3 号   私とコンクール
第4 号   私と定演①(定演の企画段階の思い出編)
第5 号   私と定演②(定演本番への意気込み編)



                                            。
第 1 回は準備の都合もありこちらから原稿依頼をさせていただきました。テーマは「私と入部」
湯上訓平@56 期さんからエピソードをいただいています。

こんにちは、56期の湯上訓平です!ついに僕も「ひびき」に投稿する時が来たか!
さてテーマの「私と入部」ですが…
 中学から合唱をしていた人、最初から合唱部に入部するつもりだった人、色々いるでしょうが、僕は高校に入学した時、正直合
唱部に入部するとは思っていませんでした。高校に入りたてで、廊下で友達とドギマギしていたら先輩に拉致(?)され、連れて
行かれたのが合唱部でした。そのまま新入生歓迎ムードで、先輩に喫茶店でジュースをおごってもらうなど想定の範囲外の出来事
が続き、そのまま流れるように入部してしまいました。
 初めは勢いで入ってしまった事を後悔したりしましたが、部の雰囲気がとても良くて同期・先輩が面白い人ばかりで、そんな思
いも吹き飛びました。その後も合宿、                             (飛行機乗ったのは全国大
                 大会などを通して様々な素晴らしい経験を得ることができました。
会が初めてだった!)
 そんなこんなで、皆さんとはちょっと違った入部体験でしたが、合唱部に入ってほんとによかった!人生何があるかわかりませ
んね!



 さて、第 2 号のテーマは「私とステージデビュー」です。誰にでも初ステージはあった。そして、誰にでも初々しくフレッシュ
な時期があった(笑) 。
 そんなわけで、皆さんからの‘熱い’メッセージをお待ちしています。

  連絡先:shunsuke_kamatari@yahoo.co.jp
  第 2 号締切:6 月 21 日
  ※メールには期、   パート、  名前を明記してください。
   タイトルは「私と合唱」でお願いします。



 ※字数は 100~400 字程度でお願いします。
 ※この企画のネーミングや各号テーマへのご意見ご感想も大募集中です。
 ※編集や印刷の都合上、多尐のレイアウト修正もありえます。どうかご了承ください。




                                      8
~事務局から~
♪会報発送について。


 引き続き、会報ひびきの発信を郵送とWebページでの閲覧という二つの方法を取れるように切り替えていきたいと思います。
以下がWebページでの閲覧への変更方法とシステムです。

1.Web上での閲覧を希望し、郵送はいらないよ!という方はパソコンのメールアドレスを

   shunsuke_kamatari@yahoo.co.jp まで送ってください。携帯のアドレスですとアドレス変更の際に連絡が取れなくなるとい
   うことが起きるかと思いますのでパソコンのアドレスをお願いします。また、メールにはお名前・期を明記してくださいね!

2.後ほど確認メールをお送りします。

3.会報が更新されるたびに Web ページの URL を貼ったメールをお送りします。URL をクリックして Web ページへ飛んでくだ
   さい。

 尚、以前に Web 閲覧の登録をして頂いた方は、再度メールを送る必要はありません。今年度より新しく希望される方のみ、お
願いします。

 お願いになりますが、何回も郵送とWebの切り替えを行うのは避けてください。こちらの管理の都合上、混乱して会報が届か
ないということになりかねません。また、特にメールアドレスの連絡が無い方は郵送希望者としまして、今までと同様に郵送させ
ていただきます。5年間会費を未納の方の発送は昨年度までと同様、停止させていただくことにしています。不都合がないように
致しますが、もし不都合や要望等ありましたら、shunsuke_kamatari@yahoo.co.jp までその旨をお伝えください。


♪住所変更について                         青山さんのアドレス→buruman@nifty.com


住所・電話番号・職業などに変更のある方は、お手数ですが OB 会長、青山さんにお知らせ下さい。また、転勤・進学などの多いこ
の時期、会報自体が届かず返送されてくるものもありますので、同期の方などの転居先をご存知の方は同じく青山さんにご一報く
だされば幸いです。


♪OB 会費について。


OB 会費は 2000 円です。
               会計の鈴木愛@58 期さんに直接渡していただくか、
または郵便局の口座に振込んで下さい。OB 会の運営にとても大切なもので                 重要
すので、納入忘れのないようによろしくお願いします。また、昨年度以前の                  OB 会費を 5 年以上滞納している方の滞納分
会費や定演ノルマ等に未納分がある場合にも同様にしてください。      ご自身の            は一括 1 万円とすることを総会で決定しま
未納分がわからない場合には会計のデータベースに照らし合わせてご報告                   した。
いたします。事務局長までお気軽にお問い合わせ下さい。                               5
                                                    つまり、 年以上滞納している方の会費は滞
                                                    納分+今年度分で 1 万 2 千円となります。



郵便局口座番号:19000-52318131              札幌北高校合唱部 OB 会

事務局長問い合わせ先: hibiki.toiawase@gmail.com




                                          9
♪HiPiKi メーリングリストについて。


「HiPiKi」は藤田日高さん@41期が管理されているメーリングリストです。たくさんの方に OB の交流の場として利用されてい
ます。ぜひご登録ください!

<とっても簡単☆登録の仕方。>

hipiki-request@pmb.biglobe.ne.jp または fujita@mtg.biglobe.ne.jp までメールでご連絡ください。管理人の藤田さんが親切にガイ
ドしてくれます。費用等は一切かかりません。お気軽にどうぞ!




編集後記
 今年度、OB 会報の編集担当を務めさせていただくこととなりました、鎌足俊輔@58 期です。
 さて、近頃の高校生の間では‘新傾向’という言葉がはやっているようですので、ならば OB 会報もと、新企画を考えました。皆
様、ご協力お願いします!
 最後になりますが、多くの OB・OG の皆さんに北高合唱部、OB 界の‘いま’をお伝えできるように、努力していきたいと思いま
す。1 年間よろしくお願いします。




                                            10

								
To top