FibroScan 502 ???

Document Sample
FibroScan 502 ??? Powered By Docstoc
					FibroScan 502による
     肝線維化の評価


杉岡陽介1 建石良介2 増崎亮太2



1) 東京大学医学部附属病院検査部
2) 東京大学医学部附属病院消化器内科
<はじめに>
  慢性肝疾患患者の肝線維化の程度を知ること
は発癌リスクを予測する上で重要であり、インターフェロン
の可否など今後の治療方針にも影響してくる。
現在、線維化の評価は肝生検に頼らざるを得な
いが侵襲的な検査であり、負担も大きく頻回な
検査は困難である。近年非侵襲的な肝線維化定
量法としてtransient elastographyを用いたFibro
Scan502が開発された。今回Fibro Scan502を用
い肝の線維化について検討したので報告する。
 寸法 135×68×61cm
重量 46Kg
プローブ


          ボタン
   振動子




超音波トランス   青色ダイオード
デューサー
<測定原理>
  プローブから発生される可聴振動の肝
臓内における伝播速度は線維化が進ん
でいると速く、進んでいない場合には遅
く伝播される。この原理を用い肝内にお
ける伝播速度を超音波により追跡し速
度の変化を解析する事により線維化の
程度を定量的に測定する。この硬さは
(kPa)で表される。測定は10回行いその
中央値で表した。測定に要する時間は約
5分ほどである。
        <測定原理>
 振動子を使用して振動波を送る。
 振動波を超音波で追跡し速度を解析する。


                     波 形




                                時 間




                    超音波信号取り込み
                   <肝内伝播速度解析図>
          10                 5                   10                 5                   10                 5
深さ (mm)




          20                                     20                                     20




                                       深さ (mm)




                                                                              深さ (mm)
          30                                     30                                     30
                             0                                      0                                      0
          40                                     40                                     40
          50                                     50                                     50
          60                 -5                  60                 -5                  60                 -5
            0   20 40 60 %                         0   20 40 60 %                         0   20 40 60 %
                時間 (ms)                                時間 (ms)                                時間 (ms)

                 F0               F1                     F2              F3                     F4


           VS = 1.0 m/s                            VS = 1.6 m/s                          VS = 3.0 m/s
           E = 3.0 kPa                             E = 7.7 kPa                           E = 27.0 kPa
      <検査実施法>
呼気で息止めをし測定。


肋間から肝右葉で測定。




プローブは皮膚に対して垂直に当てる。
<測定に影響を与える因子>

1 腹水
2 高度の萎縮
3 脂肪
4 肋間が狭すぎる
    <対象及び方法>
• 2004年9月から2004年12月までに当院
  消化器内科にてFibroscanにて肝弾性
  値を測定しえた137人
  男性74人 女性63人
  平均年齢 61.2±11.8歳
         <方法>
1.Fibroscanによって測定した肝弾性値と
  各種検査値(血小板数、アルブミン値、
  総ビリルビン値)との関連を散布図に
  て解析した。
2.前後3ヶ月以内の肝生検が評価可能で
  あった54人について、新犬山分類によ
  る線維化ステージ(F1-4)と肝弾性値を
  含む各種検査値との相関をSpearmanの
  順位相関係数にて、感度特異度をROC曲
  線を用いて解析した。
         <結果>
1.対象患者の背景肝疾患は、C型慢性肝
  炎・肝硬変84人、B型慢性肝炎・肝硬変
  14人、非B非C肝障害39人(正常コント
  ロール10人を含む)であった。
2.血小板の中央値は、16.4万/mm3 、アル
  ブミンの中央値は、4.0 mg/dl、総ビリ
  ルビンの中央値は、0.8mg/dl、ALTの中
  央値は、40 KIU/mlであった。
   結果ー血小板値と弾性値

                  40



                                                                   P < 0.001
血小板値( x 104・μl)




                  30




                  20




                  10




                  0


                        0   2   3   4   5   6   7   8 9    1   2    3   4   5   6   7   8
                       10                                 10

                                            弾性値(KPa)
  結果ーアルブミン値と弾性値

                4.7
アルブミン値( g/dL)




                4.2




                3.7




                3.2
                           P < 0.001

                2.7



                       0    2    3     4   5   6   7   8 9    1   2   3   4   5   6   7   8
                      10                                     10

                                               弾性値(KPa)
   結果ービリルビン値と弾性値
                       6
                       5

                       4
                                P < 0.001
総ビリルビン値( mg/dL)




                       3



                       2




                   0.0
                  10
                     9
                     8
                     7
                       6
                       5

                       4


                       3




                            0   2   3   4   5   6   7 8 9   1   2   3   4   5   6   7 8
                           10                           10

                                                弾性値(KPa)
Liver Stiffness (kPa)                  Fibroscanによる弾性値                                          アルブミン値
                                   100




                                                                 Albumin Concentration
                                                                                    4.5

                                                                                            4
                                       10
                                                                                    3.5

                                                                                            3




                                                                 (gdL)
                                        0                                           2.5
                                            F1    F2   F3   F4                                   F1    F2    F3    F4
                                                 新犬山分類                                                新犬山分類
      Bilirubin Concentration (mgdL)




                                                                 Platelet Cell Count (µL-
                                       10
                                            ビリルビン値                                   50
                                                                                                 血小板値
                                                                                     40

                                                                                     30
                                        1
                                                                                     20

                                                                                     10
                                                                 1)




                                        0                                               0
                                            F1    F2   F3   F4                                  F1    F2    F3    F4
                                                 新犬山分類                                               新犬山分類
              ROC曲線 F1-3 vs. F4

                             肝弾性値                                                         血小板値
              1.0                                                       1.0


              0.8                                                       0.8
sensitivity




                                                          sensitivity
              0.6                                                       0.6


              0.4                                                       0.4


              0.2                                                       0.2


              0.0                                                       0.0
                 0.0   0.2     0.4    0.6     0.8   1.0                       0.0   0.2      0.4    0.6    0.8   1.0

                              1-specificity                                                1-specificity


                             AUC = 0.909                                                  AUC = 0.751
              ROC曲線 F1-2 vs. F3-4

                                肝弾性値                                                         血小板値
              1.0                                                          1.0


              0.8                                                          0.8
sensitivity




                                                             sensitivity
              0.6                                                          0.6


              0.4                                                          0.4


              0.2                                                          0.2


              0.0                                                          0.0
                    0.0   0.2     0.4    0.6     0.8   1.0                       0.0   0.2     0.4    0.6     0.8   1.0

                                 1-specificity                                                1-specificity

                                AUC = 0.846                                                  AUC = 0.825
Spearmanの順位相関係数

         相関係数      P値

肝弾性値     0.688    <0.0001

血小板値     -0.464   0.0007

アルブミン    -0.500   0.0003

総ビリルビン   0.488    0.0004
            <比較>
             肝生検         Fibro
  侵襲性          有           無
報告までの時間      約一週間        約5分
肝全体の把握      刺針部位のみ      全体で可能
  定量性      半定量(F0-F4)   定量(kPa)
   入院         必要         不必要
   人員     医師3名、技師1名     技師1人
 頻回な検査       不可能         可能
         <考察>
 Fibro Scanによる肝弾性値は、肝生検によ
る肝線維化ステージと良い相関を持ち、他の
臨床検査データと比較して、より広いダイナ
ミックレンジを持っていた。短時間で非侵襲
的に検査を行える事から、外来で定期的に繰
り返し行うことが可能である。今後は時系列
的に線維化の程度を検査し肝癌発症との関連
の長期的な検討を行いたい。また、ピンポイント
での硬さの評価を可能とするなどの機器的な
改善も必要と思われた。

				
DOCUMENT INFO
Shared By:
Categories:
Tags:
Stats:
views:325
posted:12/9/2011
language:Japanese
pages:23